記事総数:236

公開済みの健康情報


【ドライマウスを改善】唾液の分泌を促進する「昆布水」で歯周病や口臭、虫歯を予防できると歯科医が推奨

【ドライマウスを改善】唾液の分泌を促進する「昆布水」で歯周病や口臭、虫歯を予防できると歯科医が推奨

「口の中が乾いて夜中に目が覚める」「朝、起きたときに口の中が乾いてネバネバする」といった症状が「ドライマウス」です。唾液には抗菌作用や粘膜保護作用、自浄作用など、多くの働きがあり、分泌量が減少すると、虫歯や歯周病、口臭、加齢臭などの原因になります。【解説】齋藤道雄(齋藤ファミリーデンタル院長・医学博士)


【新常識】歯周病を招く原因の一つは「カルシウムの取りすぎ 」対策は「昆布水」が有効

【新常識】歯周病を招く原因の一つは「カルシウムの取りすぎ 」対策は「昆布水」が有効

「1日1杯のコンブ水が歯や骨を丈夫にします」というと「カルシウムを十分にとっているからコンブ水なんて必要ない」と思う人がいるでしょう。しかし、その考えは大きな誤りです。世界の歯科学会では「歯周病は感染症ではない」という新しい理論が支持され、新常識になりつつあります。【解説】小峰一雄(小峰歯科医院理事長・歯学博士)


【第二次ブーム到来】30kgやせた!血圧が下がり心筋梗塞を回避した「昆布水」とは

【第二次ブーム到来】30kgやせた!血圧が下がり心筋梗塞を回避した「昆布水」とは

私は、コンブの健康パワーを身をもって実感した経験があるのです。当時40歳くらいだった私は、暴飲暴食のツケで体重は100kg近く、血圧も高く、病院では、「いつ心筋梗塞を起こしてもおかしくない状態」とまで言われていたのです。生活改善に取りかかった私が実践したのが「コンブ水」だったのです。【解説】喜多條清光(天満大阪昆布)


【高血圧対策に良い食べ物】手作り「昆布水」がベスト 作り方を医師が紹介

【高血圧対策に良い食べ物】手作り「昆布水」がベスト 作り方を医師が紹介

医療が発達した現代、薬さえ飲めば病気は治ると考えている患者さんが少なくありません。確かに、投薬治療で治る病気もありますし、薬は、自然治癒力を応援することができます。しかし、薬によっては、当座の症状を和らげるだけで根本治療には役立たない場合があるのです。【解説】信川益明(千代田漢方内科クリニック院長・医師)


【やり方】回転性のめまいやザーっという砂嵐のような耳鳴りの症状が「わきもみ」で改善

【やり方】回転性のめまいやザーっという砂嵐のような耳鳴りの症状が「わきもみ」で改善

耳鳴りのある患者さんは、ほぼ例外なく、首や肩にコリがあります。そういう患者さんに私が必ず行う施術が、わきもみです。わきをもみほぐすと、軽い耳鳴りなら2ヵ月、重症でも1年くらいで改善しています。【解説】坂本実穂(坂本均整施術所所長・姿勢保健均整師・鍼灸師)


【整形外科医】手首が痛い腱鞘炎は1日5分「脇」をほぐせば改善!五十肩、股関節にも

【整形外科医】手首が痛い腱鞘炎は1日5分「脇」をほぐせば改善!五十肩、股関節にも

慢性的な痛みで来院する方の多くは、炎症が起こって痛んでいるわけではなかったのです。痛みを取るには、その場所に影響を与えている筋肉のこわばりをほぐすことが必要です。「わきもみ」は大胸筋をほぐす手当て法で、大胸筋がこわばって起こる五十肩や腱鞘炎、股関節痛の改善に役立ちます。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【眼科医推奨】健康にいい納豆は目にも効果がある!「網膜血管閉塞症」の改善例多数!老眼にも

【眼科医推奨】健康にいい納豆は目にも効果がある!「網膜血管閉塞症」の改善例多数!老眼にも

眼科医である私が、患者さんに広く勧めている食品があります。それは、納豆です。なかでも積極的に勧めているのは、「網膜血管閉塞症」という症状に対してです。これは、網膜の血管が血栓(血の塊)などによって詰まる病気です。【解説】玉井嗣彦(鳥取大学名誉教授・日野病院名誉病院長)


【飛蚊症・ドライアイが改善】「おでこ伸ばし」のやり方とは 私は老眼が回復!

【飛蚊症・ドライアイが改善】「おでこ伸ばし」のやり方とは 私は老眼が回復!

心と体の不調を改善する特効ポイントは「おでこ」であると発見しました。おでこは、脳に近いとても重要な場所です。「おでこ伸ばし」で様々な症状が改善します。近視や眼精疲労、かすみ目、ドライアイ、飛蚊症といった幅広い目の症状に対して有効です。【解説】中川忠男(萬生健康治療院院長)


【眼科医解説】緑内障患者に勧める「目の温パック」とは?眼圧が下がり、手術回避も

【眼科医解説】緑内障患者に勧める「目の温パック」とは?眼圧が下がり、手術回避も

目の温パック後に、まぶたさすりを行うと、より涙の質がよくなり、リラックス効果も得られます。緑内障の発症原因の一つはストレスです。ストレスを解消することも、緑内障の進行を防ぐのに大いに役立ちます。【解説】平松類(彩の国東大宮メディカルセンター眼科部長)


【目の症状別】飛蚊症・緑内障が改善した!目に効くツボを刺激する「顔さすり」

【目の症状別】飛蚊症・緑内障が改善した!目に効くツボを刺激する「顔さすり」

目の特効ツボが数多く存在する場所は、顔です。顔を手の指でさする顔さすりは、最も簡単かつ効果的なセルフケア法といえます。緑内障・白内障・ドライアイ・眼精疲労・老眼・近視・斜視、それぞれの症状に対応したやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(倉敷芸術科学大学教授・鍼メディカルうちだ院長)


【スマホ老眼の対処法】眼精疲労やドライアイを予防・改善する整膚「まぶたつまみ」とは

【スマホ老眼の対処法】眼精疲労やドライアイを予防・改善する整膚「まぶたつまみ」とは

整膚による大幅な血流の改善によって、患部に新たな酸素と栄養素が供給されます。もしも、そこにコリや痛みがあるなら、血液循環の改善によって、緩和されていくでしょう。【解説】蔡晶(世界整膚連盟整膚美容師会会長・整膚通信学院院長)


【スマホ老眼・近視が改善】子どもの「仮性近視」にも効果!100円ショップの○○を使った視力回復法とは

【スマホ老眼・近視が改善】子どもの「仮性近視」にも効果!100円ショップの○○を使った視力回復法とは

老眼や近視の患者さんに私がお勧めしているセルフケア「100円メガネ」視力回復法をご紹介します。100円メガネとは、100円ショップで売っている老眼鏡です。お子さんが行っても効果的で、「仮性近視」には特に効果を発揮するので、ぜひ役立ててください。【解説】平松類(彩の国東大宮メディカルセンター眼科部長)


【骨盤のゆがみを取る】コリを取って腰痛・ひざ痛を改善するセルフケア「おしり枕」のやり方

【骨盤のゆがみを取る】コリを取って腰痛・ひざ痛を改善するセルフケア「おしり枕」のやり方

私の治療院には、腰やひざなど各所の痛み、コリに悩むかたをはじめ、重篤な内臓疾患も含めて、日々多くのかたが来院されます。こうして日常の癖をなくすことを心がけたうえで、自分で骨盤のゆがみを直すセルフケアを行うといいでしょう。それが、今回ご紹介する「おしり枕」です。【解説】三野喜邦(シンキュウタカオ院長)


【甘酒より簡単】便秘・下痢を改善!生きたまま腸に届く「こうじ」水の作り方

【甘酒より簡単】便秘・下痢を改善!生きたまま腸に届く「こうじ」水の作り方

糀(こうじ)水は、簡単にできて非常に役立つ栄養ドリンクであり、整腸剤でもあります。疲労回復にも最高で、実際に飲まれているお客様のなかには、便秘や下痢が解消した人が、続出しています。また「糀は、有害な活性酸素を撃退する抗酸化作用が極めて強い」ということが実証されたんです。【解説】山﨑京子(山﨑糀屋女将・糀コンシェルジュ)


【生甘酒の効果を新発見】すごい保湿物質を高濃度で含む スベスベ肌 メタボ撃退

【生甘酒の効果を新発見】すごい保湿物質を高濃度で含む スベスベ肌 メタボ撃退

こうじは、日本の食文化に欠かせない食材です。甘酒やみそ、しょうゆ、酢、日本酒など、日本の発酵食品のほとんどにこうじが含まれており、それが日本人の健康に寄与していることは、疑いの余地がありません。毎日少しずつでもいいので、生甘酒を飲んでください。続けることが大切です。【解説】北垣浩志(佐賀大学農学部教授)


透析患者の便秘・便臭が改善!秘密は「甘酒」 減薬、断薬に成功している人続々

透析患者の便秘・便臭が改善!秘密は「甘酒」 減薬、断薬に成功している人続々

透析をしている患者さんのうち、およそ6割が慢性的な便秘に悩んでいるといわれています。麹だけで作った「麹甘酒」を飲んでもらったところ、便秘の解消に大きな効果が発揮されました。透析患者さんだけではなく、健常者にとっても大変有益だと考えられます。【解説】上原由美(公立碓氷病院栄養科係長・管理栄養士・環境共生学博士)


【甘酒】脂肪が燃焼してダイエットに効果的と実験で判明!

【甘酒】脂肪が燃焼してダイエットに効果的と実験で判明!

甘酒は、日本の伝統的な甘味飲料の一種です。最近では、酒かすをお湯で溶いたものではなく、麹だけで作った「麹甘酒」の健康効果に注目が集まっています。麹甘酒を摂取していれば、疲れの回復が早められることが明らかになりました。また、ダイエットにもぴったりです。【解説】樫村修生(東京農業大学教授・医学博士)


【動脈硬化が改善】治療に役立つ食べ物「RAP食」生甘酒を加えると効果大

【動脈硬化が改善】治療に役立つ食べ物「RAP食」生甘酒を加えると効果大

私は、高血圧や脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病、そして、脳梗塞や心筋梗塞などによる突然死を防ぐため、皆さんに勧めている食事療法があります。それが、「RAP食」です。最近私がRAP食に加えた食品の一つが、生甘酒です。【解説】真島康雄(真島消化器クリニック院長)


【作り方】夏こそ旬!生甘酒で20kgやせた人も!糖尿病、アトピーに効果と医師解説

【作り方】夏こそ旬!生甘酒で20kgやせた人も!糖尿病、アトピーに効果と医師解説

健康雑誌の『壮快』で何度も取り上げられてきた「食べる甘酒(生甘酒)」が、今、全国で大旋風を巻き起こしています。その人気の理由は、簡単に作れておいしく食べられるうえ、多くの人が健康効果を実感しているからでしょう。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


腸から超健康になる!食べる米ぬか活用レシピ(3)

腸から超健康になる!食べる米ぬか活用レシピ(3)

米ぬかには玄米の優れた栄養が凝縮されています。食べることで腸の状態がよくなり免疫力がアップし生活習慣病やアレルギー症状の改善、美肌に玄米同等の効果を発揮してくれるのです。こうばしくて甘くコクのあるおいしさはクセになります。ふだんから玄米派の人はもちろん、白米派の人には特にお勧めのレシピです!【料理】竹内ひろみ(料理家)


ランキング


>>総合人気ランキング