腰痛・坐骨神経痛

腰痛・坐骨神経痛

腰痛とは、病名ではなく、腰椎に負担がかかったり障害が起こったりすることで発症する症状の総称です。腰痛といえば、腰から足に鋭い痛みやしびれが生じる坐骨神経痛を思い浮かべる方が多いようですが、これも症状名です。坐骨神経痛の原因は、主に腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症といった疾患であることが多い傾向にあります。このカテゴリは、腰痛や坐骨神経痛の改善に役立つ記事一覧ページです。

腰痛・坐骨神経痛に関連するキーワード

腰痛の治し方
>>腰痛・坐骨神経痛に関連するキーワード一覧

腰痛・坐骨神経痛の健康情報一覧

【鍼灸師解説】「仙骨」を温めると腰の激痛が改善する理由 ストレス性の腰痛にも効果的

【鍼灸師解説】「仙骨」を温めると腰の激痛が改善する理由 ストレス性の腰痛にも効果的

仙骨は、上半身と下半身をつなぐ要であり、私たちの骨格を支えている中心的な骨といえます。ですから、仙骨に負担がかかってゆがみが生じると、全身の骨格に影響が出ます。特に、仙骨と直接つながる腰椎には支障が生じやすく、腰痛の大きな原因になるのです。【解説】中野朋儀(陽だまり‘はり・きゅう’治療室院長)


【やり方】温熱効果で痛みを撃退!仙骨を温める方法ベスト3

【やり方】温熱効果で痛みを撃退!仙骨を温める方法ベスト3

仙骨には、自律神経(内臓や血管の働きを調整する神経)のうち、リラックス状態を作り出す副交感神経が主に通っています。前述したとおり、仙骨は温熱刺激がダイレクトに伝わる部分。つまり骨だけでなく、副交感神経にも熱が伝わりやすいのです。【解説】中野朋儀(陽だまり‘はり・きゅう’治療室院長)


【坐骨神経痛】原因は「浮き指」 足の裏のアーチを作ると腰痛が改善する!

【坐骨神経痛】原因は「浮き指」 足の裏のアーチを作ると腰痛が改善する!

私の治療院には、腰痛をはじめ、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、座骨神経痛、ひざ痛、頭痛など、さまざまなトラブルを抱える患者さんが、毎日多く訪れます。そうした患者さんのほとんどに共通するのが、足指をうまく動かせなかったり、「浮き指」になっていたりすることです。【解説】倉幹男(みき接骨院院長)


【腰痛の改善】足指を鍛えて浮き指を直す「足づかみ体操」のやり方

【腰痛の改善】足指を鍛えて浮き指を直す「足づかみ体操」のやり方

浮き指だと、歩行のさいに足指に力が入らず、ペタペタ歩きになってしまいます。足指でしっかり地面をつかむことができないため、重心がフラフラして、バランスも取りづらくなってしまうのです。足でのグーとパーがしっかりできなかった人にぜひ行っていただきたいのが、私が考案した「足づかみ体操」です【解説】倉幹男(みき接骨院院長)


名医に聞く"急な腰痛"【ぎっくり腰の治し方】伸ばして治す "安静にしない" 対処法

名医に聞く"急な腰痛"【ぎっくり腰の治し方】伸ばして治す "安静にしない" 対処法

ぎっくり腰(急性腰痛症)とは筋肉の痙攣が原因で激痛が起こる症状です。ギックリ腰は、いわば腸腰筋が「こむら返り」を起こしているようなものなのです。皆さんは、こむら返りの時、どう対処しますか?痛みに耐えながら痙攣した筋肉を伸ばそうとすると思います。ギックリ腰への対策も同じです。【解説】太田邦昭(太田整形外科院長)


【腰の痛みを和らげる方法】テニスボールを使って自分で治すやり方

【腰の痛みを和らげる方法】テニスボールを使って自分で治すやり方

患者さんに行っている施術法を、皆さんにご家庭で手軽に行っていただくために開発したのが、簡易版・関節包内矯正です。関節を調整し「正常な可動域」と「なめらかな動き」を取り戻させ、痛みを解消・緩和させる。これを可能にしたのが「テニスボール刺激」療法です。【解説】酒井慎太郎(さかいクリニックグループ代表・柔道整復師)


【腰痛対策】その"痛み"が病院の画像診断で「異常なし」と言われる理由

【腰痛対策】その"痛み"が病院の画像診断で「異常なし」と言われる理由

腰痛の経験があるかたは、整形外科でレントゲンやMRIの画像診断を受けたにもかかわらず「特に異常なし」と医師から告げられ、がっかりしたことはありませんか? 実は、静止画像がメインの診断では、痛みの真原因「関節のひっかかり」を見つけることは非常に困難なのです。【解説】酒井慎太郎(さかいクリニックグループ代表・柔道整復師)


【腰痛症の種類】原因と症状で対処法は違う "治し方"が分かるチェックリスト

【腰痛症の種類】原因と症状で対処法は違う "治し方"が分かるチェックリスト

腰の痛みは、特異的腰痛と非特異的腰痛の二つに分けられます。特異的腰痛には、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎圧迫骨折、変形性腰椎症、腰椎変形すべり症があげられますが、非特異的腰痛は骨などに異常が見当たらない腰痛(ぎっくり腰など)で患者の85%が当てはまります。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)


【腰が痛い!】腰痛改善には"うんこ座り"が効果 ヤンキー座りストレッチのやり方

【腰が痛い!】腰痛改善には"うんこ座り"が効果 ヤンキー座りストレッチのやり方

ヤンキー座りとは、股を広げてしゃがんだ姿勢のこと。俗に、「ヤンキー(不良)」と呼ばれる少年少女たちが、コンビニエンスストアの前などにたむろしているときによく取っているのが、このポーズです。実は、このヤンキー座りの姿勢こそ、腰痛の特効ストレッチになるのです。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)


【やり方】慢性腰痛やギックリ腰の痛みがすぐ和らぐ「足の筋肉はがし」

【やり方】慢性腰痛やギックリ腰の痛みがすぐ和らぐ「足の筋肉はがし」

天城流湯治法では、腰痛に限らず急性期の炎症(外傷など)を除く痛みのほとんどは、血流などの滞りによって起こると考えています。体のどこかに滞りがあり、それによって筋肉と骨が癒着を起こし腱が引っ張られて痛みが起るという理論です。その考え方だと、腰痛の原因は腰にあるとは限りません。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


腰痛の対処【ぎっくり腰の応急処置】安静はNG 動かして"伸ばして治す"ストレッチ

腰痛の対処【ぎっくり腰の応急処置】安静はNG 動かして"伸ばして治す"ストレッチ

ぎっくり腰とは、正式名称を急性腰痛症といいます。前屈をしたり、咳やくしゃみをしたりといったことが原因で、腰に激痛が走ったり、急激に脱力したりする症状が起こります。効果的な対処法として、「自重けん引」と「壁押しストレッチ」をご紹介します。【解説者】久野木順一(日本赤十字社医療センター整形外科センター長)


腰痛の原因は椎間板の水分が抜けていた 私は「水飲み」で手術を回避できた!

腰痛の原因は椎間板の水分が抜けていた 私は「水飲み」で手術を回避できた!

水を飲むことと、腰痛を改善することは、決して無関係ではありません。朝起きてから、小まめに水を飲み続け、その日寝るまでに約4Lの水を飲むようにしました。そして、翌朝目が覚めると、ウソのように痛みが軽減していたのです!【体験談】北川貴英(ロシア武術「システマ」インストラクター)


【首置き枕】で20年患っていた腰痛が治った!ギックリ腰の不安からも解放された!

【首置き枕】で20年患っていた腰痛が治った!ギックリ腰の不安からも解放された!

会社員として働いていた20代のころ慢性的な腰痛に悩まされていました。30歳を過ぎて飲食業につくと立ち仕事で足腰を使う機会が増えさらに腰に負担がかかるようになりました。そして40歳の頃、家族で外食に行ったときカウンターの高いイスから変な体勢で降り、ギックリ腰になってしまったのです。【体験談】本田麻衣子(飲食業・46歳)


【腰痛改善にサバ缶】脊柱管狭窄症 腰椎椎間板ヘルニアの症状に効果あり

【腰痛改善にサバ缶】脊柱管狭窄症 腰椎椎間板ヘルニアの症状に効果あり

腰痛の原因は加齢だけではありません。腰痛を改善するには、食事で十分な栄養をとり、骨や筋肉の衰えにブレーキをかけることが大切です。脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアも栄養不足を補うことで改善するのです。お勧めしたいのが「魚の缶詰」です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)


側わん症が原因の腰痛、頭痛が消失!「首置き枕」で体のゆがみが取れた

側わん症が原因の腰痛、頭痛が消失!「首置き枕」で体のゆがみが取れた

私は、中学時代から頭痛持ちで、ひんぱんに鎮痛薬を飲んでいました。社会人になった20歳のころから、腰痛にも悩まされるようになりました。たまたま受けたレントゲン検査で、背骨が歪んでいる「側わん症」であることが判明。レントゲン写真では、正面から見てS字になっているのがわかりました。【体験談】増崎志保(会社員・45歳) 


【腰痛改善・再発予防】猫背を矯正して体を左右対称に戻すセルフケア「肩の後ろ回し」

【腰痛改善・再発予防】猫背を矯正して体を左右対称に戻すセルフケア「肩の後ろ回し」

前かがみで仕事をしたりスマートフォンを操作したりすることが多い現代人は、肩甲骨が外側に開き、肩が前に出てネコ背になっています。この状態を「巻き肩」とか「肩が巻いている」といいます。重心を戻すには、この前傾姿勢を正さなければなりません。腰痛の改善・再発予防に「肩の後ろ回し」を紹介します。【解説】笹岡丈裕(笹岡整骨院院長)


【腰痛改善】ほぐすのは「筋肉」ではなく「膜」だった!うつぶせでユラユラするだけで痛みが消失する

【腰痛改善】ほぐすのは「筋肉」ではなく「膜」だった!うつぶせでユラユラするだけで痛みが消失する

昨今、治療業界では「体の痛みは、筋膜のゆがみが原因」という考え方がブームになっています。筋膜とは筋肉を包んでいる薄い膜を指します。この筋膜のゆがみをリセットし、体の痛みを取り除こうと多くの治療家や識者がさまざまな手段でアプローチしています。【解説】舟波真一(理学療法士・バイニーアプローチセンター代表)


【1本巻くだけ】腰痛・ひざ痛が改善したと症例続出中!「ひもトレ」の奇跡

【1本巻くだけ】腰痛・ひざ痛が改善したと症例続出中!「ひもトレ」の奇跡

「ひもトレ」とは、1本のひもを体に巻いて引き出された反応や機能を使うことで、体のバランスを整え、運動感覚を養うトレーニング法です。クセを改善する効果で体にかかっていた余計な負荷がなくなることで、結果的に体のコリが取れたり、腰痛やひざ痛をはじめとする関節痛を改善するのです。【解説】小関勲(バランストレーナー)


筋金入りの腰痛が改善!歩き方を変えると首や肩のコリも軽快し、美姿勢に

筋金入りの腰痛が改善!歩き方を変えると首や肩のコリも軽快し、美姿勢に

高校生のときから整形外科にお世話になり、腰椎の牽引をしてもらったり、カイロプラクティックに通って施術を受けたりしていましたが、特に病名もつかず、慢性腰痛と診断されました。「腰痛や肩こりとは一生つきあっていくしかないのだろう」と思っていた私が行ったのは「かかと体重」です。【体験談】長谷川志乃ぶ(千葉県・53歳歯科医師)


【柔道整復師が解説】腰痛改善の特効ポイントは“アキレス腱” 蒸しタオルで温めよ!

【柔道整復師が解説】腰痛改善の特効ポイントは“アキレス腱” 蒸しタオルで温めよ!

アキレス腱が腰痛とかかわりがあるなどとは、想像できなくても無理はありません。しかし、両者の間には密接な関係があり、アキレス腱は、腰痛解消の特効ポイントともいってよい場所なのです。アキレス腱を温めることで、腰を含めた下半身全体の血行を促すことができます。【解説】宮田寿望(ホロンハーモニー代表・柔道整復師・整体師)