直腸性便秘

便秘は大きく分けると、腸管に病変(ガンや炎症など)があって起こる器質性便秘と、病変がないのに起こる機能性便秘があります。機能性便秘のひとつに直腸性便秘があります。 直腸性便秘は、便意があるにも関わらずなかなか便が出ないという便秘です。便は直腸まで送られているのですが、うまく排便されないので少量しか出ず、いつも残便感があります。このページは直腸性便秘改善に役立つ情報の一覧です。


直腸性便秘の健康情報一覧

出ても残便感がある【直腸性便秘】対策は 寝る前10分の「この姿勢」

出ても残便感がある【直腸性便秘】対策は 寝る前10分の「この姿勢」

大学病院の総合診療科を訪れる便秘の患者さんのうち、最も多いのが、排便してもスッキリとした感覚を持てない残便感に悩む人たちです。「出残り便秘」とも呼ばれています。ここでは、そんな話題の直腸性便秘の改善方法をご紹介します。【解説】瓜田純久(東邦大学医療センター大森病院副院長 総合診療科教授)


【出し方がわかる】直腸性便秘が解消する 大学病院の腸活テク

【出し方がわかる】直腸性便秘が解消する 大学病院の腸活テク

私はこれまで多くの便秘に悩む人々を診てきましたが、よかれと思ってやっていることがかえって症状を悪化させてしまうこともあります。話題の直腸性便秘もその一つです。【解説】瓜田純久(東邦大学医療センター大森病院副院長 総合診療科教授)


女性だけのスーパー便秘「直腸性便秘」 排便と食事のコツはこれ!

女性だけのスーパー便秘「直腸性便秘」 排便と食事のコツはこれ!

一般的に便秘といえば、大腸の動きが低下して起こる弛緩性の便秘を指します。しかし、最近にわかに注目を集めているのが、腸の出口付近に便がたまる直腸性便秘です。その中でも、女性しかならない直腸瘤は、治りにくい、やっかいな便秘です。【解説】山名哲郎(東京山手メディカルセンター部長)


ランキング


>>総合人気ランキング