記事総数:287

公開済みの健康情報


【今さら聞けない塩麹】簡単に手作りでき 料理が断然おいしくなる その理由は?

【今さら聞けない塩麹】簡単に手作りでき 料理が断然おいしくなる その理由は?

日本の食文化の根っこを支えているもの。それは、「麹」ではないでしょうか。みそもしょうゆもみりんも日本酒も、麹なしでは作れません。しかし、みそが家庭で手作りされなくなり、麹は日本人の日常からすっかり影を潜めてしまいました。そんな麹を使った調味料が、今ブームを呼んでいます。【解説】石川惠美子(ジャーナリスト)


【白澤卓二教授】塩麹のすごいパワー 免疫力を高め肥満を防ぐ 魔法の調味料「塩麹」

【白澤卓二教授】塩麹のすごいパワー 免疫力を高め肥満を防ぐ 魔法の調味料「塩麹」

日本には、伝統的な発酵食品が数多くあります。みそ、しょうゆ、酢、みりん、漬物、納豆、日本酒……。いずれも毎日の食事に欠かせないもので、日本の食文化は、こうした発酵食品に支えられていると言っても過言ではありません。【解説】白澤卓二(順天堂大学大学院医学研究科・加齢制御医学講座教授)


【夜間頻尿に】足の三つのツボに貼り 早ければその日から改善効果

【夜間頻尿に】足の三つのツボに貼り 早ければその日から改善効果

年を取ってから、夜中に何度もトイレに起きるようになった、という人も多いのではないでしょうか。このような夜間頻尿の原因として考えられるのは、加齢による腎臓や膀胱の働きの衰えのほか、男性の場合は前立腺肥大、女性では膀胱炎や冷え症などでしょう。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【精力UP】1円玉をへそ下に貼る シコを踏めば効果倍増

【精力UP】1円玉をへそ下に貼る シコを踏めば効果倍増

物事に動揺しない、度胸があることを、「腹が据わる」といいますが、まさに腰から下、腹がしっかりとしている人は、心に落ち着きがあり、何事にも余裕があってあわてることがありません。こういう人は、同時にセックスにも強いものです。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


視覚トレーニングをやってみよう!《ボディイメージトレーニング編》

視覚トレーニングをやってみよう!《ボディイメージトレーニング編》

50歳を過ぎると、「新聞や本の文字が読みにくい」「夕方になるとぼやけて見えにくい」といった、眼の見え方に不調を抱える人が多いでしょう。眼だけでなく、物忘れが増えてきたり、家事や外出がおっくうになったりと、さまざまな場面で老化を感じる機会が多くなってきます。【解説】北出勝也(米国オプトメトリスト)


視覚トレーニングをやってみよう!《両眼の協調トレーニング編》

視覚トレーニングをやってみよう!《両眼の協調トレーニング編》

50歳を過ぎると、「新聞や本の文字が読みにくい」「夕方になるとぼやけて見えにくい」といった、眼の見え方に不調を抱える人が多いでしょう。眼だけでなく、物忘れが増えてきたり、家事や外出がおっくうになったりと、さまざまな場面で老化を感じる機会が多くなってきます。【解説】北出勝也(米国オプトメトリスト)


視覚トレーニングをやってみよう!《眼の準備体操編》

視覚トレーニングをやってみよう!《眼の準備体操編》

50歳を過ぎると、「新聞や本の文字が読みにくい」「夕方になるとぼやけて見えにくい」といった、眼の見え方に不調を抱える人が多いでしょう。眼だけでなく、物忘れが増えてきたり、家事や外出がおっくうになったりと、さまざまな場面で老化を感じる機会が多くなってきます。【解説】北出勝也(米国オプトメトリスト)


【老眼改善!飛蚊症、ドライアイまで解消】中高年者には眼球運動の視覚トレがお勧め

【老眼改善!飛蚊症、ドライアイまで解消】中高年者には眼球運動の視覚トレがお勧め

50歳を過ぎると、「新聞や本の文字が読みにくい」「夕方になるとぼやけて見えにくい」といった、眼の見え方に不調を抱える人が多いでしょう。眼だけでなく、物忘れが増えてきたり、家事や外出がおっくうになったりと、さまざまな場面で老化を感じる機会が多くなってきます。【解説】北出勝也(米国オプトメトリスト)


【動体視力を鍛える】プロ野球選手も実践する「視覚トレーニング」

【動体視力を鍛える】プロ野球選手も実践する「視覚トレーニング」

私は現在、2軍のトレーニングコーチとして若手の育成に力を注いでいます。1軍に生きのいい選手を送るのが私の役割です。「視覚トレーニング」をチームに導入したい、と考えたのは5年前でした。【解説】伊藤博(読売巨人軍 2軍トレーニングコーチ)


【子どもの老眼】黒板が見えても手元が見えない!「近見視力」の低下を改善する視覚トレーニング

【子どもの老眼】黒板が見えても手元が見えない!「近見視力」の低下を改善する視覚トレーニング

「近見視力」という言葉をご存じでしょうか。近見視力とは、近くを見るのに必要な視力のことで、読書や筆記、パソコンには欠かせないものです。老眼とは、眼の老化によって近見視力が低下し、近くの文字がはっきりと見えなくなる現象を指します。【解説】高橋ひとみ(桃山学院大学教授(健康教育学))


【視覚を鍛える】成績が上がる!仕事の効率アップ!うつ、ボケも防ぐ目のトレーニング

【視覚を鍛える】成績が上がる!仕事の効率アップ!うつ、ボケも防ぐ目のトレーニング

見え方がよくなると、視力だけでなく、成績や仕事の効率がアップします。また、疲れにくい眼にもなります。その結果、生活が見違えるほど楽しくなったり、性格が前向きになったり、容姿まで若返ったりするなど、実践された人からは大変喜ばれています。【解説】北出勝也(米国オプトメトリスト)


【美肌になる呼吸法】気功で肌ツルツル!中国宮廷秘伝の若返り術がスゴイ

【美肌になる呼吸法】気功で肌ツルツル!中国宮廷秘伝の若返り術がスゴイ

中国の清朝の宮廷で、女官たちが若返りのために、ひそかに行ってきた気功、それが「宮廷気功」です。この気功を行って、肌がツルツルになったり、お通じが来たり、視力が向上したり、ウエストが細くなったりという、驚きの効果が報告されています。ご紹介しましょう。【解説】本田唯人(本田治療院院長)


【気功マスターの直伝】古代中国から伝わる「行功」とは ― がんを防ぐ呼吸法と歩き方

【気功マスターの直伝】古代中国から伝わる「行功」とは ― がんを防ぐ呼吸法と歩き方

田中角栄元首相に氣功施術をするために来日してから、ガン、脳腫瘍、白血病、網膜剥離などの重病患者を回復させてきた張永祥先生は、「神の手氣功師」と呼ばれています。その張先生に古代中国から伝わる秘術を教わりました。【解説】張 永祥(氣功師・全日本氣功師会会長・張式氣功師養成学校校長)


【ヨガ行者が指南】心身にエネルギーを充満させる「安楽呼吸」のやり方

【ヨガ行者が指南】心身にエネルギーを充満させる「安楽呼吸」のやり方

「呼吸法は奥が深い」なるほど、それは確かなことなのですが、究めた人ほど、シンプルな呼吸法を重要視します。「ヨーガ行者の王」と称される成瀬雅春先生もしかり。ヨガの基本中の基本となる呼吸法を紹介しましょう。【解説】成瀬雅春(成瀬ヨーガグループ主宰)


大自然の恵みで心身の不調を整える「緑の呼吸法」とは

大自然の恵みで心身の不調を整える「緑の呼吸法」とは

食事を取らず、呼吸だけで肉体を維持している人がヨーロッパには4万人いるそうです。秋山佳胤先生もその1人。その秋山先生に、「誰でも体調がすぐれないと感じたら試してほしい」という、お勧めの呼吸法を教わりました。【解説】秋山佳胤(医学博士・弁護士)


【幸せになる方法】深呼吸に“幸せな言葉”を加えるだけ ― 累積納税額日本一の幸せ富豪から学ぶ

【幸せになる方法】深呼吸に“幸せな言葉”を加えるだけ ― 累積納税額日本一の幸せ富豪から学ぶ

累積納税額日本一の幸せ富豪・斎藤一人さんは、「空気がおいしいなあ」と言ってから深呼吸することで、もともと味がない空気もおいしくなると言います。幸せも空気のようなものなのかもしれませんね。【解説】高津理絵(スピリチュアル・カウンセラー)


【緊張する場面、苦手な人との会話の前に】ストレスから自分の身を守る呼吸法

【緊張する場面、苦手な人との会話の前に】ストレスから自分の身を守る呼吸法

朝の満員電車で、あるいは、痛ましい事件や事故のニュースを見たとき、人は心身の苦痛から身を守ろうと、息を止めて無感覚になっているといいます。それと同時に、「自分を見失う」状態にもなっているといいます。そんなとき、ストローを吹くような呼吸をするといいのです。【解説】藤本靖(ロルフィング®スタジオ・オールブルー主宰)


【ストレス解消・うつ改善に効果】マインドフルネス呼吸法で心に疲れをため込まない!

【ストレス解消・うつ改善に効果】マインドフルネス呼吸法で心に疲れをため込まない!

意識を「今ここ」に集中させる「マインドフルネス」という技法が、欧米の医療・教育現場に導入されています。健康な人のストレス対処にはもちろん、抑うつ症状や慢性的な痛みがあるひと、子どもから大人まで、どんな人にも有効な呼吸法を紹介します。【解説】石井朝子(ヒューマンウェルネス・インスティテュートCEO)


【視力回復の方法】私は0.01が1.0に!「深い呼吸」で近視の視力がアップ

【視力回復の方法】私は0.01が1.0に!「深い呼吸」で近視の視力がアップ

「深い呼吸をしていると目の働きがよくなって、眼精疲労やドライアイはもちろん、視力もよくなってくるんですよ」こう言うと、たいていのかたはびっくりされます。なぜ、深い呼吸である視力回復呼吸をすると、視力が上がるのでしょうか。この疑問を解くカギは、血流が握っています。【解説】原久子(原アカデミー代表・鍼灸師)


【二重あご解消エクササイズ】ストロー1本で美しい笑顔を手に入れる美顔術

【二重あご解消エクササイズ】ストロー1本で美しい笑顔を手に入れる美顔術

初対面の人の第一印象はおよそ7秒で決まります。わずかな時間に「顔」や「見た目」で、いかに好印象を与えるか――。今回ご紹介するストロー呼吸美顔術をすると顔の筋肉が自然に動くようになり美しい笑顔に導きます。さらに、シミ、そばかす、クマ、二重あご等のお悩みを解消する効果もあります。【解説】服部彩香(魅せ方プロデューサー)


ランキング


>>総合人気ランキング