記事総数:52

公開済みの健康情報


 【医師解説】夜間頻尿の対策に お尻を温める「仙骨カイロ」がよく効く

【医師解説】夜間頻尿の対策に お尻を温める「仙骨カイロ」がよく効く

冷えや低体温の高齢者の患者さんに、私はお尻を温めることをお勧めしています。「夜間頻尿が解消」「腰痛が改善」「便秘が改善」などといった声が聞かれます。お尻を温める対策だけで、なぜこんなに幅広い効果が得られるのでしょうか。やり方を紹介しましょう。【解説】上田ゆき子(日本大学医学部附属板橋病院東洋医学科外来医長)


【大学教授】ひざ痛、 腰痛の原因は「浮き指」――足指じゃんけんで治る!

【大学教授】ひざ痛、 腰痛の原因は「浮き指」――足指じゃんけんで治る!

歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。病院や治療院に行ってもなかなか治らない。痛みや症状のせいで気力までも失うことになり、せっかくのシニア生活が満喫できないなんて、本当にもったいないと思います。もし私なら、まず「浮き指」を疑います。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)


【早見表】あなたの腎臓ろ過能力、何%残っている? ― 初期症状は尿の泡立ち、色に出る

【早見表】あなたの腎臓ろ過能力、何%残っている? ― 初期症状は尿の泡立ち、色に出る

腎臓は非常に「我慢強い臓器」で、慢性腎臓病になっても、ある程度進むまではほとんど自覚症状がありません。症状に気付いたら、早急に受診することが大切です。しかし、自覚症状が現れる前に、慢性腎臓病を見つけるほうがいいのはいうまでもありません。【解説】川嶋 朗(東京女子医科大学附属青山自然医療研究所クリニック所長)


【慢性腎臓病】透析患者にならないために心掛けたい、たった5つのポイント

【慢性腎臓病】透析患者にならないために心掛けたい、たった5つのポイント

「血糖値や血圧、肝機能値などは気にするけれど、腎臓のことはあまり気にしたことがない」人は多いのではないでしょうか。実は、腎臓病、なかでも腎臓の機能が落ちて十分に役割が果たせなくなる腎不全の患者さんは、近年、世界中で増加。日本も例外ではありません。【解説】川嶋 朗(東京女子医科大学附属青山自然医療研究所クリニック所長)


【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

外食でも、工夫しだいで糖質の制限は可能です。外食時のお勧めメニューは、ステーキ、焼き魚、刺し身、しゃぶしゃぶ、焼き肉、ハンバーグなど。コンビニで食品を選ぶさいには、栄養成分表示を確認しましょう。【解説】牧田善二(エージーイー牧田クリニック院長)


【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が効かない人にお勧め「耳ヨガ」のやり方

【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が効かない人にお勧め「耳ヨガ」のやり方

私のヨガ教室では、ヨガ中でも、トイレは我慢せずに行っていいですよとお伝えしています。ヨガをすると詰まりが解消されることが多いからです。私が必ずメニューに取り入れているのが耳ヨガです。便秘解消の効果も高いので是非役立ててください。【解説】薄 久美子(ハーモニースペースdeヨガ主宰・ビジョンヨガインストラクター)


【ネコ歩き】脊柱管狭窄症によく効く!体のゆがみを取り神経の圧迫を緩和!

【ネコ歩き】脊柱管狭窄症によく効く!体のゆがみを取り神経の圧迫を緩和!

脊柱管狭窄症という病気は、体がゆがみ、筋膜が非常にかたくなることが一因といえます。特に、高齢者の場合、筋膜の硬化が顕著です。このように、筋膜がかたくなると神経や血液の流れが悪くなるため、痛みやしびれが起こるのです。今回は脊柱管狭窄症を改善する体操「ネコ歩き」をご紹介しましょう。【解説】筒井朗晏(三起均整院院長)


週1回の日光浴が「脊柱管狭窄症」対策にお勧めービタミンDを作り骨や筋肉を強化!

週1回の日光浴が「脊柱管狭窄症」対策にお勧めービタミンDを作り骨や筋肉を強化!

近年、太陽光線は、浴びすぎると皮膚ガンになるなどといわれ、すっかり悪者になっています。しかし、太陽光線は私たちが生存していくために欠かせないものです。将来の脊柱管狭窄症を予防する意味でも、じゅうぶんに日光を浴びて、体内にビタミンDを生成しておくことが重要なのです。【解説】宇都宮光明(サナモア中央診療所所長・医学博士)


【自分で治せる】耳に刺激を加え、腰痛や坐骨神経痛の痛みやしびれの症状を取る「耳介療法」

【自分で治せる】耳に刺激を加え、腰痛や坐骨神経痛の痛みやしびれの症状を取る「耳介療法」

私はダイエットやアンチエイジング、腰痛などの痛みの治療に、「耳介療法」を取り入れています。現代の腰痛の二大疾患である、脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアの症状改善にも、耳への刺激がすばらしい効果を発揮するのです。家庭療法として行う方法としては、「耳つまみ」が最適です【解説】長谷川亮(長谷川亮・鍼灸院院長)


血液も腸も肌もきれいに!「こうじ納豆」は高血圧や脳梗塞、骨粗鬆症にまで有効

血液も腸も肌もきれいに!「こうじ納豆」は高血圧や脳梗塞、骨粗鬆症にまで有効

私が、納豆の中に血栓を溶かすナットウキナーゼという酵素を発見したのが1980年、以来さまざまな発酵食品の研究をしてきました。微生物の力で人間にとって有用な成分を生み出す発酵食品には、計り知れないパワーがあると実感しています。 「こうじ納豆」は大変優れた組み合わせだといえます。【解説】須見洋行(倉敷芸術科学大学教授) 


便秘を改善し美肌をつくる!高血圧、肥満予防に!今人気の発酵食「こうじ納豆」

便秘を改善し美肌をつくる!高血圧、肥満予防に!今人気の発酵食「こうじ納豆」

日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 


患者さんに大好評「口の血管マッサージ」―全身の血流を高め病気や症状を撃退する

患者さんに大好評「口の血管マッサージ」―全身の血流を高め病気や症状を撃退する

歯の冷え性になると、口の中の免疫力が低下して歯周病にかかりやすくなり、ムシ歯、口臭などの原因になる可能性があります。「歯が浮いた感じがする」「検査では何も問題ないのに、歯に痛みがある」などの痛みや違和感も歯の冷え性が原因というケースもあるのです。【解説】倉治ななえ(クラジ歯科医院院長・日本歯科大学附属病院臨床教授) 


自治医大病院の「血管若返り筋トレ」で毛細血管が増える!血圧が下がる!

自治医大病院の「血管若返り筋トレ」で毛細血管が増える!血圧が下がる!

これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子 操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)


室内でできる高血圧対策「ゆっくり踏み台昇降」とは何か

室内でできる高血圧対策「ゆっくり踏み台昇降」とは何か

生活習慣病である高血圧は、適切な運動で予防・改善できることが、近年わかっています。特に中等症以下の高血圧患者には、重症化する前に運動療法などで適切な治療を行うことが重要です。自宅にいながらできる軽い運動で、高血圧を改善できないか、調べてみることにしました。【解説】飛奈卓郎(長崎県立大学看護栄養学部栄養健康学科講師 )


血圧が下がり26kg やせた!減量のスペシャリストに教わったダイエット法

血圧が下がり26kg やせた!減量のスペシャリストに教わったダイエット法

開業医でありながら、身長が183㎝で、体重が120㎏もあった私は、すし屋で「うちのジムに来ませんか」とボクシングジムの井岡弘樹会長に声をかけられたのです。私のダイエットメニューは、ジム通いと会長に教えていただいたコマツナジュースを朝食に取り入れることでした。【解説】大森孝平(大森クリニック院長)


塩分控えめでも超おいしい!高血圧も大満足の「マクロビ降圧ごはん」

塩分控えめでも超おいしい!高血圧も大満足の「マクロビ降圧ごはん」

高血圧の人には、肉や魚を豊富にとる現代の食事は塩分過多になりがち。でも塩分控えめの食事はどうも。そういうかたにピッタリなのが、このレシピ。玄米菜食をベースにしたマクロビオティックの調理法で、塩分控え目でも美味しく召しあがれます。【料理・解説】中 美恵(マクロビオティック料理研究家・mie'sレシピクッキングサロン主宰)


「冬の第1月曜日の朝」が退職しても危険な理由!

「冬の第1月曜日の朝」が退職しても危険な理由!

心筋梗塞などの心臓病が最も起こりやすいのは「冬の第1月曜日の朝」といわれています。体の中で24時間の時を刻む時計遺伝子があることが知られています。最新の研究で高血圧にも、この遺伝子が深く関わっているとわかってきました。時計遺伝子に関する新しい知識をぜひ生かしてみてください。【解説】大塚邦明(東京女子医科大学名誉教授 )


突然死を招く「冬だけ高血圧」に要注意!今すぐできる対策とは

突然死を招く「冬だけ高血圧」に要注意!今すぐできる対策とは

冬や春先は、血圧の高い人にとって、危険な季節です。寒いと血圧が上がりやすくなるからです。ふだんは血圧が正常でも「冬だけ高血圧」の人もいます。血圧の高い人は、冬の運動など急激な変化にも注意が必要です。具体的な対策をご紹介しましょう。【監修】高沢謙二(東京医科大学八王子医療センター病院長・同大学循環器内科教授)


【耳の悩み】耳鳴り、難聴、めまいに効く食事―その原因と症状から考える

【耳の悩み】耳鳴り、難聴、めまいに効く食事―その原因と症状から考える

私が勤務する「りゅうえい治療院」には、耳鼻科にかかっても、なかなか改善しないことが多い耳鳴り・難聴・めまいといった症状で来院される患者様がたくさんいます。鍼灸師として、かつ、管理栄養士としてどんなものを食べたら耳の悩みの改善に役立つかお話ししましょう。【解説】立花愛子(りゅうえい治療院副院長・鍼灸師・管理栄養士)


【耳鳴りの改善食】内科医の職業病「聴診器難聴」―コレを食べたら解消した!

【耳鳴りの改善食】内科医の職業病「聴診器難聴」―コレを食べたら解消した!

なぜ、クルミが耳鳴り解消に効くのでしょうか。東洋医学的には、耳鳴りの原因は血や水の巡りの悪さにあるとされるので、クルミの利尿作用が効果をもたらしたといえます。一方、西洋医学的に考えると、注目すべきは、クルミに含まれるα ─ リノレン酸の働きです。【解説】小川哲夫(小川医院理事長)


ランキング


>>総合人気ランキング