医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

最新の投稿


【脚が痩せない原因は?】1週間で効果を実感する美脚ダイエット4選

【脚が痩せない原因は?】1週間で効果を実感する美脚ダイエット4選

ダイエットをしても、なかなか痩せない「足」。足は、体重を落としても痩せにくい部分の一つでしょう。「同じ体重なのに人によって足の太さが違うのはなぜ?」「何をやっても足が痩せない!」と嘆いている読者の皆様のために、編集部が4種類の美脚作りの方法をピックアップしました。【構成】ケンカツ!編集部


【耳鳴り・めまいが続く】改善のために必ず行うべき「3つの生活習慣」

【耳鳴り・めまいが続く】改善のために必ず行うべき「3つの生活習慣」

実際のところ、耳鳴りやめまいは、複数の原因が複雑に絡み合って生じることが少なくありません。ただ、どの症状に対しても多くの場合に共通しているのが、生活習慣の乱れです。そこで私は必ず行ってほしいことを、①睡眠、②水分、③ウォーキングの三つにしぼり、患者さんに伝えています。【解説】板谷隆義(板谷耳鼻咽喉科院長)


体温を上げて血管を若返らせる効果「ショウガココア」の飲み方

体温を上げて血管を若返らせる効果「ショウガココア」の飲み方

ショウガとココア。どちらも手軽に購入できる身近な食材です。しかし、この二つの食材には、薬に匹敵するほどの健康効果があることが明らかになってきています。そんなショウガとココアの効能を一緒に、かつ効果的に取ることができる飲み物が「ショウガココア」です。【解説】平柳要(食品医学研究所所長、医学博士)


野菜スープを食べたら便秘が解消!1日3回のお通じでおなかがへこんだ

野菜スープを食べたら便秘が解消!1日3回のお通じでおなかがへこんだ

野菜を最初にたっぷり食べるとおなかが満たされ、最後のほうで1膳のご飯を食べる頃には満腹です。たっぷり野菜を食べるとおなかが空かず間食をしなくなり、お通じは日に3回もあります。おかげで体重は54kgから51kg(身長156cm)に減り、おなかがへこみました。【体験談】山岡黎子(主婦・78歳)


【ダイエット】お金をかけず楽して痩せる!簡単お手軽ダイエット5選

【ダイエット】お金をかけず楽して痩せる!簡単お手軽ダイエット5選

「今すぐ痩せたい!」でも、忙しすぎてなかなかダイエットを始められない…そんなダイエッターさんのために、ケンカツ!編集部が簡単で、初期投資ゼロで、かつ、今すぐ始められるダイエット法をピックアップ!「この夏なんだか太ってしまった」という方も、今のうちに夏の負債(脂肪)を返済してしまいましょう。【構成】ケンカツ!編集部


レモングラスの香りの効果「午前中2時間」かぐだけで脳が活性化する!

レモングラスの香りの効果「午前中2時間」かぐだけで脳が活性化する!

鼻の奥でにおいがキャッチされると、その情報が脳の大脳皮質に伝わります。その際、においの情報は、記憶をつかさどる海馬を通ります。このように、嗅覚が刺激されることで、古い記憶が呼び起こされるのです。この一連の過程は、脳を活性化することにつながります。【解説】塩田清二(星薬科大学教授・医学博士)


口臭や歯周病を予防する「レモンミルク」の効果(作り方・飲み方)

口臭や歯周病を予防する「レモンミルク」の効果(作り方・飲み方)

年を重ねると、唾液の分泌が減り、口内が渇きがちになります。すると、飲みこみにくさや、薬の副作用による味覚障害などでお困りの人もいるでしょう。レモンは唾液の分泌を促すため、そういった悩みの改善にうってつけです。【解説】清水百合(六本木しみず歯科院長・日本元気キレイ医歯学研究所代表)


くり返すぎっくり腰が「きくち体操」で激減!O脚も改善し海外旅行を満喫

くり返すぎっくり腰が「きくち体操」で激減!O脚も改善し海外旅行を満喫

家での体操は毎晩やると決めて続けました。以前は、体を曲げると痛くてつらかったのが、徐々に楽に曲がるようになりました。すると、ギックリ腰が起こりにくくなり、なったとしても軽くすむようになりました。すべり症の痛みは再発していません。【体験談】山本陽子(仮名・主婦・70歳)


【がん免疫療法とは】保険適用が承認「オプジーボ」 どんながんに適用される?

【がん免疫療法とは】保険適用が承認「オプジーボ」 どんながんに適用される?

現在、国内で承認されている免疫療法はまだ一部のがん対象に限られていますが、近い将来、さらに多くのがんへの適応が予定されています。ことに、従来の治療だけでは治らなかった進行がんを食い止め、生存率を上げる効果が期待されています。【解説】角田卓也(昭和大学医学部腫瘍内科主任教授)、【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)


ヤマイモの成分が認知機能を改善すると判明!油を加えると効果アップ

ヤマイモの成分が認知機能を改善すると判明!油を加えると効果アップ

ヤマイモに含まれるジオスゲニンという成分に、認知機能を多方面から改善する効果があるとわかったのです。アルツハイマー病だけでなく、血管型やレビー小体型といった認知症、パーキンソン病のような神経変性疾患にも、進行を遅くしたり改善させたりする効果が期待できます。【解説】東田千尋(富山大学和漢医薬学総合研究所教授)


【何秒立てる?】片足で立てる時間が延びるほど認知機能改善の証拠!

【何秒立てる?】片足で立てる時間が延びるほど認知機能改善の証拠!

片足立ちは、有酸素運動とバランス運動を兼ねています。片足立ちを1分続けることは、50分歩くのとほぼ同じ運動量になります。有酸素運動が認知症予防に有効であることは、多くの研究データが示すところです。また、転倒予防という点からも優れています。【解説】長谷川嘉哉(土岐内科クリニック院長・医療法人ブレイングループ理事長)


「きくち体操」が効果 脳腫瘍による左半身麻痺から回復できた!

「きくち体操」が効果 脳腫瘍による左半身麻痺から回復できた!

足首や足の指が回復するのは、100人中、2人か3人とリハビリの先生から説明されても、私はめげませんでした。その2~3人の中に、自分が入ればいいと思ったのです。私が希望を失わずいられたのは、「きくち体操」があったからです。【体験談】鈴木知子(仮名・主婦・74歳)


190ミリの血圧が基準値に下がって安定!足の指回しで外反母趾も改善

190ミリの血圧が基準値に下がって安定!足の指回しで外反母趾も改善

外反母趾の相談をするために整体に行きました。そこで「足の親指(母趾)を回すと外反母趾が改善する」と教えてもらいました。さらに、私が血圧の話をしたところ「それなら、足首も回すといいですよ」といわれたのです。【体験談】田坂理恵子(仮名・主婦・66歳)


【認知症による味覚障害】おいしい! 感覚を取り戻す「コンブだし」の効果

【認知症による味覚障害】おいしい! 感覚を取り戻す「コンブだし」の効果

味覚の衰えを感じた時点で、おいしさを再認識できれば、食への意欲を回復できます。食べる楽しさを取り戻すことは、脳への刺激となり、認知機能の回復に役立ちます。そこで、おいしいと感じることを取り戻すために、私は「コンブだし」をお勧めします。【解説】熊谷賴佳(京浜病院院長)


レモン酢で血圧が下がった! 体重11kg減でおなかスッキリ

レモン酢で血圧が下がった! 体重11kg減でおなかスッキリ

毎日、朝食の前と夜寝る前に血圧を測っていますが、レモン酢を飲むようになって1週間もしないうちに、血圧が130mmHg台に下がってきました。またレモン酢を飲むようになってから、お通じがとてもよくなりました。最近は肌がピンと張ってきて、ツヤツヤしています。【体験談】中井敬子(仮名・主婦・72歳)