最新の投稿


【脂肪肝を治す】5kgやせてお腹の脂肪を取る「酢キャベツ」健康法を実践する耳鼻科医

【脂肪肝を治す】5kgやせてお腹の脂肪を取る「酢キャベツ」健康法を実践する耳鼻科医

私は、大学に勤める一方で、テノール歌手として活動してきました。83歳になった現在も、世界最高齢のテノール歌手として、週に1度は、ステージで歌っています。そんな私の健康法の一つが、酢キャベツダイエットです。【解説】原田康夫(広島大学元学長・耳鼻科医・テノール歌手)


【酢トマトの健康効果】ひざの痛みが改善!シワが薄くなり肌にも潤いが戻った!

【酢トマトの健康効果】ひざの痛みが改善!シワが薄くなり肌にも潤いが戻った!

ひざ痛というと、高齢になってから患うものといった印象があるかもしれません。しかし私の場合は20代のころからひざの痛みに悩まされてきました。下半身を鍛える体操に加え、「酢トマト」をとるようにしたところ、シワが薄くなって若返り、ひざ痛がほとんどない状態までになったのです。【体験談】宮坂知子(仮名・愛媛県●52歳●主婦) 


【お酢の力でダイエット】酢とキャベツの組み合わせは最強!医師の私も5kgやせに成功

【お酢の力でダイエット】酢とキャベツの組み合わせは最強!医師の私も5kgやせに成功

キャベツの千切り。皆さん、脇役だと思っていませんか。実は、生のキャベツには優れた健康効果があるのです。ダイエット効果や美肌効果、免疫力アップ等々―。美と健康を維持するうえで、キャベツは欠かすことができません。そして、その健康パワーを強力に引き上げてくれるのが、酢の力です。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


【お酢でダイエット】酢とキャベツを効果的に利用して肥満を克服 糖尿病も改善

【お酢でダイエット】酢とキャベツを効果的に利用して肥満を克服 糖尿病も改善

酢もキャベツも、共に非常に健康によい食品です。一緒に取ることで疲労回復を促し、血圧を下げ、内臓脂肪を減らす効果が報告されています。これからダイエットしようと考えているかたや、血糖値を下げたいかたは、酢とキャベツを、ふだんの食事にうまく取り入れてみてください。【解説】簗瀬正伸(国立循環器病研究センター移植医療部医師)


【大学教授監修】作り方を公開!夫婦そろってひざ痛が改善した「レモン水」が痛みに効く理由

【大学教授監修】作り方を公開!夫婦そろってひざ痛が改善した「レモン水」が痛みに効く理由

私たち夫婦はそろって膝の痛みに悩まされてきました。あるとき、テレビで「レモン水」のことを知りました。初めてみて1ヵ月くらい経ったころでしょうか。まず、私のひざ痛がみるみる改善してきました。主人のほうも改善、整形外科に通わなくてよくなったのです。今でも、毎朝、レモン水を飲みます。【体験談】高山キミ(新潟県●73歳●主婦)


「膝が痛い!」を解消してくれた食べ物は「酢ニンニク」 高血圧も改善!

「膝が痛い!」を解消してくれた食べ物は「酢ニンニク」 高血圧も改善!

私のひざ痛は、職業病でした。私が働いていたころのバスは、現在の車に比べてクラッチペダルが恐ろしくかたく、重かったのです。それを毎日、何度も何度も操作し、長年ひざを酷使していたのです。酢ニンニクのおかげで、年を取るにつれて、ひざの痛みが楽になり、うれしいことに血圧も安定したのです【体験談】山口秀吉(山形県●83歳●無職)


【医師考案】自律神経を整えうつや不眠症に効く「筋膜はがし」で膝の痛みも改善

【医師考案】自律神経を整えうつや不眠症に効く「筋膜はがし」で膝の痛みも改善

私は、整形外科医ではないので、「ひざ痛」については、門外漢です。ところが、長年、治療を続けてもよくならない、手術を勧められている、そういうかたのひざ痛が、私が考案した「筋膜はがし」でたちまち軽快したという例があるので、ご紹介したいと思います。【解説】荒木隆次(あらき心療クリニック院長)


【医師監修】ひざの激痛が「片足立ち」と「スクワット」をしたら治った

【医師監修】ひざの激痛が「片足立ち」と「スクワット」をしたら治った

私は、8〜9年前からひざ痛に悩まされるようになりました。階段を上るときに、ひざの中にキリが入っているような激痛が走るようになったのです。そこで「片足立ち」と「スクワット」を始めました。難しいものではないのに、腰や太もも、ふくらはぎなどの筋肉を鍛えられ、ひざ痛に効果がありました【体験談】新井トミ(東京都●81歳●無職)


【医師監修】片足立ちをしたら、ひざ痛が改善し、痛み止めの薬が不要になった体験談

【医師監修】片足立ちをしたら、ひざ痛が改善し、痛み止めの薬が不要になった体験談

1日1万歩を歩くと健康にいい、とよくいわれていて、毎日1万歩以上歩いていました。私は体重が80kgもあったため、ひざに大きな負担がかかってしまったのです。逆に、ひざ痛に苦しめられるようになったのです。「片足立ち」 と「スクワット」を始めて、ひざの痛みが消えたのです。【体験談】船橋昭夫(東京都●60歳●公務員)


【ひざの痛みに即効】変形性膝関節症を改善する「片足立ち」のやり方を医師が解説

【ひざの痛みに即効】変形性膝関節症を改善する「片足立ち」のやり方を医師が解説

変形性ひざ関節症の患者さんや、ひざが痛いロコモの講習会の参加者に、片足立ちとスクワットをしてもらうと、ひざの痛みが改善します。【解説】石橋英明(NPO法人高齢者運動器疾患研究所代表・医療法人社団愛友会・ 伊奈病院整形外科部長) 


【医師の耳鳴りも消えた】ひざ痛、腰痛が改善する「ひざゆらし」のやり方

【医師の耳鳴りも消えた】ひざ痛、腰痛が改善する「ひざゆらし」のやり方

いつも正しい姿勢を保つことは、健康で若々しくいるための必須条件といっても過言ではありません。「健康」は、まさに「姿勢」が作るのです。私が姿勢に対し、特別関心を抱くようになったのは、西洋医学の治療の在り方に、疑問を感じたことがきっかけです。【解説】城戸淳美(今井病院医師)


【変形性膝関節症の原因と症状】ひざの痛みの治療に「軟骨再生ウォーキング」

【変形性膝関節症の原因と症状】ひざの痛みの治療に「軟骨再生ウォーキング」

ひざ痛を避けるために日常生活でどんな要素が大切か、どんな運動が有効か、そうした重要なポイントが、最新の研究によってわかってきました。【解説】渡辺淳也(千葉大学大学院総合医科学講座特任准教授・東千葉メディカルセンターリハビリテーション科部長)


【体験談】脊柱管狭窄症が原因の「坐骨神経痛」 使い捨てカイロを貼ったら改善!

【体験談】脊柱管狭窄症が原因の「坐骨神経痛」 使い捨てカイロを貼ったら改善!

私は70代後半までは、いたって健康体で、どこも悪いところがありませんでした。ところが、80歳を目前に、突如として体に異変が起こったのです。【体験談】石岡巌(大阪府●82歳●無職)


【冷やすな危険】ひざ痛は「使い捨てカイロ」で患部を温めれば、痛みは取れる

【冷やすな危険】ひざ痛は「使い捨てカイロ」で患部を温めれば、痛みは取れる

皆さんは、ひざが痛くなったとき、どのように対処していますか?患部を冷やしたり、湿布を貼ったりすることが多いのではないでしょうか。しかし、これは大きな間違いです。そんなことをしても、ひざ痛は改善しません。【解説】坂井学(坂井医院院長)


【糖尿病の食事療法】糖質制限を無理なく成功させる新常識「8ヵ条」

【糖尿病の食事療法】糖質制限を無理なく成功させる新常識「8ヵ条」

糖質制限食に慣れるまでは、「ごはんを食べたい!」という衝動に駆られたり、口寂しくなったりするかもしれません。しかし、食事に対する意識や日常の行動を少し変えると、糖質を控えることに抵抗がなくなり、無理なく糖質制限食に取り組めるようになります。【解説】前川智(新潟労災病院消化器内科部長・医学博士)


ランキング


>>総合人気ランキング