記事総数:397

公開済みの健康情報


【眼瞼下垂症の手術】手術後、額のシワ、白髪が減って10歳若返り!睡眠不足解消といいことずくめ!

【眼瞼下垂症の手術】手術後、額のシワ、白髪が減って10歳若返り!睡眠不足解消といいことずくめ!

まぶたが垂れ下がる状態を「眼瞼下垂症」と言います。45歳を過ぎる頃から多くの人に現れ、さまざまな不快な症状が引き起こす「腱膜性眼瞼下垂症」は、チェックリストのような「額の深いシワ」「ほうれい線」などがあれば要注意です。手術は、松尾方式による「腱膜固定術」があります。【解説】栗橋克昭(栗橋眼科院長)


実はあなたにもある?知られざるアレルギー【遅発型食物アレルギー】

実はあなたにもある?知られざるアレルギー【遅発型食物アレルギー】

特に思い当たる原因もなく、体調が優れない……。食べて数時間後〜数週間後と、アレルギー症状が遅れて出てくる「遅発型食物アレルギー」をご存知でしょうか。じんましんなどが出る「即時型食物アレルギー」とは違いあまり知られていません。【解説】澤登雅一(三番町ごきげんクリニック院長) 


私はこのジュースで21kg減!翌朝便がドッと出てむくみもスッキリ

私はこのジュースで21kg減!翌朝便がドッと出てむくみもスッキリ

私の周りは、酵素ジュースで体調がよくなった人だらけ(笑)。「フルーツ酵素ジュース」は、腸の状態がよくなって、便秘が解消します。【解説】睦美(ATTIVAローフードスクール校長・酵素研究家) 


【医師監修】便秘はもちろん、肝機能値も改善する「スーパージュース」はこれ

【医師監修】便秘はもちろん、肝機能値も改善する「スーパージュース」はこれ

今、手作りの「フルーツ酵素ジュース」が人気になっているようです。このジュースを飲むメリットは2つ。1つめは、「酵素を補給できること」。2つめは、「発酵エキスを摂取できること」です。【解説】白川太郎(医療法人社団白金会 東京中央メディカルクリニック理事長) 


【保健師】白湯を飲んだら便秘が治った!うつにも効果あり

【保健師】白湯を飲んだら便秘が治った!うつにも効果あり

企業の保健師として勤務している私が、5年間続けているインドの伝承医学「アーユルヴェーダ」を勉強する中で最初に実行したのが『白湯』です。その効果はすぐに実感できました。飲み続けていると、定期的に便が出るようになりました。現在は便秘知らずで、毎朝、必ず出ています。【体験談】山﨑由美子さん(48歳・保健師・東京都)


実は便秘には【白湯】が一番!毒出しスパイスと合わせるとさらに効果大

実は便秘には【白湯】が一番!毒出しスパイスと合わせるとさらに効果大

水をよく沸騰させて作った「白湯」は、全身の毒素を浄化し、快適なお通じのための最高の飲み物です。3つの便のタイプ別に白湯とあわせて摂りたい、スーパーでも購入可能な「毒出し」スパイスをご紹介します。【解説】蓮村 誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長)


【視力回復】疲れ目がスッキリする「目の温シャワー」最適温度は○○℃

【視力回復】疲れ目がスッキリする「目の温シャワー」最適温度は○○℃

【解説】勝浦哲夫(千葉大学大学院工学研究科人間生活工学研究室教授) 私の研究室では、人間の生活環境について多様な角度から研究しています。以前、研究室の学生だった高橋圭佑君が中心となり、東京ガス(株)都市生活研究所との共同研究として次のような実験を行いました。


【医師監修チェックリスト】「あなたはどのタイプ?」アーユルヴェーダによる3タイプの便秘解消法

【医師監修チェックリスト】「あなたはどのタイプ?」アーユルヴェーダによる3タイプの便秘解消法

一般に「便秘に効く」と言われている方法はたくさんあります。しかし、便のタイプに合わない方法を続けていれば、腸の不調を招き、たとえ便通があってもスッキリしなかったりします。便のタイプ別に、腸の状態を改善して、気持ちよく便を出す方法を紹介しましょう。【解説】蓮村 誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長) 


【眼科医】蒸しタオルで目を温めると老眼や視力が改善―過矯正は眼精疲労の原因

【眼科医】蒸しタオルで目を温めると老眼や視力が改善―過矯正は眼精疲労の原因

見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)


【意外?な私の新習慣】水野美紀さんの美腸の秘密はコレ

【意外?な私の新習慣】水野美紀さんの美腸の秘密はコレ

舞台のアクションの練習に「逆立ち」が取り入れられたのをきっかけに、1日に2〜3回、逆立ちをするようになりました。頭がスッキリしたり、体が軽くなったりする効果を感じられるので、好んでやっています。【体験談】水野美紀さん(女優)


下腹ポッコリ便秘がち【大腸下垂】の可能性!上げ下げするだけで面白いほど便がでる!

下腹ポッコリ便秘がち【大腸下垂】の可能性!上げ下げするだけで面白いほど便がでる!

「いつもおなかが張って苦しい」「下腹がポッコリ出ている」という人は、「大腸下垂」の可能性が非常に高いと言えます。便秘やガス腹を引き起こす大腸下垂の予防・改善には、腹筋、骨盤底筋を鍛えましょう。私がお勧めするのは、雑巾がけやおしりの上げ下げなどです。【解説】金子実里(金子病院副院長) 


【専門医が考案】不快な腸の「ガスだまり」一掃する方法とは?

【専門医が考案】不快な腸の「ガスだまり」一掃する方法とは?

うつぶせに寝るだけでなく、体を左右に揺らしてやると、腸の踊り場のガスの排泄が促されます。その方法が「うつぶせゴロゴロ」です。【解説】瓜田純久(東邦大学医療センター大森病院総合診療科教授)


腸は「悲しみ」や「不安」をため込む臓器 臭いおならも足もみで解消できる!

腸は「悲しみ」や「不安」をため込む臓器 臭いおならも足もみで解消できる!

パンパンに張ったガス腹、何日たっても出ない便、つらいものですよね。気になって、仕事も家事も集中できない、という人も多いのでは。ここでは、簡単にでき、試したとたんに腸が動き出すストレッチを紹介します。【監修】市野さおり(看護師・リフレクソロジスト)


【医師解説】便秘はIQもEQも低くする?6万人の大腸を見てわかったこと

【医師解説】便秘はIQもEQも低くする?6万人の大腸を見てわかったこと

健康な大腸の持ち主は、肌や髪など外見も色つやがよく、実際の年齢より若々しい印象を与えます。ところが、腸壁に炎症が起こると、実際の年齢より老けた外見をして、加齢臭や口臭を発していることが多いものです。【解説】村田博司(赤坂胃腸クリニック院長)


【医師監修】坐骨神経痛の症状が改善した「AKAー博田法」とは

【医師監修】坐骨神経痛の症状が改善した「AKAー博田法」とは

椎間板ヘルニアが原因の坐骨神経痛と診断され手術を受けましたが、術後も痛みが続きました。片田重彦先生に診ていただき、お陰で30年ぶりに腰の軽さを感じています。【体験談】眞木 健(医学ジャーナリスト)


【医師解説】原因不明の腰痛や坐骨神経痛の原因は骨盤関節のズレだった!

【医師解説】原因不明の腰痛や坐骨神経痛の原因は骨盤関節のズレだった!

原因がはっきりした腰痛は、全体の1割以下で、9割以上の腰痛は「原因不明」です。この原因不明のものに対して「関節運動学的アプローチ」で改善する治療法「AKA-博田法」をご紹介します。【解説】片田重彦(かただ整形外科院長)


前かがみの人の腰痛に有効!体を伸ばして腰を回しお尻を鍛える「ほのまき体操」

前かがみの人の腰痛に有効!体を伸ばして腰を回しお尻を鍛える「ほのまき体操」

肩こりや腰痛を自分で治したい、体力をつけたい、という人のために、体を整えるための四つの要素「ほぐす・伸ばす・回す・鍛える」の頭文字をとった「ほのまき体操」をご紹介します。【解説】岩月麻里(おばた治療室代表)


「仙骨」を温めると健康になる!やせる!腰痛も改善すると名治療家が解説

「仙骨」を温めると健康になる!やせる!腰痛も改善すると名治療家が解説

体温が低くなると腰痛、下半身のむくみ、便秘、肩こり、全身の倦怠感などを招くこともあります。そこで、「仙骨温め」のやり方をご紹介します。【解説】青山 正(荻窪接骨院院長)


「よくかむ=奥歯を使う」は間違い!ティッシュ1枚でできる【かみ合わせトレーニング】

「よくかむ=奥歯を使う」は間違い!ティッシュ1枚でできる【かみ合わせトレーニング】

腰痛をはじめ、頭痛や肩こり、耳鳴り、めまい、手のしびれなど、全身のさまざまな不調は、実はかみ合わせが原因である場合が少なくありません。 そこで、咬合関連症からくる不調を軽減させ、かみ合わせを改善できるトレーニング「ティッシュかみ」をご紹介します。【解説】長坂 斉(長坂歯科院長)


一年分の肩こりがコレで消える!そしてやせる!O脚も改善!

一年分の肩こりがコレで消える!そしてやせる!O脚も改善!

腰痛、肩こり、ひざ痛などの症状を改善するポイントは、ズバリ「肩甲骨(背中の上部左右にある一対の骨)を動かすこと」。そこで、肩甲骨をほぐす「腕振り」をご紹介します。【解説】北濱みどり(国際中医師A級・社会福祉士)


ランキング


>>総合人気ランキング