記事総数:547

公開済みの健康情報


【漢方薬剤師が解説】「黒ごま酒」の効能と作り方―めまいを改善し、肌や髪の老化を防ぐ

【漢方薬剤師が解説】「黒ごま酒」の効能と作り方―めまいを改善し、肌や髪の老化を防ぐ

漢方では、めまいを「眩暈」と言います。眩は目の前が暗くなること、暈は体がゆらゆら揺れるさまを示します。【解説】井上正文(前橋・小暮医院・漢方相談室)


口臭、体臭対策に【茹でもやし】が効く!頭重感、めまいも治ると薬剤師が解説

口臭、体臭対策に【茹でもやし】が効く!頭重感、めまいも治ると薬剤師が解説

めまいにお勧めなのが、ゆでモヤシです。モヤシは体内の余分な熱を取り、よどみがもたらす不要物の毒を解毒する作用があります。【解説】井上正文(前橋・木暮医院漢方相談室)


【薬と似た効果】メニエール病に良い食べ物は「夜のビール」と「朝の豆乳」

【薬と似た効果】メニエール病に良い食べ物は「夜のビール」と「朝の豆乳」

メニエール病の症状の改善にお勧めしたい食材は、ビールと豆乳です。なぜこの二つの食品がメニエール病の改善、再発予防によいのか、一つずつ説明しましょう。【解説】二木隆(二木・深谷耳鼻咽喉科医院・めまいクリニック理事長)


【黒豆の煮汁】利用法とその効能を医師が解説!高血圧やめまいに効く!

【黒豆の煮汁】利用法とその効能を医師が解説!高血圧やめまいに効く!

黒豆の煮汁が血圧に効くのは、コレステロールや中性脂肪を減らす成分や、抗酸化作用の強い成分が多く、血液をサラサラにするからです。また、尿の出をよくする作用、血管の筋肉をゆるめる成分、血管を拡張する成分も含まれており、それらの総合的な作用で、血圧が下がるのです。【解説】野崎豊(ノザキクリニック院長)


【体験談】手作り「酢玉ねぎ」の効果 耳鳴りと目眩が解消 夫の高血圧が改善

【体験談】手作り「酢玉ねぎ」の効果 耳鳴りと目眩が解消 夫の高血圧が改善

酢タマネギを食べて、ちょうど1ヵ月です。家庭用の血圧計で測ってみると、夫婦ともに最大血圧が130㎜Hg台で正常値になっていたのです。最小血圧は2人とも90㎜Hg前後です。【体験談】酒田文子(仮名・主婦・47歳) 


【原因不明】フワッと浮くような頭位めまいが「小指湿布」で消えた!冷え症も改善

【原因不明】フワッと浮くような頭位めまいが「小指湿布」で消えた!冷え症も改善

動いたときに体がついてきていないような違和感を、ときどき感じるようになったのは、3〜4年ほど前のことです。【体験談】永木亜希子(主婦・37歳)


【眠れない】不眠症の原因 ストレスと首凝り 対策に "小指湿布" 手の小指にシップを貼るだけ

【眠れない】不眠症の原因 ストレスと首凝り 対策に "小指湿布" 手の小指にシップを貼るだけ

手の小指に湿布を貼る、「小指シップ」は、交感神経の緊張をゆるめ、首すじのこりをほぐします。この湿布療法で、交感神経の緊張が取れることは、科学的に証明されています。交感神経が緊張すると瞳孔が開き、緊張がゆるむと小さくなりますが、小指シップをすると、瞳孔が小さくなるのです。【解説】安田譲(安田医院院長)


すぐ分かる作り方【酢玉ねぎ】基本の食べ方 血圧を下げてめまいの軽減にも役立つ

すぐ分かる作り方【酢玉ねぎ】基本の食べ方 血圧を下げてめまいの軽減にも役立つ

酢タマネギには、内耳など耳の奥の血管を強くし、血流をよくしてめまいに働きかける効果も期待できます。齋藤嘉美(元東京大学医学部講師、介護老人保健施設 むくげのいえ施設長)


【実験で証明】メニエール病、更年期障害に特効!平衡感覚の乱れを直す「しょうが紅茶」

【実験で証明】メニエール病、更年期障害に特効!平衡感覚の乱れを直す「しょうが紅茶」

めまいや耳鳴りの治療では、内耳の血流をよくする血管拡張薬や血流促進薬を処方します。しかし、薬に頼らずに、家庭で簡単に症状を解消できる方法があります。それは、毎日欠かさずショウガを取ることです。【解説】竹腰昌明(竹腰耳鼻咽喉科医院院長)


めまいは自分で治せるーぐるぐる回るめまいは頸椎に原因「一円玉療法」で改善する

めまいは自分で治せるーぐるぐる回るめまいは頸椎に原因「一円玉療法」で改善する

鍼灸師の私は、めまいの多くは、首の骨(頸椎)に原因があると考えています。「1円玉療法」は、不調や痛みのあるツボに1円玉をテープではるだけという簡単な治療法です。自分で手軽にできる健康法ですが、鍼灸治療に劣らない効果があり、首や手首にはると、めまいにも非常によく効きます。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【医師解説】めまいの予防食は「高血圧対策」になる カギは魚菜食・減塩・低糖質

【医師解説】めまいの予防食は「高血圧対策」になる カギは魚菜食・減塩・低糖質

めまいを起こさないようにするには、日々の食事に気をつけることも大切です。具体的には、動脈硬化を防ぐ食事を心がけるとよいでしょう。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


【医師監修】めまいの改善、予防のポイントは「ラジオ体操、水分摂取、 快便、ストレス対策」

【医師監修】めまいの改善、予防のポイントは「ラジオ体操、水分摂取、 快便、ストレス対策」

めまいを改善、予防する上で、もっとも重要なのは、食生活や運動といった生活習慣の改善です。そして、2番目が自己節制、3、4がなくて5が薬です。どんなによい薬を飲んでいても、生活が乱れ自己節制ができていないと、めまいを治すことはできません。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


【めまいの原因】は肩こり、首のこり 患者の7割以上に効果【首の3点押し】

【めまいの原因】は肩こり、首のこり 患者の7割以上に効果【首の3点押し】

私は、首のコリを医院で治療するほか、「首の3点押し」など、自宅でできる方法も指導しています。その結果、今までどんな治療を施しても、改善がみられなかった患者さんでも、1ヵ月以内に治療効果を得ています。【解説】入野宏昭(IR健康管理システム・入野医院院長)


【専門医】肩こり・めまい 患者の9割 実は「首のこり(頚性めまい)」が原因

【専門医】肩こり・めまい 患者の9割 実は「首のこり(頚性めまい)」が原因

めまいといえば、良性発作性頭位めまい症(耳石が三半規管へ落ちてめまいが起こる)や、メニエール病(めまいや吐き気の発作がくり返し起こる病気で、一般的には耳鳴りや難聴を伴う)といった診断が下されるのが一般的です。ただ、これらの診断基準が当てはまらない患者さんも少なくありません。【解説】入野宏昭(入野医院院長)


【メニエール病とは】初期症状は "めまい" 原因は自律神経の乱れ 呼吸法が効果的

【メニエール病とは】初期症状は "めまい" 原因は自律神経の乱れ 呼吸法が効果的

メニエール病をはじめとする、めまいの患者さんと長年接するうちに、私は興味深い点に気付きました。患者さんの多くが、肩と胸を上下させる浅い胸式呼吸をしていたのです。【解説】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)


【頭位めまい症】は自分で治せる!専門医が考案「寝返り体操」のやり方

【頭位めまい症】は自分で治せる!専門医が考案「寝返り体操」のやり方

良性発作性頭位めまい症は、ぐるぐる回る回転性、もしくは、ぐらぐら・ふわふわする動揺性のめまいが特徴です。女性、特に高齢者に多いのも特徴ですが、若い人に無縁という訳ではありません。サッカー女子元日本代表の澤穂希さんがかかった病気として知られています。【解説】肥塚泉(聖マリアンナ医科大学教授)


【高齢者のめまい】頭がふわふわする、ふらつく、平衡感覚の障害への対処法とリハビリ

【高齢者のめまい】頭がふわふわする、ふらつく、平衡感覚の障害への対処法とリハビリ

めまいリハビリは、目、耳、足の裏に有効な刺激を与え、小脳を鍛えてめまいをを改善していきます。実は、慢性ふらつきもめまいの一種なのです。その代表は「加齢性平衡障害」という現代病で、60代後半から70代にかけての高齢者に多く見られます。【解説】新井基洋(横浜市立みなと赤十字病院耳鼻咽喉科部長)


【頭がふわふわ・目がぐるぐる】回転性めまい、浮動性めまいの原因と対策

【頭がふわふわ・目がぐるぐる】回転性めまい、浮動性めまいの原因と対策

めまいリハビリとは、目を動かす、足踏みをするなどして体を動かし、小脳を鍛えるものです。めまいに悩む患者さんは、安静を心がけかちですが、めまいは寝ていては治りません。【解説】新井基洋(横浜市立みなと赤十字病院耳鼻咽喉科部長)


頭がふわふわする【ストレートネックが原因かも】「めまい」の原因と対策

頭がふわふわする【ストレートネックが原因かも】「めまい」の原因と対策

めまいが起こったとき、それが危険なめまいなのか、危険でないのか。それは、めまいの現れ方で、ある程度は推し量ることができます。そこでまず、めまいのタイプからお話ししましょう。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


【医師】キャベツダイエットで医師が20kg、 新聞記者も10kgやせた方法を紹介

【医師】キャベツダイエットで医師が20kg、 新聞記者も10kgやせた方法を紹介

私がキャベツダイエットを始めたのは、数年前のことでした。減量開始時点で、身長169cmの私の体重は88〜89kgほどでしょうか。最も太ったときで92kgを記録したこともあり、明らかに太りすぎだったのです。【解説】寺師義典(寺師医院院長)