記事総数:127

公開済みの健康情報


【なぜ?】免疫は「ととのえる」ことが重要で 上がり過ぎてはいけない

【なぜ?】免疫は「ととのえる」ことが重要で 上がり過ぎてはいけない

免疫とは、「自分と自分でないものを見分け、自分ではないもの(病原体や毒素など)を排除して、自らの健康を守るシステム」のことです。これを一方的に高めると、逆にバランスを崩してしまいます。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

私たちが日々食べる食品に、残留農薬、食品添加物、合成保存料、化学物質などが入っていないかどうかはとても気になるところです。理由は、それらが発がん物質になるからです。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


増加中【新型の脂肪肝】放っておくと肝硬変やガンに 食事療法で治す方法はコレ

増加中【新型の脂肪肝】放っておくと肝硬変やガンに 食事療法で治す方法はコレ

脂肪肝について、どんなイメージを持っていますか?「肝臓に脂肪がつきすぎているだけで、命に関わることはない」と軽く思っていないでしょうか。ところが最近の研究で、肝硬変や肝臓がんに進行する怖いタイプの脂肪肝が存在することがわかってきました。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

私は、患者さんには厳しく制限をするよりも、ファイトケミカルたっぷりの野菜スープ(ファイトケミカルスープ)を生活の中に取り入れることによって、自然な形で食事の改善ができるように指導しています。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


野菜スープの基本となる4つの野菜に含まれるファイトケミカルとその作用

野菜スープの基本となる4つの野菜に含まれるファイトケミカルとその作用

私がお勧めする野菜スープ(ファイトケミカルスープ)の材料であるキャベツ、タマネギ、ニンジンは、そのトップクラスにあり、いわば、アメリカが国として、がんの予防効果を保証した食品と言えます。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


野菜の若返り成分ファイトケミカルはスープにするとジュースより数百倍も効果が高い

野菜の若返り成分ファイトケミカルはスープにするとジュースより数百倍も効果が高い

ァイトケミカルは、従来から知られている糖質(炭水化物)、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルなどの5大栄養素とはまったく違います。ファイトケミカルは、それらにはないすぐれた機能を持っています。【解説】髙橋 弘()麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授


ファイトケミカルスープに最適!一目でわかる旬の野菜カレンダー

ファイトケミカルスープに最適!一目でわかる旬の野菜カレンダー

野菜の旬と言われる時期を示したカレンダーです。栽培技術の発達により、たいていの野菜は年中手に入れることができますが、味や栄養は、旬の野菜にはかないません。ファイトケミカルが多いのも旬の野菜で、日光をたくさん浴びて育った露地ものです。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


【野菜スープ】作り置きもOK!「野菜スープ氷」にすれば有効成分も増える

【野菜スープ】作り置きもOK!「野菜スープ氷」にすれば有効成分も増える

野菜スープを飲むのは、食前や食間など空腹時がお勧めです。特に朝食前に飲むと、ファイトケミカルが体内に吸収されやすくなります。また、太っている人や糖尿病の人は、食事の最初に飲むと、食後の急激な血糖値の上昇を抑えることができます。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


ハーバード式「野菜スープ」基本の作り方

ハーバード式「野菜スープ」基本の作り方

野菜スープ(ファイトケミカルスープ)の魅力は、なんと言っても「シンプルで簡単なこと」です。基本のスープで使う野菜は、キャベツ、タマネギ、ニンジン、カボチャだけ。いずれも日本全国どこでも売っていて、1年中手に入る野菜です。しかも、比較的安価です。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教)


野菜スープに多い「ファイトケミカル」と5大栄養素の違いはここ

野菜スープに多い「ファイトケミカル」と5大栄養素の違いはここ

ファイトケミカルは、植物が作り出す天然の成分です。紫外線により発生する活性酸素や、害虫などによる危害から、植物が身を守るために自ら作り出す成分です。植物しか作ることができないので、我々動物は、植物を食べることによってしかファイトケミカルを取ることができません。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学)


ハーバード大学で免疫栄養学を打ち立てた医師考案の「野菜スープ」

ハーバード大学で免疫栄養学を打ち立てた医師考案の「野菜スープ」

がんに限らず、現代人が悩まされている病気の多くは、食事や運動不足などの生活習慣が大きな原因になっています。そういう病気に対して、薬だけに頼る医療には限界があります。食事に誤りがあって起こる病気は、まず食事を是正しなければ、治りません。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

私の治療院にも、脊柱管狭窄症で悩んでいるかたがたくさんいらっしゃいます。そうした皆さんに試して、効果を上げているツボがあります。ここでは、その特効ツボを紹介します。【解説】佐藤一美(日本経絡指圧会会長)


股関節のゆがみを取り「脊柱管狭窄症」の痛みやしびれを解消する健康法はこれ

股関節のゆがみを取り「脊柱管狭窄症」の痛みやしびれを解消する健康法はこれ

腰痛の改善には、足腰にしっかり筋肉をつけることが先決だと、思っている人が多いのではないでしょうか。実はその前に、しなくてはならない重要なことがあります。それは、股関節の調整です。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧整体院院長)


【骨盤起こし】背骨の圧迫が取れ、脊柱管狭窄症の痛みを改善する簡単動作

【骨盤起こし】背骨の圧迫が取れ、脊柱管狭窄症の痛みを改善する簡単動作

最近、女性はもちろん男性も、自分の骨盤の状態を気にするようになりました。骨盤の状態は健康を左右します。猫背などのよくない姿勢で、骨盤が後ろに傾いた“寝た状態”になると、体のバランスがくずれ、腰痛やひざ痛の原因になるのです。【解説】中村考宏(えにし治療院院長)


瞬時に体温を上げるスーパーレシピ『カレースープ』で背骨も筋肉も強化できる

瞬時に体温を上げるスーパーレシピ『カレースープ』で背骨も筋肉も強化できる

加齢によって背骨がもろくなると、脊髄の神経を包囲している脊柱管が狭まってきて、脊柱管狭窄症を引き起こしやすくなります。脊柱管狭窄症になると、神経が圧迫されて、しだいにうっ血状態を起こし、脊髄につながっている血流の悪化を招くことから、痛みやしびれが現れてくるのです。【解説】丁 宗鐡(日本薬科大学学長・医学博士)


【医師解説】即効!「ひざの裏を押す」と脊柱管狭窄症の腰痛に効果あり

【医師解説】即効!「ひざの裏を押す」と脊柱管狭窄症の腰痛に効果あり

全身の痛みの中で、最も発生頻度が高いのは、やはり腰痛ではないでしょうか。中高年者に限っていえば、腰痛を全く経験したことがない人は、まずいないと思います。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


坐骨神経痛に即効!使い捨てカイロはここに貼れ

坐骨神経痛に即効!使い捨てカイロはここに貼れ

脊柱管狭窄症の主な症状は、腰痛と足の痛み、しびれです。足の痛みは、いわゆる座骨神経痛で、休みながらでないと歩けなくなるのが特徴です。とはいえ、それらの症状の原因は、すべて脊柱管の狭窄による神経の圧迫にあるのでしょうか。そうではありません。「冷え」も大きな原因となっているのです。【解説】田村 周(山口嘉川クリニック院長)


心臓病、脳梗塞、認知症の予防に不可欠な栄養素

心臓病、脳梗塞、認知症の予防に不可欠な栄養素

葉酸は別名、「造血のビタミン」とも呼ばれ、ビタミンB12とともに、血球を作る核酸の合成をつかさどっています。葉酸かビタミンB12のどちらか一方が不足すると、「巨赤芽球性貧血」と呼ばれる悪性貧血の原因になります。【解説】香川靖雄(女子栄養大学副学長)


【血圧を下げる】ポイントは「ふくらはぎを温める」こと 生理痛が緩和され腰痛も改善

【血圧を下げる】ポイントは「ふくらはぎを温める」こと 生理痛が緩和され腰痛も改善

昔からよく「足を冷やすな」といわれますが、あなたはこの「足」がどこを指すか、おわかりになりますか?足の裏、足の指先と考える人が多いかもしれませんが、本当に冷やしてはいけない場所は、「ふくらはぎ」なのです。【解説】関 博和(せき接骨院院長)


【医師解説】夜間頻尿を改善し「隠れ心不全」まで防ぐゴキブリ体操

【医師解説】夜間頻尿を改善し「隠れ心不全」まで防ぐゴキブリ体操

高齢者の夜間頻尿ですが、実はその原因の多くが、日中の「水の飲み過ぎ」によるものなのです。年を取ると、唾液の分泌が減ってのどが渇きやすくなり、脱水症状を恐れて必要以上に水を飲む高齢者が増えて、それが夜間の頻繁な排尿につながっている、というわけです。【解説】菅谷公男(北上中央病院副院長・日本排尿機能学会理事)


ランキング


>>総合人気ランキング