セックスの悩み

セックスの悩み

なんとなくだるい、やる気がでない、性欲が衰えたといった「精力減退」。その多くは、ストレスや過労など精神的な要因から起こるとされています。この精力減退は、年齢を重ねた男性に多く見られ、最近では「勃起不全(ED)」や「インポテンツ」といった生殖機能の障害を表し、男性にとって「精力減退」は非常に大きな悩みとなっています。このページは精力減退の改善に役立つページの一覧です。

関連するカテゴリー

精力を高める食事

セックスの悩みに関連するキーワード

精力減退
>>セックスの悩みに関連するキーワード一覧

セックスの悩みの健康情報一覧

【セックスレスを改善】最高の快感と満足をもたらし、人生を豊かにするセックス法とは

【セックスレスを改善】最高の快感と満足をもたらし、人生を豊かにするセックス法とは

体と心が溶け合い、人生が開花するセックス幸福学。女性は体内にパワースポットを秘めています。不可能が可能になるブレイクスルーの力をご紹介しましょう。【解説】夏目祭子(聖なる性の語り部・作家・カウンセラー)


【男性不妊】「トマトジュース」で精子が元気になると判明!温めて飲めばさらに効果大

【男性不妊】「トマトジュース」で精子が元気になると判明!温めて飲めばさらに効果大

トマトには強力な抗酸化作用を有するリコピンが豊富に含まれています。リコピンは精巣内に高濃度で存在することが明らかになっています。私たちの研究ではトマトジュースを継続的に飲むことで、実際に精子が元気になることが確認できました。【解説】岩本晃明(医療法人財団順和会山王病院リプロダクション・婦人科内視鏡治療センター医師)


【医師解説】「朝立ち」がなくなるのは余命が短いサイン?元気で「現役」のカギは男性ホルモン

【医師解説】「朝立ち」がなくなるのは余命が短いサイン?元気で「現役」のカギは男性ホルモン

「セックスできれば元気で長生き」といわれていますが私から言わせるとまったく順序が逆です。「元気だからこそセックスができる」のです。女性同様男性にも男性ホルモン低下が原因で更年期障害が起こります。私は男性ホルモンの補充が絶対必要だと考えています。【解説】熊本悦明(札幌医科大学名誉教授・メンズヘルスクリニック東京名誉院長)


【ED・性力減退】改善には○○でアキレス腱のツボを温めよ!生殖機能も感度も高まる

【ED・性力減退】改善には○○でアキレス腱のツボを温めよ!生殖機能も感度も高まる

アキレス腱を温めることは、下半身の血行促進にもなります。そして、継続して下半身の血行を促せば、生殖機能もアップし、EDや性力減退の改善につながります。また、女性は、感度も高まるうえ、女性器疾患の予防にも役立つでしょう。【解説】古賀直樹(中野坂上治療院院長)


【EDを改善したい】女性の性力アップにも効果!感じる力を高める「ふくらはぎマッサージ」を性セラピストが指南

【EDを改善したい】女性の性力アップにも効果!感じる力を高める「ふくらはぎマッサージ」を性セラピストが指南

ふくらはぎマッサージにより、停滞している二酸化炭素や老廃物を含んだ血液は、心臓に戻ります。そして、酸素をたくさん含んだ血液が、全身の隅々まで行き渡ります。その結果、新鮮な血液がペニスにドッと流れ込んで勃起を促し、EDを改善するのです。【解説】回氣堂玄斎(性セラピスト・鍼灸師)


【男性更年期障害の改善】1日半個のタマネギで男性ホルモン「テストステロン」が増える!ED、うつを撃退

【男性更年期障害の改善】1日半個のタマネギで男性ホルモン「テストステロン」が増える!ED、うつを撃退

更年期障害は、女性にのみ生じるものと考えられてきましたが、近年、男性にも起こることがわかってきました。それが「男性更年期障害」です。男性ホルモン「テストステロン」が減ることで性機能の低下や精力減退だけではなく、さまざま不定愁訴が起こるのです。早い人は、40歳くらいから始まります。【解説】林督元(弘邦医院院長)


「週2回の射精」が前立腺肥大とガン、EDを予防する!セックスの重要性を医師が解説

「週2回の射精」が前立腺肥大とガン、EDを予防する!セックスの重要性を医師が解説

前立腺肥大症や前立腺ガンだけではなく、血管にかかわるさまざまな病気を予防するために、セックスもしくは、マスターベーションを頻繁に行うことが大事です。日々、頻繁に射精をすることは、すなわち、大変有効な健康法なのです。【解説】永井敦(川崎医科大学泌尿器科学教室教授・医学博士)


【精力減退・EDに】腸を温めて性力を高める「黒ゴマ酒」の作り方・飲み方

【精力減退・EDに】腸を温めて性力を高める「黒ゴマ酒」の作り方・飲み方

私は、黒ゴマが現代でも通用するのではないかと考え、耳鳴りや難聴、耳閉感などに悩む人に試してもらったところ、実に多くの人に効くことがわかりました。性力減退やEDといった性の老化現象も、同様に、腎が弱ることで起こります。こうした状態の改善にお勧めなのが、黒ゴマです。【解説】井上正文(群馬中国医療研究協会薬局代表・薬剤師)


【勃起不全を改善】バイアグラのジェネリックは「血管の若返り薬」 正しい理解と使い方を!

【勃起不全を改善】バイアグラのジェネリックは「血管の若返り薬」 正しい理解と使い方を!

今や、勃起改善薬は、限られた人のものではありません。私の病院において、勃起改善薬を役立てている患者さんの4割が、65歳以上です。もはや、恥ずかしがったり不安になったりする必要はありません。【解説】永井敦(川崎医科大学泌尿器科学教室教授・医学博士)


【精力UP】1円玉をへそ下に貼る シコを踏めば効果倍増

【精力UP】1円玉をへそ下に貼る シコを踏めば効果倍増

物事に動揺しない、度胸があることを、「腹が据わる」といいますが、まさに腰から下、腹がしっかりとしている人は、心に落ち着きがあり、何事にも余裕があってあわてることがありません。こういう人は、同時にセックスにも強いものです。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【MCTオイルでダイエット】コーヒーに入れて25kgやせた 精力減退にも効果

【MCTオイルでダイエット】コーヒーに入れて25kgやせた 精力減退にも効果

MCTオイルコーヒーを始めて2カ月で25kgやせました。服のサイズはもちろん、靴のサイズまで小さくなりました。さらに驚いたことに、精力がアップしたのです。やせるまで、ここ10年近くもセックスはご無沙汰だったのが、MCTオイルでやせてからは20代の頃のように精力が復活しました。【体験談】金森重樹(企業グループオーナー)


【医師解説】寝る前の「クルミ酒」はED克服に効果あり 精子の数も増加!

【医師解説】寝る前の「クルミ酒」はED克服に効果あり 精子の数も増加!

クルミを摂取すると、α-リノレン酸の働きやビタミンEの作用によって、動脈硬化の予防・改善効果が期待できます。血液がサラサラになり血行も促されます。これらの総合的な作用により、性的興奮を感じたときに、陰茎の血管にドッと血液が流れ込むようになります。それがEDの改善に絶大な効果を発揮するのです【解説】林督元(弘邦医院院長)


黒酢とバナナ【EDの克服に】熟成バナナの酵素が勃起不全を改善する効果あり

黒酢とバナナ【EDの克服に】熟成バナナの酵素が勃起不全を改善する効果あり

バナナには、酵素や食物繊維、ビタミン類、ミネラル類、ポリフェノールやβ−カロテンといった抗酸化物質、オリゴ糖、アミノ酸など、豊富な健康成分を含みます。バナナの健康効果をさらに高めるのにお勧めなのが「黒バナナ」です。普通のバナナとの違いは酵素にあります。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会 鶴見クリニック理事長・医師) 


【精力増強に】酢玉ねぎ 不整脈が改善 30年ぶりに"朝立ち"が復活 体も元気になった

【精力増強に】酢玉ねぎ 不整脈が改善 30年ぶりに"朝立ち"が復活 体も元気になった

健康診断で不整脈が見つかり、医師から薬を勧められました。病状としては、いわばグレーゾーンでした。ただ、私の父にも不整脈があり、脳梗塞で亡くなっていました。そのため、このままではいけないと思い、始めたのが、酢玉ねぎでした。【体験談】小田昭二(仮名・会社員・57歳)


【精力を増強する食べ物】「玉ねぎ」は切る前に温めると性力アップ効果が強くなる

【精力を増強する食べ物】「玉ねぎ」は切る前に温めると性力アップ効果が強くなる

近年、40〜50代の男性に、「やる気が出ない」「眠れない」といったうつ症状や、「性欲がわかない」「勃起が続かない」といった精力減退を訴える人がふえているといわれています。【解説】西村弘行(北翔大学学長・東海大学名誉教授)