医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

最新の投稿


【体験談】3日に1度の激しい頭痛が「首ユラユラ体操」で改善 鎮痛剤の減薬に成功

【体験談】3日に1度の激しい頭痛が「首ユラユラ体操」で改善 鎮痛剤の減薬に成功

私はそれまで、整骨院や整体など、数多くの治療院に通ってきました。しかし残念ながら、自分にピッタリと思えるところがなかなか見つかりません。どこも1~2回行くだけで、また別の治療院を探す、というのをくり返してきました。【体験談】太田頼子(仮名・58歳・会社員)


【ズキンと痛む片頭痛】緑茶にきな粉を入れる「きな粉茶」で症状が改善

【ズキンと痛む片頭痛】緑茶にきな粉を入れる「きな粉茶」で症状が改善

私は30歳のころから、突然、片頭痛に悩まされるようになりました。生理が始まる1〜2日前になると、頭痛がし始めるのです。痛むのは、こめかみの辺りか、首の後ろでした。まるで先のとがった物でグサッ、グサッと一定のテンポで刺されているかのように、ズキン、ズキンと激しく痛みます。【体験談】藤田美佳(仮名・51歳・自営業)


「酢ショウガ」の効果と作り方 1ヵ月で空腹時血糖値が改善した

「酢ショウガ」の効果と作り方 1ヵ月で空腹時血糖値が改善した

ショウガを酢に漬け込んで作る「酢ショウガ」には、さまざまな健康効果が期待できます。私が特に注目するのが、血中脂質や血糖値の改善効果です。酢ショウガを食べると、ショウガと酢のダブル効果で、動脈硬化を防ぎ、血糖値の上昇を抑えられるます。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


亀川寛大の【ゆるい糖質制限・糖質オフ】外食メニュー&コンビニ商品で血糖値ダイエット

亀川寛大の【ゆるい糖質制限・糖質オフ】外食メニュー&コンビニ商品で血糖値ダイエット

糖尿病の患者さんに、糖質オフ効果による「血糖値コントロールダイエット」を指導していますが「糖質制限すると外食ができません」という声が多く聞かれます。そこで私は、外食やコンビニでも、食後血糖値を上げない(上がりにくい)メニューを、自分の体で調べてみました。【解説】亀川寛大(なごみクリニック院長・ラーメン先生)


幸せホルモン「オキシトシン」の分泌を高める方法でうつを改善

幸せホルモン「オキシトシン」の分泌を高める方法でうつを改善

近年、オキシトシンにはストレスを抑えたり、自律神経の働きを整えたり、免疫力を高めたり、体の痛みを抑えたりと、さまざまな健康効果があることがわかってきました。実は、オキシトシンの分泌を高めるポイントは2つだけです。【解説】高橋徳(ウィスコンシン医科大学教授・統合医療クリニック徳院長)


【はちみつシナモンの食べ方】腸内環境を改善するグルコン酸の効果に注目

【はちみつシナモンの食べ方】腸内環境を改善するグルコン酸の効果に注目

はちみつとシナモンは、万病に効くばかりか、やせて美しくなる最強の組み合わせです。混ぜてペロッとなめても、お湯で割って飲んでもOK。簡単でおいしい若返りの妙薬、はちみつシナモンの驚くべき効果を紹介します。【解説】森田知恵(MOE)(国際医療スペシャリスト)


【逆流性食道炎】が糖質制限で改善 血糖値も下がり食後の胸焼けも治った

【逆流性食道炎】が糖質制限で改善 血糖値も下がり食後の胸焼けも治った

食後の胸やけや、みずおちの辺りが常につかえているような不快感は、思い返せば高校生の頃からありました。医師になってからもそれは続き、物を食べると食道の出口がキューッと締まる感じがしたり、燃えるような感覚もありました。【体験談】花岡篤哉(新南陽整形外科クリニック院長 医師・49歳)


【脳神経外科医】手のツボ「合谷」への刺激で 痛みが消えるしくみ

【脳神経外科医】手のツボ「合谷」への刺激で 痛みが消えるしくみ

ツボ刺激は、伝統的な治療法として現代医学よりはるかに古い歴史を持ち、その効果についても経験的によく知られています。にもかかわらず、いまだに謎を秘めた療法とされています。なぜツボ刺激が効くのか、その根本のところが、いまだによくわかっていないのです。【解説】樋口敏宏(明治国際医療大学脳神経外科教授)


【玉ねぎヨーグルトで便秘解消】残便感のあるコロコロ便が治った

【玉ねぎヨーグルトで便秘解消】残便感のあるコロコロ便が治った

私は子どもの頃から便秘症で、お通じは2〜3日に1回しかなく、また、いくらいきんでも硬い便がコロコロッと出るだけなので、スッキリしません。いつも、おなかに残っている感じがありました。そんな慢性便秘が、玉ねぎヨーグルトを食べてしばらくすると、難なく解消したのです。【体験談】岡田菊枝(仮名・42歳・自営業)


【腸もれを改善 】骨の栄養で腸を元気にする「骨スープレシピ」

【腸もれを改善 】骨の栄養で腸を元気にする「骨スープレシピ」

肉や魚などを骨ごと煮込んで作る「骨スープ」。骨スープは、腸の炎症の改善に効果的です。炎症が治まれば消化・吸収能力が回復し、免疫力もアップします。さまざまな病気の予防・改善につながります。皆さんもぜひ、腸を元気にする骨スープをお試しください【監修】桑島靖子(桑島内科医院副院長)【料理】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)


【胃潰瘍 十二指腸潰瘍とは】胃と十二指腸の働きは? 潰瘍って何? (子供でも分かる大人の病気)

【胃潰瘍 十二指腸潰瘍とは】胃と十二指腸の働きは? 潰瘍って何? (子供でも分かる大人の病気)

消化器は、食道→胃→十二指腸→小腸→大腸へとつながっています。食べた物は、食道から胃に入り、大量の胃液と混ぜ合わされて、消化されやすいかゆ状に溶かされます。【解説】川嶋朗(東京有明医療大学保健医療学部教授・医師)


【かかとのガサガサ・ひび割れ】つるつるを取り戻すセルフケア

【かかとのガサガサ・ひび割れ】つるつるを取り戻すセルフケア

かかとの荒れ(ガサガサかかと)は、「加齢によるものだからしかたがない」と諦めたり、「生活には支障がないから」と放置したりしている人が多いのではないでしょうか。実はこれらはすべて誤りです。【解説】高山かおる(埼玉県済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


 【体験談】ひどいめまいが「指ヨガ」で改善 怖かった外出も今はへっちゃら!

【体験談】ひどいめまいが「指ヨガ」で改善 怖かった外出も今はへっちゃら!

昨年の秋頃、私はめまいがして、内科で受診しました。「脳梗塞ならたいへんだ」とMRI(磁気共鳴画像)をとったのですか、異常なしだったので、今度は耳鼻科で耳の中の検査をしましたが、やはり異常なしと言うのです。【体験談】長谷幸夫(仮名・74歳・翻訳家)


足首を丁寧に回して女子力アップ!PMS・生理痛の改善方法

足首を丁寧に回して女子力アップ!PMS・生理痛の改善方法

足首回しは、生理の不調や更年期障害、不妊症、冷え、むくみなどの女性ならではの悩み全般に対応できます。また、腰痛や座骨神経痛、ひざ痛など、ヘソから下の痛みにも効果的です。【解説】古久澤靖夫(ブリージングストレッチ本院院長)


【歯ぎしり】逆流性食道炎との不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

【歯ぎしり】逆流性食道炎との不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

歯ぎしりは、口腔内の悪習癖の一つではありますが、実は、役立っている面もあります。その一つが、「唾液の分泌を促す」ということです。試しに、今、少し上下の歯をすり合わせたり、カチカチさせたりしてみてください。唾液が出てくるのがわかるでしょう。【解説】野村洋文(木下歯科医院副院長)