記事総数:293

公開済みの健康情報


【骨盤のゆがみ】深い呼吸で骨盤を調整 SSサイズが入る体形になりたい!

【骨盤のゆがみ】深い呼吸で骨盤を調整 SSサイズが入る体形になりたい!

体調不良と激太りに悩まされた私は、ヨガや整体などさまざまなレッスンや施術に通ったものの、効果はあまり感じられず。そんなとき、エステの会員誌の取材の仕事で、骨盤体操を体験したのです。すると、ポッコリ出ていたおなかがキュッとへこみました。【解説】佐藤志津香(日本骨盤ヘルスケア協会代表理事)


【やってみた】MCTオイルをコーヒーに入れて飲むのを習慣にしたらダイエットできた

【やってみた】MCTオイルをコーヒーに入れて飲むのを習慣にしたらダイエットできた

「MCTオイル」がダイエットによいと聞き、試してみることにしました。私が実行したのは、朝食にMCTオイル入りのコーヒーを飲む方法です。作り方は、ホットコーヒーに、MCTオイルとグラスフェッドバターをスプーン1杯ずつ入れて、スプーンでかきまぜるだけ。【体験談】S・M(46歳・会社員・東京都)


【医師監修】MCTオイルコーヒーで25kgやせて精力も復活!靴のサイズも小さくなった

【医師監修】MCTオイルコーヒーで25kgやせて精力も復活!靴のサイズも小さくなった

MCTオイルコーヒーを始めて2カ月で25kgやせました。服のサイズはもちろん、靴のサイズまで小さくなりました。さらに驚いたことに、精力がアップしたのです。やせるまで、ここ10年近くもセックスはご無沙汰だったのが、MCTオイルでやせてからは20代の頃のように精力が復活しました。【体験談】金森重樹(企業グループオーナー)


【MCTオイルダイエットとは?】方法とその脂肪燃焼効果について 医師の体験談

【MCTオイルダイエットとは?】方法とその脂肪燃焼効果について 医師の体験談

私は、2013年7月から「MCTオイル」ダイエットを始めました。私なりにMCTオイルを研究し、理論上のレシピが実行可能か、自分の体で試してみることにしたのです。その結果、82kgあった体重は5カ月で18kg落ちて、64kgになりました(身長は165cm)。【解説】畠山昌樹(医師)


【妊娠糖尿病】MCTオイルで血糖値コントロールに成功 インスリン注射を回避

【妊娠糖尿病】MCTオイルで血糖値コントロールに成功 インスリン注射を回避

私が患者さんに指導しているのは、「高タンパク」「高脂肪」「低糖質」の食事です。この食事内容は、ケトン体を主力エネルギーとして使うケトン体質に導く「ケトン食」です。ケトン食が特に有効なのは、妊娠糖尿病です。全妊婦の約12%が罹患すると言われています。【解説】宗田哲男(宗田マタニティクリニック院長)


【中鎖脂肪酸】MCTオイルのダイエット効果 糖尿病のヘモグロビンA1cも改善した医師

【中鎖脂肪酸】MCTオイルのダイエット効果 糖尿病のヘモグロビンA1cも改善した医師

「MCTオイル」が今、ダイエットや健康、医療の現場でも脚光を浴びているのです。「MCT」とは、中鎖脂肪酸(Medium Chain Triglyceridやes)の頭文字のこと。中鎖脂肪酸は脂肪を構成する脂肪酸の一種で、ココナッツパームヤシ、牛乳、母乳などに含まれています【解説】宗田哲男(宗田マタニティクリニック院長)


【京大教授】ゼラチン紅茶がすごい!シワに効果 肌の弾力が回復と実験で判明

【京大教授】ゼラチン紅茶がすごい!シワに効果 肌の弾力が回復と実験で判明

人間はコラーゲンをそのまま摂取しても消化できません。しかし加熱すると、構造が壊れてゼラチンになり、簡単に消化できるようになります。ゼラチンを酵素で細かく分解するとペプチドになります。肌ダメージが気になる方はゼラチンやペプチドを食べる習慣をつけると良いでしょう。【解説】佐藤健司(京都大学大学院農学研究科教授・農学博士) 


あがり症【赤面症】は100%治る 顔が赤くならない方法 漢方薬、ツボマッサージで対策

あがり症【赤面症】は100%治る 顔が赤くならない方法 漢方薬、ツボマッサージで対策

人前で何かをしたり話したりするときに、必要以上に緊張して、顔がすぐ赤くなってしまう人がいます。いわゆる「赤面症」「あがり症」です。赤面症やあがり症の患者さんには、共通するパターンがあります。それは、過去の「嫌な体験」が発症のきっかけになっていることです。【解説】山田和夫(横浜尾上町クリニック院長・精神科医)


【名医が解説】肌の再生力を引き出し乾燥肌を防ぐ「ワセリン」美顔術

【名医が解説】肌の再生力を引き出し乾燥肌を防ぐ「ワセリン」美顔術

私は、基礎化粧品をいっさい使わず、水で顔を洗うだけの「宇津木流スキンケア」を提唱しています。その効果は多くの患者さんたちの肌で実証済みです。肌本来の保湿機能がよみがえり、キメ細かな美しい肌に変わります。私が推奨する水洗顔は、水が理想的ですが、「ぬるま水」で行います。【解説】宇津木龍一(クリニック宇津木流院長)


【バレエダンサーの美容法】顔のむくみがとれ目がパッチリ!自然と笑顔になれる「日本酒マッサージ」

【バレエダンサーの美容法】顔のむくみがとれ目がパッチリ!自然と笑顔になれる「日本酒マッサージ」

芳原雅司先生には、8年ほど前からお世話になっています。日本酒マッサージを受けると、自然と体が上に引き上げられるような姿勢になり、バレエを踊るとき、とてもいいパフォーマンスができます。顔のマッサージは、先生にアドバイスしていただいて、家でも実践してます。【体験談】五島舞耶(東京都・役者・バレエダンサー)


【ダンサーも活用】ほうれい線・疲れ目に効果を実感「日本酒マッサージ」でフェイスケア

【ダンサーも活用】ほうれい線・疲れ目に効果を実感「日本酒マッサージ」でフェイスケア

私が芳原雅司先生のもとに通い始めたのは、ダンサー仲間から「痛みを取るならこの先生」と、紹介してもらったのがきっかけです。最近になって、顔のマッサージもやっていると知り、実際に受けてみたところ、気になっていたほうれい線が薄くなってびっくり!【体験談】浅井みどり(ダンサー・40歳・東京都)


【15秒でできる】顔のコリがほぐれ目も大きくなる 評判の「日本酒マッサージ」

【15秒でできる】顔のコリがほぐれ目も大きくなる 評判の「日本酒マッサージ」

顔のマッサージにはさまざまありますが、私が実践しているマッサージは、日本酒を使う日本酒マッサージです。東洋医学でいうところのツボの付近にある、コリコリしたところをほぐしていきます。コリコリの正体は、血液が滞っている筋肉です。【解説】芳原雅司(芳原指圧治療院院長・指圧師・マッサージ師) 


【老け顔の原因】脳ストレスを取って小顔になり顔が若返る「リフトアップセラピー」

【老け顔の原因】脳ストレスを取って小顔になり顔が若返る「リフトアップセラピー」

「リフトアップセラピー」と、数多くある美顔術との違いは、まず、ほおを上げたり、小顔になったりする効果が半ば永遠に持続することです。一般にほおが下がる原因には、加齢や疲労、肌の手入れ不足などが考えられます。しかし、その最大の原因は、脳のストレスにあります。【解説】田中信二(国際ブレイン・アップデート協会会長) 


【東大名誉教授が実践】いい顔になる秘訣は「自分の顔」と「人の顔」をほめること

【東大名誉教授が実践】いい顔になる秘訣は「自分の顔」と「人の顔」をほめること

鏡に写った自分の顔を見て、あなたは何を感じますか?「シワやたるみが気になる」「ここがもう少しこうだったら…」と、不満を感じたり、切ない願いを込めたりして、自分の顔を見つめる人が多いのでは。「顔を変えるコツ」を知って実践すれば、顔はどんどん「いい顔」になっていきます。【解説】原島博(東京大学名誉教授・日本顔学会理事) 


【整形した?】真顔で聞かれることも 眠そうだった目もパッチリ 秘密は顔ダンス

【整形した?】真顔で聞かれることも 眠そうだった目もパッチリ 秘密は顔ダンス

私は39歳のときの出産で体力を消耗し子どもにも手がかかっていたので、すっかり自分のことを怠っていました。子どもが3歳になった頃、写真を見て驚きました。自分の顔とは思えないほど、老けた私の姿が写っていました。インターネットで情報を検索し「おきゃんママ」のブログを見つけたのです【体験談】日比野康子(46歳・自営業・愛知県)


顔のたるみと梅干しジワが「顔ダンス」を習慣にしたら消えた

顔のたるみと梅干しジワが「顔ダンス」を習慣にしたら消えた

「顔が大きくなっている……」50歳を過ぎた頃、鏡を見てあ然としました。エステティシャンとして働き、化粧品や美顔器でしっかりケアをしてきたはずなのに、気がつくと、顔がたるんで老けてしまっていたのです。顔を若返らせる方法を検索していたところ見つかったのが「顔ダンス」でした。【体験談】蓮岡みか(57歳・英会話講師・神奈川県)


【やり方】簡単!目の下のたるみを取り、ほお・口角を上げる「顔ダンス」

【やり方】簡単!目の下のたるみを取り、ほお・口角を上げる「顔ダンス」

「顔ダンス」はやり方さえ覚えてしまえば、いつでもどこでもできます。私はマスクを着けて外出しているときに、電車での移動中や信号の待ち時間などで顔ダンスをやっています。お勧めの時間帯を挙げるとしたら、寝る前です。【解説】加藤ひとみ(日本セルフリフティング協会代表)


17年前より今が断然きれいで若い!表情筋を鍛える「顔ダンス」とは?

17年前より今が断然きれいで若い!表情筋を鍛える「顔ダンス」とは?

写真を見て「私って、こんなに老けていたかしら」「ひどくやつれた感じがする」「ブルドッグ顔のおばさんだわ」とがっかりした経験はありませんか。顔が老けて見えるのは、ほうれい線や、目頭から斜め下に現れる「ゴルゴ線」というシワのせいだと多くの女性が思っていますが、実は違います【解説】加藤ひとみ(日本セルフリフティング協会代表)


【読者アンケート】顔の悩みは何ですか?自分の顔は好きですか?

【読者アンケート】顔の悩みは何ですか?自分の顔は好きですか?

『ゆほびか』携帯サイト会員の皆様に「顔の悩み」に関するアンケートを行い、674名のかたから回答をいただきました。顔は皆さん関心が高く、それだけ悩みも尽きないということがわかりました。ご協力ありがとうございました。顔の悩みを解決する秘策をご紹介します!【構成】『ゆほびか』編集部


【医師実践】小麦製品をやめたら成人アトピー改善!大人ニキビも治って肌ツルツル!

【医師実践】小麦製品をやめたら成人アトピー改善!大人ニキビも治って肌ツルツル!

欧米では、小麦粉を使った食品をとらない食事法(グルテンフリー)が広く取り入れられています。小麦が健康を害する可能性があるからです。グルテンが、グルテン不耐症やアレルギー、小腸に炎症を招くセリアック病などを引き起こす物質として問題になっているのです。【解説】稲島司(東京大学医学部附属病院地域医療連携部助教・循環器内科) 


ランキング


>>総合人気ランキング