老眼・近視・目の病気

老眼・近視・目の病気

老眼とは、近いところが見えにくくなる症状で、40歳前後から始まる老化現象の一つです。個人差があるものの、実は近視の方も老眼にはなります。最近では、長時間によるスマホの使用で、夕方になると老眼のような状態になる「スマホ老眼」も、子供や若者の間でも増加しています。このカテゴリは、老眼や近視など様々な目の悩みに役立つ記事の一覧ページです。

老眼・近視・目の病気に関連するキーワード

老眼 近視 視力
>>老眼・近視・目の病気に関連するキーワード一覧

老眼・近視・目の病気の健康情報一覧

【目の美白】点眼薬の使い過ぎに注意!目の老化を防ぎ「キラキラ」を保つ方法

【目の美白】点眼薬の使い過ぎに注意!目の老化を防ぎ「キラキラ」を保つ方法

目の状態とはあまり関係がない質問のように思えるかもしれませんが、実は水分摂取は、目の状態とも密接な関連があります。水分不足の症状の一つとして、ドライアイや眼精疲労があります。水分補給をしっかり行い、運動したり、遠近トレーニングを行ったりすることは、目の美白という点から見ても有効です。【解説】新見浩司(新見眼科院長)


【老眼改善!飛蚊症、ドライアイまで解消】中高年者には眼球運動の視覚トレがお勧め

【老眼改善!飛蚊症、ドライアイまで解消】中高年者には眼球運動の視覚トレがお勧め

50歳を過ぎると、「新聞や本の文字が読みにくい」「夕方になるとぼやけて見えにくい」といった、眼の見え方に不調を抱える人が多いでしょう。眼だけでなく、物忘れが増えてきたり、家事や外出がおっくうになったりと、さまざまな場面で老化を感じる機会が多くなってきます。【解説】北出勝也(米国オプトメトリスト)


視覚トレーニングをやってみよう!《眼の準備体操編》

視覚トレーニングをやってみよう!《眼の準備体操編》

50歳を過ぎると、「新聞や本の文字が読みにくい」「夕方になるとぼやけて見えにくい」といった、眼の見え方に不調を抱える人が多いでしょう。眼だけでなく、物忘れが増えてきたり、家事や外出がおっくうになったりと、さまざまな場面で老化を感じる機会が多くなってきます。【解説】北出勝也(米国オプトメトリスト)


視覚トレーニングをやってみよう!《両眼の協調トレーニング編》

視覚トレーニングをやってみよう!《両眼の協調トレーニング編》

50歳を過ぎると、「新聞や本の文字が読みにくい」「夕方になるとぼやけて見えにくい」といった、眼の見え方に不調を抱える人が多いでしょう。眼だけでなく、物忘れが増えてきたり、家事や外出がおっくうになったりと、さまざまな場面で老化を感じる機会が多くなってきます。【解説】北出勝也(米国オプトメトリスト)


【納豆】視力回復に効果のある食べ物 網膜血管閉塞症も改善すると医師が解説

【納豆】視力回復に効果のある食べ物 網膜血管閉塞症も改善すると医師が解説

目の血流が悪化すると、酸素や栄養がじゅうぶんに行き渡らなくなり、疲れ目・モヤモヤ感・チラつきなどの症状が現れやすくなります。特に、網膜の近くで血流のトラブルが起これば、突然物が見えなくなったり、見えにくくなったりと、重い症状が生じます。【解説】玉井嗣彦(鳥取大学名誉教授・日野病院名誉病院長)


【蒸しタオル】目を温めれば老眼や近視が改善 不安感による不眠症にも効果

【蒸しタオル】目を温めれば老眼や近視が改善 不安感による不眠症にも効果

寒い季節には、厚着をしたり、帽子や手袋や耳あてをしたりと防寒対策をされるでしょう。でも、「目」は、防寒対策のしようがありません。寒さだけでなく、パソコンやスマホの長時間使用などで目を酷使することも、冷えを招く一因です。対策として、手軽でお勧めなのは「蒸しタオル」です。【解説】石坂裕子(眼科医・内科医) 


【子どもの視力】手作り簡単「クコの実酢」で、息子の仮性近視が改善

【子どもの視力】手作り簡単「クコの実酢」で、息子の仮性近視が改善

私は子どもの頃から目が悪く、中学生時代にはすでにメガネを使っていました。最近は視力を測っていませんが、最後に測定したときは左右とも裸眼で0・06だったと思います。メガネなしでは、15㎝も離れたら、もう視界がボヤけてしまう状態です。【体験談】古澤ゆかり(仮名・団体職員・37歳)


【スマホ老眼】特効「目のツボ刺激」ピント調節の改善、飛蚊症にも効果あり

【スマホ老眼】特効「目のツボ刺激」ピント調節の改善、飛蚊症にも効果あり

視力の衰えは老化によるもので、年齢を重ねれば仕方がないことだと考えている人が多いと思います。しかし、実は生活習慣による影響も大きいのです。老眼をはじめとする目の不調を招く隠れた原因が、添加物の多い食品や、甘いもの、脂肪の多いもののとりすぎ、お酒の飲みすぎ、服薬の習慣などです。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)


【医師の明快解説】目の老化を防ぎ、老眼を改善する食べ物と生活習慣はコレだ

【医師の明快解説】目の老化を防ぎ、老眼を改善する食べ物と生活習慣はコレだ

年齢を重ねるにつれて、体のほかの部分同様、目も老化していきます。一口に目の老化といっても、目のしくみは複雑なので、どの部位に問題があるかによって、視界に及ぼす影響は異なります。目の部位それぞれについて、老化による主な症状をご説明しましょう。【解説】宮永嘉隆(東京女子医科大学名誉教授 西葛西・井上眼科名誉院長)


【老眼改善のアイケア】目の老化は25歳から始まる!ピント調整力を改善する方法

【老眼改善のアイケア】目の老化は25歳から始まる!ピント調整力を改善する方法

以前、私が大学病院に勤務していた当時、ある企業と共同でアイケアグッズを開発することになり、目に関するさまざまな研究を行いました。その一つが、「目の周りを温めると、どのような効果が得られるか」という臨床実験です。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)


【眼科医考案】“目にいい”野菜ジュース 白内障や加齢黄斑変性の症状改善に効果

【眼科医考案】“目にいい”野菜ジュース 白内障や加齢黄斑変性の症状改善に効果

目の難病の数々が当院で治るのは「目だけでなく全身に着目した眼病治療」を提唱しているからです。目の病気は目だけが悪くて起こるわけではありません。全身の血流や代謝の悪化、活性酸素の増加等で起こるのです。糖尿病網膜症の眼底出血が改善したり加齢黄斑変性も回復した「レタスジュース」を紹介します。【解説】山口康三(回生眼科院長)


加齢黄斑変性や白内障の改善に 食べる目薬「クコの実酢」

加齢黄斑変性や白内障の改善に 食べる目薬「クコの実酢」

古来、不老長寿の妙薬とされてきたクコは、ナス科の植物です。滋養強壮に優れているため、実はもちろん、根や葉も、生薬として役立てられています。特にクコの実は、疲れ目やかすみ目、老眼、飛蚊症、ドライアイをはじめとする目の不調によく効く生薬の筆頭として重用されてきました。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


かすみ目の視界が晴れて痛みも解消!手作り「干しブドウ酢」がお気に入り

かすみ目の視界が晴れて痛みも解消!手作り「干しブドウ酢」がお気に入り

私が『安心』で「干しブドウ酢」のことを知ったのは、4ヵ月ほど前です。記事には「目によい」と書かれており、ここに興味を持ちました。現在70歳の義母は、2年ほど前から、主に左目が結膜炎のように赤くなり、目ヤニが出て、ひどいときには目を開けていられないくらいの痛みを訴えていました。【体験談】美容師・50歳・田中道子(仮名)


【坪内千恵子さんお勧め】老眼が改善して視界良好!クコの実は「食べる目薬」

【坪内千恵子さんお勧め】老眼が改善して視界良好!クコの実は「食べる目薬」

中医学に基づいた食養生法である「薬膳」。クコの実は、ゴジベリーと呼ばれ、美肌効果が高くアンチエイジングに役立つスーパーフードです。クコの実は「食べる目薬」といわれるほどで、食べ始めてから老眼が改善されてきました。また、肌に透明感が出て、髪もまとまりやすくなるなど美容効果も実感しています【解説】坪内千恵子(薬膳研究家)


【眼科医が解説】網膜血管閉塞症の人は「納豆」を積極的に食べることをお勧め

【眼科医が解説】網膜血管閉塞症の人は「納豆」を積極的に食べることをお勧め

血栓症といえば、心筋梗塞や脳梗塞が知られていますが、目の網膜(眼球の内壁を覆う膜)の血管が詰まる病気もよく見られます。原はさまざまですが、特に中高年の場合は、動脈硬化によるものが多いようです。納豆は、このような血栓症の改善に効果が期待できるのです。【解説】玉井嗣彦(鳥取大学名誉教授、日野病院名誉病院長)


【疲れ目】湯船のへりで「首の後ろ」を押すと…

【疲れ目】湯船のへりで「首の後ろ」を押すと…

皆さんは、仕事や読書などで、目が疲れてきたり、肩がこったりしたときに、首の後ろを押したりもんだりすることはありませんか。無意識に取っているそれらの行動は、実は非常に理にかなっていることなのです。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【視力回復トレーニング】眼精疲労、肩こりに効果「視力アップ指回し」体操のやり方

【視力回復トレーニング】眼精疲労、肩こりに効果「視力アップ指回し」体操のやり方

今回ご紹介する「視力アップ指回し」をはじめとする5種類のエクササイズは、眼力を鍛えるための基本訓練です。視力がよくなる、視界がクッキリ明るくなるなどの視力アップ効果はもちろん、疲れ目や肩こりの緩和、脳の活性化による記憶力や集中力の向上、読書や計算が速くなるなどの効果も期待できます。【解説】栗田昌裕(群馬パース大学学長)


【新常識】スモークサーモン&レモンで眼精疲労を解消!ピント調節力もアップ!

【新常識】スモークサーモン&レモンで眼精疲労を解消!ピント調節力もアップ!

人の目は、35歳くらいからピントを合わせる調節力が低下してきます。これが老眼の始まりです。老眼や眼精疲労を放っておくと、深刻な事態になることもあるのです。最近の研究で、「アスタキサンチン」の摂取で、眼精疲労が抑えられることがわかりました。目によい栄養素を積極的に取りましょう。【解説】梶田雅義(梶田眼科院長)


緑内障の特効ツボを発見! こすれば視野狭窄が止まり 視力も回復する

緑内障の特効ツボを発見! こすれば視野狭窄が止まり 視力も回復する

私の治療院には、緑内障の患者さんが数多く来られます。その患者さんたちを長年施術してきて、気づいたことがあります。【解説】内田輝和(倉敷芸術科学大学生命科学部教授・鍼メディカルうちだ院長)


【ガムの健康効果】ガムを噛むと眼圧が下がり老眼が改善 目のピント調節機能にも効果

【ガムの健康効果】ガムを噛むと眼圧が下がり老眼が改善 目のピント調節機能にも効果

目の血流は、目の健康に深くかかわっています。白目の血流がよい状態に維持されていることは、ピントや明るさを調節する目の筋肉の機能も間接的に保たれていることを意味します。【解説】浅川賢(北里大学医療衛生学部視覚機能療法学助教)


ランキング


>>総合人気ランキング