最新の投稿


【酢キャベツダイエット】驚きの43kg減!自らやせた医師のビフォーアフター大公開

【酢キャベツダイエット】驚きの43kg減!自らやせた医師のビフォーアフター大公開

一般的に、生活習慣病である高血圧、高脂血症、糖尿病のほとんどは、食べすぎが原因で起こっています。このため、サキベジを続ければ、食べすぎを防ぎ、血糖値の急上昇を防ぐことが可能になり、ダイエットすることができるのです。【解説】内場廉(長野市国保大岡診療所所長)


【肉ファースト食】低血糖の原因は糖質依存!眠気・だるさを撃退する食事法

【肉ファースト食】低血糖の原因は糖質依存!眠気・だるさを撃退する食事法

低血糖症の人には、共通点があります。それは、糖質を知らず知らずのうちにたくさんとっており、糖質依存の体質に陥っていることです。低血糖症が招くさまざまな不調を改善するには、この糖質への依存体質から抜け出さなければなりません。そのための重要なポイントが、五つあります。【解説】溝口徹(新宿溝口クリニック院長)


【下半身太りを解消】便秘やむくみに役立つ食べ物「小豆ダイエット」漢方医が解説

【下半身太りを解消】便秘やむくみに役立つ食べ物「小豆ダイエット」漢方医が解説

あずきを配合した漢方薬「赤小豆湯」は、利尿効果が高いことで知られています。心臓病や腎臓病、脚気など、むくみが生じる病気全般に、昔からよく使われているのです。赤小豆湯の簡易版として、家庭で飲むのにお勧めしたいのが「あずきスープ」です。【解説】岡田研吉(銀座・研医会診療所漢方科医師)


【脳研究】認知症・うつ予防に効果的なウォーキングのポイント2点「しりとり」「知らない町」

【脳研究】認知症・うつ予防に効果的なウォーキングのポイント2点「しりとり」「知らない町」

認知症を予防するために、どんなことを心がけるべきか。脳に関する研究の進展によって、その方向性がしだいに見えてきました。最も勧められるものが運動です。とはいえ、サッカーやテニスのような、激しいものをする必要はありません。【解説】瀧靖之(東北大学加齢医学研究所教授・医師・医学博士)


【医師解説】コレステロールを下げる薬は本当に必要?知ってほしい副作用

【医師解説】コレステロールを下げる薬は本当に必要?知ってほしい副作用

コレステロール値の高い脂質異常症(高脂血症)は、高血圧と同様で、基準値を低く設定することによって作られた病気です。安易に薬を飲む必要はありません。最近では、コレステロール値が高い人のほうが長生きだというデータが発表されています。【解説者】松田史彦(松田医院和漢堂院長)


【読者アンケート】顔の悩みは何ですか?自分の顔は好きですか?

【読者アンケート】顔の悩みは何ですか?自分の顔は好きですか?

『ゆほびか』携帯サイト会員の皆様に「顔の悩み」に関するアンケートを行い、674名のかたから回答をいただきました。顔は皆さん関心が高く、それだけ悩みも尽きないということがわかりました。ご協力ありがとうございました。顔の悩みを解決する秘策をご紹介します!【構成】『ゆほびか』編集部


更年期障害や頻尿が改善する「目の温め方」“眉毛”まで温めると美肌効果も

更年期障害や頻尿が改善する「目の温め方」“眉毛”まで温めると美肌効果も

私の治療院では、主に女性の患者さんを対象に施術を行っています。実際、目を温めるセルフケアを続けている患者さんからは、「生理不順が改善して周期が整った」「生理痛や、生理前の不快な症状が改善した」といった声が寄せられています。【解説】重永志帆(Ohanaroom鍼灸治療院院長)


【糖尿病】薬物治療の副作用って? 認知症を招く「無症状性低血糖」動脈硬化を招く「血糖値スパイク」に注意!

【糖尿病】薬物治療の副作用って? 認知症を招く「無症状性低血糖」動脈硬化を招く「血糖値スパイク」に注意!

糖尿病の薬物治療で最も心配な副作用は、実は低血糖です。低血糖をくり返すと、認知症、心不全といった病気の発症率が高くなります。特に高齢者の場合は、無症状性低血糖をくり返すうちに、認知症になる例がよくあります。同じく気をつけたいのが「血糖値スパイク」と呼ばれる状態です。【解説者】長尾和宏(長尾クリニック院長)


【症状別に効く】歩数と歩き方が判明!基本は1日8000歩・20分の速歩き

【症状別に効く】歩数と歩き方が判明!基本は1日8000歩・20分の速歩き

昼間お勤めをしている人は、平日に外出や散歩の時間を取ることが難しいかもしれません。駅までの道を速足で歩く、職場の一つ手前の駅で降りて歩く、エレベーターやエスカレーターは使わない、などを心がけるといいでしょう。【解説】青栁幸利(東京都健康長寿医療センター研究所運動科学研究室長)


140ミリの血糖値が90ミリに!膝痛が改善し、仕事復帰後の体調も良好なのは「オクラ水」のおかげ

140ミリの血糖値が90ミリに!膝痛が改善し、仕事復帰後の体調も良好なのは「オクラ水」のおかげ

糖尿病の投薬治療を受けていたものの血糖値は150〜160mg/dLと、高い状態が続きました。追い打ちをかけるように、「ひざの軟骨が壊死してはがれ落ちている」といわれたのです。私が始めたのは「オクラ水」でした。血糖値が、なんと90mg/dLに下がったのです。【体験談】越田隆憲(兵庫県・51歳・トラック運転手) 


【リーキーガット症候群とは】5cmの卵巣嚢腫が消えた人も 医師が勧める食事療法

【リーキーガット症候群とは】5cmの卵巣嚢腫が消えた人も 医師が勧める食事療法

腸に炎症が起こると、腸粘膜が本来体内に通すべきでないものを通してしまいます。すると、体の中で免疫の過剰反応が起こり、アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎・ぜんそくなどのアレルギー性疾患や、関節リウマチ・潰瘍性大腸炎・クローン病などを引き起こしてします。【解説】内山葉子(日本自律神経免疫治療研究会会員・葉子クリニック院長)


【ガス腹の解消法】梅雨時の便秘対策に「オリーブオイル」 ガス抜きに「腸もみ」

【ガス腹の解消法】梅雨時の便秘対策に「オリーブオイル」 ガス抜きに「腸もみ」

私のクリニックの患者さんは重症な便秘の人が多く、なかには1日50錠、100錠という、とんでもない量の下剤(便秘薬)を服用している人もいます。そんな便秘の患者さんたちを診ていて痛感するのが、梅雨時に「冷え」を訴える人が多いということです。なかでも特に目立つのが「おなかの冷え」です。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)


食べすぎを防ぐ!食前「酢キャベツ」ダイエット美味レシピ②

食べすぎを防ぐ!食前「酢キャベツ」ダイエット美味レシピ②

キャベツがダイエットにピッタリの食材というのは、皆さんご存じでしょう。食前にとれば、満腹中枢が刺激され、食べすぎを防げます。ご飯代わりにキャベツを食べれば、摂取する糖質量を減らすことができます。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


【困る】おならがよく出る 止まらない 臭すぎるのは病気? 対策は「この体操」

【困る】おならがよく出る 止まらない 臭すぎるのは病気? 対策は「この体操」

私のクリニックでは、冬場と、梅雨から夏にかけて便秘で来院する患者さんが増えます。その原因は、冬場の寒さと、夏場のエアコンの冷気。腸が冷え、働きが抑制されるからです。そんな人のために考案したのが、便秘を改善する「オリーブココア」です。おならの悩みを解消する簡単体操も紹介します。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)


【バレエダンサーの美容法】顔のむくみがとれ目がパッチリ!自然と笑顔になれる「日本酒マッサージ」

【バレエダンサーの美容法】顔のむくみがとれ目がパッチリ!自然と笑顔になれる「日本酒マッサージ」

芳原雅司先生には、8年ほど前からお世話になっています。日本酒マッサージを受けると、自然と体が上に引き上げられるような姿勢になり、バレエを踊るとき、とてもいいパフォーマンスができます。顔のマッサージは、先生にアドバイスしていただいて、家でも実践してます。【体験談】五島舞耶(東京都・役者・バレエダンサー)


ランキング


>>総合人気ランキング