記事総数:325

公開済みの健康情報


【医師解説】私は耳のツボ「神門」で10kgダイエットに成功し、血圧も下がった

【医師解説】私は耳のツボ「神門」で10kgダイエットに成功し、血圧も下がった

私が「神門」という耳のツボを知ったのは、飯島敬一先生(NPO法人生活習慣病予防学術委員会理事)が主催する「神門メソッド」の体験会です。【解説】土肥雪彦(あかね会土谷総合病院顧問・広島大学名誉教授)


【老化防止の最強の食べ物】まるでドライフルーツ!「黒にんにく」の若返り効果がスゴイ

【老化防止の最強の食べ物】まるでドライフルーツ!「黒にんにく」の若返り効果がスゴイ

ミネラルやアミノ酸を豊富に含むニンニクは、滋養強壮効果、疲労回復効果、殺菌効果などがある食材として、昔から広く親しまれてきました。最近では悪玉コレステロールを減らすとして、抗腫瘍(抗ガン)効果、抗酸化作用でも注目を浴びています。【解説】本橋登(元明治薬科大学理事・教授 山東省科学技術協会最高顧問)


【ニンニクのしょうゆ漬け】気がついたら27kgやせていた!体力がつき、風邪をひかなくなった

【ニンニクのしょうゆ漬け】気がついたら27kgやせていた!体力がつき、風邪をひかなくなった

ニンニクのしょうゆ漬けの大きな特徴は、ニンニク独特のにおいが、ほとんどなくなっていることです。臭いが苦手という人にも勧められる食べ方です。作り方も簡単でおいしく、続けることがまったく苦でない健康法です。私もこれからも続けていきますし、皆さんにもぜひお勧めしたいです。【体験談】滝 昇(無職・68歳)


【マスオさんの声・増岡弘さん】40年間カゼ知らずの私の原動力は「ニンニクみそ」

【マスオさんの声・増岡弘さん】40年間カゼ知らずの私の原動力は「ニンニクみそ」

皆さん、こんにちは。俳優(声優)の増岡弘です。というより、「フグ田マスオ」といったほうがわかりやすいかもしれませんね。テレビアニメ『サザエさん』のマスオさんの声を担当するようになって、もう40年にもなります。【解説】増岡弘(劇団東京ルネッサンス代表・俳協所属俳優・声優)


糖尿病の改善、生活習慣病の予防に 「ニンニクみそ」の作り方

糖尿病の改善、生活習慣病の予防に 「ニンニクみそ」の作り方

みその原料である大豆に含まれるイソフラボン類は、体内で酸化を防止する抗酸化物質として働き、高血圧や心筋梗塞などの予防に役立ちます。また、大豆の良質なたんぱく質は、ガンを予防したり消化吸収を助けたりするなど、さまざまな健康効果が期待できます。【解説】『安心』編集部


【大腸ガン予防に効果】新成分「S-アリルシステイン」が2.7倍増えるニンニクの食べ方

【大腸ガン予防に効果】新成分「S-アリルシステイン」が2.7倍増えるニンニクの食べ方

ニンニクの成分の一つ「アリシン」は特有のにおいのもとで、滋養強壮作用、殺菌作用、抗酸化作用、免疫力向上作用などをもたらすとされています。最近、ガン予防、特に大腸ガンの予防効果があるとして、S-アリルシステインという成分が注目されています。【解説】髙橋德江(順天堂大学医学部附属 練馬病院栄養科係長・管理栄養士)


【医師が自ら実践】ダイエット効果は腹筋以上!テレビで評判「おなかインアウト歩き」

【医師が自ら実践】ダイエット効果は腹筋以上!テレビで評判「おなかインアウト歩き」

どんなダイエットをやっても、ダメだった数年前のある日のこと。テレビの番組で、子どもがおなかを出したり引っ込めたりして、周りの出演者を笑わせているのを見ました。「おなかの脂肪を燃やすには、すごくいいのでは」とひらめき、考案したのが、私のお勧めする「おなかインアウト歩き」です。【解説】川村昌嗣(川村内科診療所所長)


【体幹を鍛える】ケガを防ぐ「正しい歩き方」をウォーキングインストラクターが伝授

【体幹を鍛える】ケガを防ぐ「正しい歩き方」をウォーキングインストラクターが伝授

歩くことは、誰に教わることなく自然と身についた動作なので、自己流で歩いているかたがほとんどだと思います。そのせいか、ガニ股や内股、前傾・後傾姿勢など、歩き癖がついてしまっているかたを多く見かけます。【解説】君塚正道(ウォーキングインストラクター)


【血液・血管の若さを保つ秘訣】速歩きで血糖値、血圧は下がる!動脈硬化も防げる!

【血液・血管の若さを保つ秘訣】速歩きで血糖値、血圧は下がる!動脈硬化も防げる!

血液中のブドウ糖が過剰で血糖値が高い状態が続くと、血管が傷つきます。その結果、動脈硬化などを引き起こします。「人は血管とともに老いる」といわれますから、血糖値のコントロールは万病を防ぐことにつながります。【解説】青栁幸利(東京都健康長寿医療センター研究所 老化制御研究チーム副部長)


【心と脳の健康】速歩きする時間を増やすと脳が活性化し、うつ・認知症も防げる

【心と脳の健康】速歩きする時間を増やすと脳が活性化し、うつ・認知症も防げる

中之条町での調査では、家にこもるなど、1日当たり4000歩未満の歩数では、うつ病が発症しやすいという結果が出ました。私が行ったその他の研究でも、農村地域の主婦にうつ傾向の人が多いとわかっています。【解説】青栁幸利(東京都健康長寿医療センター研究所 老化制御研究チーム副部長)


歩き方を変えたら町民の医療費が3割も抑えられた「中之条町の奇跡」

歩き方を変えたら町民の医療費が3割も抑えられた「中之条町の奇跡」

群馬県中之条町は、私の生まれ故郷です。この町で、歩きと病気予防の関係について、65歳以上の住民、約5000人を対象に調査を始めたのが2000年のことです。「中之条研究」と呼ばれるこの調査は、今年で14年になります。【解説】青栁幸利(東京都健康長寿医療センター研究所 老化制御研究チーム副部長)


【病気を防ぐ歩き方】「歩数」「速度」が調査でわかった! たくさん歩けばいいわけではない!

【病気を防ぐ歩き方】「歩数」「速度」が調査でわかった! たくさん歩けばいいわけではない!

私たちにとって、歩くことは日常生活の基本的な動作の1つです。加えて、歩くのが健康によい手軽な運動であることも広く知られています。皆さんの中にも、肥満解消や病気の改善を目的に、ウォーキングを実行している人は、たくさんいることでしょう。【解説】青栁幸利(東京都健康長寿医療センター研究所 老化制御研究チーム副部長)


【ホルモンバランスとは】整える方法は"歩くこと" アトピー性皮膚炎 皮脂欠乏症も改善

【ホルモンバランスとは】整える方法は"歩くこと" アトピー性皮膚炎 皮脂欠乏症も改善

女性ホルモンと呼ばれるエストロゲン、男性ホルモンと呼ばれるアンドロゲンは、女性らしさや男性らしさに加え、若さや美しさにも深く関わっています。更年期の体の変化を考えればわかるように、これら性ホルモンのバランスは、体調にも大きく影響します。【解説】徳田安章(東京医科大学皮膚科 名誉教授)


【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

ウォーキングには、特別な器具や場所が必要ありません。患者さんにも安心して勧められます。いつからでも簡単に始められますし、家にこもりがちな人には屋外に出るよい機会になります。【解説】大西 守(精神科医)


ふくらはぎを温めると子宮が温まる!生理痛や子宮筋腫の改善に効果絶大

ふくらはぎを温めると子宮が温まる!生理痛や子宮筋腫の改善に効果絶大

不妊治療を得意とする私の鍼灸院では、患者さんの大半が女性です。不妊のほかに、子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣のう腫といった婦人科疾患の患者さんも多数いらっしゃいます。これらの病気は、冷えや血流の低下と、深くかかわっています。【解説】関村順一(Sekimura鍼灸院院長・東京医療専門学校鍼灸教員養成科非常勤講師)


「ふくらはぎ」は冷えに対して鈍感?温めるだけでひざや腰の痛みが消える理由

「ふくらはぎ」は冷えに対して鈍感?温めるだけでひざや腰の痛みが消える理由

ふくらはぎは、冷えに対して鈍感な部位です。試しに、氷を太ももとふくらはぎに当ててみてください。ほとんどの人が悲鳴を上げますが、ふくらはぎは意外と平気です。10秒くらいなら、我慢できるのではないでしょうか。【解説】関 博和(せき接骨院院長)


【データで判明】不定愁訴の予防・改善にふくらはぎ 「冬」はもちろん「夏」も温めよ

【データで判明】不定愁訴の予防・改善にふくらはぎ 「冬」はもちろん「夏」も温めよ

体の中でいちばん冷えやすいところは、意外かもしれませんが、ふくらはぎです。腰痛だけでなく、体のさまざまな不調を訴える人のふくらはぎは、みんな冷えてかたいのです。ふくらはぎの冷えは、全身の血流不全と冷えの原因になります。そこで、私は皆さんにふくらはぎを温めることを勧めています。【解説】関 博和(せき接骨院院長)


【便秘やめまいが改善】34の症状に対応した「症状別ふくらはぎのもみ方」

【便秘やめまいが改善】34の症状に対応した「症状別ふくらはぎのもみ方」

健康な人のふくらはぎは、つきたてのおもちのように、温かくてやわらかく、弾力があります。一方、体に何らかの不調がある人は、それがさまざまな形で、ふくらはぎの状態に現れることがしばしばあります。【解説】丸山眞砂夫(ふくらはぎ健康法 タオ テクニカルアドバイザー)


【血管年齢が若返る】動脈硬化の症状が改善する"ふくらはぎマッサージ"のやり方

【血管年齢が若返る】動脈硬化の症状が改善する"ふくらはぎマッサージ"のやり方

血液は体内で絶えず循環し、私たちが生きていくうえで重要な働きをしています。心臓から送り出された血液は、動脈によって栄養分と酸素が体の隅々に運ばれます。体の隅々に栄養分と酸素が行き渡ると、静脈によって老廃物などが回収され、血液は心臓に戻ります。【解説】高沢謙二(東京医科大学循環器内科教授)


【免疫力がアップ】「ふくらはぎマッサージ」は高血圧や不眠症の改善に効果的

【免疫力がアップ】「ふくらはぎマッサージ」は高血圧や不眠症の改善に効果的

私たちが健康な毎日を送るのに欠かせないのが、スムーズな血液の流れです。血液は、摂取した栄養と酸素を動脈によって全身の細胞へと運び、老廃物や有害物質を静脈によって細胞から回収する働きをしています。【解説】岡本裕(e-クリニック医師)


ランキング


>>総合人気ランキング