記事総数:407

公開済みの健康情報


【熱中症を防ぐ対策】回復には1週間の安静を 食事・部屋作り・運動で再発防止

【熱中症を防ぐ対策】回復には1週間の安静を 食事・部屋作り・運動で再発防止

熱中症になったら、すぐに症状が回復してもしばらくは休養する必要があります。無理をすると、再発する可能性もあるので1週間は体力回復のため安静を心がけてください。体力が十分回復したら、熱中症を再発させないために、生活習慣を見直しましょう。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)


【熱中症の応急処置】だるい・眠気は夏バテではなく熱中症かも 重症化を防ぐ方法とは

【熱中症の応急処置】だるい・眠気は夏バテではなく熱中症かも 重症化を防ぐ方法とは

気温が高い夏場等、汗をかいたり、体が熱くなるのは誰にでもある生理反応です。 夏バテかな?と思うような症状(だるさ、眠気、頭がボーっとする)ときは注意が必要です。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)


【熱中症】自分でできる予防法と対策 水分補給やエアコンの使い方のコツはこれだ!

【熱中症】自分でできる予防法と対策 水分補給やエアコンの使い方のコツはこれだ!

熱中症は私たちの日常生活の中での注意や工夫で予防することができます。たとえば、服装です。また、水分補給についても、実は「水分」だけを補給するのではいけません。そのほかに、エアコン等の空調の使い方のコツなどをご紹介します。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)


【No.1ブロガー】田宮陽子さん "メンタルブロック" を外せば心身が健康になる

【No.1ブロガー】田宮陽子さん "メンタルブロック" を外せば心身が健康になる

「豊かで幸せになることを自分に許可できていない」ということを「メンタルブロック」といいます。いったいどうしたらメンタルブロックが外れるのかしら?私は必死になってその方法を探しました。その方法はとってもカンタンなことでした。しかも0円(タダ)でできることだったのです。【解説】田宮陽子(エッセイスト)


【熱中症の予防と対策】抗うつ剤・睡眠薬の服用者は要注意 室内でも発症

【熱中症の予防と対策】抗うつ剤・睡眠薬の服用者は要注意 室内でも発症

熱中症は7月8月の日中に最も多く見られますが、注意したいのが梅雨の時期です。熱中症は、乳幼児から高齢者まであらゆる年代で起こる病気です。なかでも高齢者は重症化する場合が多いのです。また服薬や持病のある方も熱中症にかかりやすいリスクがあるといえるでしょう。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)


【熱中症の症状は4種類】熱失神・熱痙攣・熱疲労・熱射病 受診の目安は3段階

【熱中症の症状は4種類】熱失神・熱痙攣・熱疲労・熱射病 受診の目安は3段階

「熱中症」とは、高温多湿の環境下で、大量の汗をかくことによりによる体内の水分や塩分(ナトリウム)のバランスが崩れたり、体温の調節ができなくなることなどで起こってしまう健康障害の総称です。医療現場では、熱中症の重症度をⅠ度・Ⅱ度・Ⅲ度の3段階に分類しています。【解説】大澤直人(高知大学医学部附属病院老年病・循環器内科)


【目がチカチカ】片頭痛、脳梗塞の前兆 "閃輝暗点"(せんきあんてん)とは

【目がチカチカ】片頭痛、脳梗塞の前兆 "閃輝暗点"(せんきあんてん)とは

突然、目の前にチカチカとした動く光が見え、しばらくの間、部分的にものが見えなくなる。こんな経験のある人はいませんか。これは「閃輝暗点」と呼ばれる症状で、片頭痛の前触れ、そして脳梗塞の前兆としても起こることがあります。【解説】喜多村孝幸(日本医科大学武蔵小杉病院・脳神経外科部長)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)


頻尿改善には「青竹踏み」が役立つと大学病院で検証!便秘や冷え、不眠にも効果的

頻尿改善には「青竹踏み」が役立つと大学病院で検証!便秘や冷え、不眠にも効果的

私は大学病院の医師として内視鏡を用いた泌尿器分野の手術や放射線治療などの医療に携わっています。その一方で、頻尿や尿もれに悩む患者さんに対する薬物治療を行うほか最近では青竹踏みを勧めることがあります。青竹踏みと排尿障害の関係について研究をしその結果を学会でも報告しています。【解説】皆川倫範(信州大学泌尿器科学教室講師)


【セルフチェック付き】頻尿・尿もれのタイプと対処法 女性に多い「腹圧性尿失禁」男性は「前立腺肥大症」が原因?

【セルフチェック付き】頻尿・尿もれのタイプと対処法 女性に多い「腹圧性尿失禁」男性は「前立腺肥大症」が原因?

腹圧性尿失禁の最大の特徴は、体を動かしたときに尿がもれること。セキやくしゃみ、笑う、立ち上がる、重い物を持ち上げるなど、おなかに力が加わる(腹圧がかかる)と、尿がもれてしまうのです。寝ている状態やじっとして座っている状態では、尿もれは起きません。【解説】影山慎二(かげやま医院院長)


脳外科医が絶賛「ニンニク油」とは? 疲労で医師引退もよぎった体力が復活!手術の成績も向上

脳外科医が絶賛「ニンニク油」とは? 疲労で医師引退もよぎった体力が復活!手術の成績も向上

私がニンニク油を知ったのは10年ほど前、実は外来に通っていた患者さんが教えてくれたのです。ニンニク油を飲み出したとたん、気力・体力ともに充実し、疲れを感じなくなりました。自分で言うのもおかしなものですが、「人間、こんなに前向きになれるものか!」と驚いたくらいです。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【自分でできる】ふくらはぎマッサージのやり方と注意点 痛気持ちよくもむのがポイント

【自分でできる】ふくらはぎマッサージのやり方と注意点 痛気持ちよくもむのがポイント

ここでは、ふくらはぎの基本的なもみ方をご紹介します。痛みがひどい人は、さするだけでも効果があります。自分にとって痛気持ちいいと思うやり方で実践してください。【監修】丸山眞砂夫(ふくらはぎ健康法タオテクニカルアドバイザー)


【ふくらはぎマッサージ】自分で揉むときのコツ お酒を飲みすぎたら内側、不眠はアキレス腱をもむと良い

【ふくらはぎマッサージ】自分で揉むときのコツ お酒を飲みすぎたら内側、不眠はアキレス腱をもむと良い

ふくらはぎにはその人の体調が反映されます。健康だと、つきたてのお餅や二の腕のような温かさと軟らかさ、適度な弾力があります。一方、何らかの不調があると、ふくらはぎがパンパンに張っていたり、しこりのように硬い部分があったり、フニャフニャだったりするのです。【解説】丸山眞砂夫(ふくらはぎ健康法タオ・テクニカルアドバイザー)


【高血圧改善】血圧を下げる「ふくらはぎ」の刺激で心筋梗塞・脳梗塞を予防できる

【高血圧改善】血圧を下げる「ふくらはぎ」の刺激で心筋梗塞・脳梗塞を予防できる

ふくらはぎの刺激法として、最もポピュラーなのは「もむ」ことでしょう。もちろんそれでもいいのですが、患者さんから、もむのは難しい、力がなくてもめない、などの意見をいただき、もっと簡単に刺激する方法はないかと考えました。その結果誕生したのが、「ふくらはぎパンパン法」です。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学医学部教授)


【ひざ痛をタオルで治す】変形性膝関節症を筋トレで改善 最新治療

【ひざ痛をタオルで治す】変形性膝関節症を筋トレで改善 最新治療

私は開業してからの18年間、手術をせずにひざの痛みを治す方法(保存療法)を研究しながら診療を行ってきました。タオルを使用した「ひざのタオル押し」といった筋力トレーニング方法を患者さんに実践してもらい、ほとんどの人が日常生活に支障のないレベルまで痛みを改善できています。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)


【膝の痛みの原因】変形性膝関節症には"タオル筋トレ" 手術も回避

【膝の痛みの原因】変形性膝関節症には"タオル筋トレ" 手術も回避

中高年のひざ痛の主な原因は半月板が割れることです。半月板自体には神経が通っていないので割れたことでは痛みはありません。割れた破片がはみ出して血管や神経の通っている靭帯や関節包に当たって傷つけ神経を刺激するために痛みが生じます。これが「変形性膝関節症」の最大原因です【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)


【男性不妊】「トマトジュース」で精子が元気になると判明!温めて飲めばさらに効果大

【男性不妊】「トマトジュース」で精子が元気になると判明!温めて飲めばさらに効果大

トマトには強力な抗酸化作用を有するリコピンが豊富に含まれています。リコピンは精巣内に高濃度で存在することが明らかになっています。私たちの研究ではトマトジュースを継続的に飲むことで、実際に精子が元気になることが確認できました。【解説】岩本晃明(医療法人財団順和会山王病院リプロダクション・婦人科内視鏡治療センター医師)


のぼせや頭痛の症状が解消 めまい、耳鳴りも改善 私の【ホットトマトジュース】健康法

のぼせや頭痛の症状が解消 めまい、耳鳴りも改善 私の【ホットトマトジュース】健康法

私は5年前から週1回程度介護の仕事のお手伝いをしています。そこで出会ったのが90歳を超えるのに、とても元気ではつらつとしたおばあちゃんです。いつも「すごいなぁ」と感心していたのです。そのおばあちゃんは、大のトマト好きで毎日必ず、生のトマトを食べていました。【体験談】玉城光枝(沖縄県・67歳・主婦)


【トマトジュース】糖尿病の食事療法 ヘモグロビンA1cが下がり 7.1%から5.9%に

【トマトジュース】糖尿病の食事療法 ヘモグロビンA1cが下がり 7.1%から5.9%に

担当医から食事療法の補助食として勧められたのが、リコピンを効率的に摂取できる、トマトジュースでした。その後、トマトジュースを積極的に取るようにしたところ、以前は7.1%だったヘモグロビンA1cが、現在では5.9%まで下がるようになりました。【体験談】前田涼介(仮名・東京都・53歳・会社員)


【糖尿病を改善】トマトの「リコピン」でインスリンの効きがよくなる!コレステロールも下がる「ホットトマト」

【糖尿病を改善】トマトの「リコピン」でインスリンの効きがよくなる!コレステロールも下がる「ホットトマト」

私は糖尿病の専門医として、患者さんたちに食事や運動の指導をしています。なかでも食事指導は最も重要です。私のクリニックで柱となるのは1日に摂取する糖質の量を150g以内に抑える糖質制限食です。この食事療法を実践する際に、補助手段として私がお勧めしているのが、トマトです。【解説】泰江慎太郎(銀座泰江内科クリニック院長)


【ホットトマトジュース】動脈硬化を防ぐ「リコピン」は温めてオリーブオイルを加えて朝飲むのが良い!

【ホットトマトジュース】動脈硬化を防ぐ「リコピン」は温めてオリーブオイルを加えて朝飲むのが良い!

野菜の食べ方として、皆さんがまず思い浮かべるのは、サラダではないでしょうか。しかし、私は野菜を生で食べるより、調理して食べることをお勧めします。 そして、なにより私が調理して食べることを強くお勧めしたい野菜が、トマトです。【解説】稲熊隆博(帝塚山大学現代生活学部教授)