認知症・介護

認知症・介護

かつて痴呆症といわれていた「認知症」。認知症の種類として、アルツハイマー型認知症、脳血管型認知症、レビー小体型認知症が挙げられます。このうち約6割はアルツハイマー型、約2割は脳血管型とされています。種類によって症状も変わるため、それに合わせた適切な対策や介護が重要になります。このカテゴリは、認知症を予防し、症状の改善に役立つ食べ物や運動療法、その他健康法などの情報を紹介する記事の一覧ページです。

認知症・介護に関連するキーワード

認知症
>>認知症・介護に関連するキーワード一覧

認知症・介護の健康情報一覧

【理学療法士】リハビリ・運動療法に 勉強会で大好評の「笑いヨガ」で症状が改善

【理学療法士】リハビリ・運動療法に 勉強会で大好評の「笑いヨガ」で症状が改善

私は、理学療法士として健康教室を開いていますが、その教室で笑いヨガを取り入れることにしました。すると、あっという間に地域で評判になり、介護予防や認知症予防のため、笑いヨガを教えてほしいという要望がふえていったのです。【解説】染谷明子(富山医療生活協同組合富山協立病院リハビリテーション科科長・理学療法士)


【つらい介護に】利用者も介護者も疲れが取れる「笑いヨガ」の体験談

【つらい介護に】利用者も介護者も疲れが取れる「笑いヨガ」の体験談

私は、1989年から2010年までの21年間、介護老人福祉施設(特養)で介護士として働いていました。心身の障がいで、在宅生活が困難になった高齢者の、日常生活を助ける仕事です。【解説】小谷章子(介護老人福祉施設河原あすなろ施設長)


【高齢化社会を救う“笑い”の効果】認知症の問題行動が改善!うつ緩和にも

【高齢化社会を救う“笑い”の効果】認知症の問題行動が改善!うつ緩和にも

私は、「笑いヨガ」と出会ってから、もう6年がたちます。きっかけは、毎年参加していた「日本笑い学会」の研究発表会でした。その中で、「日本笑いヨガ協会」の代表である高田佳子さんの講演があり、初めて笑いヨガの存在を知ったのです。【解説】枝廣篤昌(豊岡台病院院長)


【亜麻仁油の効能】アマニ油と納豆のコンビは 認知症予防 高脂血症の改善に効果

【亜麻仁油の効能】アマニ油と納豆のコンビは 認知症予防 高脂血症の改善に効果

納豆は、コレステロールや脂質の含有量が少なく、糖尿病や脂質異常症を引き起こす可能性が低い、優れた食材です。ナットウキナーゼには、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、血栓を作りにくくする効果があり動脈硬化を予防します。アマニ油と摂ると血管若返りに効果が期待できます【解説】広川慶裕(認知症予防医・ひろかわクリニック院長)


【最新リハビリ】脳の機能が回復する「手の指体操」は認知症の予防にも効果

【最新リハビリ】脳の機能が回復する「手の指体操」は認知症の予防にも効果

脳を効率よく活性化させるには、指先をよく使う精密把握と、手のひらで握る強制把握の両方を鍛える必要があります。特に重要なのが精密把握で、認知症や脳機能障害のリハビリで改善を期待するには、とりわけ重要になります。【解説】久保田競(京都大学名誉教授)