医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

最新の投稿


整形外科医が考案!反らすと痛い腰痛が治る体操のやり方

整形外科医が考案!反らすと痛い腰痛が治る体操のやり方

ジャックナイフストレッチは、腰を反らせたときに痛い、という腰痛症状の対処にお勧めです。一方、前屈したときに腰が痛い人や、明らかにヘルニアのある人は、悪化する恐れがありますから、やらないでください。【解説】西良浩一(帝京大学医学部附属溝口病院 整形外科准教授)


好きなだけ食べてOK!血糖値が下がり安定する糖質制限食

好きなだけ食べてOK!血糖値が下がり安定する糖質制限食

皆さんは「糖質」というと、何をイメージするでしょうか。「お菓子などの甘い物」という人が多いのではないでしょうか。もちろん正解ですが、それだけではありません。「甘くない糖質」もあるのです。【解説】牧田善二(エージーイー牧田クリニック院長)


【子供の視力低下】回復のカギは早期検査 弱視の原因と治療 トレーニングで改善

【子供の視力低下】回復のカギは早期検査 弱視の原因と治療 トレーニングで改善

「近見視力」という言葉をご存じでしょうか。近見視力とは、近くを見るのに必要な視力のことで、読書や筆記、パソコンには欠かせないものです。老眼とは、眼の老化によって近見視力が低下し、近くの文字がはっきりと見えなくなる現象を指します。【解説】高橋ひとみ(桃山学院大学法学部教授・健康教育学)


【幸せになる方法】深呼吸に“幸せな言葉”を加えるだけ ― 累積納税額日本一の幸せ富豪から学ぶ

【幸せになる方法】深呼吸に“幸せな言葉”を加えるだけ ― 累積納税額日本一の幸せ富豪から学ぶ

累積納税額日本一の幸せ富豪・斎藤一人さんは、「空気がおいしいなあ」と言ってから深呼吸することで、もともと味がない空気もおいしくなると言います。幸せも空気のようなものなのかもしれませんね。【解説】高津理絵(スピリチュアル・カウンセラー)


お尻の横が痛い、内ももが痛む はマッサージで改善!

お尻の横が痛い、内ももが痛む はマッサージで改善!

股関節痛の正体は、お尻の筋肉のこりや太腿の筋肉のこりが原因のことが多いのです。股関節が痛いと感じるので、いかにも股関節そのものが痛むように感じてしまいますが、お尻や太ももの筋肉を「股関節ほぐし」でもみほぐせば、痛みは改善することが多いのです。【解説】松本正彦(松本深圧院グループ代表・理学療法士) 


【動脈硬化の原因と症状】犯人はシネディ菌!?

【動脈硬化の原因と症状】犯人はシネディ菌!?

動脈硬化とは、弾力を失い、硬く、もろくなった動脈の状態を差します。心筋梗塞や脳卒中を引き起こす原因になります。偏った食事など、さまざまな生活習慣の乱れが動脈硬化の進行に関わっていますが、近年は、細菌やウイルス感染も原因の一つではないかと見られています。【解説】赤池孝章(東北大学大学院医学系研究科・環境保健医学分野教授)


緊張する場面などに!ストレスから自分の身を守る呼吸法

緊張する場面などに!ストレスから自分の身を守る呼吸法

朝の満員電車で、あるいは、痛ましい事件や事故のニュースを見たとき、人は心身の苦痛から身を守ろうと、息を止めて無感覚になっているといいます。それと同時に、「自分を見失う」状態にもなっているといいます。そんなとき、ストローを吹くような呼吸をするといいのです。【解説】藤本靖(ロルフィング®スタジオ・オールブルー主宰)


【足裏のツボと反射区】足の裏のマッサージ効果 便秘薬の効かない便秘も改善

【足裏のツボと反射区】足の裏のマッサージ効果 便秘薬の効かない便秘も改善

足裏の色の変化やシワなどにはあなたの体と心のあり方が表れます。異常が現れている反射区を刺激することによって、その反射区に対応する臓器を健康な状態へ整えることができます。反射区を押しながら、今日どんな感情を抱いていたか、自分にはどんな思考の癖があるか振り返ってみてください。【解説】市野さおり(看護師・リフレクソロジスト)


【飛蚊症のツボ】耳の先端「耳尖」をもむと症状が改善する

【飛蚊症のツボ】耳の先端「耳尖」をもむと症状が改善する

飛蚊症(目の前に蚊が飛んでいるように見える症状)は、西洋医学の立場からは、治療の方法がない疾患とされています。眼科にかかっても、「この病気は治りません」といわれて、治すことをあきらめている人も少なくないでしょう。【解説】西田皓一(西田順天堂内科院長)


【目の美白】点眼薬の使い過ぎに注意「目のキラキラ」を保つ方法

【目の美白】点眼薬の使い過ぎに注意「目のキラキラ」を保つ方法

目の状態とはあまり関係がない質問のように思えるかもしれませんが、実は水分摂取は、目の状態とも密接な関連があります。水分不足の症状の一つとして、ドライアイや眼精疲労があります。水分補給をしっかり行い、運動したり、遠近トレーニングを行ったりすることは、目の美白という点から見ても有効です。【解説】新見浩司(新見眼科院長)


【医師実践】慢性便秘を解消!便のかさが増す「にがり納豆」のダイエット効果

【医師実践】慢性便秘を解消!便のかさが増す「にがり納豆」のダイエット効果

にがりの主成分であるマグネシウムは便秘解消やインスリンの分泌を抑える効果があります。納豆には多くの食物繊維が含まれており、便のかさを増やして、腸内細菌のバランスを整えます。にがりを納豆と取ることで便秘解消効果がアップします。また、糖尿病などの生活習慣病の予防改善に役立つのです【解説】関太輔(セキひふ科クリニック院長)


【高血圧の改善】バナナ酢を飲んで血圧が下がり、医師も断薬に賛成してくれた!

【高血圧の改善】バナナ酢を飲んで血圧が下がり、医師も断薬に賛成してくれた!

降圧剤を飲んでいても、最大血圧は180〜190ミリだった私が2012年の3月ごろから飲み始めたのが「バナナ酢」です。バナナ酢を飲み始めて1ヵ月がたったころ最大血圧が130ミリまで下がっていたのです。私の血圧が驚くほど下がっているのを知り、医師も、降圧剤をやめることに賛成してくれました。【体験談】青木宏安(気功学院経営)


【動体視力を鍛える方法】プロ野球選手も実践する「視覚トレーニング」とは

【動体視力を鍛える方法】プロ野球選手も実践する「視覚トレーニング」とは

私は現在、2軍のトレーニングコーチとして若手の育成に力を注いでいます。1軍に生きのいい選手を送るのが私の役割です。「視覚トレーニング」をチームに導入したい、と考えたのは5年前でした。【解説】伊藤博(読売巨人軍 2軍トレーニングコーチ)


【老眼改善!飛蚊症、ドライアイまで解消】中高年者には眼球運動の視覚トレがお勧め

【老眼改善!飛蚊症、ドライアイまで解消】中高年者には眼球運動の視覚トレがお勧め

50歳を過ぎると、「新聞や本の文字が読みにくい」「夕方になるとぼやけて見えにくい」といった、眼の見え方に不調を抱える人が多いでしょう。眼だけでなく、物忘れが増えてきたり、家事や外出がおっくうになったりと、さまざまな場面で老化を感じる機会が多くなってきます。【解説】北出勝也(米国オプトメトリスト)


【糖質制限食】血糖値を上げずにお酒を楽しむ お勧め居酒屋メニューはコレ

【糖質制限食】血糖値を上げずにお酒を楽しむ お勧め居酒屋メニューはコレ

糖質制限食では、お酒は飲んでも構いません。アルコールは高カロリーですが、これはエンプティカロリーといって、体内ですぐに燃焼されます。血糖値を上げるのは、カロリーではなく糖質です。アメリカ糖尿病学会でも、「アルコールは血糖値を上げることはない」としています。【解説】牧田善二(エージーイー牧田クリニック院長)