食事療法

増加中【新型の脂肪肝】放っておくと肝硬変やガンに 食事療法で治す方法はコレ

腰痛を改善する健康法

【やり方】3秒反らすだけ!「これだけ体操」で腰痛は改善でき...

頻尿・尿もれ

【女性の尿もれ】医師の私が「腹圧性尿失禁」のTOT手術を決...

最新の投稿


【医師監修】脊柱管狭窄症が原因の「坐骨神経痛」が使い捨てカイロを貼ったら改善した体験手記

【医師監修】脊柱管狭窄症が原因の「坐骨神経痛」が使い捨てカイロを貼ったら改善した体験手記

私は70代後半までは、いたって健康体で、どこも悪いところがありませんでした。ところが、80歳を目前に、突如として体に異変が起こったのです。【体験談】石岡巌(大阪府●82歳●無職)


【冷やすな危険】ひざ痛は「使い捨てカイロ」で患部を温めれば、痛みは取れる

【冷やすな危険】ひざ痛は「使い捨てカイロ」で患部を温めれば、痛みは取れる

皆さんは、ひざが痛くなったとき、どのように対処していますか?患部を冷やしたり、湿布を貼ったりすることが多いのではないでしょうか。しかし、これは大きな間違いです。そんなことをしても、ひざ痛は改善しません。【解説】坂井 学(坂井医院院長)


【糖尿病の食事療法】糖質制限を無理なく成功させる新常識「8ヵ条」

【糖尿病の食事療法】糖質制限を無理なく成功させる新常識「8ヵ条」

糖質制限食に慣れるまでは、「ごはんを食べたい!」という衝動に駆られたり、口寂しくなったりするかもしれません。しかし、食事に対する意識や日常の行動を少し変えると、糖質を控えることに抵抗がなくなり、無理なく糖質制限食に取り組めるようになります。【解説】前川智(新潟労災病院消化器内科部長・医学博士)


【糖尿病】焼酎やブランデーはOK!医師が勧める「ゆるやか糖質制限食」のやり方

【糖尿病】焼酎やブランデーはOK!医師が勧める「ゆるやか糖質制限食」のやり方

 私が指導している糖質制限食は、肥満の解消・予防、糖尿病の予防、予備軍の血糖値の改善に主眼を置いています。そのため、糖質の制限は比較的ゆるやかに行います。【解説】前川 智(新潟労災病院消化器内科部長・医学博士)


【医師監修】実践的で効果が高い「糖質制限食」血糖値・ヘモグロビンA1cが下がりダイエットも成功する!

【医師監修】実践的で効果が高い「糖質制限食」血糖値・ヘモグロビンA1cが下がりダイエットも成功する!

私がお勧めする糖質制限食は、ごはんやパン、麺類などの主食(糖質)を少なめにして、肉、魚、豆類、野菜などおかずを多めに食べて、糖質の摂取量を減らす食事法です。糖質の摂取量を減らすことで、血糖値の上昇を抑え、糖尿病の改善、予防に結びつきます。【解説】前川智(新潟労災病院消化器内科部長・医学博士)


【牛乳コップ1杯】食事のときに飲めば、血糖値が上がりにくくなるーその効果は薬並みに強力

【牛乳コップ1杯】食事のときに飲めば、血糖値が上がりにくくなるーその効果は薬並みに強力

皆さんの食事のお伴は、どんな飲み物でしょうか。お水やお茶という人が多いと思いますが、血糖値が気になる人は、ぜひ食事どきに1杯の牛乳を飲んでください。【解説】林進(東京慈恵会医科大学附属柏病院栄養部・管理栄養士)


【血糖値を上げない】新常識!ご飯に「とろろ」や「納豆」をかけると、血糖値は上がりにくい

【血糖値を上げない】新常識!ご飯に「とろろ」や「納豆」をかけると、血糖値は上がりにくい

糖尿病の食事療法として朗報です。白米を食べても、食後血糖値の上昇が緩やかになる「ごはんの食べ方」が科学的に解明されているのです。【解説】林進(東京慈恵会医科大学付属柏病院栄養部・管理栄養士)


【先に野菜を食べるだけ】糖尿病の血糖値が下がり、コレステロール値も改善

【先に野菜を食べるだけ】糖尿病の血糖値が下がり、コレステロール値も改善

サキベジのやり方は、いたって簡単です。「食事の最初に野菜をたっぷり食べる」です。目安として10分以上、野菜を食べてから、おかずやごはんを食べることをお勧めします。【解説】内場廉(長野市国保大岡診療所所長)


【専門医監修】糖尿病の人のための「超簡単」おいしいレシピ

【専門医監修】糖尿病の人のための「超簡単」おいしいレシピ

やせる、健康になると長野市で話題の「サキベジ運動」。医師の内場廉先生と、管理栄養士の的場明子先生にお勧めのサキベジレシピを伺いました。野菜やキノコがたっぷりの、驚くほど簡単でおいしい料理です。【解説】内場 廉(長野市国保大岡診療所所長)、的場明子(管理栄養士・健康運動指導士) 、古澤靖子(料理・スタイリング)


【慈恵医大・林進先生】食後血糖値を下げる効果がある食事は、酢と牛乳、そしてレモン

【慈恵医大・林進先生】食後血糖値を下げる効果がある食事は、酢と牛乳、そしてレモン

血糖値の急激な上昇を抑えるために、強力な助っ人となる食材があります。それは酢と牛乳です。この項では酢についてご紹介します。【解説】林進(東京慈恵会医科大学附属柏病院栄養部・管理栄養士)


【最新リハビリ】脳の機能が回復する「手の指体操」は認知症の予防にも効果

【最新リハビリ】脳の機能が回復する「手の指体操」は認知症の予防にも効果

脳を効率よく活性化させるには、指先をよく使う精密把握と、手のひらで握る強制把握の両方を鍛える必要があります。特に重要なのが精密把握で、認知症や脳機能障害のリハビリで改善を期待するには、とりわけ重要になります。【解説】久保田競(京都大学名誉教授)


【医師解説】便臭やおならの臭いが改善!抜け毛が減り髪にコシが出た理由は「甘酒」酵素水

【医師解説】便臭やおならの臭いが改善!抜け毛が減り髪にコシが出た理由は「甘酒」酵素水

私はこれまで、「50代なのに30代に見える医師」として多くの著書を出してきましたが、ついに還暦を迎えました。しかし、老化するどころか、体調は非常に良好で、元気はつらつです。髪もフサフサで、60代には見られない自信があります。【解説】南雲吉則(ナグモクリニック総院長)


【黒ゴマの効能】薬剤師が伝授!黒ごまの育毛効果と不妊症への実績

【黒ゴマの効能】薬剤師が伝授!黒ごまの育毛効果と不妊症への実績

黒ゴマを積極的にとることで、抜け毛や白髪が減り、黒髪が生えるという現象は、漢方の世界から見ると、実に理にかなっています。漢方では、黒ゴマに「若返り効果」や「活力増強効果」があるとされているからです。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【医師実践】糖尿病の血糖値が劇的に下がった、ある食事療法とは?

【医師実践】糖尿病の血糖値が劇的に下がった、ある食事療法とは?

私のピーク時の体重は148kgありました。糖尿病と診断され、インスリン注射を始めました。それでも血糖値は200mg/dlを超え、ヘモグロビンA1cは11・1%もありました。サキベジを始めてみたところ、面白いように体重が落ち始めました。【解説】内場廉(長野市国保大岡診療所所長)


【糖尿病専門医】従来の食事療法では血糖値は下がらない!一番大切なのは「食べる順番」だけ!

【糖尿病専門医】従来の食事療法では血糖値は下がらない!一番大切なのは「食べる順番」だけ!

私が提案しているのが「食べる順番療法」です。野菜→おかず→ごはんの順番に食べることで、食後の血糖値の急上昇を防ぐ療法です。食べ順療法を続けると、少ないインスリンを分泌する能力自体が改善します。そのため、減薬やインスリン注射を卒業することも可能なのです。【解説】梶山靜夫(梶山内科クリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング