セキ・カゼ・喘息

セキ・カゼ・喘息

セキは、期間によって分類されます。3週間以内に収まるセキを急性咳嗽(がいそう)、3週間以上を遷延性咳嗽、そして8週間以上を慢性咳嗽と分類されます。急性咳嗽の原因は、ほとんどがカゼ、インフルエンザなどの感染症です。喘息などアレルギー性、副鼻腔気管支症候群、肺ガンや結核など重い病気がある場合もありますので注意が必要です。このカテゴリは、セキやカゼ、喘息の予防や改善に役立つ記事の一覧ページです。

セキ・カゼ・喘息に関連するキーワード

セキ 誤嚥性肺炎 インフルエンザ ぜんそく 風邪の予防
>>セキ・カゼ・喘息に関連するキーワード一覧

セキ・カゼ・喘息の健康情報一覧

【インフルエンザ・カゼの予防】口うがいよりも“鼻うがい”のほうが効果が高い!

【インフルエンザ・カゼの予防】口うがいよりも“鼻うがい”のほうが効果が高い!

カゼやインフルエンザの予防のためには、通常の口のうがいより、鼻うがいのほうが効果的と考えられます。その理由と鼻うがいの方法を紹介しております。【解説】堀田修(日本病巣疾患研究会会長・堀田修クリニック(HOC)院長)


酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

私はもともと呼吸器系が弱く、60歳過ぎには、カゼをこじらせてぜんそくになりました。ぜんそくで入院したのは3回。平成23年以降は落ち着きましたが、それでも無理をしたり、疲れがたまったりすると、息苦しさを感じていました。【体験談】主婦・75歳 松本恵美子(仮名)


【医師が解説】みかんは「皮ごと」食べてこそアンチエイジングに効果あり

【医師が解説】みかんは「皮ごと」食べてこそアンチエイジングに効果あり

果物の中でも、特にミカンは血糖値が上がりにくいので、肥満の予防によいといわれています。調べてみると、果物の皮にはポリフェノールという物質が入っていることがわかりました。ポリフェノールというのは、抗酸化物質の一つです。【解説】南雲吉則(ナグモクリニック理事長・総院長)


【インフル大流行】予防接種は結局、意味があるのか?

【インフル大流行】予防接種は結局、意味があるのか?

「インフルエンザは、カゼじゃない」というポスターを、病院などで見かけたことはありませんか?おかしなポスターなので、私が当時勤めていた横浜市衛生局内では、「カゼじゃない」の「ない」に張り紙をして、【インフルエンザは、カゼじゃ】としておいたものです。【解説】母里啓子(元国立公衆衛生院疫学部感染症室長・医学博士)


自分でできる「誤嚥性肺炎」の予防とケア 原因は歯周病菌と喉の筋力の衰え

自分でできる「誤嚥性肺炎」の予防とケア 原因は歯周病菌と喉の筋力の衰え

高齢者や入院患者の死因の多くを占める誤嚥性肺炎にも、歯周病が深く関係しています。誤嚥性肺炎とは、食物を食道にスムーズに送る嚥下反射や、異物が気道に入るのを防ぐセキ反射の機能が低下し、食物や異物、細菌などが気道に入って起こる肺炎です。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


【医師が報告】マンモス小のインフル感染が劇的に減った!この顔体操、知ってる?

【医師が報告】マンモス小のインフル感染が劇的に減った!この顔体操、知ってる?

「インフルエンザの予防接種を受けていないから心配」「カゼをひきやすいので冬は憂うつ」このような不安を抱えている人は多いことでしょう。でも、大丈夫です。しっかり口を閉じて鼻呼吸をすると、インフルエンザやカゼは、かなりの確率で予防できるのです。口呼吸の人はぜひお試しください。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


ヒューヒュー音が止まった!カゼ、セキ、気管支炎によく効く「手の親指さすり」

ヒューヒュー音が止まった!カゼ、セキ、気管支炎によく効く「手の親指さすり」

「指のやわらかさは、健康のバロメーター」と、私は考えています。というのも、体に出ている症状が重い人ほど、指がかたい傾向にあるからです。私自身が効果を体感した「手の親指さすり」をご紹介します。セキや息切れの症状を軽快させる効果があります。【解説】西山 良(にしやま治療院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング