老眼・近視・目の病気

老眼・近視・目の病気

老眼とは、近いところが見えにくくなる症状で、40歳前後から始まる老化現象の一つです。個人差があるものの、実は近視の方も老眼にはなります。最近では、長時間によるスマホの使用で、夕方になると老眼のような状態になる「スマホ老眼」も、子供や若者の間でも増加しています。このカテゴリは、老眼や近視など様々な目の悩みに役立つ記事の一覧ページです。

老眼・近視・目の病気に関連するキーワード

老眼 近視 視力
>>老眼・近視・目の病気に関連するキーワード一覧

老眼・近視・目の病気の健康情報一覧

【眼科医も仰天】首こすりをしたら緑内障が改善し失明の危機を回避!

【眼科医も仰天】首こすりをしたら緑内障が改善し失明の危機を回避!

40歳になったころ、目を開けているのがつらくなり、テレビを見ていると、目がとても疲れるようになりました。眼科で診てもらいました。そこで検査を受けたところ、緑内障が発見されたのです。眼圧はずっと15〜16mmHgくらいを行ったり来たりしていました。【体験談】松島佳代子(仮名●広島県●59歳●パートタイマー)


【眼科医から】目の不調には「爪もみ」が一番!老眼や近視、飛蚊症にも効果的

【眼科医から】目の不調には「爪もみ」が一番!老眼や近視、飛蚊症にも効果的

爪の生え際にある井穴というツボを押しもみすることで、老眼などに対して高い改善効果を発揮する「爪もみ」をご紹介します。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【じんわり温まる】眼科医も実践!「アレ」を枕にすると目が若返る!老眼や近視も撃退

【じんわり温まる】眼科医も実践!「アレ」を枕にすると目が若返る!老眼や近視も撃退

皆さんは、目が疲れてきたときに、首の後ろをもんだり、たたいたりすることはありませんか。無意識に行っているそれらの行為は、実はとても理にかなっているのです。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【緑内障の予防・改善】高い眼圧が下がる効果も「目の温パック」で視力も回復

【緑内障の予防・改善】高い眼圧が下がる効果も「目の温パック」で視力も回復

緑内障の患者さんは、大抵まぶたが冷えていて、血流が悪くなっています。涙の油は、上下のまぶたの内側にあるマイボーム腺から分泌されます。まぶたの血流がよければ、マイボーム腺からスムーズに油が分泌されます。しかし、血流が悪いと、油が固まって分泌腺が詰まり、涙の質が悪くなるのです。【解説】平松類(東大宮総合病院眼科科長)


【視界が超クリアに】70歳で裸眼生活の私が考案した 視力アップエクサ

【視界が超クリアに】70歳で裸眼生活の私が考案した 視力アップエクサ

電車に乗ると、周りは下を向いてスマホをいじっている人ばかり。職場や自宅でも、長時間パソコンやテレビとにらめっこ、という人も多いことでしょう。このように、現代人は近くばかり見て、遠くをあまり見なくなったせいで、眼筋と呼ばれる目の筋肉が衰えています。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


【視力が回復!】42度のシャワーで目を温めたら視力が平均0.3上がった!

【視力が回復!】42度のシャワーで目を温めたら視力が平均0.3上がった!

私の研究室では、人間の生活環境について、多様な角度から研究を進めています。「目周辺へのシャワー浴による目の疲労回復効果」は、その研究テーマの一つです。【解説】勝浦哲夫(千葉大学大学院人間生活工学研究室名誉教授)


目の疲れが取れスッキリ! 視野も明るくなる 1分セルフケア

目の疲れが取れスッキリ! 視野も明るくなる 1分セルフケア

眉頭こすりや首こすりは、疲れ目や目のかすみだけでなく、緑内障の進行をおさえるのに大変有効です。眼圧が高い緑内障だけでなく、正常眼圧緑内障にも効果を発揮します。【解説】内田輝和(倉敷芸術科学大学生命科学部教授・鍼メディカルうちだ院長)


近視、眼精疲労やかすみ目、白内障に効果大の「アルミ指輪」

近視、眼精疲労やかすみ目、白内障に効果大の「アルミ指輪」

近視や眼精疲労に効果のある「指にアルミホイルを巻く」健康法をご紹介します。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


【熱湯を注ぐだけ】目がしょぼしょぼ、まぶしい、痛い原因を解消する「クコ湯」の作り方

【熱湯を注ぐだけ】目がしょぼしょぼ、まぶしい、痛い原因を解消する「クコ湯」の作り方

目の不快症状を改善するには、第一に目をできるだけ休めることが大切です。加えて、肝の働きを助けるクコの実で作る「クコ湯」をお勧めします。【解説】井上正文(薬剤師)


【眼科医】ルテインが豊富な野菜は、加齢黄斑変性の予防や改善に効果

【眼科医】ルテインが豊富な野菜は、加齢黄斑変性の予防や改善に効果

加齢黄斑変性は日本人の失明原因の4位です。ルテインの摂取は、黄斑変性の予防や改善に有効です。ルテインを緑黄色野菜で取る場合、1日4mgを目指すとよいでしょう。ホウレンソウやコマツナなら、3分の1束が目安です。油で炒めたりドレッシングをかけると効率よく摂取できます。【解説】尾花明(聖隷浜松病院眼科部長)


【医師解説】朝の「人参ジュース」は老眼、かすみ目、飛蚊症、白内障、黄斑変性によく効く

【医師解説】朝の「人参ジュース」は老眼、かすみ目、飛蚊症、白内障、黄斑変性によく効く

人参のβ-カロテンは、体内に入るとビタミンAに変わります。ビタミンAは、疲れ目や夜盲症の予防に有効で、視力改善の効果も期待できます。皮膚や粘膜を強化する効果もあり、ドライアイにも有効です。加齢黄斑変性に対しても、ニンジンジュースはお勧めできます。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


【医師解説】眼精疲労の解消法は、ズバリ!寝る前の「番茶シップ」

【医師解説】眼精疲労の解消法は、ズバリ!寝る前の「番茶シップ」

番茶シップで目を温めると、とても気持ちがよく、心身ともにリラックスできます。意思とは無関係に体を調節する自律神経のうち、リラックス効果を引き出す副交感神経が優位になるので、目にいいだけではなく、寝付きやすくなる副次的な効果も期待できるでしょう。【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


【医師解説】スマホ老眼、目の疲れを取る方法は「目の温パック」が最適

【医師解説】スマホ老眼、目の疲れを取る方法は「目の温パック」が最適

眼精疲労やドライアイにお勧めは、「目の温パック」です。目を温め血流がよくなると、毛様体筋の緊張がほぐれて目のピントの調節力が回復し、見え方も改善します。目の温パックは、バスタイムが最適時間です。湯ぶねの温度を40℃前後にすれば適温になります。【解説】平松類(彩の国東大宮メディカルセンター眼科科長)


【ツボ】視力が回復する方法「爪もみ」療法 正常眼圧緑内障、高血圧性網膜症の症状も改善

【ツボ】視力が回復する方法「爪もみ」療法 正常眼圧緑内障、高血圧性網膜症の症状も改善

近視の人の目を観察すると、総じて瞳が大きく、交感神経優位の体調にあるようです。ピント合わせに余計な力がかかり、毛様体筋も徐々に疲労・緊張していき、視力の低下を招いてしまいます。そこで、お勧めしたいのが「爪もみ」です。交感神経と副交感神経のバランスが整えられるのです。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【眼底出血の症状も改善】ドライアイに著効「目の体操」を医師が解説

【眼底出血の症状も改善】ドライアイに著効「目の体操」を医師が解説

目のトラブルを改善するために目を温めることは、治療の基本です。私のクリニックでは、遠赤外線の温熱治療器を使うこともあります。眼底出血の患者さんに温熱治療器を使ったところ、レーザー治療でも効果がなかったのに、症状が目覚ましく改善したこともあります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【医師解説】加齢黄斑変性の症状が改善し視力が向上!目の悩みに「番茶シップ」

【医師解説】加齢黄斑変性の症状が改善し視力が向上!目の悩みに「番茶シップ」

疲れ目をはじめ、緑内障、白内障、老眼、加齢黄斑変性などの改善や、視力アップなど、目に対して有効な自然療法である「番茶シップ」をご紹介しましょう。【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


【眼科医推奨】老眼は改善する!症状の対策は「目のスクワット」トレーニング

【眼科医推奨】老眼は改善する!症状の対策は「目のスクワット」トレーニング

私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)