糖尿病を改善する健康法

糖尿病とは、インスリンの作用が十分でないため、体内でブドウ糖が有効に使われずに、血糖値が高くなる病気のことです。発症要因から大きく1型、2型に分けられますが、日本人の糖尿病患者の約9割が、生活習慣の乱れが原因となって起こる2型糖尿病です。血糖値が高い状態が長く続くと、脳卒中や心筋梗塞などの合併症が起こる可能性が高くなるので注意が必要です。糖尿病改善に役立つ運動やマッサージ等の健康法を紹介します。


糖尿病を改善する健康法の健康情報一覧

【体験談】かかと落としダイエットの効果 血糖値が下がりコレステロール値も正常値

【体験談】かかと落としダイエットの効果 血糖値が下がりコレステロール値も正常値

年を重ねるにつれ、血糖値が徐々に上がってきていることには、気がついていました。健康診断でこでまでで最も高い135mg/dlを記録し、ショックを受けました。LDL、いわゆる悪玉コレステロールの値も159mg/dlと高めでした。テレビの健康番組で知ったのが「かかと落とし」です。【体験談】田中睦夫(仮名・愛知県・67歳無職)


【特効ツボ】糖尿病が改善 ヘモグロビンA1cが8%から6%に下がった「手の甲もみ」

【特効ツボ】糖尿病が改善 ヘモグロビンA1cが8%から6%に下がった「手の甲もみ」

かつての日本では、糖尿病はまれな病気でした。しかし、2016年には、糖尿病が疑われる成人の推計数が1000万人を超えました。これは、厚生労働省の調査で判明したもので、いまや、糖尿病は国民病といえるでしょう。実は、かくいう私も、10年来、糖尿病に悩んできました。【解説】佐藤一美(東京都指圧師会会長) 


糖尿病治療の効果的な運動療法【簡単筋トレ】は血糖値を下げる効果がある

糖尿病治療の効果的な運動療法【簡単筋トレ】は血糖値を下げる効果がある

運動療法と食事療法は、糖尿病治療における両輪ともいえる治療法です。日本の糖尿病治療のガイドラインでは、まず食事と運動の指導を行い、その上で、必要に応じて薬を用いることが推奨されています。では、運動することは、なぜそれほどまでに重要なのでしょうか。【解説】平野勉(昭和大学医学部内科学講座 糖尿病・代謝・内分泌内科教授)


【研究報告】温泉で血糖値は下がるのか―ヒートショックプロテイン入浴法

【研究報告】温泉で血糖値は下がるのか―ヒートショックプロテイン入浴法

HSPは、熱などのストレスによって誘発されるたんぱく質で、ストレスから体を守り、細胞の修復を促したり、細胞を元気にする働きをしています。温泉療法によってHSPがふえるかどうか実験を行ったところ、多くの糖尿病患者さんの血糖値が下がってくる傾向も認められました。【解説】伊藤 恭(長湯温泉伊藤医院院長 )


【朝の血糖値を下げる!】夕食後の「気功スクワット」

【朝の血糖値を下げる!】夕食後の「気功スクワット」

私が患者さんにお勧めしているのは、家の中で簡単に行うことができる「気功スクワット」です。夕食後に気功スクワットを行っておくと、血液中のブドウ糖が消費され、朝には血糖値が下がります。気功スクワットのやり方を説明しましょう。【解説】梶山靜夫(梶山内科クリニック院長)


【専門医直伝】「寝る前10分で1日を振り返る」糖尿病改善の極意4選

【専門医直伝】「寝る前10分で1日を振り返る」糖尿病改善の極意4選

糖尿病対策の根幹は、「食前キャベツ」を中心とした食事療法で減量することです。ただし、それを成功させるには、いくつかの秘訣があります。【解説】吉田俊秀(島原病院肥満・糖尿病センター長)


赤ワインやウイスキーはOK!糖尿病でも血糖値が上がりにくい酒の飲み方

赤ワインやウイスキーはOK!糖尿病でも血糖値が上がりにくい酒の飲み方

糖尿病になると、医師からは決まり文句として、「お酒はやめてください」といわれるはずです。とはいえ、お酒が大好きだった人にとって、長年続けてきた習慣をきっぱりとやめるのは、簡単なことではないでしょう。【解説】板倉弘重(茨城キリスト教大学名誉教授・エミリオ森口クリニック理事長)


【糖質制限ダイエット】成功への道 糖尿病を食べ物(食事療法)で治す新常識

【糖質制限ダイエット】成功への道 糖尿病を食べ物(食事療法)で治す新常識

糖質制限食に慣れるまでは、「ごはんを食べたい!」という衝動に駆られたり、口寂しくなったりするかもしれません。しかし、食事に対する意識や日常の行動を少し変えると、糖質を控えることに抵抗がなくなり、無理なく糖質制限食に取り組めるようになります。【解説】前川智(新潟労災病院消化器内科部長・医学博士)


ランキング


>>総合人気ランキング