記事総数:116

公開済みの健康情報


耳鳴り・めまいを改善するセルフケア「アルミ湿布」 ― アキレス腱にアルミホイルを巻くだけ

耳鳴り・めまいを改善するセルフケア「アルミ湿布」 ― アキレス腱にアルミホイルを巻くだけ

アルミ湿布は、鍼治療の働きを応用したセルフケア法で、だれでも安全に行えるのが特長です。アルミホイルが皮膚にふれることで、鍼治療と同様に、微弱な電流が体内に発生します。アルミホイルを巻くことによって、ツボのある位置がポカポカと温まります。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


 【女性の更年期障害】アキレス腱にカイロを貼るだけで効果!男性は性力アップ

【女性の更年期障害】アキレス腱にカイロを貼るだけで効果!男性は性力アップ

更年期障害は、たいていの場合、自律神経の乱れと冷えが原因で起こります。「体がだるい」「疲れやすい」「めまいがする」「ふらつく」などの症状がある人は、足腰が冷えています。加えて、冷えから生じる関節痛などの不調に悩む人も少なくありません【解説】関村順一(Sekimura鍼灸院院長・東京医療専門学校鍼灸教員養成科非常勤講師)


【柔道整復師が解説】腰痛改善の特効ポイントは“アキレス腱” 蒸しタオルで温めよ!

【柔道整復師が解説】腰痛改善の特効ポイントは“アキレス腱” 蒸しタオルで温めよ!

アキレス腱が腰痛とかかわりがあるなどとは、想像できなくても無理はありません。しかし、両者の間には密接な関係があり、アキレス腱は、腰痛解消の特効ポイントともいってよい場所なのです。アキレス腱を温めることで、腰を含めた下半身全体の血行を促すことができます。【解説】宮田寿望(ホロンハーモニー代表・柔道整復師・整体師)


【一生元気に歩く方法】足底筋膜炎・ひざ痛の原因の一つは「硬くなったアキレス腱」

【一生元気に歩く方法】足底筋膜炎・ひざ痛の原因の一つは「硬くなったアキレス腱」

中高年になると、アキレス腱の障害が起こりやすくなります。アキレス腱の断裂だけでなく、足底部に痛みが生じる足底筋膜炎や、ひざ痛、腰痛、股関節痛などの原因の一つに、アキレス腱がかたくなることが挙げられます。元気に歩ける体を維持するためにアキレス腱を温ることをお勧めします。【解説】伊藤史子(あやこいとうクリニック院長)


【止まらない咳・喘息に】息切れや睡眠時の発作を抑えるツボ2点

【止まらない咳・喘息に】息切れや睡眠時の発作を抑えるツボ2点

呼吸器系の症状を訴える患者さんに、私が勧めているのが、ツボ刺激です。長引くセキや、治りにくいぜんそく発作に特に有効なツボは2点。孔最と中府です。私自身も、ぜんそくに悩まされたことがありますがこれらのツボ刺激を集中的に実践したところ、半年ほどの間に発作が出なくなりました。【解説者】鈴木秀寿(宝寿堂鍼灸治療院院長)


【医師解説】咳喘息や逆流性食道炎の今ある苦しさを緩和する「胸ほぐし」

【医師解説】咳喘息や逆流性食道炎の今ある苦しさを緩和する「胸ほぐし」

長く続くセキや息苦しさなど、今ある苦しい状態をすぐに緩和させたいとき、胸ほぐしはとても役立ちます。息苦しい、セキが止まらないなどの症状が現れたときに、ぜひ実践してみてください。【解説者】芝山豊和(芝山鍼灸整骨院院長)


【モーニングアタック】鼻詰まり、鼻水、アレルギー性鼻炎を解消する「おじぎ呼吸」

【モーニングアタック】鼻詰まり、鼻水、アレルギー性鼻炎を解消する「おじぎ呼吸」

おじぎ呼吸は、首の周辺の筋肉を緩めると同時に、首を引き上げる姿勢を取ることで、交感神経を強く刺激します。自律神経のスイッチをスムーズに切り替えることで、鼻づまり、アレルギー性鼻炎の症状を改善できるのです。【解説者】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)


咳、のどの痛みに効果 イガイガも鎮まる「黒コショウ湯」の作り方

咳、のどの痛みに効果 イガイガも鎮まる「黒コショウ湯」の作り方

口に入る物が私たちの体にもたらす影響は、甚大です。鍼灸師として働き始めてからも、患者さんの症状と食べ物の関係には常に関心を持ち、研究を続けてきました。そんな私が、呼吸器系の症状に悩む患者さんに勧め、いい効果を上げているのが、今回ご紹介する「黒コショウ湯」です。【解説者】梶原千譽(カジハラ治療院院長)


【医師解説】宿便を出す「大根人参スープ」 便秘に効く秘密とは

【医師解説】宿便を出す「大根人参スープ」 便秘に効く秘密とは

大根ニンジンスープは、便秘の特効薬であり、即効性があるとされています。その秘密は、スープの材料となる食品の、複合的な作用だと考えられます。まず、大根やニンジンの食物繊維の働きです。そして、含有されるビタミン類や、酵素の働きも見逃せません。【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


加齢臭対策には「大根」 1週間で体臭を改善するスープの作り方

加齢臭対策には「大根」 1週間で体臭を改善するスープの作り方

いろいろな治療法を試しましたが、けっきょく、効果的なものはありませんでした。そんな花粉症を改善してくれたのが、マクロビでした。私が35歳のときです。 長年のひどい花粉症が、マクロビに出会い、食事を変えたことで、たった半年でよくなったのです。それだけではありません。【解説】中美恵(キレイになるマクロビ料理研究家)


【シナモンの効能】「血管再生作用で血圧を下げる」と実験で判明!実はメタボにお勧め食材

【シナモンの効能】「血管再生作用で血圧を下げる」と実験で判明!実はメタボにお勧め食材

シナモンに毛細血管の老化や障害を抑制する作用があることを突き止めました。滞った血流を回復させ、血圧を下げる効果が期待できます。また、血糖値を下げる効果があることも確認されています。内臓脂肪型の肥満で、高血圧や高血糖、脂質異常症を合併しているメタボの方にお勧めです。【解説】高倉伸幸(大阪大学微生物研究所情報伝達分野教授)


【高血圧対策】脳卒中リスクは「外来血圧」でわかる!? 予防には「ニンニク」を

【高血圧対策】脳卒中リスクは「外来血圧」でわかる!? 予防には「ニンニク」を

近年、注目されているのが、病院の外来で測る血圧についての新しい見方です。外来診察の血圧の変動が、脳卒中などと密接な関係があることがわかってきました。高血圧を予防・解消するためには、運動や食事など生活習慣全般に気を配ることが大切です。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学大学院医学系研究科特任教授・抗加齢予防医療センター長)


【名医が認定】血圧を下げるドリンクは「果汁100%のブドウジュース」

【名医が認定】血圧を下げるドリンクは「果汁100%のブドウジュース」

あるテレビ番組関係者から「先生、ブドウジュースを飲むと血圧は下がりますか?」と、聞かれました。文献を当たったところ、確かに海外に、そうした研究がありました。そこで早速、高血圧の患者さんにご協力をいただき、臨床試験を行うことにしました。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学医学部教授・東医療センター内科医師)


【日本初】外来で「嗜好品」を医師が勧める!?患者の人気NO.1はチョコレート

【日本初】外来で「嗜好品」を医師が勧める!?患者の人気NO.1はチョコレート

私の勤務する戸田中央総合病院の「嗜好品外来」は、実際に体によいというエビデンス(科学的な根拠)があり、安全性が確認されている嗜好品を患者さんの症状や必要性に応じて勧めています。なかでも患者さんに好評なのがチョコレート。血圧を改善する効果があります。【解説】椎名一紀(戸田中央総合病院心臓血管センター内科・嗜好品外来医師)


【医師解説】寝る前の「クルミ酒」はED克服に効果あり 精子の数も増加!

【医師解説】寝る前の「クルミ酒」はED克服に効果あり 精子の数も増加!

クルミを摂取すると、α-リノレン酸の働きやビタミンEの作用によって、動脈硬化の予防・改善効果が期待できます。血液がサラサラになり血行も促されます。これらの総合的な作用により、性的興奮を感じたときに、陰茎の血管にドッと血液が流れ込むようになります。それがEDの改善に絶大な効果を発揮するのです【解説】林督元(弘邦医院院長)


私が【切れ痔】を克服した方法を公開!「使い捨てカイロ」と「便の出始め」が肝心

私が【切れ痔】を克服した方法を公開!「使い捨てカイロ」と「便の出始め」が肝心

さまざまな原因によって、肛門周辺の毛細血管に血行障害が生じ、それが痔を引き起こすのです。そこで、痔の予防、あるいは、痔の症状を和らげるためには、肛門周辺の血行障害を改善することが欠かせません。血流障害を改善することを心がけた結果、ついに切れ痔を克服することができたのです。【解説】日野勝俊(ヒノヘルスオフィス院長)


【喘息・COPD対策】呼吸器を鍛える「口すぼめ呼吸」と咳を抑える「ハチミツコーヒー」

【喘息・COPD対策】呼吸器を鍛える「口すぼめ呼吸」と咳を抑える「ハチミツコーヒー」

ぜんそくやCOPDなどの症状があり、呼吸器の機能が慢性的に低下した人には、「口すぼめ呼吸」をお勧めします。また、ハチミツには抗炎症作用があり、薬よりもセキ止めに効果的という医学論文が多数あります。コーヒーはカフェインに気管支拡張作用がありぜんそくの発症リスクを低減するそうです。【解説】大谷義夫(池袋大谷クリニック院長)


【高血圧対策の新常識】血圧を下げる食事療法「RAP食」 食べ物を選ぶときのポイント

【高血圧対策の新常識】血圧を下げる食事療法「RAP食」 食べ物を選ぶときのポイント

「高血圧対策といえば減塩食」というのが常識となった今、「制限すべきは塩分ではなく脂質」と独自の理論を唱え、食事療法により血管状態の改善に成果を上げているクリニックがあります。ここでは、その食事指導の概要を紹介します。ぜひご家庭でも実践し、血管の若返りに役立ててください。【解説】真島康雄(真島消化器クリニック院長)


【医師解説】急増中の「咳喘息」に気をつけよ!

【医師解説】急増中の「咳喘息」に気をつけよ!

セキぜんそくは、アレルギー性の呼吸器疾患でよく知られる、気管支ぜんそくの一歩手前の状態です。原因や悪化の要因もほぼ同じで、ほうっておくと、気管支ぜんそくに移行します。「カゼが長引いているだけ」、「花粉症がひどい」などと思い込んでいるうちに、悪化するケースが多く見られます。【解説】大谷義夫(池袋大谷クリニック院長)


【自分で治せる】首のコリが原因の耳鳴りは「快聴ツボ」を押して改善できる!

【自分で治せる】首のコリが原因の耳鳴りは「快聴ツボ」を押して改善できる!

首の後ろの「快聴ツボ」を押したら 10年来の耳鳴り消失!首のコリを引き起こしているのは、姿勢の悪化です。現代人はスマートフォンやパソコンを見ることが多く、いつも前かがみの姿勢になりがち。あごが前に突き出て、首の筋肉が慢性的に硬直しています。【解説者】本田哲朗(本田耳鼻咽喉科医院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング