薄毛・白髪

薄毛・白髪

薄毛や白髪は、遺伝的要因、生活要因、加齢やストレスなど、さまざまな原因が関係しています。髪の若々しさが見た目の年齢につながるともいわれ、最近は女性だけでなく、男性用のヘアケアも注目されるようになりました。このカテゴリは、主にセルフケアとして、育毛や発毛も含めた「髪のケア」「髪の悩み」に役立つ記事を紹介してます。

薄毛・白髪に関連するキーワード

薄毛対策 白髪の対処法
>>薄毛・白髪に関連するキーワード一覧

薄毛・白髪の健康情報一覧

【黒ゴマの効能】薬剤師が伝授!黒ごまの育毛効果と不妊症への実績

【黒ゴマの効能】薬剤師が伝授!黒ごまの育毛効果と不妊症への実績

黒ゴマを積極的にとることで、抜け毛や白髪が減り、黒髪が生えるという現象は、漢方の世界から見ると、実に理にかなっています。漢方では、黒ゴマに「若返り効果」や「活力増強効果」があるとされているからです。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【簡単】抜け毛、白髪、細毛の対策に著効!医師が勧める「爪もみ」療法

【簡単】抜け毛、白髪、細毛の対策に著効!医師が勧める「爪もみ」療法

自律神経のバランスを整えるためにお勧めしたいのが、「爪もみ」です。爪もみは、手足の爪の生え際にある井穴というツボを、指で刺激する健康法です。【解説】永野剛造(永野医院院長・日本自律神経病研究会理事長)


【医師解説】黒ゴマは抜け毛や白髪の改善に効果あり!私は「黒ごま牛乳」を愛飲

【医師解説】黒ゴマは抜け毛や白髪の改善に効果あり!私は「黒ごま牛乳」を愛飲

「黒い食べ物が体にいい」といわれるのは、黒い色素に、ポリフェノールやアントシアニンなどの抗酸化成分が多く含まれているからです。ですので、せっかく食べるのなら、白ゴマよりも黒ゴマをお勧めします。もう一つ、髪のトラブルに悩むかたに特にお勧めしたい食品は、牛乳です。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)


【医師推奨】白髪対策、抜け毛予防に著効!発毛効果もある食事「きな粉ドリンク」

【医師推奨】白髪対策、抜け毛予防に著効!発毛効果もある食事「きな粉ドリンク」

きな粉ドリンクをご存じでしょうか。作り方は、実に簡単。牛乳(約180ml)に、ティースプーン1〜3杯のきな粉を入れ、よく混ぜれば出来上がりです。これを毎日欠かさず飲めば、便秘や骨粗鬆症の改善や予防、ダイエットなどに効果を発揮するといわれています。【レポート】速水千秋(医学ジャーナリスト)


髪に【ハリとコシ】復活させる方法 抜け毛、白髪対策に 医師が勧める「ゴマ油うがい」

髪に【ハリとコシ】復活させる方法 抜け毛、白髪対策に 医師が勧める「ゴマ油うがい」

私のクリニックでは、患者さんにゴマ油うがいを勧めています。実際、「白髪がなくなった」「髪にコシが出てきた」など、毛髪のトラブルが改善したという声が挙がっています。また、口腔内を清潔にするので、虫歯、口内炎、歯周病、歯肉炎などの予防・改善にも最適です。【解説】蓮村誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長)


【アーモンドの効能】男性の抜け毛予防・薄毛対策に効果のある食べ物はコレだ!

【アーモンドの効能】男性の抜け毛予防・薄毛対策に効果のある食べ物はコレだ!

現在、私は76歳になります。白髪は数本あるだけで、黒髪のまま、あと10年は持ちそうです。しかも、全体の毛量はボリュームたっぷり。多過ぎて、いつも髪の始末に困っているほどです。この年になっても髪が減らずに元気なのは、毎朝飲んでいる「アーモンドスープ」のおかげです。【体験談】乙津浩一郎(神奈川県●76歳●アルバイト) 


頭が臭い!を解消する「体臭専門医」が勧める【塩洗髪】のやり方

頭が臭い!を解消する「体臭専門医」が勧める【塩洗髪】のやり方

私のクリニックには、「こまめに洗髪しているのに頭が臭い、におう」という患者さんが多く来院します。そうした患者さんに勧めているのが、「塩洗髪」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


【抜け毛・薄毛対策の食事】男性ホルモンを減らすのはNG!ベストは意外にも「ステーキ」と判明

【抜け毛・薄毛対策の食事】男性ホルモンを減らすのはNG!ベストは意外にも「ステーキ」と判明

男性ホルモンの代表格である「テストステロン」は、一般に、薄毛の原因とされているため、その濃度が高いと、それが文字どおりハゲに直結するようなイメージを持っているかたも多いでしょう。しかし実は、テストステロン自体に、薄毛やハゲを引き起こす作用はないのです。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


【医大教授】ハゲ、薄毛、白髪の改善には「お湯洗い」がおすすめ―毎日シャンプーはNG

【医大教授】ハゲ、薄毛、白髪の改善には「お湯洗い」がおすすめ―毎日シャンプーはNG

日本人は、「洗えばキレイになる」と思って、せっせと体を洗います。しかし、事態は全く逆で、「洗い過ぎると汚くなる」のです。これは、どういうことだと思いますか?【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


ランキング


>>総合人気ランキング