糖尿病

糖尿病

糖尿病とは、インスリンの作用が十分でないため、体内でブドウ糖が有効に使われずに、血糖値が高くなる病気のことです。発症要因から大きく1型、2型に分けられますが、日本人の糖尿病患者の約9割が、生活習慣の乱れが原因となって起こる2型糖尿病です。血糖値が高い状態が長く続くと、脳卒中や心筋梗塞などの合併症が起こる可能性が高くなるので注意が必要です。このカテゴリは、糖尿病の改善に役立つ記事の一覧ページです。

糖尿病に関連するキーワード

糖尿病対策
>>糖尿病に関連するキーワード一覧

糖尿病の健康情報一覧

【糖尿病予防・改善】糖質制限レストランを開いた薬剤師が指南!お勧めの食べ物はチーズ

【糖尿病予防・改善】糖質制限レストランを開いた薬剤師が指南!お勧めの食べ物はチーズ

糖質制限でやせた経験を生かして、糖質オフ専門のレストランをオープンしました。糖質制限をしながら、おいしく食べられる料理をご提供しています。さて、糖尿病の予防・改善のため、あるいはダイエットのため、これから糖質制限を始めたいというかたにいくつかアドバイスをします。【解説】粂康晴(薬剤師・レストラン「カーボオフ」オーナー)


【歯科医解説】唾液を出すポイントの刺激で血糖値も正常になった「耳の下もみ」のやり方

【歯科医解説】唾液を出すポイントの刺激で血糖値も正常になった「耳の下もみ」のやり方

耳下腺への刺激は、唾液の分泌だけでなく、ストレスを除去する働きもあります。副交感神経が優位になり、自律神経のバランスが整うことで、血圧や血糖値の降下、耳鳴りやめまいの緩和、うつ病や不眠など精神疾患の改善が期待できるでしょう。【解説】齋藤道雄(齋藤ファミリーデンタル院長・医学博士)


【ケトン体とは】"数値が高いと危険"は誤解 糖尿病に効果的な糖質制限ダイエット

【ケトン体とは】"数値が高いと危険"は誤解 糖尿病に効果的な糖質制限ダイエット

これまで糖質制限の危険な面として糖質制限をした際に「ケトン体」が上昇する点が挙げられてきました。ケトン体が増えてケトアシドーシスになると、嘔吐、疲労感、脱力感など、さらに悪化すると死に至るとされてきました。しかし、それは誤解であり、数値を気にする必要はないのです。【解説】宗田哲男(宗田マタニティクリニック院長)


夫の糖尿病対策に作る食事【玉ねぎスープ】の 作り方(中島香里さん=素肌美研究家)

夫の糖尿病対策に作る食事【玉ねぎスープ】の 作り方(中島香里さん=素肌美研究家)

我が家では、5年ほど前から、ほとんど毎日、タマネギを食べています。そのきっかけは、夫の糖尿病が悪化したことでした。「なんとかしなくては」と思っていた矢先、ちょうどテレビで「タマネギが血糖値の改善に役立つ」と紹介されているのを目にしたのです。【体験談】中島香里(素肌美研究家・株式会社クリスタルジェミー代表取締役)


【妊娠糖尿病】MCTオイルで血糖値コントロールに成功 インスリン注射を回避

【妊娠糖尿病】MCTオイルで血糖値コントロールに成功 インスリン注射を回避

私が患者さんに指導しているのは、「高タンパク」「高脂肪」「低糖質」の食事です。この食事内容は、ケトン体を主力エネルギーとして使うケトン体質に導く「ケトン食」です。ケトン食が特に有効なのは、妊娠糖尿病です。全妊婦の約12%が罹患すると言われています。【解説】宗田哲男(宗田マタニティクリニック院長)


自覚症状ない【低血糖症】が急増中 うつ病と似た症状 だるい、眠い、肥満の真原因

自覚症状ない【低血糖症】が急増中 うつ病と似た症状 だるい、眠い、肥満の真原因

低血糖症とは、単に「血糖値が低い状態」を指すわけではありません。血糖値を正しくコントロールできない「血糖調節障害」の一種だと考えたほうがいいでしょう。低血糖の状態から脱却するためには、日々の食事を根本から見直して、血糖値の描くカーブをできるだけ緩やかにする必要があります。【解説】溝口徹(新宿溝口クリニック院長)


低血糖症を改善する食事【肉ファースト食】眠気やだるさを予防する食事法はこれ

低血糖症を改善する食事【肉ファースト食】眠気やだるさを予防する食事法はこれ

低血糖症の人には、共通点があります。それは、糖質を知らず知らずのうちにたくさんとっており、糖質依存の体質に陥っていることです。低血糖症が招くさまざまな不調を改善するには、この糖質への依存体質から抜け出さなければなりません。そのための重要なポイントが、五つあります。【解説】溝口徹(新宿溝口クリニック院長)


【糖尿病の薬】心配な副作用は「無自覚性の低血糖」による認知症と血糖値スパイク

【糖尿病の薬】心配な副作用は「無自覚性の低血糖」による認知症と血糖値スパイク

糖尿病の薬物治療で最も心配な副作用は、実は低血糖です。低血糖をくり返すと、認知症、心不全といった病気の発症率が高くなります。特に高齢者の場合は、無自覚性の低血糖をくり返すうちに、認知症になる例がよくあります。同じく気をつけたいのが「血糖値スパイク」と呼ばれる状態です。【解説者】長尾和宏(長尾クリニック院長)


【体験談】かかと落としダイエットの効果 血糖値が下がりコレステロール値も正常値

【体験談】かかと落としダイエットの効果 血糖値が下がりコレステロール値も正常値

年を重ねるにつれ、血糖値が徐々に上がってきていることには、気がついていました。健康診断でこでまでで最も高い135mg/dlを記録し、ショックを受けました。LDL、いわゆる悪玉コレステロールの値も159mg/dlと高めでした。テレビの健康番組で知ったのが「かかと落とし」です。【体験談】田中睦夫(仮名・愛知県・67歳無職)


【クレアチニン値を下げる方法】腎臓病が改善する「ふくらはぎマッサージ」を医師が解説

【クレアチニン値を下げる方法】腎臓病が改善する「ふくらはぎマッサージ」を医師が解説

腎臓は血液をろ過して老廃物を尿として体外に排出します。体内を流れる血液がきれいなら、それだけ腎臓にかかる負担も減り、衰えていた機能が回復します。内臓トレーニングや、ふくらはぎマッサージなどの自力療法を行うと、糖尿病性腎症や慢性腎炎など、腎臓病の改善につながるのです。【解説】廣岡孝(静岡トレーニングクリニック院長)


【医師解説】IgA腎症の根本原因「喉」に注目!新しい治療法「扁摘パルス療法」とは

【医師解説】IgA腎症の根本原因「喉」に注目!新しい治療法「扁摘パルス療法」とは

IgA腎症は、長い経過で進行し発症から30年で約半数の人が慢性腎不全になり、透析療法に移行していきます。10年ほど前までIgA腎症は治らない病気といわれてきました。しかし私たちが開発した「扁摘パルス療法(扁桃摘出・ステロイドパルス療法)」でこの病気も治るようになりました。【解説】堀田修(堀田修クリニック(HOC)院長)


【血糖値コントロール】糖尿病の食事療法「長生きスープ」飲み方のコツは?NASHも改善!

【血糖値コントロール】糖尿病の食事療法「長生きスープ」飲み方のコツは?NASHも改善!

ファイトケミカルをたっぷり含んだ「長生きスープ(ファイトケミカルスープ)」は、私の治療の一つの柱として、今では欠かせないものになっています。薬だけでは十分コントロールできない糖尿病や高血圧、肥満、さらにはがんや肝炎などの病気に、有形無形の効果があります。【解説】髙橋弘(ハーバード大学医学部元准教授、麻布医院院長)


【低インスリン療法】インスリンをやめたら血圧の数値が正常に!やせて若返った

【低インスリン療法】インスリンをやめたら血圧の数値が正常に!やせて若返った

糖尿病の予備軍と判明したのは8年前です。健康診断で血糖値は正常値よりやや高く、ヘモグロビンA1cは6・5%でした。「早く治療を始めれば、糖尿病はパッと治りますよ」と当時の医師に勧められ、私は1日3回、食前にインスリン注射を打つ治療を始めました。【体験談】福山剛(仮名・会社社長・67歳)


やせ型糖尿病の人は鳥類と同じ不老長寿体質!多少、血糖値が高くても問題なし

やせ型糖尿病の人は鳥類と同じ不老長寿体質!多少、血糖値が高くても問題なし

 地球上で最も進化した生物である「鳥類」は、ヒトから見ると、ものすごい高血糖なのをご存知でしょうか。ヒトの血糖値は、空腹時で100mg/dl前後。これにたいしてトリは、約300~800mg/dlもあるのです。【解説】新井圭輔(あさひ内科クリニック院長)


【キクイモ(菊芋)研究】血糖値改善・便秘解消に効果「イヌリン」の作用とは

【キクイモ(菊芋)研究】血糖値改善・便秘解消に効果「イヌリン」の作用とは

糖尿病の人にとってイモ類は血糖値を上げやすい食品の一つです。しかし、「イモ」と名がついていても、例外的に食後の血糖値の上昇を抑える作用をもつ食品があります。それが「キクイモ」です。【解説】和田正(フジ日本精糖研究開発室室長・薬学博士)原健二郎(フジ日本精糖研究開発室係長・医学博士)


【糖尿病改善】リコピン吸収率を高める「ホットトマトジュース」を朝飲むとよい!

【糖尿病改善】リコピン吸収率を高める「ホットトマトジュース」を朝飲むとよい!

私は、長年にわたり、トマトの健康への寄与成分について研究してきました。なかでも、特に注目したいのが、リコピンという成分です。リコピン摂取のために、さらにお勧めの工夫があります。それは、トマトジュースにオリーブオイルを混ぜ、加熱して飲む方法です。【解説】稲熊隆博(帝塚山大学現代生活学部教授)


糖尿病の血糖値に効果【バターコーヒー】インスタントに無塩バターを入れるだけ

糖尿病の血糖値に効果【バターコーヒー】インスタントに無塩バターを入れるだけ

食習慣を変えることなく、薬で無理に血糖値を下げたところで、本当の意味で体がよくなっているといえるでしょうか?私はそうは思いません。そこで、カロリー制限のようなつらい思いをせずに食習慣を変えていく一助として、私が提案するのが「バターコーヒー」です。【解説】片山成二(かたやま脳外科内科クリニック院長)


【医師解説】糖尿病の血管合併症を防ぐ ポイントは糖質制限と良質な脂質摂取

【医師解説】糖尿病の血管合併症を防ぐ ポイントは糖質制限と良質な脂質摂取

糖尿病とは、膵臓で作られるインスリン(血糖値を調節するホルモン)の分泌量が減ったり、その効果が損なわれたりすることで、慢性的に高血糖になる状態を指します。この状態が長期間続くと、糖尿病特有の血管合併症を招きやすくなるのです。【解説】小早川裕之(小早川医院院長)


【医師解説】糖尿病の合併症が改善!常識を覆す「低インスリン療法」症例報告

【医師解説】糖尿病の合併症が改善!常識を覆す「低インスリン療法」症例報告

低インスリン療法に切り換えると、動脈硬化も改善していきます。血管の状態がよくなると、全身の細胞に酸素と栄養が十分に届くようになります。すると、もともとそなわっている修復能力が発揮されやすくなり、さまざまな合併症が改善に向かいます。3つの症例をご紹介しましょう。【解説】新井圭輔(あさひ内科クリニック院長)


【血糖値 HbA1cを下げたい】9.5%のヘモグロビンA1cが「筋トレ」で6.7%に低下

【血糖値 HbA1cを下げたい】9.5%のヘモグロビンA1cが「筋トレ」で6.7%に低下

2年前の春頃のことです。体重がぐんぐん減り始め、86kgあった体重が、3ヵ月で10kgも落ちてしまいました。「がんではないか」と心配になり、いつもお世話になっている、宇佐見啓治先生に診ていただきました。そのときの血液検査で、ヘモグロビンA1cが9・5%もあることがわかったのです。【体験談】塩田幸雄(無職・83歳)


ランキング


>>総合人気ランキング