緑内障の改善

緑内障とは、目から入った情報を脳に伝達する視神経に障害が起こり、視野が狭くなる病気です。一度視神経に障害を受けると、二度と視力は元には戻らず、放置すると失明に至ることもあります。徐々に視野が狭まっていくため、病気がかなり進行するまで自覚症状はほとんどありません。中高年に起こる代表的な病気のひとつでもあり、日本では40代以上の20人に1人が発症していいます。このページは緑内障に関する記事の一覧です。


緑内障の改善の健康情報一覧

【眼科医解説】緑内障患者に勧める「目の温パック」とは?眼圧が下がり、手術回避も

【眼科医解説】緑内障患者に勧める「目の温パック」とは?眼圧が下がり、手術回避も

目の温パック後に、まぶたさすりを行うと、より涙の質がよくなり、リラックス効果も得られます。緑内障の発症原因の一つはストレスです。ストレスを解消することも、緑内障の進行を防ぐのに大いに役立ちます。【解説】平松類(彩の国東大宮メディカルセンター眼科部長)


【医師推奨】緑内障を改善する生活習慣は「しょうが紅茶」と「腹巻き」

【医師推奨】緑内障を改善する生活習慣は「しょうが紅茶」と「腹巻き」

体の不調の多くは、体の冷えが原因で生じると私は考えています。低体温によって余計な水分が体にたまるのです。血液中の水分が多くなると高血圧、内耳の水分が多くなると耳鳴りやめまい、目の内部の水分が多くなると緑内障といった病気にもつながります。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


【正常眼圧緑内障に有効】目の特効ツボ「光明」刺激で眼底血流をふやす!

【正常眼圧緑内障に有効】目の特効ツボ「光明」刺激で眼底血流をふやす!

足の「光明」というツボは、昔から目の特効ツボと考えられてきました。そもそも光明という名前自体が、「目に光明をもたらす」という、その働きからきていると考えられます。なぜこのツボが目の機能を高めるのか、また、「光明」の場所を探す方法、その刺激方法をご紹介します。【解説】矢野 忠(明治国際医療大学鍼灸学部教授)


【眼科医】緑内障の症状を改善する「目の5秒マッサージ」

【眼科医】緑内障の症状を改善する「目の5秒マッサージ」

緑内障の改善をめざすとき、重要なカギになるのが「血流」です。私は眼科医として、毎日のように患者さんたちの網膜の画像を見ています。検査機では、眼底の毛細血管の様子を観察できます。すると、緑内障の患者さんは、毛細血管が劣化し、血液がドロドロになっているのがわかります。【解説】山口康三(回生眼科院長)


【緑内障】39あった眼圧が正常化へ 黄斑変性も改善 目がよくなる「煮干しスープ」 

【緑内障】39あった眼圧が正常化へ 黄斑変性も改善 目がよくなる「煮干しスープ」 

緑内障に対し、私は生活改善を軸にする治療で成果をあげています。中でも重要なのが食事指導ですが、その一環として、あるスープをお勧めしています。  それは「煮干しスープ」です。煮干し(粉末)を使って簡単に作れるスープで、緑内障の悪化防止や回復促進に役立ちます。【解説】山口康三(回生眼科院長)


【視野が回復する例も】緑内障を生活習慣で改善 網膜症・黄斑変性にも効果

【視野が回復する例も】緑内障を生活習慣で改善 網膜症・黄斑変性にも効果

緑内障に関する現在の標準的な治療においては、いったん起こった視野の狭窄や欠損は回復しないとされています。ところが、私の指導している生活習慣の改善を行うと、緑内障で起こった視野の狭窄や欠損が、回復する例があります。【解説】山口康三(回生眼科院長)


緑内障の眼圧が正常化!老眼鏡も不要!視力もアップする「視力回復爪もみ」

緑内障の眼圧が正常化!老眼鏡も不要!視力もアップする「視力回復爪もみ」

日本人の多くが抱える近視は、実は、交感神経(体を活動状態にする神経)の緊張を背景に発症・進行する病気といえます。近視は、屈折異常の一つです。本来は網膜上に焦点を結ぶ光が、網膜の手前で焦点が結ばれるため、遠くの物がぼやけて見えにくくなってしまうのです。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【首の後ろ】をこすると 視界がクリアに なぜ効くのか?

【首の後ろ】をこすると 視界がクリアに なぜ効くのか?

私はこれまで、多くの緑内障の患者さんを鍼で治療してきました。十数年前、その経験の中で気づいたことがあります。緑内障の患者さんは、後頭部と首の境目辺りが非常にこっている人が多いのです。【解説】内田輝和(倉敷芸術科学大学生命科学部教授・鍼メディカルうちだ院長)


【医師の明快解説】緑内障の予防法、原因と症状、最新治療や手術を紹介

【医師の明快解説】緑内障の予防法、原因と症状、最新治療や手術を紹介

緑内障は、眼圧が影響する急性緑内障と、眼圧の影響が少ない慢性緑内障に分けられます。眼圧が正常な「正常眼圧緑内障」も、これに含まれます。一般的に多いのは慢性緑内障で、特に正常眼圧緑内障は日本人の緑内障の約7割を占めます。【解説】富所敦男(東中野とみどころ眼科院長)


ランキング


>>総合人気ランキング