記事総数:397

公開済みの健康情報


【きっかけは患者さんのニオイ】口呼吸の害を伝えることに、医師人生をかける!

【きっかけは患者さんのニオイ】口呼吸の害を伝えることに、医師人生をかける!

――呼吸と病気が関係しているかもしれない。私がそう思うようになったのは、患者さんの「におい」がきっかけでした。毎日多くの患者さんと接しているうちに、鼻のきく私は、患者さんたちに特有の口臭があることに気づいたのです。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


自分でできる「誤嚥性肺炎」の予防とケア 原因は歯周病菌と喉の筋力の衰え

自分でできる「誤嚥性肺炎」の予防とケア 原因は歯周病菌と喉の筋力の衰え

高齢者や入院患者の死因の多くを占める誤嚥性肺炎にも、歯周病が深く関係しています。誤嚥性肺炎とは、食物を食道にスムーズに送る嚥下反射や、異物が気道に入るのを防ぐセキ反射の機能が低下し、食物や異物、細菌などが気道に入って起こる肺炎です。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


【医師が報告】マンモス小のインフル感染が劇的に減った!この顔体操、知ってる?

【医師が報告】マンモス小のインフル感染が劇的に減った!この顔体操、知ってる?

「インフルエンザの予防接種を受けていないから心配」「カゼをひきやすいので冬は憂うつ」このような不安を抱えている人は多いことでしょう。でも、大丈夫です。しっかり口を閉じて鼻呼吸をすると、インフルエンザやカゼは、かなりの確率で予防できるのです。口呼吸の人はぜひお試しください。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


老眼予防に必携アイテム「サングラス」は曇りの日でも装着するとよい!

老眼予防に必携アイテム「サングラス」は曇りの日でも装着するとよい!

私は50代の今も、裸眼視力は左右とも1・5を維持しています。この「目の若さ」の秘訣は、16歳からしているサングラス。紫外線が原因となる眼精疲労や白内障、加齢黄斑変性を防ぐには、目を守るサングラスが必須です。もう1つは、ピント調整力を強化し、外斜視を矯正する「指先ストレッチ」です。【解説】杉本由佳(中目黒眼科院長) 


視力より「眼力」を強化せよ―脳も外見も若返らせ、幸運を引き寄せる!

視力より「眼力」を強化せよ―脳も外見も若返らせ、幸運を引き寄せる!

「眼力」を鍛えれば脳も外見も若返り、直観力も運もアップするのです。「眼力」とは、文字どおり目の力のことですが、単なる視力とは違います。視力、つまりものを見る力は、目が持っている能力のごく一部に過ぎません。眼力を強化するトレーニングのやり方を紹介します。【解説】栗田昌裕(群馬パース大学学長・内科医) 


なぜ【パンと牛乳】をやめたほうがいいのか?――パンは腸と脳をこわす!牛乳は骨を弱くする!

なぜ【パンと牛乳】をやめたほうがいいのか?――パンは腸と脳をこわす!牛乳は骨を弱くする!

「パンと牛乳はやめてくださいね」 私は、日ごろの診療で、ほとんどの患者さんにこう告げています。当院は、患者さんたちの症状が、できるだけ根本から治癒していくように、さまざまな方法で治療していますが、なかでも治療のベースと位置づけているのが、食事指導です。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


【眼科医考案】ヘアバンドにポニーテールが最強!超簡単「まぶたアップ法」

【眼科医考案】ヘアバンドにポニーテールが最強!超簡単「まぶたアップ法」

まぶたのたるみを治すと、眼科領域の疾患である眼精疲労、目の痛み、ドライアイ、視力低下などに限らず、同時に治ってしまう疾患は少なくありません。頭痛、高血圧、肩こり、冷え症、不眠、下痢、便秘、アトピー性皮膚炎、腰痛、うつなどへの効果が期待できます。【監修】栗橋克昭(栗橋眼科院長) 


タマネギの皮茶で高血圧、高脂血症、C型肝炎がすべて改善し薬を全部やめられた

タマネギの皮茶で高血圧、高脂血症、C型肝炎がすべて改善し薬を全部やめられた

タマネギの皮茶やタマネギ黒酢を飲み始めて2〜3年で、甲状腺機能亢進症やC型肝炎の症状も改善し、検査値も正常値で安定し、それぞれの薬をやめられました。【体験談】佐藤久美子さん(会社員・68歳)


胃ガンのリスクが半減!高い血糖値や血圧を下げ血栓も予防するタマネギの威力

胃ガンのリスクが半減!高い血糖値や血圧を下げ血栓も予防するタマネギの威力

効能を最大限に引き出すタマネギの調理法についてご説明いたします。【解説】齋藤嘉美(成和会介護老人保健施設・むくげのいえ施設長)


【医師解説】糖尿病、高血圧、高脂血症を防ぎ、合併症のリスクも減らす「玉ねぎドレッシング」

【医師解説】糖尿病、高血圧、高脂血症を防ぎ、合併症のリスクも減らす「玉ねぎドレッシング」

玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)


「料理に使える酢タマネギ」アレンジレシピ⑦

「料理に使える酢タマネギ」アレンジレシピ⑦

酢タマネギのアレンジレシピ「ポークソテー酢タマネギソース」「酢タマネギジャーマンポテト」「酢タマネギ和風トースト」の作り方をご紹介します。【レシピ考案】古澤靖子(料理研究家) 


「料理に使える酢タマネギ」アレンジレシピ⑥

「料理に使える酢タマネギ」アレンジレシピ⑥

酢タマネギのアレンジレシピ「明太子と酢タマネギのパスタ」「ブリと酢タマネギのシンプル鍋」「酢タマネギ蒸しパン」の作り方をご紹介します。【レシピ考案】古澤靖子(料理研究家) 


「料理に使える酢タマネギ」アレンジレシピ⑤

「料理に使える酢タマネギ」アレンジレシピ⑤

酢タマネギのアレンジレシピ「酢タマネギトマト豚」「ハンバーグと酢タマネギの煮込み」「ブロッコリーと酢タマネギのホットサラダ」の作り方をご紹介します。【レシピ考案】古澤靖子(料理研究家)


「料理に使える酢タマネギ」アレンジレシピ④

「料理に使える酢タマネギ」アレンジレシピ④

酢タマネギのアレンジレシピ「酢タマネギコールスロー」「温タマネギうどん」「チキン南蛮・酢タマネギのタルタル」の作り方をご紹介します。【レシピ考案】古澤靖子(料理研究家)


「料理に使える酢タマネギ」アレンジレシピ③

「料理に使える酢タマネギ」アレンジレシピ③

酢タマネギのアレンジレシピ「ワカメと酢タマネギの酢の物」「酢タマネギ納豆ごはん」「鶏の唐揚げ・酢タマネギのピリ辛ソース」の作り方をご紹介します。【レシピ考案】古澤靖子(料理研究家) 


「料理に使える酢タマネギ」アレンジレシピ②

「料理に使える酢タマネギ」アレンジレシピ②

酢タマネギのアレンジレシピ「酢タマネギのサンラータン」「トマトと酢タマネギのサラダ」「サバと酢タマネギのホイル焼き」の作り方をご紹介します。【レシピ考案】古澤靖子(料理研究家) 


「料理に使える酢タマネギ」ダイエットレシピ①

「料理に使える酢タマネギ」ダイエットレシピ①

料理に使える酢タマネギの作り方とアレンジレシピ「酢タマネギトンカツ」「酢タマネギだれで食べる餃子」の作り方をご紹介します。【レシピ考案】古澤靖子(料理研究家) 


良く聞く「玉ねぎ=血液サラサラ」説は本当か―切った後は放置?水さらし?

良く聞く「玉ねぎ=血液サラサラ」説は本当か―切った後は放置?水さらし?

私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分(栄養以外のなんらかの生理作用を持つ成分)を研究してきました。そこで明らかになったのは、タマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということです。 【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部 学長)


酢とハチミツと〇〇ーーしなやか血管を作り、物忘れを防ぐ超簡単レシピ

酢とハチミツと〇〇ーーしなやか血管を作り、物忘れを防ぐ超簡単レシピ

血管をしなやかにして血流をよくする「酢タマネギ」の作り方をご紹介します。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部 学長)


遅発型の食物アレルギーを招く腸粘膜の破たん【リーキーガット症候群】とは

遅発型の食物アレルギーを招く腸粘膜の破たん【リーキーガット症候群】とは

なんらかの理由で腸に炎症が起こり、栄養を吸収する穴が大きくなると、通常は吸収されない未消化のたんぱく質なども腸から取り込まれてしまい、大きな分子は本来、血液中には存在しないので、アレルゲンと認識され、遅発型食物アレルギーの症状が現れることがあります。【解説】澤登雅一(三番町ごきげんクリニック院長) 


ランキング


>>総合人気ランキング