記事総数:127

公開済みの健康情報


即効!慢性のひざ痛に効果ーひざを温め足裏を冷やす「温冷湿布」

即効!慢性のひざ痛に効果ーひざを温め足裏を冷やす「温冷湿布」

慢性的な膝痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)


【ひざ痛改善には】押す、もむ以外に「引っ張る」という選択肢を

【ひざ痛改善には】押す、もむ以外に「引っ張る」という選択肢を

変形性膝関節症は、初めはなんとなくひざが重く感じられ、そのうちに違和感やこわばりに変わっていきます。しだいに歩き始めに痛みが起こるようになる、という経過をたどるのが一般的です。何年もかけて進行したひざ痛を改善し、症状の進行を防ぐ「ひざ伸ばし」をご紹介します。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


【今からできるひざ痛予防】2パターンの下半身強化トレ

【今からできるひざ痛予防】2パターンの下半身強化トレ

ひざが痛いと訴える人は本当に多く、40歳を過ぎると、女性の6割、男性の4割に変形性膝関節症があるという調査データが報告されています(東京大学医学部附属病院22世紀医療センター)。中高年のひざの痛みの大部分は、この変形性膝関節症によるものです。【解説】石橋英明(伊奈病院整形外科部長、高齢者運動器疾患研究所代表理事)


【O脚改善】「絆創膏を巻いて歩くだけ」で美脚になれる!ひざ痛改善!

【O脚改善】「絆創膏を巻いて歩くだけ」で美脚になれる!ひざ痛改善!

「歩くと痛い」という場合、症状のかなり多くを占めるのが「ひざの痛み」です。 その主なものは、年齢とともに増えてくる変形性膝関節症によるひざ痛です。変形性膝関節症は、ひざ関節でクッション役を果たしている軟骨が、すり減って痛みを起こす病気です。【解説】勝野 浩(ヒロ整形クリニック院長)


【酢タマネギ】医師の私も常食する酢タマネギは、血糖値や血圧を下げ、合併症も強力に防ぐ特効食

【酢タマネギ】医師の私も常食する酢タマネギは、血糖値や血圧を下げ、合併症も強力に防ぐ特効食

私たちは、野菜や果物を摂取する必要がありますが、特に糖尿病の人は、タマネギなどのファイトケミカルを、できるだけ積極的に取るよう心掛けましょう。おいしくファイトケミカルが取れる方法としてお勧めなのが、酢タマネギです。簡単に作れるので、皆さんもぜひお試しください。【解説】周東 寛(南越谷健身会クリニック院長)


【糖尿病】カロリー制限よりも糖質制限!医大教授が実践するこの健康法

【糖尿病】カロリー制限よりも糖質制限!医大教授が実践するこの健康法

β細胞の力を戻すためには、糖質を取らないのが一番です。この自分の仮説を信じ、私は、できるだけ糖質を取らない食事療法へと変えました。すると、わずか2週間で、空腹時血糖値が90ml/dlまで下がったのです。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・人間総合科学大学人間科学部教授)


加熱で旨みアップ!【焼きトマト】ダイエット美味レシピ4選

加熱で旨みアップ!【焼きトマト】ダイエット美味レシピ4選

トマトは、生で食べるよりも、熱を加えたほうが、甘みや旨みがグンと増します。しかも、単においしくなるだけでなく、焼くことによって、トマトに含まれるリコピンの吸収率が高まり、健康効果もアップ!焼きトマトの力で、19kg、16kgと大幅減量に成功した人も続出しているのです。【解説】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)


トマトの栄養リコピンは加熱で効果増!美味しい「焼きトマト」健康レシピ

トマトの栄養リコピンは加熱で効果増!美味しい「焼きトマト」健康レシピ

トマトは、生で食べるよりも、加熱したほうが、甘みや旨みがグンと増します。しかも、単においしくなるだけでなく、焼くことによって、トマトに含まれる栄養リコピンの吸収率が高まり、健康効果もアップ!焼きトマトを上手に利用して、ダイエットに成功し大幅減量した人も続出しているようです。【解説】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)


【トマト氷】アレンジレシピ《副菜・スープ編》

【トマト氷】アレンジレシピ《副菜・スープ編》

季節を問わず、トマトが皆さんの食卓に上がる機会は多いことでしょう。トマトは栄養価が高く、夏の暑さで弱った体に、元気を与えてくれる食材でもあります。そんなトマト手軽に毎日の食生活に取り入れられるようにと考えたのが、「トマト氷」です。ここではトマト氷のアレンジレシピを紹介します。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


【トマト氷】アレンジレシピ《主食・主菜編》

【トマト氷】アレンジレシピ《主食・主菜編》

季節を問わず、トマトが皆さんの食卓に上がる機会は多いことでしょう。トマトは栄養価が高く、夏の暑さで弱った体に、元気を与えてくれる食材でもあります。そんなトマト手軽に毎日の食生活に取り入れられるようにと考えたのが、「トマト氷」です。ここではトマト氷のアレンジレシピを紹介します。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


糖尿病、高血圧が大改善!シミ、ソバカスも消える!やせる!『トマト氷』

糖尿病、高血圧が大改善!シミ、ソバカスも消える!やせる!『トマト氷』

いくら健康にいいとわかっていても、毎日トマトを一定量食べるのは、なかなか大変なことです。そこで、もっと手軽に、もっとおいしく、毎日の食生活に取り入れられるようにと考えたのが、今回ご紹介する「トマト氷」です。【解説】村上祥子(料理・栄養計算)


【医師も減量成功】臭いおならの原因も解消!「豆乳ヨーグルト」の作り方

【医師も減量成功】臭いおならの原因も解消!「豆乳ヨーグルト」の作り方

豆乳ヨーグルトは、その名のとおり、豆乳で作られるヨーグルトです。豆腐に似た食感で、一般のヨーグルトよりも酸味があり、初めは多少抵抗があるかもしれませんが、慣れてくれば、この酸味がかえってやみつきになる味です。そして特に強調したいのは、豆乳ヨーグルトの健康効果です。【解説】丁 宗鐵(日本薬科大学学長・百済診療所院長)


【名医が指南】抗炎症作用がある「痛み軽減食」とは

【名医が指南】抗炎症作用がある「痛み軽減食」とは

脊柱管狭窄症は加齢が原因の疾患ですが、患者数は年々ふえています。理由の1つとしては高齢化社会が挙げられますが、昔に比べて肥満の人がふえたことも原因なのです。脊柱管狭窄症を予防し、その痛みの軽減に役立つ食事についてお話をしていきます。【解説】石部基実(石部基実クリニック院長)


【専門医】おならの臭いだけでなく体臭や口臭まで減らせる最強の消臭食品はコレ

【専門医】おならの臭いだけでなく体臭や口臭まで減らせる最強の消臭食品はコレ

便、おなら、息や汗のにおい。こうした体のにおいの大本は、腸で作られます。腸では、食べたもののカスが腸内細菌によって分解され、その際に、におい物質を発生します。炭水化物などは、主に善玉菌によって分解され、二酸化炭素やメタンといった、においの少ないガスを作ります。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


【絶対出る!】不規則になりがちな年末年始の食生活。快便には「このみそ汁」が最適

【絶対出る!】不規則になりがちな年末年始の食生活。快便には「このみそ汁」が最適

私の健康で長生きする秘訣は、腸を元気にして、免疫力を上げること。腸は、食べ物を消化吸収するだけでなく、心身の健康維持には欠かせないビタミンやホルモンを作り出します。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・人間総合科学大学人間科学部教授)


「仕事の合間の食事」で老化が加速するー時計遺伝子を狂わせるNG働き方

「仕事の合間の食事」で老化が加速するー時計遺伝子を狂わせるNG働き方

私たちの体は、年とともに老化していきます。しかし、体の中の臓器がそれぞれ同じペースで老いていくかというと、決してそうではありません。実は、老化のペースメーカーとなる臓器が存在するのです。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・人間総合科学大学人間科学部教授)


「腸は脳より賢い」と医師が断言!腸内細菌を増やせば、ガンやうつを予防できる!

「腸は脳より賢い」と医師が断言!腸内細菌を増やせば、ガンやうつを予防できる!

「腸は第2の脳である」といわれています。これは、腸の重要性を示す言葉であるわけですが、私ならば、こういうでしょう。「腸は脳より賢い」少々、大げさと思われるでしょうか。しかし、私は決して誇張しているわけではありません。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・人間総合科学大学人間科学部教授)


ファイトケミカルの理解を深めるためにー 野菜スープで使う4つの野菜の主なファイトケミカル

ファイトケミカルの理解を深めるためにー 野菜スープで使う4つの野菜の主なファイトケミカル

私がおすすめする「野菜スープ」(ファイトケミカルスープ)で使う4つの野菜、すなわちキャベツ、ニンジン、タマネギ、カボチャに含まれる主なファイトケミカルについて解説します。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


野菜スープについてもっと知りたい、ここがわからない、なんでもQ&A

野菜スープについてもっと知りたい、ここがわからない、なんでもQ&A

必ずしも4つの野菜だけで作る必要はありません。どんな野菜にもファイトケミカルが含まれていますから、そのときどきに応じて、他の野菜を加えるといいでしょう。【回答】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授 )


【スープのある暮らし】健康とは、おいしいものを笑顔で食べられること

【スープのある暮らし】健康とは、おいしいものを笑顔で食べられること

家族の食卓をあずかる主婦にとって、毎日の食事作りはシンプルに済ませたいもの。2年ほど前から私のお助け料理になったのが、野菜スープ(ファイトケミカルスープ)。スープを飲むようになってから、カゼを引かなくなり、長引かなくなりました。80代の父と母も、高齢にもかかわらず元気です。【解説】藤本厚子(アツコアカデミー代表)


ランキング


>>総合人気ランキング