記事総数:287

公開済みの健康情報


寝ている間に脂肪を燃やす「深呼吸ストレッチ」のやり方3ステップ

寝ている間に脂肪を燃やす「深呼吸ストレッチ」のやり方3ステップ

ストレス、過食、骨格のゆがみなどが原因で、浅い呼吸しかできず、慢性的に酸素不足の人が増えています。「深呼吸ストレッチ」を行うと、酸素を体じゅうに巡らせて、寝ている間に脂肪をどんどん燃やせる体に。ぜひお試しください。【解説】古久澤靖夫(ブリージングストレッチ院院長)


【呼吸力を鍛える】寝ている間に脂肪を燃やして「痩せ体質」になる方法

【呼吸力を鍛える】寝ている間に脂肪を燃やして「痩せ体質」になる方法

寝る前の体重と、目覚めたときの体重の差が1㎏以上ありますか?実は、この睡眠中にどれだけ体内の余分な脂肪や水分などを回収し、宿便、老廃物として処理できるかが、スリムな人と太った人の違いなのです。寝ている間に脂肪をどんどん燃やせる体質になる呼吸法をご紹介します。【解説】古久澤靖夫(ブリージングストレッチ院院長)


お腹いっぱい食べてOK!おからダイエットレシピ〈その4〉

お腹いっぱい食べてOK!おからダイエットレシピ〈その4〉

安くてヘルシー、おいしい。“おから”は3拍子そろった食材。でも、レシピが卯の花だけなんて、もったいない! ちょっとしたひと工夫で、さらにおいしく食べられます!ダイエットの大敵と思われているスイーツだって、おから入りなら大丈夫。タカハシユキ先生の極旨レシピをご紹介します!【指導】タカハシユキ(フードコーディネーター)


お腹いっぱい食べてOK!おからダイエットレシピ〈その3〉

お腹いっぱい食べてOK!おからダイエットレシピ〈その3〉

安くてヘルシー、おいしい。“おから”は3拍子そろった食材。でも、レシピが卯の花だけなんて、もったいない! ちょっとしたひと工夫で、さらにおいしく食べられます!ダイエットの大敵と思われているスイーツだって、おから入りなら大丈夫。タカハシユキ先生の極旨レシピをご紹介します!【指導】タカハシユキ(フードコーディネーター)


お腹いっぱい食べてOK!おからダイエットレシピ〈その2〉

お腹いっぱい食べてOK!おからダイエットレシピ〈その2〉

安くてヘルシー、おいしい。“おから”は3拍子そろった食材。でも、レシピが卯の花だけなんて、もったいない! ちょっとしたひと工夫で、さらにおいしく食べられます!ダイエットの大敵と思われているスイーツだって、おから入りなら大丈夫。タカハシユキ先生の極旨レシピをご紹介します!【指導】タカハシユキ(フードコーディネーター)


お腹いっぱい食べてOK!おからダイエットレシピ〈その1〉

お腹いっぱい食べてOK!おからダイエットレシピ〈その1〉

安くてヘルシー、おいしい。“おから”は3拍子そろった食材。でも、レシピが卯の花だけなんて、もったいない! ちょっとしたひと工夫で、さらにおいしく食べられます!ダイエットの大敵と思われているスイーツだって、おから入りなら大丈夫。タカハシユキ先生の極旨レシピをご紹介します!【指導】タカハシユキ(フードコーディネーター)


【即効】便秘解消に役立つ食べ物は「おから」 無理なくダイエットできると医師解説

【即効】便秘解消に役立つ食べ物は「おから」 無理なくダイエットできると医師解説

おからに含まれる水溶性の食物繊維は、糖尿病や高脂血症などの予防・改善に役立ちます。また、おからに含まれる不溶性食物繊維には、便秘解消効果があります。実験でも、大豆たんぱくや大豆サポニンはダイエットに効果があるとわかっています。【解説】白澤卓二(順天堂大学大学院医学研究科・加齢制御医学講座教授)


【花粉症撃退】原因も症状も抑える「ショウガ赤ワイン」が最強コンビと判明!

【花粉症撃退】原因も症状も抑える「ショウガ赤ワイン」が最強コンビと判明!

今や国民病ともいわれる花粉症。春先になると、鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどで、家事や仕事が手につかないという人も多いようです。そこで、「花粉症に有効なものはないか」と、いろいろと調査・研究を重ね、ついに「これ以上の組み合わせはない」と確信したものがあります。【解説】平柳要(元日本大学医学部准教授・医学博士)


【冷えを撃退】「ショウガ氷」美味レシピ

【冷えを撃退】「ショウガ氷」美味レシピ

体のあらゆる不調や病気の原因には、必ず「冷え」があるといっても過言ではありません。そんな「冷え」を一掃するのにピッタリの食材「ショウガ」。しかし「毎日皮をむいたり、すりおろしたりするのは、少し面倒」だったりしますよね。作り置きした「ショウガ氷」ですぐ作れる冷え撃退レシピをご紹介します。【指導】浜内千波(料理研究家)


【マンガでわかる】ショウガ紅茶 64kgやせて大変身!私が試した奇跡のダイエット

【マンガでわかる】ショウガ紅茶 64kgやせて大変身!私が試した奇跡のダイエット

小さいころから食べるのが大好きな私…短大時代はなんと116kgに!!その後社会人になり86kgに減るも、太っていることに変わりはなくー【体験談】田中啓子(歯科衛生士・31歳)【マンガ】あいかわももこ


楽しみ方いろいろ!“納豆博士”がお勧めする 納豆に混ぜたい「薬味」図鑑

楽しみ方いろいろ!“納豆博士”がお勧めする 納豆に混ぜたい「薬味」図鑑

納豆には健康上プラスとなるような効果をもたらす成分が豊富に含まれています。できれば、毎日1パック食べるのが理想的です。同じ納豆ご飯でも、薬味を添えるとさらに風味が増すだけでなく、納豆の薬効が高まります。【解説】須見洋行(倉敷芸術科学大学教授)


【専門家が伝授】納豆の「薬味」講座 ― 健康効果を高める食べ方

【専門家が伝授】納豆の「薬味」講座 ― 健康効果を高める食べ方

納豆が好物の人は、なんといっても温かいご飯にかけて食べる「納豆ご飯」がいいでしょう。混ぜるだけで、手軽に「食べる薬」を取ることができます。同じ納豆ご飯でも、薬味を添えるとさらに風味が増すだけでなく、血栓予防や腸内環境改善など、納豆の薬効が高まります。【解説】須見洋行(倉敷芸術科学大学教授)


【医師解説】腸内細菌を増やし便秘を解消!「にがり納豆」の作り方

【医師解説】腸内細菌を増やし便秘を解消!「にがり納豆」の作り方

納豆はダイエットに欠かせない良質なたんぱく質であり、食物繊維も多く含まれています。この食物繊維は便のかさを増やすとともに、腸内で善玉菌の栄養源となり、腸内細菌のバランスを整えます。にがりを納豆といっしょに取ることで、便秘解消などの効果が、より高まるわけです。【解説】関太輔(セキひふ科クリニック院長)


【医師実践】慢性便秘を解消!便のかさが増す「にがり納豆」のダイエット効果

【医師実践】慢性便秘を解消!便のかさが増す「にがり納豆」のダイエット効果

にがりの主成分であるマグネシウムは便秘解消やインスリンの分泌を抑える効果があります。納豆には多くの食物繊維が含まれており、便のかさを増やして、腸内細菌のバランスを整えます。にがりを納豆と取ることで便秘解消効果がアップします。また、糖尿病などの生活習慣病の予防改善に役立つのです【解説】関太輔(セキひふ科クリニック院長)


ダイエット中に「カレー納豆」を食べるべき7つの理由

ダイエット中に「カレー納豆」を食べるべき7つの理由

カレーショップなどで今人気を呼んでいる「カレー納豆」は、カレーのルーの中に納豆を入れる方法ですが、納豆にカレー粉を混ぜるだけの手軽な方法でも、摂取カロリーを抑えることができ、ダイエットや健康作りに有効です。カレー粉に含まれる生薬の効果も見逃せません。【解説】須見洋行(倉敷芸術科学大学教授)


【漢方専門医が注目】「カレー粉」は健康によい薬用植物のブレンド香辛料!

【漢方専門医が注目】「カレー粉」は健康によい薬用植物のブレンド香辛料!

漢方の専門医である私にとって、カレー粉はたいへん興味深い存在です。カレー粉に配合されている香辛料の多くが、漢方では生薬(植物や動物、鉱物を原料とした天然薬物)として用いられているからです。カレー粉にどんな香辛料が入っているのか、主なものと作用を順に見ていきましょう。【解説】岡田研吉(玉川学園岡田医院院長)


【ダイエット効果】チョイ足しで脂肪をメラメラ燃やす「納豆の食べ方」

【ダイエット効果】チョイ足しで脂肪をメラメラ燃やす「納豆の食べ方」

カレー粉を納豆に混ぜて食べる「カレー納豆」は、香辛料による発汗作用、脂肪分解促進作用が期待できるので、よい食べ方だと思います。トウガラシなど辛いものを食べると体が熱くなり、汗が出てきますが、これは、カプサイシンなどの辛み成分によって、アドレナリンというホルモンが分泌されるためです【解説】須見洋行(倉敷芸術科学大学教授)


【納豆はアンチエイジング食】「見た目」も「遺伝子」も若返らせる成分"ポリアミン”の効果

【納豆はアンチエイジング食】「見た目」も「遺伝子」も若返らせる成分"ポリアミン”の効果

「心が軽くなる」食べ物と聞いて、違和感を覚えるかもしれません。でも、食べ物で細胞が若返って体が軽くなれば、自然に心も若返って軽やかになります。問題は、科学的な裏付けを元に、どの食品にその可能性があるか。私たちが着目している食品が「納豆」です。【解説】早田邦康(自治医科大学大学院准教授)


【納豆】視力回復に効果のある食べ物 網膜血管閉塞症も改善すると医師が解説

【納豆】視力回復に効果のある食べ物 網膜血管閉塞症も改善すると医師が解説

目の血流が悪化すると、酸素や栄養がじゅうぶんに行き渡らなくなり、疲れ目・モヤモヤ感・チラつきなどの症状が現れやすくなります。特に、網膜の近くで血流のトラブルが起これば、突然物が見えなくなったり、見えにくくなったりと、重い症状が生じます。【解説】玉井嗣彦(鳥取大学名誉教授・日野病院名誉病院長)


【納豆の効果】「においをかぐだけ」で動脈硬化を予防する!食べるなら「日曜の夕方」がよい

【納豆の効果】「においをかぐだけ」で動脈硬化を予防する!食べるなら「日曜の夕方」がよい

「納豆」は、煮大豆に納豆菌を植えつけて作る食品です。納豆菌に豊富に含まれている酵素は、大豆たんぱく質や脂質を速やかに分解する働きがあります。ですから、納豆はとても消化がよく、大豆に含まれるたんぱく質の90%以上を体内に吸収できます。【解説】須見洋行(倉敷芸術科学大学教授)


ランキング


>>総合人気ランキング