記事総数:166

公開済みの健康情報


【ED・性力減退】改善には○○でアキレス腱のツボを温めよ!生殖機能も感度も高まる

【ED・性力減退】改善には○○でアキレス腱のツボを温めよ!生殖機能も感度も高まる

アキレス腱を温めることは、下半身の血行促進にもなります。そして、継続して下半身の血行を促せば、生殖機能もアップし、EDや性力減退の改善につながります。また、女性は、感度も高まるうえ、女性器疾患の予防にも役立つでしょう。【解説】古賀直樹(中野坂上治療院院長)


【EDを改善したい】女性の性力アップにも効果!感じる力を高める「ふくらはぎマッサージ」を性セラピストが指南

【EDを改善したい】女性の性力アップにも効果!感じる力を高める「ふくらはぎマッサージ」を性セラピストが指南

ふくらはぎマッサージにより、停滞している二酸化炭素や老廃物を含んだ血液は、心臓に戻ります。そして、酸素をたくさん含んだ血液が、全身の隅々まで行き渡ります。その結果、新鮮な血液がペニスにドッと流れ込んで勃起を促し、EDを改善するのです。【解説】回氣堂玄斎(性セラピスト・鍼灸師)


【演歌歌手・天童よしみさん】 イガイガ、咳、痰が消失!私の喉の守り神は祖母直伝の「大根アメ」

【演歌歌手・天童よしみさん】 イガイガ、咳、痰が消失!私の喉の守り神は祖母直伝の「大根アメ」

おばあちゃんから、そのひ孫に当たる小学生まで、親戚一同がこぞって実践している健康法が、「大根アメ」です。私が物心ついたときから、おばあちゃんはいつも大根アメを作っては舐めていました。これを私が口にしたのは、中学生のときに、ひどいカゼをひいたのがきっかけです。【体験談】天童よしみ(歌手)


【ダイエット・便秘を改善】10kg20kgスルリと痩せた「玄米スープ」滋味レシピ(2)

【ダイエット・便秘を改善】10kg20kgスルリと痩せた「玄米スープ」滋味レシピ(2)

「年末年始、食べ過ぎて体が重い」「じわじわ体重が増え続け、何をしてもやせない」「慢性的に便秘」「疲れが取れない」。そんな人にぜひお勧めしたいのが、体を優しく健康にする「玄米スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


【基本の作り方】10kg20kgスルリと痩せた「玄米スープ」滋味レシピ(1)

【基本の作り方】10kg20kgスルリと痩せた「玄米スープ」滋味レシピ(1)

「年末年始、食べ過ぎて体が重い」「じわじわ体重が増え続け、何をしてもやせない」「慢性的に便秘」「疲れが取れない」。そんな人にぜひお勧めしたいのが、体を優しく健康にする「玄米スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


【老眼・近視】原因は「顎」のズレ?顎を正位置に戻す「アウアウ体操」で視力が回復した!

【老眼・近視】原因は「顎」のズレ?顎を正位置に戻す「アウアウ体操」で視力が回復した!

私は、あごのズレている患者さんに、あごを正しい位置に戻す治療(丸山咬合医療・MFA治療)を行っています。体のバランスが整い、腰やひざの痛みがよくなり転倒しにくくなります。ここでは自宅でできる「アウアウ体操」を紹介します。【解説者】丸山剛郎(大阪大学名誉教授・日本咬合臨床研究所所長・特定非営利活動法人日本咬合学会理事長)


【やり方】転ぶ原因はあごのズレ?重心を整える「アウアウ体操」でひざ・腰の痛みも軽快

【やり方】転ぶ原因はあごのズレ?重心を整える「アウアウ体操」でひざ・腰の痛みも軽快

私はこれまで、1万6000人以上の患者さんのかみ合わせ(咬合)を治療してきました。そのなかからわかったことは、ほとんどの患者さんは、あごがズレているということです。【解説】丸山剛郎(大阪大学名誉教授・日本咬合臨床研究所所長・特定非営利活動法人日本咬合学会理事長)


【コレステロールが高い!】実は免疫力も高く感染症やガンに強いと判明

【コレステロールが高い!】実は免疫力も高く感染症やガンに強いと判明

そもそもコレステロールは、細胞膜を構成する主要成分です。コレステロールがへると、細胞の再生が阻害されたり、機能に重大な障害が発生したりして、免疫力が低下します。コレステロールは、私たちの体に必要不可欠なものなのです。【解説】浜崎智仁(富山大学名誉教授・医学博士)


【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

「年々、体重が増えてきている」「最近お通じが悪くて困っている」「血糖値が高いのが気になる」。そんな人にお勧めしたいのが、4種の野菜の自然な甘みが凝縮した「甘い野菜スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


【ひどい肩こり・倦怠感】「食いしばり」が原因の一つ!歯科医お勧めのセルフケア「下あごずらし」とは

【ひどい肩こり・倦怠感】「食いしばり」が原因の一つ!歯科医お勧めのセルフケア「下あごずらし」とは

しつこい肩こり、各所の痛みのほか、耳鳴りやめまい、倦怠感、不眠など、不定愁訴に悩む人が急増しています。私は多くの患者さんの口腔内を診てきた経験から、こうした症状の大半は、「食いしばり」が原因だと考えています。【解説者】西村育郎(西村歯科理事長・院長)


【美肌効果】実験で判明!「甘酒」はニキビや目の下のクマを消す!血行を促進し薄毛改善にも役立つ

【美肌効果】実験で判明!「甘酒」はニキビや目の下のクマを消す!血行を促進し薄毛改善にも役立つ

米こうじは美容効果が非常に高い食材です。米こうじに含まれる、脂質の一種であるセラミドは、肌の保湿機能を向上させます。また、紫外線の害を抑制し、肌荒れやシミを防ぐ効果もあります。【解説者】前田憲寿(東京工科大学応用生物学部教授・医学博士)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


【高血圧の塩分制限】私が極端な減塩をお勧めしない理由「時間栄養学」に基づいた減塩のコツとは

【高血圧の塩分制限】私が極端な減塩をお勧めしない理由「時間栄養学」に基づいた減塩のコツとは

塩分濃度の高い食事を過剰にとると、浸透圧の関係で血管内に水分が取り込まれ、血液量が増えます。すると、血管への圧力が高まるので、「高血圧」となるわけです。ただ私は、一概に「高血圧には絶対減塩」とはいえないと考えています。【解説】加藤秀夫(東北女子大学学部長・県立広島大学名誉教授)


【ガムの効果】ガムを噛みながら歩いて認知症を予防!

【ガムの効果】ガムを噛みながら歩いて認知症を予防!

年を取ると転倒しやすくなってしまう原因としては、視力・聴力の低下、平衡機能の低下、変形性膝関節症、そして認知症などがあります。平衡機能の低下は、加齢によって、かむ能力が衰えることと大きく関連しているのです。【解説】石上惠一(東京歯科大学特任教授)


【免疫を高める方法】「般若心経」の写経が最適!病気の不安解消にもなると漢方医が大推奨

【免疫を高める方法】「般若心経」の写経が最適!病気の不安解消にもなると漢方医が大推奨

漢方薬の処方を個別に行うように、ストレスを軽減させる方法も、人によってさまざまです。ただ、「精神を安定させる」ことだけを目的とするならば、脳を休めることで達成できます。脳を休めるには、一つのことに集中するのが効果的です。余計なことを考えず、雑念を払うことで、脳が休まるのです。【解説】桜井竜生(漢方医)


【医学的に効果が証明】ダイエット効果を高める呼吸法「長生き呼吸」3つの極意とは

【医学的に効果が証明】ダイエット効果を高める呼吸法「長生き呼吸」3つの極意とは

息を吸うときに腹が膨らみ、吐くときに凹む腹式呼吸を、深くゆっくりと行うと、健康向上やダイエットに役立ちます。これまでの研究により、深くてゆっくりした腹式呼吸には、自律神経を整える作用があり、ポイントを押さえればダイエットにも有効と判明しました。【解説】坂田隆夫(日産厚生会玉川病院循環器科副部長)


【ダイエット効果】ウエスト痩せに即効!その場で9cm減った「わき腹呼吸」のやり方

【ダイエット効果】ウエスト痩せに即効!その場で9cm減った「わき腹呼吸」のやり方

わき腹呼吸を実践されたかたからは、うれしい声が続々と寄せられています。ネコ背などの悪い姿勢がよくなった、呼吸が楽になったという声をはじめ、腰や首、肩、ひざなどの慢性的なコリや痛みが改善したというお話も多く聞かれます。【解説】Haruhi(ボディトレーナー「幸せボディ姿勢ニスト」)


【顔色が悪い・冷え性】「顔をさする」と全身の血流がアップし、シミ・シワも解消する!

【顔色が悪い・冷え性】「顔をさする」と全身の血流がアップし、シミ・シワも解消する!

顔をさすると、全身もポカポカと温まってくるので、冷え症の改善や体温アップにも効果的です。さらに、免疫力の向上も期待できます。白血球やリンパ球の数、NK活性など、免疫力を示す指標はいろいろありますが、それら以上に、顔は免疫力の状態を表すパラメータだと私は考えています。【解説】帯津良一(帯津三敬病院名誉院長)


【糖尿病が改善】糖質制限中は「ピーナッツ食」がオススメ 腎硬化症も予防できる!

【糖尿病が改善】糖質制限中は「ピーナッツ食」がオススメ 腎硬化症も予防できる!

糖質制限食の基本は血糖値を上げる糖質(炭水化物)を減らし、減らした分をたんぱく質と脂質で補うことです。ピーナッツにはたんぱく質そして良質な脂質が豊富です。私のクリニックの患者さんに糖質制限食やピーナッツを食べるよう指導してから糖尿病やメタボが改善するなど、すばらしい成果が出ています。【解説】小早川裕之(小早川医院院長)


【コレステロール値が改善】「ピーナッツは太る」は間違い!脂肪肝・高血圧・糖尿病に著効

【コレステロール値が改善】「ピーナッツは太る」は間違い!脂肪肝・高血圧・糖尿病に著効

よほど食べ過ぎないかぎり、ピーナッツで太ることはありません。ピーナッツは、少量で多くのエネルギーが得られるだけでなく、ビタミンやミネラル、ポリフェノールなどの栄養・機能性成分も豊富です。あの小さな1粒の中に、生きるために必要なエネルギーと栄養が、ぎっしり詰まっているのです。【解説】井上浩義(慶應義塾大学医学部教授)


ランキング


>>総合人気ランキング