記事総数:236

公開済みの健康情報


【医師解説】爪もみの疑問にズバリ回答 ― 「やりすぎるとどうなる?」「薬指はもんでいいの?」

【医師解説】爪もみの疑問にズバリ回答 ― 「やりすぎるとどうなる?」「薬指はもんでいいの?」

「やりすぎると害はある?」「薬指はもんでいいの?」爪もみの疑問にズバリ回答!爪もみは、ときとして劇的な変化をもたらすことがあります。とはいえ、この療法の基本は、小さな変化を積み重ねながら、少しずつ体調を向上させることです。【解説】永野剛造(永野医院院長)


【自律神経失調症とは】原因と症状に特効 自分で治せる「爪もみ」療法のやり方

【自律神経失調症とは】原因と症状に特効 自分で治せる「爪もみ」療法のやり方

自律神経失調症とは、一般的な病気や症状の概念に当てはまらない、不定愁訴のことを指します。つまり、医師では判断がつかない症状に対し「自律神経の乱れが原因」として便宜的にこの診断名がつけられるわけです。正体不明なので、医師は、患者さんに対して治療根拠の乏しい、さまざまな薬を処方します。【解説】永野剛造(永野医院院長)


【勃起不全を改善】バイアグラのジェネリックは「血管の若返り薬」 正しい理解と使い方を!

【勃起不全を改善】バイアグラのジェネリックは「血管の若返り薬」 正しい理解と使い方を!

今や、勃起改善薬は、限られた人のものではありません。私の病院において、勃起改善薬を役立てている患者さんの4割が、65歳以上です。もはや、恥ずかしがったり不安になったりする必要はありません。【解説】永井敦(川崎医科大学泌尿器科学教室教授・医学博士)


【医師解説】慢性疲労症候群が改善!免疫力向上には「肛門」を温めるとよい!

【医師解説】慢性疲労症候群が改善!免疫力向上には「肛門」を温めるとよい!

体が冷えると、血管が収縮し、交感神経が優勢になります。この状態が続くと、血流が悪くなり、免疫細胞である白血球の中のリンパ球が減少。免疫機能が低下します。つまり、自律神経の乱れが血流の悪化、免疫機能の低下を招くのです。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


【医師推奨】PMSや生理痛、婦人病の症状改善に 女性ホルモンがアップする「腹巻きカイロ」

【医師推奨】PMSや生理痛、婦人病の症状改善に 女性ホルモンがアップする「腹巻きカイロ」

おしりには、特にたくさんの脂肪が集まっています。脂肪組織は血流が悪く、その細胞の周りには水が蓄えられています。そのため、おしりはとても冷えやすいのです。おしりや下半身が冷えていると、心臓に戻る血流が悪化します。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


【冷え取りの名医】病気の回復を早める「健康美習慣」を身につけるヒント

【冷え取りの名医】病気の回復を早める「健康美習慣」を身につけるヒント

運動量の少ない現代人は、だるさや疲れが「気(生命エネルギーの一種)」の滞りによって引き起こされることが少なくありません。気の滞りを解消し、体調を改善するには、適度に体を動かしたほうが効果的なのです。【解説者】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


【女性の悩み】お尻にサラシを巻くと夜間頻尿が改善!私は腰痛が解消!

【女性の悩み】お尻にサラシを巻くと夜間頻尿が改善!私は腰痛が解消!

腎を元気にするには、とにかく温めることが重要なのです。おしりを温めて腎機能が高まれば、体内の水の巡りがよくなるので、むくみや冷えも改善します。もともと、高血圧の治療薬は利尿剤なので、水分代謝がよくなれば血圧の降下にもつながるでしょう。【解説】北濱みどり(グリーン健康会代表・漢方家(国際中医師A級))


【痛みの専門医も愛用】重度の座骨神経痛が消失し脊柱管狭窄症も改善する「しり巻き」

【痛みの専門医も愛用】重度の座骨神経痛が消失し脊柱管狭窄症も改善する「しり巻き」

現代人の多くは、仕事や人間関係で大きなストレスを感じながら、日々生活しています。慢性的なストレスは、私たちの自律神経のバランスをくずし、重度の冷えを招きかねません。【解説】富永喜代(富永ペインクリニック院長)


【痛みの専門医】脊柱管狭窄症や坐骨神経痛の痛みが悪化する「ストレス冷え」とは

【痛みの専門医】脊柱管狭窄症や坐骨神経痛の痛みが悪化する「ストレス冷え」とは

体が冷えていると、体が緊張して、交感神経が優位の状態が続きます。すると、血管と筋肉が収縮し、血流が滞りがちになります。血行が悪くなれば、組織に酸素や栄養素がじゅうぶんに行き渡りません。それが、痛みの悪化の要因となるのです。【解説】富永喜代(富永ペインクリニック院長)


【喘息改善】解毒スープで肝臓の負担減を!毒素排出はたったの2時間後

【喘息改善】解毒スープで肝臓の負担減を!毒素排出はたったの2時間後

私の医院では、肝臓に直接関係する症状がなくても、解毒が必要と思われる人には、タマ皮スープを勧めています。試してもらうと、症状の改善に伴い、肝機能値も下がるケースがよくあります。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【免疫アップ】ガンを予防するファイトケミカルたっぷりの「ハーバード式野菜スープ」の作り方

【免疫アップ】ガンを予防するファイトケミカルたっぷりの「ハーバード式野菜スープ」の作り方

白血球は、体内で免疫の中心として働いています。白血球の数や活性が低下すれば、免疫が正常に機能せず、ガン細胞が増殖し、抗ガン剤治療を続けることが難しくなってしまいます。その点、この野菜スープを飲めば、白血球がふえて免疫力が高まり、ガンに対する抵抗力を向上させることができるのです。【解説】髙橋弘(麻布医院院長)


【アトピー、鼻炎を撃退】アレルギー体質を腸から改善する「玄米昆布スープ」

【アトピー、鼻炎を撃退】アレルギー体質を腸から改善する「玄米昆布スープ」

アトピー、肌荒れ、ニキビなどの患者さんは、便秘がちです。便秘が改善して腸がキレイになると、肌もキレイになります。私の娘も玄米昆布スープを飲むようになって、ニキビがすっかり消えました。【解説】関太輔(セキひふ科クリニック院長・富山大学医学部臨床教授)


食養生で血圧を下げる!血管をキレイにする!「シイタケ大根スープ」の作り方

食養生で血圧を下げる!血管をキレイにする!「シイタケ大根スープ」の作り方

シイタケは、脂肪分解パワーが強力です。エリタデニンという成分が血液中のコレステロールを分解することで、血流をよくして、血圧を下げてくれるのです。その降圧効果は、シイタケの戻し汁を使ったラットの実験でも確認されています。【解説】森美智代(森鍼灸院院長)


【ニンニクスープの効果】ひざ痛、腰痛、老眼も改善する若返りスープ

【ニンニクスープの効果】ひざ痛、腰痛、老眼も改善する若返りスープ

ニンニクスープはアレルギー症状に対する効果だけにとどまりません。その効能には、「ひざ痛や腰痛、肩こり、冷え症などが改善した」「耳鳴り、夜間頻尿が軽減した」などの声が寄せられているのです。【解説】和合治久(埼玉医科大学保健医療学部教授)


血栓を防ぐ!血液サラサラ!にんにく料理レシピBEST4

血栓を防ぐ!血液サラサラ!にんにく料理レシピBEST4

「ニオイがちょっと……」と敬遠していてはもったいない!ニンニクのにおいの元となる含硫アミノ酸の一種「アリイン」には、優れた健康効果があるのです。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


血栓予防!アレルギーにも大効果「にんにくスープ」レシピBEST6

血栓予防!アレルギーにも大効果「にんにくスープ」レシピBEST6

「ニオイがちょっと……」と敬遠していてはもったいない!ニンニクのにおいの元となる含硫アミノ酸の一種「アリイン」には、優れた健康効果があるのです。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


【医大教授考案】「にんにくスープの素」の作り方

【医大教授考案】「にんにくスープの素」の作り方

「ニオイがちょっと……」と敬遠していてはもったいない!ニンニクのにおいの元となる含硫アミノ酸の一種「アリイン」には、優れた健康効果があるのです。ニンニクの臭いが気になる方へのオススメ対策も紹介します。【解説】和合治久(埼玉医科大学保健医療学部教授)


すぐに【30cmの便が出た!】便秘解消のお助け食べ物「大根」の威力を医師が解説

すぐに【30cmの便が出た!】便秘解消のお助け食べ物「大根」の威力を医師が解説

「切り干し大根スープ」は主にダイエットに役立ち、「大根ニンジンスープ」は便秘の特効薬とされています。2種類の大根スープについて、食事療法を勧める医師の立場から解説します。体型や体質で使い分ければ、より大根の効果が得やすくなるのです。【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


【加齢臭・体臭】対策は「切り干し大根スープ」1週間で効果がわかる!

【加齢臭・体臭】対策は「切り干し大根スープ」1週間で効果がわかる!

食べ物を変えることで、体臭の改善が期待できます。「朝いちばんに切り干し大根スープを飲む」ことを、1週間続けてみてください。体臭の変化がわかると思います。また、加齢臭の軽減にも効果的です。【解説】中美恵(キレイになるマクロビ料理研究家・ mieʼs レシピクッキングサロン主宰)


【大学教授解説】脳梗塞や心筋梗塞を予防する「にんにく」の抗血栓作用

【大学教授解説】脳梗塞や心筋梗塞を予防する「にんにく」の抗血栓作用

抗血栓作用の高い食物ばかり大量に食べて、ほかのものが食べられなくなってしまっては、栄養に偏りが出て、本末転倒です。日常の食事に、ニンニクを意識して取り入れるだけで、ちょうどいいのです。それだけで、脳梗塞や心筋梗塞の予防効果がじゅうぶん期待できます。【解説】山本順一郎(神戸学院大学名誉教授)


ランキング


>>総合人気ランキング