食事療法

食事療法

食事療法は、糖尿病、高血圧、脂質異常症といった生活習慣病の治療効果を上げるもっとも基本になる治療法です。また、これらを予防し長生きするためにも、食事は大変重要な役割を持ってきます。タマネギ、ニンニクなどの野菜、レモンなどの果物には、生活習慣病に効果の高い栄養成分が、たっぷり含まれていることが知られています。このカテゴリは、食事療法に関する記事を紹介します。

食事療法に関連するキーワード

食事療法の種類
>>食事療法に関連するキーワード一覧

食事療法の健康情報一覧

簡単に手作りできる!食べる甘酒の作り方

簡単に手作りできる!食べる甘酒の作り方

米こうじから作る、火入れをしない「食べる甘酒(生甘酒)」は、腸内環境を改善する、ノンアルコールの食べ物です。生甘酒は、酵素やビタミンの宝庫であり、食物繊維や乳酸菌、オリゴ糖など、現代人が不足しがちな栄養素まで補給できます。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)【料理監修】舘野真知子(料理研究家・管理栄養士)


村上祥子さん考案【バナナ酢ダイエット】お酢の脂肪燃焼効果が頑固な便秘も解消!

村上祥子さん考案【バナナ酢ダイエット】お酢の脂肪燃焼効果が頑固な便秘も解消!

バナナ酢には、優れた健康効果がたくさんあります。その多彩な健康効果のうちでも、特に取り上げたいのが、ダイエット効果です。バナナ酢によるダイエットは、無理な食事制限をすることなく、自然に体重が減っていきます。したがってリバウンドも起こりにくいといえるでしょう。【解説】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


【麹納豆のすごいパワー】血液も腸も肌もきれいに 高血圧や脳梗塞、骨粗鬆症に有効

【麹納豆のすごいパワー】血液も腸も肌もきれいに 高血圧や脳梗塞、骨粗鬆症に有効

私が、納豆の中に血栓(血液の塊)を溶かすナットウキナーゼという酵素(体内での化学反応を促進する物質)を発見したのは、1980年のことです。それ以来、さまざまな発酵食品が持つ生理作用に関心を持ち、研究を続けてきました。【解説】須見洋行(倉敷芸術科学大学教授)


便秘を改善し美肌をつくる!高血圧、肥満予防に!今人気の発酵食「麹納豆」

便秘を改善し美肌をつくる!高血圧、肥満予防に!今人気の発酵食「麹納豆」

皆さんは、「麹」を料理に使ったことがあるでしょうか。いえ、その前に、そもそも麹を見たことがあるでしょうか。麹は日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、酢、みりん、日本酒など)を作る上で、なくてはならないものです。それなのに、今ではすっかり私たちの生活の場から姿をひそめてしまいました。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将)


一匙で料理が美味一変【塩麹の力】長年の便秘が治り、しっとり肌に変わった

一匙で料理が美味一変【塩麹の力】長年の便秘が治り、しっとり肌に変わった

麹とかかわるようになって7年。知れば知るほど、その奥深さと偉大さに感嘆します。麹は、日本人が知恵と経験と長い時間をかけて、今の形に作り上げたものです。食料が乏しい時代、私たちの祖先は、麹を中心とした発酵食品で栄養を補い、命をつないできました。【解説】小紺有花(麹料理研究家)


【体にいい万能調味料】「塩麹」の作り方&使い方

【体にいい万能調味料】「塩麹」の作り方&使い方

麹・塩・水を混ぜるだけで簡単に手作りできて、食材をなんでもおいしくしてくれる万能調味料「塩麹」。「塩麹」の作り方と使い方をご紹介します。【構成】『安心』編集部


【医師の体験談】納豆の健康効果を実感 肝機能値が下がり 4kgのダイエットに成功

【医師の体験談】納豆の健康効果を実感 肝機能値が下がり 4kgのダイエットに成功

弟といっしょに、趣味の釣りに出かけたのはよかったのですが、帰ってから、同時に体調をくずしてしまったのです。病院で調べたところ、2人ともA型肝炎に感染していることが判明しました。肝機能値は、600IU/Lを超えているものの、休めない私が頼みの綱としたのが、納豆でした。【解説】上山博康(禎心会病院脳疾患研究所所長)


【今さら聞けない塩麹】簡単に手作りでき 料理が断然おいしくなる その理由は?

【今さら聞けない塩麹】簡単に手作りでき 料理が断然おいしくなる その理由は?

日本の食文化の根っこを支えているもの。それは、「麹」ではないでしょうか。みそもしょうゆもみりんも日本酒も、麹なしでは作れません。しかし、みそが家庭で手作りされなくなり、麹は日本人の日常からすっかり影を潜めてしまいました。そんな麹を使った調味料が、今ブームを呼んでいます。【解説】石川惠美子(ジャーナリスト)


【動脈硬化は治る】症状を改善し"血管プラーク"を溶かす食事療法「RAP食」とは

【動脈硬化は治る】症状を改善し"血管プラーク"を溶かす食事療法「RAP食」とは

私は、高血圧は動脈硬化の物理的な結果と考えており、真の原因「血管プラーク」の減少に取り組んでいます。血管プラークは主に、口から入った酸化した油脂類なので、改善の柱となるのは、脂質を制限する食事療法です。そこで「RAP食」を考案しました。動脈硬化の改善に、実績を上げています。【解説】真島康雄(真島消化器クリニック院長)


咳、のどの痛みに効果 イガイガも鎮まる「黒コショウ湯」の作り方

咳、のどの痛みに効果 イガイガも鎮まる「黒コショウ湯」の作り方

口に入る物が私たちの体にもたらす影響は、甚大です。鍼灸師として働き始めてからも、患者さんの症状と食べ物の関係には常に関心を持ち、研究を続けてきました。そんな私が、呼吸器系の症状に悩む患者さんに勧め、いい効果を上げているのが、今回ご紹介する「黒コショウ湯」です。【解説者】梶原千譽(カジハラ治療院院長)


【マスオさんの声・増岡弘さん】40年間カゼ知らずの私の原動力は「ニンニクみそ」

【マスオさんの声・増岡弘さん】40年間カゼ知らずの私の原動力は「ニンニクみそ」

皆さん、こんにちは。俳優(声優)の増岡弘です。というより、「フグ田マスオ」といったほうがわかりやすいかもしれませんね。テレビアニメ『サザエさん』のマスオさんの声を担当するようになって、もう40年にもなります。【解説】増岡弘(劇団東京ルネッサンス代表・俳協所属俳優・声優)


腸内フローラを元気にする食事 昔ながらの和食をとれば万病は防げる

腸内フローラを元気にする食事 昔ながらの和食をとれば万病は防げる

日本人の腸内細菌は、日本の伝統的な食事を好むのです。とはいえ、いきなり全部を変えるのは難しいでしょうから、白米を玄米に替える、有機野菜や発酵食品(納豆、みそ汁、ぬか漬けなど)をとる、肉を控えるなど、できるところから始めてください。【解説者】本間真二郎(七合診療所所長)


【医師解説】米麹で作る簡単手作り「生甘酒」 アトピーが改善、20kgやせた人も

【医師解説】米麹で作る簡単手作り「生甘酒」 アトピーが改善、20kgやせた人も

善玉菌を増やして腸内環境を改善し、健康な腸を保つために、私が皆さんにお勧めしているのが、「生甘酒」です。生甘酒は、酒かすから作る甘酒とは異なり、米こうじと水だけで発酵させて作ります。【解説者】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


【週一断食で】宿便を出す! メタボ改善10kgダイエット 医師が勧める胃腸の休ませ方

【週一断食で】宿便を出す! メタボ改善10kgダイエット 医師が勧める胃腸の休ませ方

私がご紹介するのは、「週1断食」です。これは、「断食に関心はあるけれど、経験したことはない」という初心者のかたに、特にお勧めの方法です。【解説者】三浦直樹(みうらクリニック院長)


博士が勧める【玉ねぎヨーグルト】の作り方と食べ方 血糖値を下げ動脈硬化を防ぐ

博士が勧める【玉ねぎヨーグルト】の作り方と食べ方 血糖値を下げ動脈硬化を防ぐ

腸内の善玉菌(痩せ菌)を増やし、悪玉菌(デブ菌)を減らす方法として、私は発酵食品と食物繊維の組み合わせをお勧めしてきました。タマネギヨーグルトも、発酵食品であるヨーグルトと食物繊維が豊富な玉ねぎで作ります。この組み合わせは最強なのです。【解説】藤田紘一郎(医学博士・東京医科歯科大学名誉教授) 


【高齢者の便秘】対策は「玄米菜食」 糖尿病、心臓病も改善すると医師が解説

【高齢者の便秘】対策は「玄米菜食」 糖尿病、心臓病も改善すると医師が解説

肥満を改善するために、最も効果的な食事が玄米菜食です。玄米菜食とは、主食を玄米や雑穀とし、主菜を野菜や豆、海藻、漬物にして、肉や魚、卵、乳製品は極力控える食事法です。私のクリニックでは、外来の患者さんに、玄米菜食を勧めています。【解説】島村善行(島村トータル・ケア・クリニック院長)


【朝食だけでOK!】玄米は動物性脂肪への欲求を抑え肥満、糖尿病を退ける!

【朝食だけでOK!】玄米は動物性脂肪への欲求を抑え肥満、糖尿病を退ける!

玄米は、動物性脂肪への欲求を抑えるγ-オリザノール、さらに、食物繊維、ビタミン、ミネラルなど、多彩な栄養素をバランスよく含んでいます。既知・未知の抗酸化物質や抗老化物質もあります。玄米が「天然の完全栄養食」といわれるゆえんです。【解説】益崎裕章(琉球大学大学院医学研究科教授)


不眠対策は「朝食にハムエッグを食べる」? ― インフルエンザやうつも撃退

不眠対策は「朝食にハムエッグを食べる」? ― インフルエンザやうつも撃退

免疫力を高めるには睡眠時間を長く取ればいいのでしょうか。確かに一定の睡眠時間を取ることは大切ですが、一概にそれだけとは、いい切れません。睡眠の量よりも重要なのが、質なのです。そして、質の高い睡眠を得るための秘訣は、意外に思われるかもしれませんが、「朝食」にあります。【解説】宮崎総一郎(滋賀医科大学睡眠学講座特任教授)


【医師解説】玄米食で10kgやせて痛風、大腸ポリープが改善 動脈硬化にも効果

【医師解説】玄米食で10kgやせて痛風、大腸ポリープが改善 動脈硬化にも効果

ぜひお勧めしたいのが、玄米です。主食を、白米から玄米にするだけで、多種多様な栄養素を、効率的に摂取することができます。玄米菜食の効果は、目をみはるものがあります。【解説】島村善行(島村トータル・ケア・クリニック院長)


【宿便を出す】断食「梅湯」 最初はコロン、次にドブのような臭いの便が出たら成功

【宿便を出す】断食「梅湯」 最初はコロン、次にドブのような臭いの便が出たら成功

私は10年前に西谷雅史先生のクリニックで「座禅断食」が始まったときからの常連で、40回のうち39回の断食に参加しています。その中でお伝えしたいことは山ほどあるのですが、何と言っても感動的なのは、断食後の「梅湯」です。【体験談】関 映子(美容鍼灸師・北海道)


ランキング


>>総合人気ランキング