医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

最新の投稿


「セルフ経絡ヘッドケア」で顔のむくみがすっきり!鼻も少し高くなった

「セルフ経絡ヘッドケア」で顔のむくみがすっきり!鼻も少し高くなった

「セルフ経絡ヘッドケア」を自宅で行っていたところ、目に見えて顔が変わってきたので驚いています。周囲の人たちからも「顔が小さくなったね」とか「目がパッチリした」と言われたので、私の思い込みではなく、ほんとうに変わってきたのだと思います。【体験談】新島幸枝(パート勤務・53歳)


「シソ酢」が効果!飲むだけでドライマウスが大改善!口の体操より効く

「シソ酢」が効果!飲むだけでドライマウスが大改善!口の体操より効く

今までバストと同じくらいの幅だったおなかが引っ込んだおかげで、ボディーラインにメリハリがつきました。あるとき美容院で襟足をカットする際に下を向いたら、あごのお肉がなくなっていることに気づきました。小顔になったせいか、いつもつけていた口紅も以前よりキレイに見えます。【体験談】黒川令(仮名・主婦・68歳)


大統領夫人が絶賛!女優も愛飲する美肌ドリンク「抹茶レモン」の作り方・飲み方

大統領夫人が絶賛!女優も愛飲する美肌ドリンク「抹茶レモン」の作り方・飲み方

美容家だった私の母、メイ牛山が、40年以上も前に考案した「抹茶レモン」。抹茶とレモン汁、水、ハチミツという、身近な材料を混ぜるだけでできるという手軽さも、魅力の一つです。【解説】ジェニー牛山(学校法人メイ・ウシヤマ学園 ハリウッド大学院大学教授)


東大合格者数が倍増した!10分の「昼寝」効果で部活も大躍進

東大合格者数が倍増した!10分の「昼寝」効果で部活も大躍進

本来、高校生の睡眠時間は8時間必要で、最低でも7時間は寝ないと、思考力や記憶力、体調面で支障をきたすことが多くなります。朝早くから遅くまで勉強やクラブ活動をがんばっていても、睡眠不足がじゃまをして、その時間に見合う効果が現れているかは疑問でした。【解説】内村直尚(久留米大学医学部神経精神医学講座教授)


【耳鳴り・めまいが面白いほど改善】「ある1点」を押しながら首を回すだけ!

【耳鳴り・めまいが面白いほど改善】「ある1点」を押しながら首を回すだけ!

めまいや耳鳴りを起こす人は首が硬くこわばっています。ところが、月状骨を押しながら首を動かすと、面白いようにこわばりが取れて、動かしやすくなるのです。すると、めまいや耳鳴りが大幅に改善します。同じ方法で、ストレートネックも改善できます。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)


毎日食べて疲労回復!血圧を下げる食べ物「無塩梅干し」の効果

毎日食べて疲労回復!血圧を下げる食べ物「無塩梅干し」の効果

東洋医学でいう五臓のうち「腎」は生命の源。腎が衰える「腎虚」に該当すると、ホルモン代謝や泌尿器系・生殖器系・免疫系といった、生命維持に欠かせない機能が低下します。そんなかたに、私がお勧めしているのが「無塩梅干し」です。 【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長・鍼灸師)


200ミリを超える血圧が下がった!タオルを握るだけで110ミリに降下

200ミリを超える血圧が下がった!タオルを握るだけで110ミリに降下

思っていた印象より、ずっと軽い力で握ることがわかりました。助かったのは、パソコンの画面を見ながらの仕事中でも行えることです。私は、右手で2回やってから、左手で2回行うようにしています。パソコンの前に座ると、「忘れないうちにやっておこう」という感じで毎日続けました。【体験談】牧田日登美(仮名・自営業・58歳)


【睡眠薬の種類は4タイプ】薬との正しいつきあい方・やめ方(医学博士解説)

【睡眠薬の種類は4タイプ】薬との正しいつきあい方・やめ方(医学博士解説)

必要以上に睡眠にこだわらず、「日中眠くならなければ睡眠は足りている」と考えましょう。「眠れないけれど、昼間は全然眠くならない」という人も、不眠治療をする必要はありません。睡眠が足りているのに眠れないと訴えるかたがたには、薬を出すのではなく、考え方を変えてもらうことが大事です。【解説】櫻井武(筑波大学医学医療系教授)


重度の認知症にも改善効果を発揮!専門医が「耳もみ」を勧める理由

重度の認知症にも改善効果を発揮!専門医が「耳もみ」を勧める理由

近年、記憶と関連の深い脳の海馬などでは、新しい細胞が毎日生まれていると判明しています。ですから、脳の萎縮が進んでも、それをカバーする脳内の環境作りは十分可能だといえます。今からでも遅くはありません。耳もみを早速実践して、脳の血流を活発にしてください。【解説】広川慶裕(ひろかわクリニック院長)


ジージーと不快な耳鳴りにレモン酢が効果絶大!私のレモン酢活用法

ジージーと不快な耳鳴りにレモン酢が効果絶大!私のレモン酢活用法

常に耳元で、セミがジージーと鳴くような音が聞こえ、不快でたまりませんでした。レモン酢をドリンクや食事に活用していたところ、ジージーという音の大きさと頻度がだんだん少なくなっていき、レモン酢を飲み始めて1年が過ぎる頃には、ほとんど気にならなくなったのです。【体験談】伊藤洋子(主婦・61歳)


シミくすみ解消【足の指回しの美容メリット】冷えを撃退して痩せ体質に一変!

シミくすみ解消【足の指回しの美容メリット】冷えを撃退して痩せ体質に一変!

足指が動くようになると、血流がよくなり、全身の冷えが改善します。体温が上がると代謝がアップして脂肪を燃焼する効果が高まり、太りにくくなります。いわゆる「ヤセ体質」になるというわけです。血流がよくなれば、むくみも解消し、肌のくすみ、シミ、シワなどの改善が期待できます。【解説】寺井美佐栄(シロノクリニック池袋院院長)


【即効・顔痩せ】鼻が高くなる効果「セルフ経絡ヘッドケア」のやり方

【即効・顔痩せ】鼻が高くなる効果「セルフ経絡ヘッドケア」のやり方

「セルフ経絡ヘッドケア」は、マッサージではなく、頭皮を引っ張って伸ばす、いわば頭皮ストレッチです。皮膚と筋肉は、短い時間ですが、刺激や動きを記憶します。毎日、ていねいに引き上げると、記憶の時間が長くなり、リフトアップした状態を維持できるようになります。【解説】谷口光利(日本ボディーケア学院学院長)


「酢大豆」でお腹がスッキリ!食事で体を内側から整えよう

「酢大豆」でお腹がスッキリ!食事で体を内側から整えよう

酢大豆は、酢だけでなく、良質なたんぱく質を豊富に含む大豆も同時に摂取できます。食物を口から摂取するという行為は、いわば「食の整体」といえるでしょう。取り入れられた栄養素が、体の内部から全身の違和やゆがみを整えてくれる、という考え方です。【解説】中村守(盛岡せんぼくバランス治療院院長)


【体験談】オクラ水を「朝と寝る前」に飲み続けたら座骨神経痛が改善!

【体験談】オクラ水を「朝と寝る前」に飲み続けたら座骨神経痛が改善!

オクラ水を、私は朝起きてすぐに200ml、寝る前に200ml飲みます。3ヵ月ほど経ったある日、私はふと、「なんだか最近、調子がいいな」と気づきました。あんなに痛かった座骨神経痛が気にならず、慢性的にあった肩こりも、いつの間にか楽になっていたのです。【体験談】村上聖司(トラック整備士・48歳)


耳鼻科医監修! 聴力が回復する【耳鳴り・難聴】特効レシピ

耳鼻科医監修! 聴力が回復する【耳鳴り・難聴】特効レシピ

食事療法は、内科の病気だけに有効なわけではありません。耳鳴りや難聴といった耳の症状に対しても、食事は大きな影響を与えます。ふだんの食生活を見直すだけでも、症状の緩和につながるでしょう。【監修】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)【料理・スタイリング】結城寿美江(料理研究家)