腰痛を改善する健康法

「腰痛」は、男性では1番目、女性でも肩こりに次いで2番目に訴えの多い症状です。腰痛の多くは、腰椎に負担がかかったり障害が起こったりすることで発症します。しかし、腰痛のうち、はっきりと原因が特定できるものは、わずか15%程度。残りの85%は、レントゲンなどの検査をしても原因が特定できないといわれています。このページは、腰痛の改善に役立つ健康法の一覧です。


腰痛を改善する健康法の健康情報一覧

骨盤の中央【仙骨】を温めると、腰痛や肩こり、便秘が大改善!やせ体質に!

骨盤の中央【仙骨】を温めると、腰痛や肩こり、便秘が大改善!やせ体質に!

私の治療院では、体の不調の改善を目的に、仙骨の矯正をしています。仙骨は骨盤の中央にあり、背骨のいちばん下とつながっている二等辺三角形の形をした骨です。一つの大きな骨に見えますが、実は五つの骨で構成されており、それぞれが微妙に動くことで体のバランスを保っています。【解説】青山 正(荻窪接骨院院長)


【やり方】3秒反らすだけ!「これだけ体操」で腰痛は改善できる

【やり方】3秒反らすだけ!「これだけ体操」で腰痛は改善できる

腰痛で受診すると多くの場合、痛みが治まったらストレッチや筋トレをするよう指導されます。私自身も、以前は患者さんにそのように勧めていましたが真の腰痛対策にはなかなか結び付いていない現実が、あったのです。【解説】松平 浩(東京大学医学部附属病院22世紀医療センター運動器疼痛メディカルリサーチ&マネジメント講座特任准教授)


【医師解説】「これだけ」で治る!変形性腰椎症、すべり症、筋膜性腰痛症と診断されたら

【医師解説】「これだけ」で治る!変形性腰椎症、すべり症、筋膜性腰痛症と診断されたら

坐骨神経痛や脊柱菅狭窄症のような原因が特定できる病気と違い、治らない腰痛、原因がわからない腰痛にも、変形性腰椎症、腰椎椎間板症、腰椎すべり症、筋膜性腰痛、ぎっくり腰という病名がつくことがあります。【解説】松平 浩(東京大学医学部附属病院22世紀医療センター運動器疼痛メディカルリサーチ&マネジメント講座特任准教授)


前かがみの人の腰痛に有効!体を伸ばして腰を回しお尻を鍛える「ほのまき体操」

前かがみの人の腰痛に有効!体を伸ばして腰を回しお尻を鍛える「ほのまき体操」

肩こりや腰痛を自分で治したい、体力をつけたい、という人のために、体を整えるための四つの要素「ほぐす・伸ばす・回す・鍛える」の頭文字をとった「ほのまき体操」をご紹介します。【解説】岩月麻里(おばた治療室代表)


一年分の肩こりがコレで消える!そしてやせる!O脚も改善!

一年分の肩こりがコレで消える!そしてやせる!O脚も改善!

腰痛、肩こり、ひざ痛などの症状を改善するポイントは、ズバリ「肩甲骨(背中の上部左右にある一対の骨)を動かすこと」。そこで、肩甲骨をほぐす「腕振り」をご紹介します。【解説】北濱みどり(国際中医師A級・社会福祉士)


ランキング


>>総合人気ランキング