記事総数:397

公開済みの健康情報


【自分で治す】脊柱管狭窄症の痛み、しびれを取り除く「腕の2点もみ」

【自分で治す】脊柱管狭窄症の痛み、しびれを取り除く「腕の2点もみ」

脊柱菅狭窄症は、脊柱管が狭くなっているすべての人に症状が出るわけではありません。狭くなっていても、脊柱管の血流が十分であれば、痛みが出ることはないのです。その血流が阻害され、流れが滞ることで、痛みが出るのです。【解説】小泉正弘(小泉医院遠絡医療センター院長)


【整形外科医】脊柱管狭窄症の9割は足指の変形が原因!「足の骨ぎわはがし」で痛み、しびれが改善

【整形外科医】脊柱管狭窄症の9割は足指の変形が原因!「足の骨ぎわはがし」で痛み、しびれが改善

足がしびれる、太ももの外側からお尻にかけて痛む、間欠性跛行がある―このような症状を訴えて病院へ行くと、多くの場合、脊柱管狭窄症と診断されます。脊柱管狭窄症とは、腰椎の中を通る馬尾神経の空間(脊柱管)が狭くなり、神経が圧迫されて、痛みやしびれが起こる病態です。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【最前線の専門医が忠告】脊柱管狭窄症は安易に手術に踏み切るな!手術しても改善しないケースが多数!

【最前線の専門医が忠告】脊柱管狭窄症は安易に手術に踏み切るな!手術しても改善しないケースが多数!

脊柱管狭窄症の症状に悩む患者さんのなかには、「どうせ手術するなら、早いうちにやってしまったほうがいい」と考え、安易に手術に踏み切る人もいるようです。しかし、脊柱管狭窄症の場合、早く手術をすればいい、というものではないのです。【解説】小森博達(横浜市立みなと赤十字病院副院長・整形外科部長)


【足首を回すだけ】股関節痛に効果がある「テコ回し」のやり方

【足首を回すだけ】股関節痛に効果がある「テコ回し」のやり方

突然ですが、あなたの足首は軟らかいですか? まずチェックしてみましょう。実は、足首の柔軟性やゆがみは、「股関節痛」にも、大いに関係しているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)


【自分で治す】股関節の痛みに効く「1円玉療法」ー足に1円玉をはるだけ!

【自分で治す】股関節の痛みに効く「1円玉療法」ー足に1円玉をはるだけ!

股関節痛の原因としてよく知られているのは、変形性股関節症です。痛みのほかにも、関節の動かしづらさなどの症状が現れます。ひどくなると、歩くのはもちろん、しゃがんだり靴下をはいたりするなどの日常動作が困難になります。今回は、股関節痛の軽減に効く1円玉療法をご紹介します。 【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【やり方】股関節の違和感がすぐに治った「小指刺激」の効果

【やり方】股関節の違和感がすぐに治った「小指刺激」の効果

私は12年ほど前から、右の股関節に違和感を感じていました。痛みがひどくなったのは、5年ほど前のこと。歩くと痛みが出るのはもちろん、次第に関節の可動域も狭くなり、股関節を大きく動かすことが困難になってきました。【体験談】久永倫世(会社員・44歳)


【即効】股関節の痛みや違和感を「小指刺激」で治す

【即効】股関節の痛みや違和感を「小指刺激」で治す

小指刺激は、股関節の痛みや違和感を抱える人向けに考案したセルフケアです。小指刺激は、指切りげんまんをするときのように、両手の小指を深くからめて、小指の付け根を強く刺激するものです。この療法が股関節痛に効果的な理由を説明しましょう。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【医師考案】股関節の痛みを改善する「グッド歩行」 かかとから歩くのがコツ

【医師考案】股関節の痛みを改善する「グッド歩行」 かかとから歩くのがコツ

股関節の痛みや違和感を改善する「グッド歩行」は、股関節や腰、ひざ、足首への負担が軽く、下半身の筋肉を効率的に鍛える歩行法です。グッド歩行を習慣にすると、下半身の筋肉が徐々に強くなります。それにより股関節の安定性が増し、痛みの改善や予防につながります。【解説】石部基実(石部基実クリニック院長)


【新常識】痛い場所には使い捨てカイロ!股関節痛にズバリ効く!

【新常識】痛い場所には使い捨てカイロ!股関節痛にズバリ効く!

股関節痛の解消に、当院では「使い捨てカイロ」を活用しています。痛む部分にカイロを当てるだけです。簡単なのに効果が高く、患者さんの中には、「当てた瞬間から、痛みがスーッと引いた!」と驚く人もいます。【解説】坂井学(坂井医院院長)


【股関節痛の克服体験記】股関節の軟骨がリハビリで修復・再生!ノルディックウォーキングの効果

【股関節痛の克服体験記】股関節の軟骨がリハビリで修復・再生!ノルディックウォーキングの効果

私は、母の左股関節の異常に気づきました。歩くとポキポキと音が鳴るのです。母は80代後半に腰椎すべり症と外反母趾の手術を受けた後、歩行が困難になっていました――。これは、ノルディックウォーキングで股関節痛や腰痛が改善した体験記です。【体験談】高橋めぐみ(音楽家)


【どんな痛みにも効く】あらゆる股関節痛に効果を発揮「股関節日記」の付け方

【どんな痛みにも効く】あらゆる股関節痛に効果を発揮「股関節日記」の付け方

変形性股関節症は、慢性的な痛みが患者さんを苦しめます。そんな痛みから今すぐ逃れたいという人は、手術療法を選ぶのもよいでしょう。しかし私は、変形性股関節症の多くは、保存療法で、股関節の機能を再建できると考えています。【解説】矢野英雄(冨士温泉病院名誉院長)


【医師の解説】変形性股関節症は「貧乏ゆすり」で治せる!人工股関節の手術も回避できる!

【医師の解説】変形性股関節症は「貧乏ゆすり」で治せる!人工股関節の手術も回避できる!

変形性股関節症の治療に、貧乏ゆすりを取り入れた場合、その軟骨の再生の変化を、レントゲン写真ではっきりと確認することができます。ここでは、そんな症例をいくつかご紹介しましょう。【解説】井上明生(柳川リハビリテーション病院名誉院長) 


【名医】レントゲン写真が証明! 「貧乏ゆすり」で痛みが消えるワケ

【名医】レントゲン写真が証明! 「貧乏ゆすり」で痛みが消えるワケ

変形性股関節症は、股関節の関節軟骨がすり減り、痛みや可動制限を引き起こす病気です。この病気のほとんどは、臼蓋という骨盤のくぼみの形に問題がある「臼蓋形成不全」が原因で発症します。日本人の場合、特に中高年の女性に多く、男性の約5倍ともいわれています。【解説】井上明生(柳川リハビリテーション病院名誉院長) 


【医学部教授が解説】股関節の違和感から激痛まで 早期発見するためのチェックリスト

【医学部教授が解説】股関節の違和感から激痛まで 早期発見するためのチェックリスト

股関節は、人体で最も大きな関節で、体重を支える重要な役目をしています。その股関節のトラブルの代表が、「股関節痛」です。股関節の痛みの多くは「変形性股関節症」という病気によって起こり、進行すると、日常生活の支障が大きくなります。【解説】高平尚伸(北里大学医療衛生学部教授) 


【医師の明快解説】股関節が痛い!変形性股関節症の原因と症状、治療法まで

【医師の明快解説】股関節が痛い!変形性股関節症の原因と症状、治療法まで

股関節が痛い原因は、大腿骨頭壊死症や関節リウマチなど、さまざまな原因がありますが、代表的なものは変形性股関節症です。実は、日本人の女性にとって、股関節は大きな「弱点」なのです。私のクリニックを訪れる人に関して言えば、実に9割以上が変形性股関節症で、その9割以上が女性です。【解説】石部基実(石部基実クリニック院長)


脊柱管狭窄症はコレを直せば改善する【もう年だから仕方ない―はウソ?】

脊柱管狭窄症はコレを直せば改善する【もう年だから仕方ない―はウソ?】

脊柱管狭窄症は、50代からの発症が多いので、一般的には加齢が主な原因といわれます。しかし、私は脊柱管狭窄症の主な原因が、加齢だと思っていません。【解説】伊藤邦成(いとう整形外科院長)


【高血圧に効果】多忙な人ほど高血圧リスク大!「毎食後のコーヒー」を医師が勧める理由

【高血圧に効果】多忙な人ほど高血圧リスク大!「毎食後のコーヒー」を医師が勧める理由

食後のコーヒーは、高血圧に効果があり、血管を若々しく保ち、さらに動脈硬化を予防することができます。高血圧を改善するためには、食事では減塩する、運動を心がけるなど、日常生活が大事です。ここでは、食事の工夫の一つとして、コーヒーをお勧めしたいと考えています。【解説】 高沢謙二(東京医科大学病院健診予防医学センター教授)


ランキング


>>総合人気ランキング