記事総数:493

公開済みの健康情報


【「薬やめる科」医師解説】その薬、本当に必要?降圧剤の副作用と無駄な薬の減らし方

【「薬やめる科」医師解説】その薬、本当に必要?降圧剤の副作用と無駄な薬の減らし方

降圧剤には、そのほかに肝障害、黄疸、頭痛、めまい、ふらつき、動悸、心不全、むくみ、貧血、歯茎の腫れなど、さまざまな副作用があります。私は、薬が全く必要ないとはいいません。ただし、無駄な薬の処方や、過剰な薬の処方が、体にとって毒になることを、知ってほしいと思います。【解説者】松田史彦(松田医院和漢堂院長)


【医師解説】市販の胃薬を安易に飲むのはNG!そのムカムカ、ほんとうに胃酸過多?

【医師解説】市販の胃薬を安易に飲むのはNG!そのムカムカ、ほんとうに胃酸過多?

ほんとうに胃酸過多?胃酸が少ないにもかかわらず、PPIやH2ブロッカーを飲むと、胃酸はさらに減り、体にさまざまな悪影響が現れます。まず、胃酸が減ると、ウイルスや細菌などをブロックできなくなるため、ウイルス感染や食中毒を起こしやすくなります。【解説者】内山葉子(葉子クリニック院長)


多いのは親指【ばね指】の治し方 手術せずテーピングで治せる!簡単な巻き方を紹介

多いのは親指【ばね指】の治し方 手術せずテーピングで治せる!簡単な巻き方を紹介

指の腱鞘炎(バネ指)は、指の付け根が痛くなるので、指の付け根の関節の使い過ぎが原因と思いがちです。しかし実は、負担がかかっているのは、その一つ指先側にある第二関節です。ここでは、バネ指の原因と症状、テーピングやサポーターによる治し方を紹介します。【解説】高林孝光(鍼灸師・柔道整復師・アスリートゴリラ鍼灸接骨院院長)


【自分で治せる】「テニス肘」実はひじの腱鞘炎のこと ― 痛み、しびれの原因と治療法

【自分で治せる】「テニス肘」実はひじの腱鞘炎のこと ― 痛み、しびれの原因と治療法

腱鞘炎は、大きく分けて3つに分けられます。手首の腱鞘炎、ひじの腱鞘炎、指の腱鞘炎です。今回解説するのは、ひじの内側や外側に痛みやしびれが起こる、肘の腱鞘炎です。通称「テニスひじ」とも呼ばれています。チェック方法や自分で治すための方法を紹介します。【解説】高林孝光(鍼灸師・柔道整復師・アスリートゴリラ鍼灸接骨院院長)


【血圧を下げるツボ】合谷を押せば高血圧は改善する 200ミリが120ミリになった例も

【血圧を下げるツボ】合谷を押せば高血圧は改善する 200ミリが120ミリになった例も

私が、手の甲の「合谷」というツボに着目するようになったのは、今から30年も前のことになります。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学東医療センター内科教授・医学博士)


【下肢静脈瘤の手術】その前に!足の血管がボコボコと浮き出る病気を自分で治す方法

【下肢静脈瘤の手術】その前に!足の血管がボコボコと浮き出る病気を自分で治す方法

足の血管が浮き出て、こぶ状にふくらみ、痛みや重だるさ、潰瘍などを伴う「下肢静脈瘤」。とくに女性にとっては、見た目的にも気になるものです。一般的には「手術で治す病気」とされていますが、重度のものでない限り、自分で改善することができます。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)


【名医が解説】腰痛の治し方「ヤンキー座り」ストレッチが腰の痛みを改善する

【名医が解説】腰痛の治し方「ヤンキー座り」ストレッチが腰の痛みを改善する

「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)


【体質改善スープ】慢性疲労・肌荒れの悩みが解消!体調良好で元気に仕事ができる!

【体質改善スープ】慢性疲労・肌荒れの悩みが解消!体調良好で元気に仕事ができる!

私が「ヒポクラテス式野菜スープ」と出会ったのは、今から3年前のことです。当時の私は、仕事が忙しくて外食続きで、慢性的な疲労感や肌荒れなどの体調不良を抱えていました。「このままでは病気になってしまう。」そんな中、ゲルソン療法を知ったのです。【体験談】瀧野直美(49歳・看護師・東京都)


【ヒポクラテス式野菜スープ】むくみや毒素が排出され、歯肉炎や薄毛が改善していくのを実感!

【ヒポクラテス式野菜スープ】むくみや毒素が排出され、歯肉炎や薄毛が改善していくのを実感!

私が「ヒポクラテス式野菜スープ」を知ったのは8年前です。マックス・ゲルソン医師のお孫さんが来日したときに通訳をしたのを機に、ゲルソン療法に興味を持ちました。食事療法を始めて、歯肉炎が劇的に改善したり薄毛が改善するなど、驚くべき効果を体感しています【体験談】村上国瑛(「心と体の平和をコーディネートするK'sクラブ」主宰)


【医師が実践】野菜スープを飲んで2ヵ月で16kgやせ! 高血圧も痛風も水虫も改善

【医師が実践】野菜スープを飲んで2ヵ月で16kgやせ! 高血圧も痛風も水虫も改善

私のクリニックに来院されるガン患者の多くは、手術や抗ガン剤治療、放射線治療などで思うような結果が得られなかったかたがたです。そのため多くの患者さんが来院されたときには消化力が落ちて食事が取れずにいて、栄養が不足している状態になっています。そこで、最初に勧めるのが食事療法です。【解説】石黒栄紀(いしぐろクリニック院長)


【医師絶賛】子どもの持病が改善した!「医学の父」ヒポクラテスの滋養スープとは

【医師絶賛】子どもの持病が改善した!「医学の父」ヒポクラテスの滋養スープとは

私は西洋医学を学んだ医師ですが、病院の治療や薬だけで病気を治すことは難しいと思っています。長男の小児ぜんそくがきっかけでした。長男のぜんそくを治す方法を探し、行きついた療法が、アメリカのマックス・ゲルソン医師が考案した「ゲルソン療法」、そして「ヒポクラテス式野菜スープ」です。【解説】大場修治(内科医)


人間関係で消耗しないために ― 対人関係のストレスを一瞬で解決する「魔法の言葉」

人間関係で消耗しないために ― 対人関係のストレスを一瞬で解決する「魔法の言葉」

皆さんは、相手のささいな言動を受けて、不安になったり動揺したりすることはありませんか。このような「心が揺さぶられやすい人」は、他人の気持ちに敏感で、人に気を使いすぎる傾向があります。【解説】大嶋信頼(心理カウンセラー)


【鍼灸師】不眠症、冷え症、体のだるさに効く「背骨ねじり」やり方図解

【鍼灸師】不眠症、冷え症、体のだるさに効く「背骨ねじり」やり方図解

寝ても抜けない体の疲れや、気分の落ち込みなど、心身の不調をもたらす原因として、私が注目しているのが、胸の緊張です。【解説】石垣英俊(鍼灸師・按摩マッサージ指圧師)


【起立性調節障害も改善】副腎の疲れを取りストレスに強くなる「すりこぎ指圧」

【起立性調節障害も改善】副腎の疲れを取りストレスに強くなる「すりこぎ指圧」

川本治療所は、私の祖父・川本重雄が昭和11年に開院しました。内臓を回復させる指圧法を確立した祖父のもとには、政財界から多くのかたが通い、歴代の総理大臣や閣僚の体を診てきた実績があります。【解説】川本正己(柔道整復師・川本治療所院長)


疲れの真犯人「脳疲労」を撃退する特効薬はなんと【ほぐしチキン】

疲れの真犯人「脳疲労」を撃退する特効薬はなんと【ほぐしチキン】

これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)


【睡眠専門医】疲れを芯から取る「深睡眠」モードになるための、超簡単ストレッチ3選

【睡眠専門医】疲れを芯から取る「深睡眠」モードになるための、超簡単ストレッチ3選

1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)


【緑内障】39あった眼圧が正常化へ 黄斑変性も改善 目がよくなる「煮干しスープ」 

【緑内障】39あった眼圧が正常化へ 黄斑変性も改善 目がよくなる「煮干しスープ」 

緑内障に対し、私は生活改善を軸にする治療で成果をあげています。中でも重要なのが食事指導ですが、その一環として、あるスープをお勧めしています。  それは「煮干しスープ」です。煮干し(粉末)を使って簡単に作れるスープで、緑内障の悪化防止や回復促進に役立ちます。【解説】山口康三(回生眼科院長)


【コーヒーの効果】シナモンコーヒーが近視、老眼、飛蚊症、緑内障、 加齢黄斑変性に効く!

【コーヒーの効果】シナモンコーヒーが近視、老眼、飛蚊症、緑内障、 加齢黄斑変性に効く!

シナモンは、パンやお菓子などにもよく使われる香辛料です。このシナモンが最新の科学的な研究により、血管を若返らせ、アンチエイジングに最適と判明しました。【解説】高倉伸幸(大阪大学微生物研究所教授)


【眼科医】緑内障の症状を改善する「目の5秒マッサージ」

【眼科医】緑内障の症状を改善する「目の5秒マッサージ」

緑内障の改善をめざすとき、重要なカギになるのが「血流」です。私は眼科医として、毎日のように患者さんたちの網膜の画像を見ています。検査機では、眼底の毛細血管の様子を観察できます。すると、緑内障の患者さんは、毛細血管が劣化し、血液がドロドロになっているのがわかります。【解説】山口康三(回生眼科院長)


【視野が回復する例も】緑内障を生活習慣で改善 網膜症・黄斑変性にも効果

【視野が回復する例も】緑内障を生活習慣で改善 網膜症・黄斑変性にも効果

緑内障に関する現在の標準的な治療においては、いったん起こった視野の狭窄や欠損は回復しないとされています。ところが、私の指導している生活習慣の改善を行うと、緑内障で起こった視野の狭窄や欠損が、回復する例があります。【解説】山口康三(回生眼科院長)


ランキング


>>総合人気ランキング