最新の投稿


医師監修 自分の尿もれタイプが一目でわかる「自己診断チャート」

医師監修 自分の尿もれタイプが一目でわかる「自己診断チャート」

尿もれや頻尿に悩んでいる人は、非常に多くなっています。日本では40代以上の女性のうち、3人に1人は尿もれを経験しており、その数は500万人から800万人にも上ると推定されています。中高年の女性にとって、尿もれは、よくあるトラブルといってよいでしょう。【解説】楠山弘之(永弘クリニック院長)


【血液型と病気】病気になりやすい、かかりやすい血液型 リスクを防ぐ食べ物はコレ

【血液型と病気】病気になりやすい、かかりやすい血液型 リスクを防ぐ食べ物はコレ

私たちの腸内には、4万種類で1000兆個の細菌がいて、それぞれがA型物質やB型物質を持っています。例えば、大腸菌類でも、A型、B型、О型と分かれています。実は、私たち人間は、これらの腸内細菌を、人類に進化する前から、腸内に持っていました。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


【頻尿・尿漏れ対策】男性にも女性にも効果 膀胱を鍛える"快感おしっこ"トレーニング

【頻尿・尿漏れ対策】男性にも女性にも効果 膀胱を鍛える"快感おしっこ"トレーニング

尿もれや頻尿など、排尿トラブルを予防し、改善するためにお勧めしたいのが、「快感おしっこ」をする習慣です。【解説】渋谷秋彦(神楽岡泌尿器科院長)イラスト/古谷充子


【便秘によく効くツボ】あらゆるタイプの便秘が「11円」で解消 その理由とは?

【便秘によく効くツボ】あらゆるタイプの便秘が「11円」で解消 その理由とは?

便秘にはさまざまなタイプのものがありますが、便秘の種類を問わず、あらゆる便秘解消に有効な「11円療法」を紹介します。11円療法とは、10円玉と1円玉を、二つのツボにはることによって、体のさまざまな不調を解消する健康法です。【解説】鈴木秀寿(宝寿堂鍼灸治療院院長)


【大学教授の健康法】私の血圧が下がったのは「インターバル速歩」のおかげ

【大学教授の健康法】私の血圧が下がったのは「インターバル速歩」のおかげ

私は、70歳を迎えたころから、最大血圧が160mmHgを超えてしまいました。血圧には前科があり、これまで何度か高血圧を指摘されたことがあります。【解説】西條一止(筑波技術短期大学元学長・筑波技術大学名誉教授)


医大のアンチエイジングドックで推奨 肌が若返る食品「3種」

医大のアンチエイジングドックで推奨 肌が若返る食品「3種」

「三角食べ」をしている人は、今日から野菜を先に食べ、続いて肉や魚、大豆などのたんぱく質、最後にごはんやパンなどの炭水化物を食べるようにしましょう。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学医学部附属病院特任教授・抗加齢予防医療センター長)


【医師取材】湯たんぽで二の腕を温めると〇〇が下がる――知ってましたか?

【医師取材】湯たんぽで二の腕を温めると〇〇が下がる――知ってましたか?

私のクリニックには、複数の医療機関を受診しても病気や症状が改善しなかった人たちが、多く訪れます。こうした患者さんを診察すると、決まって体が冷えています。そこで、私は、どんな病気の患者さんに対しても、まずは体の冷えを取ることを勧めています。【解説】班目健夫(日本自律神経免疫治療研究会理事・青山・まだらめクリニック院長) 


【人に言いづらい症状に】頻尿や尿もれに効いた大反響のセルフケア「指切りげんまん」法

【人に言いづらい症状に】頻尿や尿もれに効いた大反響のセルフケア「指切りげんまん」法

私は鍼灸師で、一般的な鍼灸治療のほかに、手や指にあるツボを鍼などで刺激する「手指鍼」を治療に取り入れています。そうした治療と並行して、一般の人が自宅で手軽にできる、セルフケアの研究にも取り組んでいます。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


脊柱管狭窄症の運動療法 症状の改善には【肛門を締めて姿勢良く立つ】が正解

脊柱管狭窄症の運動療法 症状の改善には【肛門を締めて姿勢良く立つ】が正解

脊柱管は、脊髄を保護しています。しかし、この脊柱管がなんらかの原因で、変形したり、狭くなったりすると、脊髄や、そこから枝分かれした神経の根もと(神経根)、神経周囲の血管が、慢性的に圧迫されます。そうして起こるのが、脊柱管狭窄症です。代表的な症状として「間欠性跛行」があります。【解説】伊藤邦成(いとう整形外科院長)


【急増中のペラペラ腸】年末メタボを撃退!腸が元気になる 意外なこのメニュー

【急増中のペラペラ腸】年末メタボを撃退!腸が元気になる 意外なこのメニュー

腸は本来、口から入ってきた食品を、とことん消化するしくみになっています。腸は筋肉でできているので、筋肉運動をして消化するわけです。楽に吸収できるものばかりを食べていると、筋肉を使う必要がないので筋肉運動をしなくなり、退化してペラペラに薄くなっていくのです。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長・百済診療所院長)


悲しくなるほどの【首筋の痛み】肩の痛みも改善 原因は「肋骨のコリ」にあった

悲しくなるほどの【首筋の痛み】肩の痛みも改善 原因は「肋骨のコリ」にあった

昨年の秋ごろ、突然右の首筋から肩にかけて痛みを感じるようになりました。首を右に傾けたり、首を右に向けたり……。そんな何気ない動きで、痛みが走るのです。最初は寝違えたのだろうと、軽く考えていました。【体験談】三戸雪子(仮名・会社員・56歳)


【医師監修】便秘はもちろん、肝機能値も改善する「スーパージュース」はこれ

【医師監修】便秘はもちろん、肝機能値も改善する「スーパージュース」はこれ

今、手作りの「フルーツ酵素ジュース」が人気になっているようです。このジュースを飲むメリットは2つ。1つめは、「酵素を補給できること」。2つめは、「発酵エキスを摂取できること」です。【解説】白川太郎(医療法人社団白金会東京中央メディカルクリニック理事長) 


私はこのジュースで21kg減!翌朝便がドッと出てむくみもスッキリ

私はこのジュースで21kg減!翌朝便がドッと出てむくみもスッキリ

私の周りは、酵素ジュースで体調がよくなった人だらけ(笑)。「フルーツ酵素ジュース」は、腸の状態がよくなって、便秘が解消します。【解説】睦美(ATTIVAローフードスクール校長・酵素研究家) 


【膝の痛み】曲げると痛い!を解消する 鎮痛効果と温熱効果の健康法はコレ

【膝の痛み】曲げると痛い!を解消する 鎮痛効果と温熱効果の健康法はコレ

加齢とともに増える症状で、最も多くの人を悩ませている一つが、ひざの痛みです。長く歩くと痛む、階段の上り下りがつらいなどが主な症状で、つらい上に生活するのにも不便を強いられるため、お困りの人が少なくありません。そんな人に、ぜひお勧めしたいのが「ショウガ風呂」です。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


なぜ【パンと牛乳】をやめたほうがいいのか? 総合内科専門医がその理由を解説

なぜ【パンと牛乳】をやめたほうがいいのか? 総合内科専門医がその理由を解説

「パンと牛乳はやめてくださいね」私は、日ごろの診療で、ほとんどの患者さんにこう告げています。当院は、患者さんたちの症状が、できるだけ根本から治癒していくように、さまざまな方法で治療していますが、なかでも治療のベースと位置づけているのが、食事指導です。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)