医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

最新の投稿


酢やレモンを食事にかけて血糖値上昇を抑える!糖尿病や肥満の予防方法

酢やレモンを食事にかけて血糖値上昇を抑える!糖尿病や肥満の予防方法

血糖値の急激な上昇を抑えるための食材は、酢と牛乳です。ご飯にキュウリの酢の物を合わせれば「ご飯だけ」より食後血糖値の上昇がゆるやかに。同じキュウリでも、漬物で血糖値は上がりやすくなってしまいます。酢の代わりに、レモンやライム、スダチやユズも効果的です。【解説】林進(東京慈恵会医科大学附属柏病院栄養部・管理栄養士)


【最新リハビリ】脳の機能が回復する「手の指体操」は認知症の予防にも効果

【最新リハビリ】脳の機能が回復する「手の指体操」は認知症の予防にも効果

脳を効率よく活性化させるには、指先をよく使う精密把握と、手のひらで握る強制把握の両方を鍛える必要があります。特に重要なのが精密把握で、認知症や脳機能障害のリハビリで改善を期待するには、とりわけ重要になります。【解説】久保田競(京都大学名誉教授)


アンチエイジングに有効!腸内環境を改善する甘酒酵素水の作り方

アンチエイジングに有効!腸内環境を改善する甘酒酵素水の作り方

私はこれまで、「50代なのに30代に見える医師」として多くの著書を出してきましたが、ついに還暦を迎えました。しかし、老化するどころか、体調は非常に良好で、元気はつらつです。髪もフサフサで、60代には見られない自信があります。【解説】南雲吉則(ナグモクリニック総院長)


【黒ゴマの効能】薬剤師が伝授!黒ごまの育毛効果と不妊症への実績

【黒ゴマの効能】薬剤師が伝授!黒ごまの育毛効果と不妊症への実績

黒ゴマを積極的にとることで、抜け毛や白髪が減り、黒髪が生えるという現象は、漢方の世界から見ると、実に理にかなっています。漢方では、黒ゴマに「若返り効果」や「活力増強効果」があるとされているからです。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【血糖値が下がった医師】サキベジで200mgの血糖値 11%のHbA1cが基準値に

【血糖値が下がった医師】サキベジで200mgの血糖値 11%のHbA1cが基準値に

私のピーク時の体重は148kgありました。糖尿病と診断され、インスリン注射を始めました。それでも血糖値は200mg/dlを超え、ヘモグロビンA1cは11.1%もありました。サキベジを始めてみたところ、面白いように体重が落ち始めました。【解説】内場廉(長野市国保大岡診療所所長)


【糖尿病専門医】大切なのは食べる順番 従来の食事療法では血糖値は下がらない

【糖尿病専門医】大切なのは食べる順番 従来の食事療法では血糖値は下がらない

私が提案しているのが「食べる順番療法」です。野菜→おかず→ごはんの順番に食べることで、食後の血糖値の急上昇を防ぐ療法です。食べ順療法を続けると、少ないインスリンを分泌する能力自体が改善します。そのため、減薬やインスリン注射を卒業することも可能なのです。【解説】梶山靜夫(梶山内科クリニック院長)


【食べる順番】糖尿病の食事療法 血糖値の上昇を緩やかにする食べ方

【食べる順番】糖尿病の食事療法 血糖値の上昇を緩やかにする食べ方

「食べ順療法」は、極端にいえば、食事の最初にまず野菜を食べる、それだけでよいのです。ただ、より確実な効果を得るために押さえておきたいコツがあります。普段、糖尿病の患者さんに食事指導をしている管理栄養士の立場からお話ししましょう。【解説】今井佐恵子(京都女子大学家政学部食物栄養学科教授農学博士・管理栄養士)


【ノジェの耳介療法】ひざ痛によく効く特効ツボは「耳」にある

【ノジェの耳介療法】ひざ痛によく効く特効ツボは「耳」にある

西洋医学以外の手法を実践するなかで、私が最も興味を引かれたのが「耳介医学」です。耳のツボを刺激し、全身の症状を治す手法で、フランスの整形外科医ポール・ノジェが1956年に発見し、体系化しました。【解説】吉田宗平(関西医療大学学長・保健看護学部教授)


黒ゴマは抜け毛や白髪の改善に効果あり 私は「黒ごま牛乳」を愛飲

黒ゴマは抜け毛や白髪の改善に効果あり 私は「黒ごま牛乳」を愛飲

「黒い食べ物が体にいい」といわれるのは、黒い色素に、ポリフェノールやアントシアニンなどの抗酸化成分が多く含まれているからです。ですので、せっかく食べるのなら、白ゴマよりも黒ゴマをお勧めします。もう一つ、髪のトラブルに悩むかたに特にお勧めしたい食品は、牛乳です。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)


【きな粉牛乳の効果】便秘解消やダイエットのほか、白髪・薄毛の改善も!

【きな粉牛乳の効果】便秘解消やダイエットのほか、白髪・薄毛の改善も!

きな粉牛乳をご存知ですか。作り方は、牛乳コップ1杯(約180ml)にスプーン1〜3杯のきな粉を入れて良く混ぜるだけ、という簡単レシピ。きな粉ドリンクを毎日飲めば、便秘解消や骨粗鬆症の改善、ダイエットに効果を発揮するといわれています。男性にも女性にもお勧めです。【レポート】速水千秋(医学ジャーナリスト)


【膝が痛い】ひざ痛の8割は軟骨がすり減る変形性膝関節症 原因と症状・治し方

【膝が痛い】ひざ痛の8割は軟骨がすり減る変形性膝関節症 原因と症状・治し方

変形性膝関節症や、その他の原因によるひざの痛みも含めて、診断法や治療法、運動をはじめとする対処法をご紹介します。膝痛の原因が、半月板損傷、関節リウマチ、偽痛風のケースもあります。ひざ痛改善の参考にしてください。【解説】石橋英明(NPO法人高齢者運動器疾患研究所代表・医療法人社団愛友会 ・伊奈病院整形外科部長)


【作り置きおかず】血糖値が上がりにくい「野菜と魚」のダイエットメニュー

【作り置きおかず】血糖値が上がりにくい「野菜と魚」のダイエットメニュー

野菜、キノコ、海藻類、魚、酢など、たくさん食べても血糖値が上がりにくい食材や調味料があります。それらの素材を活用し、作り置きもできるとっておきおかずを紹介します。おなかも味も大満足のレシピです。【料理・レシピ考案・栄養計算】若宮寿子(若宮ヘルシークッキングスタジオ主宰)


体重が減り、血圧や血糖値が改善!長続きする糖質制限ダイエットのやり方

体重が減り、血圧や血糖値が改善!長続きする糖質制限ダイエットのやり方

私は糖尿病で、ビクトーザという治療薬を1日1回注射、主食を1食抜く糖質制限食を行っていましたが、なかなか痩せず、ダイエット入院をしました。200mg/dl以上の血糖値が退院後1ヵ月で140mg/dl以下に、ヘモグロビンA1cは7%台から6%台に下がり薬を中止できました。【体験談】上田智之(仮名・会社員・60歳)


【私のゆるやか糖質制限】ダイエットに成功して糖尿病予備軍から脱出!

【私のゆるやか糖質制限】ダイエットに成功して糖尿病予備軍から脱出!

人間ドックで空腹時の血糖値が186mg/dl、ヘモグロビンA1cが6.2%あることが判明。体重は83kgで「太りすぎ」と判定されました。自宅で糖質制限食を行っところ、空腹時血糖は一度も100mg/dlを超えず、ヘモグロビンA1cも正常値を保っており、糖尿病予備軍から脱出できました。【体験談】保坂こずえ(主婦・61歳)


【お酢の健康効果】高血圧対策に 血圧を下げる、食後血糖値を緩やかにすると判明

【お酢の健康効果】高血圧対策に 血圧を下げる、食後血糖値を緩やかにすると判明

酢には、数多くの効能が科学的に証明されています。酢の主成分である「酢酸」には、血圧を上昇させるホルモンを穏やかに抑制する働きがあります。それだけではありません。酢には、糖の吸収を穏やかにして、食後の血糖値の上昇を抑制する効果もあります。【解説】小泉幸道(東京農業大学名誉教授)