食事療法

食事療法

食事療法は、糖尿病、高血圧、脂質異常症といった生活習慣病の治療効果を上げるもっとも基本になる治療法です。また、これらを予防し長生きするためにも、食事は大変重要な役割を持ってきます。タマネギ、ニンニクなどの野菜、レモンなどの果物には、生活習慣病に効果の高い栄養成分が、たっぷり含まれていることが知られています。このカテゴリは、食事療法に関する記事を紹介します。

食事療法に関連するキーワード

食事療法の種類
>>食事療法に関連するキーワード一覧

食事療法の健康情報一覧

【血糖値・血圧を下げる】生姜と緑茶を合わせた最強ドリンクを医学博士が解説

【血糖値・血圧を下げる】生姜と緑茶を合わせた最強ドリンクを医学博士が解説

私は20年以上、国内外のいろいろな大学で、あるいは企業と共同で、ショウガの研究を続けてきました。いわば「ショウガ博士」だと自負しています。そんな私が長年、探し求めていたものがあります。それは「ショウガのパートナー」です。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


【血管の若返り効果】1日6杯の「生姜緑茶」で白内障が予防できる 食後に飲めば歯周病・口臭対策に!

【血管の若返り効果】1日6杯の「生姜緑茶」で白内障が予防できる 食後に飲めば歯周病・口臭対策に!

ショウガ緑茶を習慣づけて飲んでくれた人からは「らくにダイエットできた」「高かった血糖値や血圧が下がった」「悪玉コレステロールの値が下がった」「肌がきれいになった」「口臭や歯周病が改善した」など多彩な効果が見られました。どんな薬効が期待できるのかいくつか挙げてみましょう。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


【医師推奨】不調が続く時は「パンと牛乳」を3週間やめてみる

【医師推奨】不調が続く時は「パンと牛乳」を3週間やめてみる

私のクリニックに来られるさまざまな患者さんの多くが、何をやってもよくならない、既存の治療法以外にできることがあるなら試したい、というかたがたです。そのような人に「パンと牛乳をやめましょう」と指導すると、それだけで症状が改善する例を、これまで数多く見てきました。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長) 


【判明】改善率は86%!動脈硬化を改善する「RAP食」で腎臓の機能も回復する

【判明】改善率は86%!動脈硬化を改善する「RAP食」で腎臓の機能も回復する

RAP食には、従来の食事療法のような、塩分やカリウム、たんぱく質の制限はありません。少なくとも、軽度から中程度の腎機能障害には、脂質制限によるプラーク改善が回復の近道であり、同時に、根本治療ともいえるのです。まずは実践してみてください。【解説】真島康雄(真島消化器クリニック院長)


【医師解説】気軽にデトックス「週1断食」の極意 ― 空腹の乗り切り方から注意点まで

【医師解説】気軽にデトックス「週1断食」の極意 ― 空腹の乗り切り方から注意点まで

現代人は、食べすぎや食生活の乱れによって、さまざまな問題を抱えています。自宅で気軽に安全にできる断食として、私がお勧めするのが、「週1断食」です。週1断食とは、週に1回、1日1食にする「24時間断食」です。これなら、1日2食抜くだけなので、さほど抵抗はないでしょう。【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


【疲れた腎臓を強力サポート】腎機能をアップする食事と食品

【疲れた腎臓を強力サポート】腎機能をアップする食事と食品

血液をきれいにする食事療法で治療実績のある、お茶の水クリニック院長・森下敬一先生の監修による雑穀レシピをご紹介します。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)


【医師解説】腎臓病が改善!透析回避できた!私が患者に勧める「玄米根菜食」とは

【医師解説】腎臓病が改善!透析回避できた!私が患者に勧める「玄米根菜食」とは

現代の日本を見ると、食習慣の変化がさらに腎臓を酷使しています。肉類などの動物性食品は消化が悪く腸内で腐敗するため血液を汚します。添加物がたっぷり使われた加工食品、農薬が付着し遺伝子組み換えが行われた野菜などからも毒素が体内に取り込まれ、血液の汚れを招きます。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長・国際自然医学会会長)


【医師絶賛】便秘を解消して痩せ体質にする「甘い野菜スープ」 糖尿病・膵臓病の養生メニューにも

【医師絶賛】便秘を解消して痩せ体質にする「甘い野菜スープ」 糖尿病・膵臓病の養生メニューにも

マクロビオティックの代表的な養生メニューの一つ「甘い野菜スープ」は、効果・効能の面では万人向けの健康食といえます。理由は大きく三つ挙げられます。一つは、血糖値の上昇が緩やかなこと。二つ目は、腸内環境を整える働きがあること。三つめはビタミン、ミネラル、ファイトケミカルを効率的に摂取できることです。(みうらクリニック院長)


【高血圧対策レシピ】血圧を下げる食べ物は「バナナ酢、酢ピーナッツ、酢牛乳」

【高血圧対策レシピ】血圧を下げる食べ物は「バナナ酢、酢ピーナッツ、酢牛乳」

お酢の健康効果として代表的なのが、高めの血圧を下げる降圧作用です。今回は、お酢を毎日の食生活に取り入れやすくする、四つの方法をご紹介します。【解説】小泉幸道(東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授)、岡田研吉(銀座・研医会診療所漢方科)、村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


【医師解説】糖質制限中の油の取り方 ― 取るべき油、注意する油

【医師解説】糖質制限中の油の取り方 ― 取るべき油、注意する油

私のクリニックでは、糖質制限食を指導しつつ、こうした良質な脂質を摂取することをお願いしています。糖尿病の食事療法は、継続してもらわないと効果が現れません。良質な脂質をとるなど、満足感を得られる工夫をして、楽しい食事を続けていただきたいと思います。【解説】小早川裕之(小早川医院院長)


【野菜スープQ&A】ハーバード大学式「長生きスープ」の疑問に答える

【野菜スープQ&A】ハーバード大学式「長生きスープ」の疑問に答える

多くの病気の発症には、毎日の食生活が大きく影響していることが知られています。食習慣で起こる病気だからこそ、毎日の食事のひと工夫で予防・改善ができ、健康で長生きにつながります。人気テレビ番組で話題の長生きスープを是非お試しください!【解説】髙橋弘(ハーバード大学医学部元准教授、麻布医院院長)


【血糖値を下げたい!】に専門医が答える 「朝1杯のトマトジュース」が効果的

【血糖値を下げたい!】に専門医が答える 「朝1杯のトマトジュース」が効果的

糖質制限食を行う際の補助食として、私がお勧めしたい食材があります。それは、トマトです。トマトには、血糖値を上げにくくする「リコピン」という成 分が豊富に含まれています。この有用なリコピンを効率的に摂取するためには、私がお勧めしたいのは、トマトジュースです。【解説】泰江慎太郎(銀座泰江内科クリニック院長)


【医師解説】ハーバード大学式「長生きスープ」 基本的な作り方

【医師解説】ハーバード大学式「長生きスープ」 基本的な作り方

高血圧、糖尿病、脳卒中、心筋梗塞、がん、脂肪肝、痛風など、多くの病気の発症には、毎日の食生活が大きく影響していることが知られています。食習慣で起こる病気だからこそ、毎日の食事のひと工夫で予防・改善ができ、健康で長生きにつながります。【解説】高橋弘(ハーバード大学医学部元准教授、麻布医院院長)


 【医師愛食】小児ぜんそくの症状が軽快した「キャベツ」の酵素パワー オススメは黒酢キャベツ

【医師愛食】小児ぜんそくの症状が軽快した「キャベツ」の酵素パワー オススメは黒酢キャベツ

現代人の食事は、高たんぱくで高脂肪の肉料理が中心になっています。一方で、野菜や果物類は摂取不足。さらに、お菓子などに含まれる白砂糖は、取り過ぎています。私のクリニックでは、食事で体を治す「医食同源」を実感してもらうために食事指導を行っています。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会 鶴見クリニック理事長・医師)


【食べる甘酒】20kgやせた、抜け毛が減った!糖尿病、認知症も撃退する「生甘酒」の効果

【食べる甘酒】20kgやせた、抜け毛が減った!糖尿病、認知症も撃退する「生甘酒」の効果

米こうじから作る、火入れをしない「食べる甘酒(生甘酒)」は、腸内環境を改善する、ノンアルコールの食べ物です。生甘酒は、酵素やビタミンの宝庫であり、食物繊維や乳酸菌、オリゴ糖など、現代人が不足しがちな栄養素まで補給できます。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


簡単に手作りできる!食べる甘酒の作り方

簡単に手作りできる!食べる甘酒の作り方

米こうじから作る、火入れをしない「食べる甘酒(生甘酒)」は、腸内環境を改善する、ノンアルコールの食べ物です。生甘酒は、酵素やビタミンの宝庫であり、食物繊維や乳酸菌、オリゴ糖など、現代人が不足しがちな栄養素まで補給できます。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)【料理監修】舘野真知子(料理研究家・管理栄養士)


人気1位!村上祥子さん監修【バナナ酢】がんこな便秘を解消しダイエットに最適

人気1位!村上祥子さん監修【バナナ酢】がんこな便秘を解消しダイエットに最適

バナナ酢のお酢には、酢酸、クエン酸、リンゴ酸などの有機酸が含まれています。これらは体内に入ると、体のエネルギーを作り出す「クエン酸サイクル」を活性化します。【解説】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


【麹納豆のすごいパワー】血液も腸も肌もきれいに 高血圧や脳梗塞、骨粗鬆症に有効

【麹納豆のすごいパワー】血液も腸も肌もきれいに 高血圧や脳梗塞、骨粗鬆症に有効

私が、納豆の中に血栓(血液の塊)を溶かすナットウキナーゼという酵素(体内での化学反応を促進する物質)を発見したのは、1980年のことです。それ以来、さまざまな発酵食品が持つ生理作用に関心を持ち、研究を続けてきました。【解説】須見洋行(倉敷芸術科学大学教授)


便秘を改善し美肌をつくる!高血圧、肥満予防に!今人気の発酵食「麹納豆」

便秘を改善し美肌をつくる!高血圧、肥満予防に!今人気の発酵食「麹納豆」

皆さんは、「麹」を料理に使ったことがあるでしょうか。いえ、その前に、そもそも麹を見たことがあるでしょうか。麹は日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、酢、みりん、日本酒など)を作る上で、なくてはならないものです。それなのに、今ではすっかり私たちの生活の場から姿をひそめてしまいました。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将)


一匙で料理が美味一変【塩麹の力】長年の便秘が治り、しっとり肌に変わった

一匙で料理が美味一変【塩麹の力】長年の便秘が治り、しっとり肌に変わった

麹とかかわるようになって7年。知れば知るほど、その奥深さと偉大さに感嘆します。麹は、日本人が知恵と経験と長い時間をかけて、今の形に作り上げたものです。食料が乏しい時代、私たちの祖先は、麹を中心とした発酵食品で栄養を補い、命をつないできました。【解説】小紺有花(麹料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング