最新の投稿


【便が出ない】女性だけの頑固な便秘 "直腸性便秘" 排便姿勢と食事のコツはこれ

【便が出ない】女性だけの頑固な便秘 "直腸性便秘" 排便姿勢と食事のコツはこれ

一般的に便秘といえば、大腸の動きが低下して起こる弛緩性の便秘を指します。しかし、最近注目を集めているのが、腸の出口付近に便がたまる、便意はあるのに便が出ない、「直腸性便秘」です。その中でも、女性しかならない「直腸瘤」は、治りにくい、やっかいな便秘です。【解説】山名哲郎(東京山手メディカルセンター部長)


【死んだほうが…】脳梗塞の後遺症で言語障害(失語症)に リハビリと回復の記録

【死んだほうが…】脳梗塞の後遺症で言語障害(失語症)に リハビリと回復の記録

前兆はありました。脳梗塞を起こす少し前、私は突然、頭痛に襲われました。絶え間なくハンマーでガンガンと叩きつけられるような痛みと吐き気。疲労感と眠気。頭痛薬は効かず、1週間後、ついに病院に駆け込みました。詳しく調べるために検査入院をしました。その最中に、脳梗塞が起こったのです。【体験談】沼尾ひろ子(ナレーター)


【宿便の出し方】便秘を治す食べ物 簡単「解毒スープ」の作り方 2時間で効果あり

【宿便の出し方】便秘を治す食べ物 簡単「解毒スープ」の作り方 2時間で効果あり

私の医院には、いくつかの病院で診てもらっても原因がわからず、途方に暮れて来院される患者さんが大勢おられます。そして、そのような患者さんのほとんどが「便秘」と「冷え」を抱えています。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


即効【解毒スープの作り方】宿便を出す方法はこれ!医師考案のデトックススープ

即効【解毒スープの作り方】宿便を出す方法はこれ!医師考案のデトックススープ

解毒スープを作るのに必要な材料は、ゴボウ・ショウガ・タマネギの皮・マイタケ・パセリ、そして天然塩です。考案した当初は違う野菜も試しましたが、試行錯誤の結果、これが最良のバランスであることがわかりました。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【対策】花粉症、アトピーを治す 医師が考案の【解毒スープ】の作り方

【対策】花粉症、アトピーを治す 医師が考案の【解毒スープ】の作り方

解毒スープは、さまざまな症状に効果的です。特にアトピー性皮膚炎、ぜんそく、花粉症などのアレルギーで悩む方は、ぜひ試してください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【医師解説】スマホ老眼、目の疲れを取る方法は「目の温パック」が最適

【医師解説】スマホ老眼、目の疲れを取る方法は「目の温パック」が最適

眼精疲労やドライアイにお勧めは、「目の温パック」です。目を温め血流がよくなると、毛様体筋の緊張がほぐれて目のピントの調節力が回復し、見え方も改善します。目の温パックは、バスタイムが最適時間です。湯ぶねの温度を40℃前後にすれば適温になります。【解説】平松類(彩の国東大宮メディカルセンター眼科科長)


【ツボ】視力が回復する方法「爪もみ」療法 正常眼圧緑内障、高血圧性網膜症の症状も改善

【ツボ】視力が回復する方法「爪もみ」療法 正常眼圧緑内障、高血圧性網膜症の症状も改善

近視の人の目を観察すると、総じて瞳が大きく、交感神経優位の体調にあるようです。ピント合わせに余計な力がかかり、毛様体筋も徐々に疲労・緊張していき、視力の低下を招いてしまいます。そこで、お勧めしたいのが「爪もみ」です。交感神経と副交感神経のバランスが整えられるのです。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


焼きバナナで快腸快便! 5kgやせ下半身が細くなり 新婚旅行はビーチでビキニ

焼きバナナで快腸快便! 5kgやせ下半身が細くなり 新婚旅行はビーチでビキニ

ダイエットを決意したのは、2015年の秋のことです。新婚旅行の行き先をバリ島に決め、「ビキニが着たい!」と思ったことがきっかけでした。【体験談】吉野れな(愛知県●32歳●ウェブサイト編集者)


【眼底出血の症状も改善】ドライアイに著効「目の体操」を医師が解説

【眼底出血の症状も改善】ドライアイに著効「目の体操」を医師が解説

目のトラブルを改善するために目を温めることは、治療の基本です。私のクリニックでは、遠赤外線の温熱治療器を使うこともあります。眼底出血の患者さんに温熱治療器を使ったところ、レーザー治療でも効果がなかったのに、症状が目覚ましく改善したこともあります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【即効】イタリア女優のバナナ美容術!「バナナの皮こすり」効果でシミやシワが改善

【即効】イタリア女優のバナナ美容術!「バナナの皮こすり」効果でシミやシワが改善

私はヘアメイクアーティストという仕事柄、美容法については敏感です。興味を引く話題があれば、自分でもすぐに試します。そんな私の最近のヒットが、バナナの皮を使ったマッサージです。【体験談】千歳佳代子(ヘアメイクアーティスト)


【医師解説】加齢黄斑変性の症状が改善し視力が向上!目の悩みに「番茶シップ」

【医師解説】加齢黄斑変性の症状が改善し視力が向上!目の悩みに「番茶シップ」

疲れ目をはじめ、緑内障、白内障、老眼、加齢黄斑変性などの改善や、視力アップなど、目に対して有効な自然療法である「番茶シップ」をご紹介しましょう。【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


酢玉ねぎの効能効果【糖尿病の合併症を防ぐ】食後血糖値が下がりヘモグロビンA1cも改善

酢玉ねぎの効能効果【糖尿病の合併症を防ぐ】食後血糖値が下がりヘモグロビンA1cも改善

タマネギを酢に漬けて作る「酢タマネギ」には、さまざまな健康効果があります。特に、糖尿病のタマネギの有効性は古くから報告されており、私も2回にわたり、糖尿病の臨床試験を行っています。【解説】齋藤嘉美(元東京大学医学部講師、介護老人保健施設むくげのいえ施設長)


【漢方薬剤師が解説】「黒ごま酒」の効能と作り方―めまいを改善し、肌や髪の老化を防ぐ

【漢方薬剤師が解説】「黒ごま酒」の効能と作り方―めまいを改善し、肌や髪の老化を防ぐ

漢方では、めまいを「眩暈」と言います。眩は目の前が暗くなること、暈は体がゆらゆら揺れるさまを示します。【解説】井上正文(前橋・小暮医院・漢方相談室)


【医師解説】カレーの健康効果がスゴイ!ストレスを取り「めまい」を改善する万能薬

【医師解説】カレーの健康効果がスゴイ!ストレスを取り「めまい」を改善する万能薬

「カレーは日本の国民食」と言われるほど、日本人はカレー好きです。私もカレーをよく食べますが、実はカレーはおいしいだけでなく、他に類を見ない健康食なのです。カレーがもたらす、さまざまな健康効果の一つに、「めまいの改善」があります。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長・百済診療所院長)


【イソバイドに似た効果】メニエール病に良い食べ物は"夜のビール"と"朝の豆乳"

【イソバイドに似た効果】メニエール病に良い食べ物は"夜のビール"と"朝の豆乳"

メニエール病のめまいや耳鳴りの症状の改善にお勧めしたい食材は、ビールと豆乳です。なぜこの食品がメニエール病の改善、再発予防によいのか。ビールは、メニエール病の治療薬・イソバイドという利尿剤と同様の効果が期待できるからです。即効性があるのも特長です。【解説】二木隆(二木・深谷耳鼻咽喉科医院・めまいクリニック理事長)