糖尿病

糖尿病

糖尿病とは、インスリンの作用が十分でないため、体内でブドウ糖が有効に使われずに、血糖値が高くなる病気のことです。発症要因から大きく1型、2型に分けられますが、日本人の糖尿病患者の約9割が、生活習慣の乱れが原因となって起こる2型糖尿病です。血糖値が高い状態が長く続くと、脳卒中や心筋梗塞などの合併症が起こる可能性が高くなるので注意が必要です。このカテゴリは、糖尿病の改善に役立つ記事の一覧ページです。

糖尿病に関連するキーワード

糖尿病対策
>>糖尿病に関連するキーワード一覧

糖尿病の健康情報一覧

【朝の血糖値を下げる!】夕食後の「気功スクワット」

【朝の血糖値を下げる!】夕食後の「気功スクワット」

私が患者さんにお勧めしているのは、家の中で簡単に行うことができる「気功スクワット」です。夕食後に気功スクワットを行っておくと、血液中のブドウ糖が消費され、朝には血糖値が下がります。気功スクワットのやり方を説明しましょう。【解説】梶山靜夫(梶山内科クリニック院長)


【医師が指南】血糖値を急激に上げずにスイーツを食べる極意―フルーツは?チョコは?

【医師が指南】血糖値を急激に上げずにスイーツを食べる極意―フルーツは?チョコは?

糖尿病の人には、お菓子やケーキが好きな人が多いようです。もちろん、やせている人もいますが、肥満傾向の人のほうが多いのではないでしょうか。お菓子の食べすぎも、糖尿病の原因の一つですから、それは当然のことかもしれません。【解説】板倉弘重(茨城キリスト教大学名誉教授・エミリオ森口クリニック理事長)


【昼そば】年越し蕎麦は「昼」がオススメな理由

【昼そば】年越し蕎麦は「昼」がオススメな理由

糖尿病で血糖値が気になるかたにお勧めしたいのが、「昼そば」です。昼にそばを食べるというこの方法は、血糖値を下げ、ダイエットにも効果を発揮します。ここでは、昼そばが、糖尿病やダイエットに有効な理由をお話ししましょう。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


マグネシウム仮説って何? 蕎麦が糖尿病の改善に役立つワケ

マグネシウム仮説って何? 蕎麦が糖尿病の改善に役立つワケ

日本における糖尿病(2型)の患者数は戦後から激増し、現在も増加を続けています。その原因には、さまざまな説がありますが、私が注目したのは食生活の変化です。戦後、日本の食生活は「半欧米化」の道をたどり、古来の和食が失われつつあります。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学教授)


【専門医直伝】「寝る前10分で1日を振り返る」糖尿病改善の極意4選

【専門医直伝】「寝る前10分で1日を振り返る」糖尿病改善の極意4選

糖尿病対策の根幹は、「食前キャベツ」を中心とした食事療法で減量することです。ただし、それを成功させるには、いくつかの秘訣があります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)


赤ワインやウイスキーはOK!糖尿病でも血糖値が上がりにくい酒の飲み方

赤ワインやウイスキーはOK!糖尿病でも血糖値が上がりにくい酒の飲み方

糖尿病になると、医師からは決まり文句として、「お酒はやめてください」といわれるはずです。とはいえ、お酒が大好きだった人にとって、長年続けてきた習慣をきっぱりとやめるのは、簡単なことではないでしょう。【解説】板倉弘重(茨城キリスト教大学名誉教授・エミリオ森口クリニック理事長)


糖尿病家系の夫に特効! なかなか下がらなかった 血糖値が酢タマネギで降下した

糖尿病家系の夫に特効! なかなか下がらなかった 血糖値が酢タマネギで降下した

夫が、糖尿病だと発覚したのは、50代になってからです。そのときの数値は覚えていませんが、ずいぶん血糖値が高かったようです。【体験談】愛知県●66歳●主婦 長谷美智子(仮名)  


糖尿病の夫は酢玉ねぎを食べてインスリンが不要に!私は3.8kgやせた!

糖尿病の夫は酢玉ねぎを食べてインスリンが不要に!私は3.8kgやせた!

20年くらい前です。夫が、会社の健康診断で糖尿病と診断されて、2ヵ月間入院したことがあります。退院後もインスリンを続けなければなりませんでした。試したのは友人から聞いた「酢タマネギ」でした。酢タマネギで夫の糖尿病は完治し、私も薬を飲んでも効かなかった頑固な便秘が治ったのです。【体験談】武田雅美(仮名・主婦・61歳)


【糖尿病を食事療法で治す】血糖値を下げ、インスリン注射を回避「玉ねぎスープ」の効果

【糖尿病を食事療法で治す】血糖値を下げ、インスリン注射を回避「玉ねぎスープ」の効果

私は今年、84歳になりますが、現役でレストランの総料理長を務めています。糖尿病になったのは、今から40年ほど昔のことです。あるとき、排尿時に、妙に甘いにおいがするのに気づきました。尿の泡立ちも気になったため、「ひょっとしたら糖尿病かもしれない」と検査を受けたところ……【体験談】窪田好直(グリル満天星総料理長)


【簡単なやり方】「耳もみ」で糖尿病の血糖値や痛風の尿酸値が下がる!

【簡単なやり方】「耳もみ」で糖尿病の血糖値や痛風の尿酸値が下がる!

糖尿病のような治りにくい慢性疾患に対して効果を発揮するのが、耳介療法です。私の治療室では、患者さんの耳に針を打つ「耳バリ治療」を行い、自宅では「耳もみ」を実行してもらい、多くの効果を上げています。【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


【糖尿病の合併症を防ぐ】玉ねぎを食べると食後血糖値が下がりヘモグロビンA1cも改善

【糖尿病の合併症を防ぐ】玉ねぎを食べると食後血糖値が下がりヘモグロビンA1cも改善

タマネギを酢に漬けて作る「酢タマネギ」には、さまざまな健康効果があります。特に、糖尿病のタマネギの有効性は古くから報告されており、私も2回にわたり、糖尿病の臨床試験を行っています。【解説】齋藤嘉美(元東京大学医学部講師、介護老人保健施設むくげのいえ施設長)


【糖尿病の食事療法】糖質制限を無理なく成功させる新常識「8ヵ条」

【糖尿病の食事療法】糖質制限を無理なく成功させる新常識「8ヵ条」

糖質制限食に慣れるまでは、「ごはんを食べたい!」という衝動に駆られたり、口寂しくなったりするかもしれません。しかし、食事に対する意識や日常の行動を少し変えると、糖質を控えることに抵抗がなくなり、無理なく糖質制限食に取り組めるようになります。【解説】前川智(新潟労災病院消化器内科部長・医学博士)


【糖尿病】焼酎やブランデーはOK!医師が勧める「ゆるやか糖質制限食」のやり方

【糖尿病】焼酎やブランデーはOK!医師が勧める「ゆるやか糖質制限食」のやり方

 私が指導している糖質制限食は、肥満の解消・予防、糖尿病の予防、予備軍の血糖値の改善に主眼を置いています。そのため、糖質の制限は比較的ゆるやかに行います。【解説】前川 智(新潟労災病院消化器内科部長・医学博士)


【医師監修】実践的で効果が高い「糖質制限食」血糖値・ヘモグロビンA1cが下がりダイエットも成功する!

【医師監修】実践的で効果が高い「糖質制限食」血糖値・ヘモグロビンA1cが下がりダイエットも成功する!

私がお勧めする糖質制限食は、ごはんやパン、麺類などの主食(糖質)を少なめにして、肉、魚、豆類、野菜などおかずを多めに食べて、糖質の摂取量を減らす食事法です。糖質の摂取量を減らすことで、血糖値の上昇を抑え、糖尿病の改善、予防に結びつきます。【解説】前川智(新潟労災病院消化器内科部長・医学博士)


【牛乳コップ1杯】食事のときに飲めば、血糖値が上がりにくくなるーその効果は薬並みに強力

【牛乳コップ1杯】食事のときに飲めば、血糖値が上がりにくくなるーその効果は薬並みに強力

皆さんの食事のお伴は、どんな飲み物でしょうか。お水やお茶という人が多いと思いますが、血糖値が気になる人は、ぜひ食事どきに1杯の牛乳を飲んでください。【解説】林進(東京慈恵会医科大学附属柏病院栄養部・管理栄養士)


【血糖値を上げない】新常識!ご飯に「とろろ」や「納豆」をかけると、血糖値は上がりにくい

【血糖値を上げない】新常識!ご飯に「とろろ」や「納豆」をかけると、血糖値は上がりにくい

糖尿病の食事療法として朗報です。白米を食べても、食後血糖値の上昇が緩やかになる「ごはんの食べ方」が科学的に解明されているのです。【解説】林進(東京慈恵会医科大学付属柏病院栄養部・管理栄養士)


【先に野菜を食べるだけ】糖尿病の血糖値が下がり、コレステロール値も改善

【先に野菜を食べるだけ】糖尿病の血糖値が下がり、コレステロール値も改善

サキベジのやり方は、いたって簡単です。「食事の最初に野菜をたっぷり食べる」です。目安として10分以上、野菜を食べてから、おかずやごはんを食べることをお勧めします。【解説】内場廉(長野市国保大岡診療所所長)


【慈恵医大・林進先生】食後血糖値を下げる効果がある食事は、酢と牛乳、そしてレモン

【慈恵医大・林進先生】食後血糖値を下げる効果がある食事は、酢と牛乳、そしてレモン

血糖値の急激な上昇を抑えるために、強力な助っ人となる食材があります。それは酢と牛乳です。この項では酢についてご紹介します。【解説】林進(東京慈恵会医科大学附属柏病院栄養部・管理栄養士)


【医師実践】糖尿病の血糖値が劇的に下がった、ある食事療法とは?

【医師実践】糖尿病の血糖値が劇的に下がった、ある食事療法とは?

私のピーク時の体重は148kgありました。糖尿病と診断され、インスリン注射を始めました。それでも血糖値は200mg/dlを超え、ヘモグロビンA1cは11・1%もありました。サキベジを始めてみたところ、面白いように体重が落ち始めました。【解説】内場廉(長野市国保大岡診療所所長)


【糖尿病専門医】従来の食事療法では血糖値は下がらない!一番大切なのは「食べる順番」だけ!

【糖尿病専門医】従来の食事療法では血糖値は下がらない!一番大切なのは「食べる順番」だけ!

私が提案しているのが「食べる順番療法」です。野菜→おかず→ごはんの順番に食べることで、食後の血糖値の急上昇を防ぐ療法です。食べ順療法を続けると、少ないインスリンを分泌する能力自体が改善します。そのため、減薬やインスリン注射を卒業することも可能なのです。【解説】梶山靜夫(梶山内科クリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング