血管の若返り

耳たぶのシワ、まぶたのコブ、 足の左右差は要注意。動脈硬化は見た目でわかる!

糖尿病を改善する食事

血圧、血糖値が下がって インスリン注射を回避!タマネギス...

レシピ

今ある「うつ」が消えていく食事 実践レシピ 主食編

最新の投稿


【眼科医から】目の不調には「爪もみ」が一番!老眼や近視、飛蚊症にも効果的

【眼科医から】目の不調には「爪もみ」が一番!老眼や近視、飛蚊症にも効果的

爪の生え際にある井穴というツボを押しもみすることで、老眼などに対して高い改善効果を発揮する「爪もみ」をご紹介します。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【首の後ろ】美容院での蒸しタオル、実は医学的にとても良いサービス

【首の後ろ】美容院での蒸しタオル、実は医学的にとても良いサービス

美容院ではシャンプー後、蒸しタオルを後ろ首に当ててくれるところが多いようです。とても心地よく、寝入ってしまう人も多いと聞きます。蒸しタオルを外したあとは顔色がよくなり、視界が明るくなるのを実感するでしょう。これは、気のせいではありません。医学的に説明できる現象です。【解説】沼田光生(海風診療所院長)


【じんわり温まる】眼科医も実践!「アレ」を枕にすると目が若返る!老眼や近視も撃退

【じんわり温まる】眼科医も実践!「アレ」を枕にすると目が若返る!老眼や近視も撃退

皆さんは、目が疲れてきたときに、首の後ろをもんだり、たたいたりすることはありませんか。無意識に行っているそれらの行為は、実はとても理にかなっているのです。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


「めまい」は首こりが原因のことも―患者の約7割以上が効果を実感【首の3点押し】

「めまい」は首こりが原因のことも―患者の約7割以上が効果を実感【首の3点押し】

私は、首のこりを医院で治療するほか、「首の3点押し」など、自宅でできる方法も指導しています。その結果、今までどんな治療を施しても、改善がみられなかった患者さんでも、1ヵ月以内に治療効果を得ています。【解説】入野宏昭(IR健康管理システム 入野医院院長)


【高血圧の新常識】血圧はあまり気にし過ぎてはダメ!

【高血圧の新常識】血圧はあまり気にし過ぎてはダメ!

読者の皆さんのなかには、血圧が高くなることを気にしておられるかたもいらっしゃるでしょう。しかし、私は医師として、それはあまり意味がないと断言します。【解説】松本光正(関東医療クリニック院長)


【使うのはタオルだけ】従来に比べ格段に簡単!看護師が考案した骨盤ケア

【使うのはタオルだけ】従来に比べ格段に簡単!看護師が考案した骨盤ケア

骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在、多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけという場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った、「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)


【循環器の名医考案】スルッと便が出てトイレ中の脳卒中を予防「1分セルフケア」

【循環器の名医考案】スルッと便が出てトイレ中の脳卒中を予防「1分セルフケア」

「朝、トイレで倒れた」といって来院した男性がいました。検査の結果、その人は、瞬発的に血圧が急上昇するタイプだと判明。トイレでいきんだことで血圧が上がり、めまいを起こしたのでしょう。ふろ場で脳卒中を起こしやすいことは知られていますが、実はトイレでの事故も多いのです。【解説】小谷嘉一(小谷クリニック院長・医学博士)


【緑内障の名医推奨】「目の温パック」で患者の眼圧が下がった! 実用視力も回復

【緑内障の名医推奨】「目の温パック」で患者の眼圧が下がった! 実用視力も回復

現在、日本では、40代の20人に1人、70代の10人に1人が緑内障といわれています。しかし、その多くの人は、自分が緑内障だと気づいていません。【解説】平松 類(東大宮総合病院眼科科長)


「頭位めまい症」は自分で治せる!専門医が考案「寝返り運動」

「頭位めまい症」は自分で治せる!専門医が考案「寝返り運動」

良性発作性「頭位めまい症」は、グルグル回る回転性、もしくはグラグラ・フラフラする動揺性のめまいが特徴です。女性、特に高齢者に多いのも特徴ですが、若い人に無縁という訳ではありません。サッカー女子元日本代表の澤穂希さんがかかった病気として知られています。【解説】肥塚 泉(聖マリアンナ医科大学教授)


【医師解説】ダイエットに最適!酢タマネギの効果をもっと高めるコツ

【医師解説】ダイエットに最適!酢タマネギの効果をもっと高めるコツ

酢タマネギを20年近く愛食され、患者さんにも勧めてきた周東寛先生。酢タマネギの幅広い効果について、それぞれのメカニズムと、効果を高める方法をお話しいただきました。【解説】周東 寛(医学博士・南越谷健身会クリニック院長)


【温めてから押す】首のココを押すと血圧が下がると医師が報告

【温めてから押す】首のココを押すと血圧が下がると医師が報告

首のスジを押し、体を温めて、首の後ろのコリを解消することで、さまざまな病気や病状が治ります。首のスジを押すことは、高血圧を改善するのにも威力を発揮します。私は、これまで患者さんに実際に試して、多くの人の血圧が下がった例を見てきました。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


前かがみの人の腰痛に有効!体を伸ばして腰を回しお尻を鍛える「ほのまき体操」

前かがみの人の腰痛に有効!体を伸ばして腰を回しお尻を鍛える「ほのまき体操」

肩こりや腰痛を自分で治したい、体力をつけたい、という人のために、体を整えるための四つの要素「ほぐす・伸ばす・回す・鍛える」の頭文字をとった「ほのまき体操」をご紹介します。【解説】岩月麻里(おばた治療室代表)


【首の後ろ】をこすると 視界がクリアに なぜ効くのか?

【首の後ろ】をこすると 視界がクリアに なぜ効くのか?

私はこれまで、多くの緑内障の患者さんを鍼で治療してきました。10数年前、その経験の中で気づいたことがあります。緑内障の患者さんは、後頭部と首の境目辺りが非常にこっている人が多いのです。【解説】内田輝和(倉敷芸術科学大学生命科学部教授・鍼メディカルうちだ院長)


【医師解説】骨盤臓器脱~女性特有の病気(体験談付き)

【医師解説】骨盤臓器脱~女性特有の病気(体験談付き)

膣口から子宮や膀胱などの臓器が脱出するのは、骨盤臓器脱という女性特有の病気です。現在、40代以上の女性の10人に1人が、この病気に悩んでいるといわれており、決してまれな病気ではありません。【解説】竹山政美(第一東和会病院女性泌尿器科ウロギネコロジーセンター長)


【デザート編】今ある「うつ」が消えていく食事 実践レシピ

【デザート編】今ある「うつ」が消えていく食事 実践レシピ

多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めのデザートを紹介します。【解説】功刀 浩(国立精神・神経医療研究センター 神経研所


ランキング


>>総合人気ランキング