アンチエイジング

アンチエイジング

アンチエイジングとは、アンチ(抗)エイジング(加齢)を意味し、「抗老化」と訳されることが多い言葉です。いつまでも若々しくありたい、心と体が若返るような体験に出会いたい、そんな希望はすべての老若男女に共通しているものです。このカテゴリは、アンチエイジング対策に役立つ食べ物や運動療法、その他健康法などの情報を紹介する記事の一覧ページです。


アンチエイジングの健康情報一覧

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【骨粗鬆症】原因は加齢・女性ホルモンの2タイプ 「あずきの煮汁」で折れにくい骨になる!

【骨粗鬆症】原因は加齢・女性ホルモンの2タイプ 「あずきの煮汁」で折れにくい骨になる!

加齢によって「骨芽細胞と破骨細胞」二つの細胞のバランスがくずれていきます。骨芽細胞の働きが低下すると骨の形成が滞り老人性骨粗鬆症になります。これは男女同比率で起こります。「女性は骨粗鬆症になりやすい」といわれるのは女性ホルモンに関係する骨粗鬆症があるからです。【解説者】伊藤智広(三重大学大学院生物資源学研究科准教授)


【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

ハトムギは、昔から「肌にいい」といわれ、ヨクイニンという生薬として使われています。そこで、私たちはまず、ハトムギの肌への効果に着目しました。その結果、ハトムギには紫外線ダメージによる肌の乾燥や、シミを防ぐ働きのあることが明らかになったのです。【解説】清水邦義(九州大学農学部研究院森林圏環境資源科学研究分野准教授)


【医師解説】骨粗鬆症の予防対策は「牛乳」に頼らないこと 効果的なカルシウム摂取法とは?

【医師解説】骨粗鬆症の予防対策は「牛乳」に頼らないこと 効果的なカルシウム摂取法とは?

骨粗鬆症の予防対策としてカルシウムをとるために牛乳を飲むことは妥当ではないと判断します。牛乳を飲みたい人は、嗜好品としてたまにとる程度にしたほうが賢明でしょう。カルシウムの吸収率を高めて骨を丈夫に保つには、食事のほかに運動と、日光を浴びることも必要です。【解説】岡本裕(e-クリニック医師)


【アンチエイジング】 貧血やダイエットにも効果的!「ゴマ酢」を有名女医も大絶賛!

【アンチエイジング】 貧血やダイエットにも効果的!「ゴマ酢」を有名女医も大絶賛!

私には、美と健康のために、毎日欠かさず食べている食品がいくつかあります。その一つがゴマで、毎朝必ず炒りゴマをすって、納豆にかけて食べています。 なぜならゴマには、良質の脂質やたんぱく質、各種ビタミンやミネラル、食物繊維といった栄養素が、ギュッと詰まっているからです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)


【美女医特製】真のアンチエイジング食「酢納豆」腸内環境が改善し肌トラブルなし

【美女医特製】真のアンチエイジング食「酢納豆」腸内環境が改善し肌トラブルなし

食生活の基本は、腸内環境を整えることです。腸内の善玉菌を増やす食材を積極的にとるように心がけています。その条件を満たし、食卓によく登場するのが、特製の「酢納豆」です。今後も、酢納豆など、栄養価が高く腸に優しい食材を活用し、体調を整えていきます。【解説】黒田愛美(クリントエグゼクリニック医師)


【Dr.ナグモ】60歳医師自らの肉体改造を大公開!奇跡の「家トレ」4選

【Dr.ナグモ】60歳医師自らの肉体改造を大公開!奇跡の「家トレ」4選

私が目指したのは、元サッカー選手の中田英寿さんのような「細マッチョ」。今回ご紹介する「家トレ」は、余分な体脂肪を落とし必要な筋力を維持するためのトレーニングです。高齢者はもちろんのこと、ひざや腰が悪い人こそ積極的に行ってください。【解説】南雲吉則(ナグモクリニック総院長)


【ダンサーも活用】ほうれい線・疲れ目に効果を実感「日本酒マッサージ」でフェイスケア

【ダンサーも活用】ほうれい線・疲れ目に効果を実感「日本酒マッサージ」でフェイスケア

私が芳原雅司先生のもとに通い始めたのは、ダンサー仲間から「痛みを取るならこの先生」と、紹介してもらったのがきっかけです。最近になって、顔のマッサージもやっていると知り、実際に受けてみたところ、気になっていたほうれい線が薄くなってびっくり!【体験談】浅井みどり(ダンサー・40歳・東京都)


【読者アンケート】顔の悩みは何ですか?自分の顔は好きですか?

【読者アンケート】顔の悩みは何ですか?自分の顔は好きですか?

『ゆほびか』携帯サイト会員の皆様に「顔の悩み」に関するアンケートを行い、674名のかたから回答をいただきました。顔は皆さん関心が高く、それだけ悩みも尽きないということがわかりました。ご協力ありがとうございました。顔の悩みを解決する秘策をご紹介します!【構成】『ゆほびか』編集部


【バレエダンサーの美容法】顔のむくみがとれ目がパッチリ!自然と笑顔になれる「日本酒マッサージ」

【バレエダンサーの美容法】顔のむくみがとれ目がパッチリ!自然と笑顔になれる「日本酒マッサージ」

芳原雅司先生には、8年ほど前からお世話になっています。日本酒マッサージを受けると、自然と体が上に引き上げられるような姿勢になり、バレエを踊るとき、とてもいいパフォーマンスができます。顔のマッサージは、先生にアドバイスしていただいて、家でも実践してます。【体験談】五島舞耶(東京都・役者・バレエダンサー)


【自分できる】手のツボマッサージ シミやシワ、頬のたるみ対策に「手もみ美容」が効く

【自分できる】手のツボマッサージ シミやシワ、頬のたるみ対策に「手もみ美容」が効く

年齢を重ねていくほど、深刻な問題になっていくお肌のトラブル。シミ、そばかす、ほおのたるみといった美容の悩みをお持ちの女性は少なくありません。年齢のせいにして美肌をあきらめているかたはいませんか。そんなかたはぜひ一度、手をもんだり押したりしてみてください。【解説】森田真理(Mari鍼灸Salon代表)


17年前より今が断然きれいで若い!表情筋を鍛える「顔ダンス」とは?

17年前より今が断然きれいで若い!表情筋を鍛える「顔ダンス」とは?

写真を見て「私って、こんなに老けていたかしら」「ひどくやつれた感じがする」「ブルドッグ顔のおばさんだわ」とがっかりした経験はありませんか。顔が老けて見えるのは、ほうれい線や、目頭から斜め下に現れる「ゴルゴ線」というシワのせいだと多くの女性が思っていますが、実は違います【解説】加藤ひとみ(日本セルフリフティング協会代表)


【やり方】簡単!目の下のたるみを取り、ほお・口角を上げる「顔ダンス」

【やり方】簡単!目の下のたるみを取り、ほお・口角を上げる「顔ダンス」

「顔ダンス」はやり方さえ覚えてしまえば、いつでもどこでもできます。私はマスクを着けて外出しているときに、電車での移動中や信号の待ち時間などで顔ダンスをやっています。お勧めの時間帯を挙げるとしたら、寝る前です。【解説】加藤ひとみ(日本セルフリフティング協会代表)


顔のたるみと梅干しジワが「顔ダンス」を習慣にしたら消えた

顔のたるみと梅干しジワが「顔ダンス」を習慣にしたら消えた

「顔が大きくなっている……」50歳を過ぎた頃、鏡を見てあ然としました。エステティシャンとして働き、化粧品や美顔器でしっかりケアをしてきたはずなのに、気がつくと、顔がたるんで老けてしまっていたのです。顔を若返らせる方法を検索していたところ見つかったのが「顔ダンス」でした。【体験談】蓮岡みか(57歳・英会話講師・神奈川県)


【老け顔の原因】脳ストレスを取って小顔になり顔が若返る「リフトアップセラピー」

【老け顔の原因】脳ストレスを取って小顔になり顔が若返る「リフトアップセラピー」

「リフトアップセラピー」と、数多くある美顔術との違いは、まず、ほおを上げたり、小顔になったりする効果が半ば永遠に持続することです。一般にほおが下がる原因には、加齢や疲労、肌の手入れ不足などが考えられます。しかし、その最大の原因は、脳のストレスにあります。【解説】田中信二(国際ブレイン・アップデート協会会長) 


【東大名誉教授が実践】いい顔になる秘訣は「自分の顔」と「人の顔」をほめること

【東大名誉教授が実践】いい顔になる秘訣は「自分の顔」と「人の顔」をほめること

鏡に写った自分の顔を見て、あなたは何を感じますか?「シワやたるみが気になる」「ここがもう少しこうだったら…」と、不満を感じたり、切ない願いを込めたりして、自分の顔を見つめる人が多いのでは。「顔を変えるコツ」を知って実践すれば、顔はどんどん「いい顔」になっていきます。【解説】原島博(東京大学名誉教授・日本顔学会理事) 


【15秒でできる】顔のコリがほぐれ目も大きくなる 評判の「日本酒マッサージ」

【15秒でできる】顔のコリがほぐれ目も大きくなる 評判の「日本酒マッサージ」

顔のマッサージにはさまざまありますが、私が実践しているマッサージは、日本酒を使う日本酒マッサージです。東洋医学でいうところのツボの付近にある、コリコリしたところをほぐしていきます。コリコリの正体は、血液が滞っている筋肉です。【解説】芳原雅司(芳原指圧治療院院長・指圧師・マッサージ師) 


【血液・血管の若さを保つ秘訣】速歩きで血糖値、血圧は下がる!動脈硬化も防げる!

【血液・血管の若さを保つ秘訣】速歩きで血糖値、血圧は下がる!動脈硬化も防げる!

血液中のブドウ糖が過剰で血糖値が高い状態が続くと、血管が傷つきます。その結果、動脈硬化などを引き起こします。「人は血管とともに老いる」といわれますから、血糖値のコントロールは万病を防ぐことにつながります。【解説】青栁幸利(東京都健康長寿医療センター研究所 老化制御研究チーム副部長)


【老化防止の最強の食べ物】まるでドライフルーツ!「黒にんにく」の若返り効果がスゴイ

【老化防止の最強の食べ物】まるでドライフルーツ!「黒にんにく」の若返り効果がスゴイ

ミネラルやアミノ酸を豊富に含むニンニクは、滋養強壮効果、疲労回復効果、殺菌効果などがある食材として、昔から広く親しまれてきました。最近では悪玉コレステロールを減らすとして、抗腫瘍(抗ガン)効果、抗酸化作用でも注目を浴びています。【解説】本橋登(元明治薬科大学理事・教授 山東省科学技術協会最高顧問)


【納豆はアンチエイジング食】「見た目」も「遺伝子」も若返らせる成分"ポリアミン”の効果

【納豆はアンチエイジング食】「見た目」も「遺伝子」も若返らせる成分"ポリアミン”の効果

「心が軽くなる」食べ物と聞いて、違和感を覚えるかもしれません。でも、食べ物で細胞が若返って体が軽くなれば、自然に心も若返って軽やかになります。問題は、科学的な裏付けを元に、どの食品にその可能性があるか。私たちが着目している食品が「納豆」です。【解説】早田邦康(自治医科大学大学院准教授)


ランキング


>>総合人気ランキング