脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは、神経の通り道となっている背骨の脊柱管が変形して狭くなり、腰椎や頸椎の神経を圧迫して痛みやしびれを起こす病態の総称です。50代以降に多く発生しやすく、国内の推定患者数は240万人ともいわれています。このカテゴリは、脊柱管狭窄症によるつらい症状の改善に役立つ記事を紹介します。

脊柱管狭窄症に関連するキーワード

脊柱管狭窄症の治療法
>>脊柱管狭窄症に関連するキーワード一覧

脊柱管狭窄症の健康情報一覧

【名医】脊柱管狭窄症の患者が続々改善!手術を回避「ひざ抱え体操」のやり方

【名医】脊柱管狭窄症の患者が続々改善!手術を回避「ひざ抱え体操」のやり方

脊柱管狭窄症の患者さんたちに、私が必ず勧めているのが、ひざを抱えて腰を丸める「ひざ抱え体操」です。脊柱管狭窄症の患者さんに共通しているのは、悪い姿勢です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院院長・整形外科医・カイロプラクター)


【痛い!歩けない!】腰部脊柱管狭窄症の間欠性跛行 痛みやしびれに「このポーズ」

【痛い!歩けない!】腰部脊柱管狭窄症の間欠性跛行 痛みやしびれに「このポーズ」

脊柱管狭窄症が進行した場合、足腰の痛みやしびれの症状が出て、歩き続けることができなくなります。それでも、しばらく休めば、再び歩けるようになります。これが間欠性跛行という、この病気に最も特徴的な症状です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院院長・整形外科医・カイロプラクター)


【間欠性跛行を自分で治す】腰部脊柱管狭窄症の代表的な症状で足腰に痛みやしびれ

【間欠性跛行を自分で治す】腰部脊柱管狭窄症の代表的な症状で足腰に痛みやしびれ

脊柱管とは、背骨の後ろ側を通っている神経の通り道のこと。脊柱管狭窄症とは、この管が主に加齢によって狭くなり、神経が圧迫されて、足腰に痛みやしびれが引き起こされる病気です。超高齢化社会が進行する現代では、脊柱管狭窄症に悩まされるかたが急増しています。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院院長・整形外科医・カイロプラクター)


【原因や症状】腰部脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニア、閉塞性動脈硬化症との違いはコレ

【原因や症状】腰部脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニア、閉塞性動脈硬化症との違いはコレ

脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアは、神経が圧迫されることによって症状が出る点では同じです。痛みとしびれという共通項もあるため、この2つを誤認しないことが重要です。そこで、両者の簡単な見分け方を示しておきましょう。脊柱管狭窄症の前兆も紹介します。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院院長・整形外科医・カイロプラクター)


脊柱管狭窄症の【簡単体操】腰が痛い!痺れる!がその場で和らぐ対処法はコレ

脊柱管狭窄症の【簡単体操】腰が痛い!痺れる!がその場で和らぐ対処法はコレ

脊柱管狭窄症のつらい痛み。「整形外科で治療を受けてもよくならない」「マッサージや鍼灸も効果がない」…そんな皆さんに、脊柱管狭窄症の痛みやしびれを、劇的に改善する体操を紹介します。ぜひお試しください。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院院長・整形外科医・カイロプラクター)


【裏ワザも】脊柱管狭窄症の間欠性跛行とは?原因と治療法、リハビリについて

【裏ワザも】脊柱管狭窄症の間欠性跛行とは?原因と治療法、リハビリについて

脊柱管狭窄症の最も特徴的な症状は「間欠性跛行」です。多くの人が悩まされる症状です。それを踏まえたうえで、ふだんの生活において、注意すべきポイントがあります。ここでは、脊柱管狭窄症の症状を少しでも楽にさせるための「日常生活の裏ワザ」を紹介します。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院院長・整形外科医・カイロプラクター)


血流アップ!脊柱管狭窄症の症状が改善する「多裂筋ほぐし」のやり方

血流アップ!脊柱管狭窄症の症状が改善する「多裂筋ほぐし」のやり方

脊柱管狭窄症は、神経が通っている脊柱管が狭くなって神経を圧迫し、足腰に痛みやしびれが出る病気です。脊柱管狭窄症は、加齢によって、しだいに進行していくことが予想されます。だからこそ、多裂筋ほぐしは、毎日根気よく続けていくことが肝心です。【解説】小林篤史(猫背矯正マイスターのいる治療院V-Style院長)


【脊柱管狭窄症の改善】足に電気が走るような激痛が1円玉をはったら和らいだ

【脊柱管狭窄症の改善】足に電気が走るような激痛が1円玉をはったら和らいだ

立ち仕事も多いせいで、ひどい腰痛に悩まされてきました。痛みに耐えられず、何度か通院すると脊柱管狭窄症(背骨内部の神経の通り道が狭くなり、神経が圧迫されて痛みやしびれが出る病気)でもあると判明しました。痛み止めの飲み薬も処方されたのですが副作用が強くて飲み続けることができませんでした【体験談】深澤啓子(自営業・67歳)


【骨盤にカイロを貼る】脊柱管狭窄症の痛みとしびれが消えた、ひざの痛みも改善

【骨盤にカイロを貼る】脊柱管狭窄症の痛みとしびれが消えた、ひざの痛みも改善

「骨盤カイロ」を実践して、体調が改善した例をご紹介しましょう。まず、57歳の女性Aさんです。Aさんは、ある日突然、足が上がらなくなり、歩けなくなりました。検査の結果、脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアを併発していることが判明しました。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)


【改善しない脊柱管狭窄症】原因は「仙腸関節」 不要な手術や注射は回避できる!

【改善しない脊柱管狭窄症】原因は「仙腸関節」 不要な手術や注射は回避できる!

脊柱管狭窄症は、一般に、脊柱管という神経の通り道が加齢によって狭くなり、神経が圧迫されて、痛みやしびれが起こる病気とされています。私のクリニックにも足腰の痛み・しびれに悩む方がよくいらっしゃいます。私たちが行っている『AKAー博田法』という手技療法をご紹介しましょう。【解説】住田憲是(望クリニック院長)


【1円玉療法】のやり方 ー 脊柱管狭窄症

【1円玉療法】のやり方 ー 脊柱管狭窄症

手術費が高額で、たとえ手術をしても鈍痛やだるさが取れないこともあるのが、脊柱管狭窄症の厄介なところです。1円玉をはって、手術やマッサージでも消えないような、つらい脊柱管狭窄症の痛みを忘れられたという声や、術後に生じるひざのだるさが消えたなど、ありがたい感想をたくさん頂いております【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【重症の脊柱管狭窄症が改善】腰痛を治す方法は「安静」ではなく「歩き方」を変えること

【重症の脊柱管狭窄症が改善】腰痛を治す方法は「安静」ではなく「歩き方」を変えること

腰痛は、安静にしているとよけい悪くなります。大事なことは、局部を安静にしながら、全身を活動的にすることです。つまり、ふだんの生活で腰に負担をかけないように気をつけながら、大股歩きをするのです。【解説】西條一止(筑波技術短期大学元学長・名誉教授)


【数秒刺激するだけ】脊柱管狭窄症の痛みを瞬時にとる「手の甲刺激」のやり方

【数秒刺激するだけ】脊柱管狭窄症の痛みを瞬時にとる「手の甲刺激」のやり方

脊柱管狭窄症になって脊柱管の神経根が圧迫されると、ふくらはぎの外側や、太ももの裏側などの下半身に激烈な痛みを感じるようになります。これは、座骨神経から分かれた神経が下肢に向かって走っており、その神経の走行に異変が起こるからです。一般の人にお勧めしたいのが、私が考案した手の甲刺激です。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)


「脊柱管狭窄症」の症状を改善する【腰のツボ】 指圧名人が極意を伝授!

「脊柱管狭窄症」の症状を改善する【腰のツボ】 指圧名人が極意を伝授!

私の治療院にも、脊柱管狭窄症で悩んでいるかたがたくさんいらっしゃいます。そうした皆さんに試して、効果を上げているツボがあります。ここでは、その特効ツボを紹介します。一人で簡単にできるものです。右側の痛みも、左側の痛みにも対応できます。【解説】佐藤一美(日本経絡指圧会会長)


【骨盤起こし】背骨の圧迫が取れ、脊柱管狭窄症の痛みを改善する簡単動作

【骨盤起こし】背骨の圧迫が取れ、脊柱管狭窄症の痛みを改善する簡単動作

最近、女性はもちろん男性も、自分の骨盤の状態を気にするようになりました。骨盤の状態は健康を左右します。猫背などのよくない姿勢で、骨盤が後ろに傾いた“寝た状態”になると、体のバランスがくずれ、腰痛やひざ痛の原因になるのです。【解説】中村考宏(えにし治療院院長)


【医師解説】即効!「ひざの裏を押す」と脊柱管狭窄症の腰痛に効果あり

【医師解説】即効!「ひざの裏を押す」と脊柱管狭窄症の腰痛に効果あり

全身の痛みの中で、最も発生頻度が高いのは、やはり腰痛ではないでしょうか。中高年者に限っていえば、腰痛を全く経験したことがない人は、まずいないと思います。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


【自分で治せる】医師が解説 脊柱管狭窄症の腰痛には「ひざの○○」を押せばよい

【自分で治せる】医師が解説 脊柱管狭窄症の腰痛には「ひざの○○」を押せばよい

近年、腰痛の原因として注目されているのが、脊柱管狭窄症ですが、ひざの裏を刺激することで、この腰痛が改善する可能性が高いのです。そこで、腰痛改善に効果的な「ひざの裏押し」のやり方をご紹介します。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


股関節のゆがみを取り「脊柱管狭窄症」の痛みやしびれを解消する健康法はこれ

股関節のゆがみを取り「脊柱管狭窄症」の痛みやしびれを解消する健康法はこれ

腰痛の改善には、足腰にしっかり筋肉をつけることが先決だと、思っている人が多いのではないでしょうか。実はその前に、しなくてはならない重要なことがあります。それは、股関節の調整です。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧整体院院長)


脊柱管狭窄症が原因の【めまい】が「首の後ろ」を押したら消失! 耳鳴りも治った

脊柱管狭窄症が原因の【めまい】が「首の後ろ」を押したら消失! 耳鳴りも治った

私は50歳を過ぎたころから、ふらついたり、フワフワしたりする「めまい」に悩まされるようになりました。初めは更年期障害かと思っていたのですが、何年たっても症状はなくならず、ますますひどくなるばかりでした。【体験談】田所美恵子(仮名●神奈川県●61歳●主婦)


【水前寺清子さん】脊柱管狭窄症を手術で克服 私の前向き思考法

【水前寺清子さん】脊柱管狭窄症を手術で克服 私の前向き思考法

私に異変が起こったのは、ここ数年のことです。立っていると足が冷え切って、そのうちしびれるようになりました。そして、突然、足の力が抜けてパタンと倒れてしまうのです。それがどんどんひどくなり、まともに3mも歩けないほど。何かにつかまっていないと、前に進むこともできませんーー。【体験談】水前寺清子(歌手)