記事総数:493

公開済みの健康情報


名療法【腰部脊柱管狭窄症】手術せず自分で治す よくある症状「間欠性跛行」とは?

名療法【腰部脊柱管狭窄症】手術せず自分で治す よくある症状「間欠性跛行」とは?

脊柱管とは、背骨の後ろ側を通っている神経の通り道のこと。脊柱管狭窄症とは、この管が主に加齢によって狭くなり、神経が圧迫されて、足腰に痛みやしびれが引き起こされる病気です。超高齢化社会が進行する現代では、脊柱管狭窄症に悩まされるかたが急増しています。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院院長・整形外科医・カイロプラクター)


【動画あり】55歳 5人の子持ちでウエスト58cm!秘密は「膣を締める」エクササイズ

【動画あり】55歳 5人の子持ちでウエスト58cm!秘密は「膣を締める」エクササイズ

ペタンコのおなか、キュッと上がったお尻、しなやかにくびれたウエスト、スラリとした美脚。誰もがうらやむ体形のYUKAさんですが、35歳までは、がっしりとした肉付きのよい体だったそうです。それが「膣を締める」ことで理想の体形を実現したそうです。【レポート】『安心』編集部


【運が良くなる方法】メンタリストDaiGo 「対人不安」がスーッと消える方法、教えます。

【運が良くなる方法】メンタリストDaiGo 「対人不安」がスーッと消える方法、教えます。

基本的に、幸運やチャンス、新しい視点は「人」からもたらされるものです。しかし、「自分は人見知りだ」という人でも、ある方法を使えば、外向性の高い人と変わらない人間関係=「運のいい状態」を作ることができるのです。【解説】メンタリストDaiGo


【運を引き寄せる方法】ツキを呼ぶ 幸運を引き寄せる「日記」の書き方とは?

【運を引き寄せる方法】ツキを呼ぶ 幸運を引き寄せる「日記」の書き方とは?

不運は「生活習慣病」と言えるかもしれません。毎日毎日、同じようなタイムテーブルで人生を送っていると、チャンスと巡り合う確率は上がりません。世界最先端の研究をもとに、幸運を手に入れるための科学的な方法を解き明かした最新刊『運は操れる』から、運を操り、幸運を引き寄せるメソッドを紹介します。【解説】メンタリストDaiGo


【メンタリストDaiGo】運が良くなる方法 不安を取り除き、不安に強くなるメソッド

【メンタリストDaiGo】運が良くなる方法 不安を取り除き、不安に強くなるメソッド

「運を操る力」を身につけるには、不安に強くなることが前提条件となります。なぜなら、不安があなたを幸運から遠ざけ、不運を引き寄せるからです。世界最先端の研究をもとに、幸運を手に入れるための科学的な方法を解き明かした書籍『運は操れる』より、運を操る力を伸ばすメソッドをお伝えします。【解説】メンタリストDaiGo


【医師解説】米麹で作る簡単手作り「生甘酒」 アトピーが改善、20kgやせた人も

【医師解説】米麹で作る簡単手作り「生甘酒」 アトピーが改善、20kgやせた人も

善玉菌を増やして腸内環境を改善し、健康な腸を保つために、私が皆さんにお勧めしているのが、「生甘酒」です。生甘酒は、酒かすから作る甘酒とは異なり、米こうじと水だけで発酵させて作ります。【解説者】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


知ってる?【腸が元気になる炭水化物】上手に取れば健康的にやせる!大腸がんも防げる

知ってる?【腸が元気になる炭水化物】上手に取れば健康的にやせる!大腸がんも防げる

糖質を制限すればダイエットできる→糖質は体によくない、というイメージが定着しているようです。しかし、炭水化物は決して悪者などではありません。【解説者】早川享志(岐阜大学応用生物科学部教授・農学博士)


【腸の大そうじ】宿便を出す!医師も実践「週1断食」で疲れた腸を休ませる

【腸の大そうじ】宿便を出す!医師も実践「週1断食」で疲れた腸を休ませる

私がご紹介するのは、「週1断食」です。これは、「断食に関心はあるけれど、経験したことはない」という初心者のかたに、特にお勧めの方法です。【解説者】三浦直樹(みうらクリニック院長)


【お腹のカビにご注意】その頭痛、めまい、うつは真菌「カンジダ」の仕業かも

【お腹のカビにご注意】その頭痛、めまい、うつは真菌「カンジダ」の仕業かも

腸内には多くの細菌がいることは、皆さんよくご存じでしょう。実は、腸内には細菌のほかにも、いわゆる「カビ」と呼ばれる真菌類が1%程度存在します。【解説者】内山葉子(葉子クリニック院長)


知ってる?【腸の糖化】「腸コゲ」は老化の元凶で脳にも悪影響を及ぼすと判明

知ってる?【腸の糖化】「腸コゲ」は老化の元凶で脳にも悪影響を及ぼすと判明

腸コゲが進むと、まず、腸の働きが悪くなり、栄養素の分解・吸収が正常に行われなくなります。糖化した腸管からは、アレルギーの原因物質であるアレルゲンが侵入しやすくなるため、とくに食物アレルギーが起こりやすくなります。【解説者】森田祐二(札幌アンチエイジングラボラトリー所長・同志社大学アンチエイジングリサーチセンター研究)


腸内フローラを元気にする食事 昔ながらの和食をとれば万病は防げる

腸内フローラを元気にする食事 昔ながらの和食をとれば万病は防げる

日本人の腸内細菌は、日本の伝統的な食事を好むのです。とはいえ、いきなり全部を変えるのは難しいでしょうから、白米を玄米に替える、有機野菜や発酵食品(納豆、みそ汁、ぬか漬けなど)をとる、肉を控えるなど、できるところから始めてください。【解説者】本間真二郎(七合診療所所長)


【腸内フローラ】腸内細菌が元気になれば現代病の9割が解決!がんの予防にも効果

【腸内フローラ】腸内細菌が元気になれば現代病の9割が解決!がんの予防にも効果

腸内細菌は、私たち人の体が正常に働くようにサポートしてくれています。脳やほかの臓器、免疫細胞まで支配している、全身の司令塔でもあるのです。【解説者】本間真二郎(七合診療所所長)


【ジェネリック】安易な切り替えにご用心!効き目が同じではない商品もある

【ジェネリック】安易な切り替えにご用心!効き目が同じではない商品もある

本来あるべき「安かろう、よかろう」のジェネリック薬が、「安かろう、悪かろう」ではないかという声が挙がっています。実際、ジェネリック薬に変更した患者さんたちから、「効き方が違う」「変えてから体調が優れない」「副作用が現れた」といった問題点が指摘されるようになったのです。【解説者】長尾和宏(長尾クリニック院長)


【更年期と薬】症状を抑える薬の飲みすぎに注意!漢方なら少ない種類で改善可能

【更年期と薬】症状を抑える薬の飲みすぎに注意!漢方なら少ない種類で改善可能

更年期障害は、女性ホルモンが減ってくる閉経前後の女性の不調です。現代の医療は臓器別に細分化されているため、多彩な症状があっても、それらを総合的に診ることはあまりしません。症状を抑える薬を複数飲んでも、根本的な問題は解決されていないので、不調も改善されないままです。【解説者】高橋浩子(ひろこ漢方内科クリニック院長)


【目薬】防腐剤や血管収縮剤入りに注意 老眼やドライアイには「目の温タオル」

【目薬】防腐剤や血管収縮剤入りに注意 老眼やドライアイには「目の温タオル」

充血や目の疲れも、その裏には目の病気が隠れているかもしれません。それを市販薬でごまかしてしまうと、あとで取り返しのつかないことになる場合があります。【解説者】林田康隆(Y’sサイエンスクリニック広尾院長・眼科専門医)


【整形外科医が忠告】整形外科で処方される注意したい薬とは ― 鎮痛薬「リリカ」の副作用

【整形外科医が忠告】整形外科で処方される注意したい薬とは ― 鎮痛薬「リリカ」の副作用

痛みに対して処方される薬で、特に注意してほしいのが、プレガバリン(商品名=リリカ)です。この薬は、神経障害性疼痛や線維筋痛症(全身や体の広範囲に激痛が起こる症状)の治療薬として、なかなか取れない痛みに対し、整形外科でよく使います。【解説者】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【医師解説】認知症は医師選びが重要!抗認知症薬の多剤投与の危険とは

【医師解説】認知症は医師選びが重要!抗認知症薬の多剤投与の危険とは

日本で認知症の患者さんが急増している理由として、世界一の長寿化や、糖尿病患者の増加などが指摘されていますが、私は、多剤投与や抗認知症薬の副作用も、大きく関与していると考えます。【解説者】長尾和宏(長尾クリニック院長)


【医師解説】抗生物質の誤った使い方が腸カビ、腎障害を引き起こす!乱用を防ぐためにできることとは

【医師解説】抗生物質の誤った使い方が腸カビ、腎障害を引き起こす!乱用を防ぐためにできることとは

抗生物質は細菌を殺す薬です。感染症の原因となる細菌だけでなく、腸内にいる善玉菌まで、すべての細菌をいったん死滅させてしまいます。その一方で、抗生物質が効かないカビやウイルスは生き残るため、腸内環境のバランスがくずれてしまうのです。【解説者】内山葉子(葉子クリニック院長)


【医師解説】コレステロールを下げる薬は本当に必要?知ってほしい副作用

【医師解説】コレステロールを下げる薬は本当に必要?知ってほしい副作用

コレステロール値の高い脂質異常症(高脂血症)は、高血圧と同様で、基準値を低く設定することによって作られた病気です。安易に薬を飲む必要はありません。最近では、コレステロール値が高い人のほうが長生きだというデータが発表されています。【解説者】松田史彦(松田医院和漢堂院長)


【糖尿病】薬物治療の副作用って? 認知症を招く「無症状性低血糖」動脈硬化を招く「血糖値スパイク」に注意!

【糖尿病】薬物治療の副作用って? 認知症を招く「無症状性低血糖」動脈硬化を招く「血糖値スパイク」に注意!

糖尿病の薬物治療で最も心配な副作用は、実は低血糖です。低血糖をくり返すと、認知症、心不全といった病気の発症率が高くなります。特に高齢者の場合は、無症状性低血糖をくり返すうちに、認知症になる例がよくあります。同じく気をつけたいのが「血糖値スパイク」と呼ばれる状態です。【解説者】長尾和宏(長尾クリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング