記事総数:127

公開済みの健康情報


鍼灸師がこっそり教える【即効】指のまた刺激ーどこをどうやって?

鍼灸師がこっそり教える【即効】指のまた刺激ーどこをどうやって?

指のまた刺激で効果が期待できる主な症状は、血行改善、高血圧、呼吸器の不調、心疾患、冷え症、 便秘などがあります。そのほか、刺激する場所によってですが、首こり・肩こり、股関節痛には即効性があります。その理由を説明しましょう。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


放置すると歩行も困難になる【変形性股関節症】―症状は?治療法は?

放置すると歩行も困難になる【変形性股関節症】―症状は?治療法は?

変形性股関節症は、関節軟骨がすり減って痛みや炎症を起こす病気です。40~50代に発症しやすく、特に中高年の女性に多く見られます。放っておくと、初期、進行期、末期と症状が進んでいきます。痛みは悪化し、歩行障害などを招き、イスから立ち上がることさえつらくなったりします。【解説】井上明生(柳川リハビリテーション病院名誉院長)


【湿布療法】老眼、かすみ目、飛蚊症、のどの痛み対策に効果!顎関節症、耳閉感も改善!

【湿布療法】老眼、かすみ目、飛蚊症、のどの痛み対策に効果!顎関節症、耳閉感も改善!

湿布療法は、七つあります。その中で、小指湿布とひじ・腕湿布は、首から上の症状に効きます。「小指湿布」は幅広い症状に効き、しかも強力な効果があります。しかし、その小指湿布をもってしても効果が得られないケースがあります。それは、小指の筋肉が、非常に硬くなっている人です。【解説】安田 譲(安田医院院長)


【医師考案】自律神経の乱れを整え不定愁訴に効く「湿布療法」は即効性あり

【医師考案】自律神経の乱れを整え不定愁訴に効く「湿布療法」は即効性あり

ストレスなどで、自律神経のバランスがくずれると、めまい、肩こり、頭痛、不整脈、過敏性大腸炎、パニック障害、うつ病など、さまざまな症状・病気が起こります。長年この病気と向き合ってきて、自律神経疾患の患者さんに必ず強いこりがあることに気づきました。私が考案したシップ療法をご紹介しましょう。【解説】安田 譲(安田医院院長)


ガムをかむと目の機能が活性化!眼圧が下がり老眼も改善すると最新研究で判明

ガムをかむと目の機能が活性化!眼圧が下がり老眼も改善すると最新研究で判明

目の血流は、目の健康に深くかかわっています。白目の血流がよい状態に維持されていることは、ピントや明るさを調節する目の筋肉の機能も間接的に保たれていることを意味します。【解説】浅川 賢(北里大学医療衛生学部視覚機能療法学助教)


あらゆるタイプの便秘が「11円」で解消――その理由とは?

あらゆるタイプの便秘が「11円」で解消――その理由とは?

便秘にはさまざまなタイプのものがありますが、便秘の種類を問わず、あらゆる便秘解消に有効な「11円療法」を紹介します。11円療法とは、10円玉と1円玉を、二つのツボにはることによって、体のさまざまな不調を解消する健康法です。【解説】鈴木秀寿(宝寿堂鍼灸治療院院長)


【血液型別】A型は豚肉とウナギがお勧め!腸を活性化する食品。B型、O型は?

【血液型別】A型は豚肉とウナギがお勧め!腸を活性化する食品。B型、O型は?

私たちの腸内には、4万種類で1000兆個の細菌がいて、それぞれがA型物質やB型物質を持っています。例えば、大腸菌類でも、A型、B型、О型と分かれています。実は、私たち人間は、これらの腸内細菌を、人類に進化する前から、腸内に持っていました。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


【ステーキは長寿食】50歳を過ぎたら肉を食べよ!その理由と食べ方のコツ

【ステーキは長寿食】50歳を過ぎたら肉を食べよ!その理由と食べ方のコツ

「肉はとってはいけない」と思う人が多いようです。肉を食べると、コレステロールがふえて血管にたまり、動脈硬化を起こし、腸内環境が悪化すると考えるからです。しかし、長寿を考えると、これは間違いです。50歳を過ぎて、長生きしたければ、肉を食べなければなりません。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


【急増中のペラペラ腸】年末メタボを撃退!腸が元気になる 意外なこのメニュー

【急増中のペラペラ腸】年末メタボを撃退!腸が元気になる 意外なこのメニュー

腸は本来、口から入ってきた食品を、とことん消化するしくみになっています。腸は筋肉でできているので、筋肉運動をして消化するわけです。楽に吸収できるものばかりを食べていると、筋肉を使う必要がないので筋肉運動をしなくなり、退化してペラペラに薄くなっていくのです。【解説】丁 宗鐵(日本薬科大学学長・百済診療所院長)


「みそキャベツ」が日本人を救う?腸内細菌を育てる【育菌】の話

「みそキャベツ」が日本人を救う?腸内細菌を育てる【育菌】の話

生後1年間で、どれだけ多種多様な細菌を取り込んだかで、その人が一生にわたって持ち続ける腸内細菌叢の基本的な組成が決まります。その組成は一人ひとりで違いますから、この生後1年がとても大事なのです。では、すでにその組成が決まってしまっている大人はどうしたらよいでしょうか。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授 )


【昼そば】年越し蕎麦は「昼」がオススメな理由

【昼そば】年越し蕎麦は「昼」がオススメな理由

糖尿病で血糖値が気になるかたにお勧めしたいのが、「昼そば」です。昼にそばを食べるというこの方法は、血糖値を下げ、ダイエットにも効果を発揮します。ここでは、昼そばが、糖尿病やダイエットに有効な理由をお話ししましょう。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


マグネシウム仮説って何? 蕎麦が糖尿病の改善に役立つワケ

マグネシウム仮説って何? 蕎麦が糖尿病の改善に役立つワケ

日本における糖尿病(2型)の患者数は戦後から激増し、現在も増加を続けています。その原因には、さまざまな説がありますが、私が注目したのは食生活の変化です。戦後、日本の食生活は「半欧米化」の道をたどり、古来の和食が失われつつあります。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学教授)


【医師が指南】血糖値を急激に上げずにスイーツを食べる極意―フルーツは?チョコは?

【医師が指南】血糖値を急激に上げずにスイーツを食べる極意―フルーツは?チョコは?

糖尿病の人には、お菓子やケーキが好きな人が多いようです。もちろん、やせている人もいますが、肥満傾向の人のほうが多いのではないでしょうか。お菓子の食べすぎも、糖尿病の原因の一つですから、それは当然のことかもしれません。【解説】板倉弘重(茨城キリスト教大学名誉教授・エミリオ森口クリニック理事長)


赤ワインやウイスキーはOK!糖尿病でも血糖値が上がりにくい酒の飲み方

赤ワインやウイスキーはOK!糖尿病でも血糖値が上がりにくい酒の飲み方

糖尿病になると、医師からは決まり文句として、「お酒はやめてください」といわれるはずです。とはいえ、お酒が大好きだった人にとって、長年続けてきた習慣をきっぱりとやめるのは、簡単なことではないでしょう。【解説】板倉弘重(茨城キリスト教大学名誉教授・エミリオ森口クリニック理事長)


医師が実践【食前キャベツ】血糖値が下がって正常化!33kgやせてウエストが36‌cm縮小

医師が実践【食前キャベツ】血糖値が下がって正常化!33kgやせてウエストが36‌cm縮小

私の専門は循環器内科で、主に心臓病の患者さんを診察しています。そうした患者さんの中には血糖値が上がり、動脈硬化の遠因となる糖尿病を併発しているかたも少なくないので、日ごろから糖尿病の治療も行っています。【解説】簗瀬正伸(国立循環器病研究センター移植部医師)


【食前キャベツ】で3kg減に成功!ヘモグロビンA1cが下がり糖尿病の血糖値も改善

【食前キャベツ】で3kg減に成功!ヘモグロビンA1cが下がり糖尿病の血糖値も改善

私が、糖尿病の疑いありと診断されたのは、今からもう十数年前のことです。当時は、境界型糖尿病(糖尿病予備軍)で、そのとき試したのが、食前キャベツでした。丼1杯のキャベツを、食前に食べるのです。【解説】佐藤一美(東京都指圧師会会長)


【専門医直伝】「寝る前10分で1日を振り返る」糖尿病改善の極意4選

【専門医直伝】「寝る前10分で1日を振り返る」糖尿病改善の極意4選

糖尿病対策の根幹は、「食前キャベツ」を中心とした食事療法で減量することです。ただし、それを成功させるには、いくつかの秘訣があります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)


【糖尿病の専門医】血糖値を改善させる「おいしい食事」(2)

【糖尿病の専門医】血糖値を改善させる「おいしい食事」(2)

私が糖尿病の患者さんに勧める食事療法は、食前にキャベツなどの生野菜と、加熱した野菜を、10分間かけて食べるだけです。3ヵ月間この食事法を続ければ、体重も血糖値も降下します。今回は、1品につき、1日に必要なたんぱく質の1/3~1/2を使った料理を紹介します。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)


【糖尿病の専門医】血糖値を改善させる「おいしい食事」(1)

【糖尿病の専門医】血糖値を改善させる「おいしい食事」(1)

私が糖尿病の患者さんに勧める食事療法は、食前にキャベツなどの生野菜と、加熱した野菜を、10分間かけて食べるだけです。3ヵ月間この食事法を続ければ、体重も血糖値も降下します。今回は、1品につき、1日に必要なたんぱく質の1/3~1/2を使った料理を紹介します。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)


【糖尿病の専門医】血糖値を改善するメニュー|たった6つのポイント

【糖尿病の専門医】血糖値を改善するメニュー|たった6つのポイント

私が糖尿病の患者さんに勧める食事療法は、空腹を我慢したり、栄養計算をしたりする必要がありません。食前にキャベツなどの生野菜と、加熱した野菜を、10分間かけて食べるだけです。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)


ランキング


>>総合人気ランキング