医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

最新の投稿


メニエール病、更年期障害に特効 平衡感覚の乱れを直す「しょうが紅茶」

メニエール病、更年期障害に特効 平衡感覚の乱れを直す「しょうが紅茶」

めまいや耳鳴りの治療では、内耳の血流をよくする血管拡張薬や血流促進薬を処方します。しかし、薬に頼らずに、家庭で簡単に症状を解消できる方法があります。それは、毎日欠かさずショウガを取ることです。【解説】竹腰昌明(竹腰耳鼻咽喉科医院院長)


【バナナ酢の効能を解説】便秘解消、ダイエット効果、血圧が下がる食べ物!

【バナナ酢の効能を解説】便秘解消、ダイエット効果、血圧が下がる食べ物!

バナナ酢は、さまざまな効能を持った健康食です。バナナ酢を摂取することで、多くの健康効果が期待できます。それらの働きは、どのような成分によってもたらされるのか、詳しくわかりやすくお話ししましょう。【解説】本橋登(インド国立大学博士論文審査官・元明治薬科大学教授/理事) 


【バナナ酢の効果】ダイエット、ひざの痛み・歯周病・便通も改善!

【バナナ酢の効果】ダイエット、ひざの痛み・歯周病・便通も改善!

私は、この10ヵ月ほどの間に、13kgのダイエットに成功しました。以前は82kgあった体重を、69kgまで落とすことができたのです(身長は165cm)。そのダイエットの秘訣は、実は、バナナ酢にあるのです。【体験談】高野文夫(新潟県●62歳●自営業)


【干しブドウ酢の作り方】ダイエット、便秘、血圧、骨粗鬆症が改善!

【干しブドウ酢の作り方】ダイエット、便秘、血圧、骨粗鬆症が改善!

山梨県の「忍野八海」にあるドライフルーツ屋さんが考案した「干しブドウ酢」。簡単に作れておいしいだけでなく、血圧や便秘の改善など、さまざまな健康効果が実感できるのが、その人気の秘訣。今回は、読者の方々から「目に効いた」という喜びの声をたくさんいただきました。ご家庭で作れますので、ぜひ試してみてください。【編集】安心編集部


【貧血】干しブドウ酢は鉄欠乏性貧血にお勧め ヨーグルトと組み合わせると良い

【貧血】干しブドウ酢は鉄欠乏性貧血にお勧め ヨーグルトと組み合わせると良い

これまで私は、鉄欠乏性貧血の患者さんにはもちろん、鉄分が不足しがちな女性の患者さんにも、干しブドウをお勧めしてきました。私自身も干しブドウが大好きで、普段からよく食べています。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)


「バナナ酢ダイエット」の効果を、実践して痩せた美人還暦医師が解説!

「バナナ酢ダイエット」の効果を、実践して痩せた美人還暦医師が解説!

私は、若いころから、さまざまなダイエット法を試してきました。それは、一つには医師として、患者さんの前で不健康に太ったところを見せるわけにはいかないという思いから。もう一つには、女性として、いつまでもキレイでいたいという思いからです。それは、還暦を過ぎた今でも変わりません。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)


村上祥子さん【バナナ酢ダイエット】作り方とやり方 その効果を簡潔に紹介

村上祥子さん【バナナ酢ダイエット】作り方とやり方 その効果を簡潔に紹介

私はこれまで、果物を酢に漬け込んださまざまなフルーツ酢を提案してきました。なかでも、最もお勧めなのが、「バナナ酢」です。作り方も紹介しましょう。【解説】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


高血圧やめまいに【黒豆の煮汁】利用法とその効能を医師が解説

高血圧やめまいに【黒豆の煮汁】利用法とその効能を医師が解説

黒豆の煮汁が血圧に効くのは、コレステロールや中性脂肪を減らす成分や、抗酸化作用の強い成分が多く、血液をサラサラにするからです。また、尿の出をよくする作用、血管の筋肉をゆるめる成分、血管を拡張する成分も含まれており、それらの総合的な作用で、血圧が下がるのです。【解説】野崎豊(ノザキクリニック院長)


【頭がふわふわする】浮動性めまいは耳や脳の病気の可能性

【頭がふわふわする】浮動性めまいは耳や脳の病気の可能性

めまいが起こったとき、それが危険なめまいなのか、危険でないのか。それは、めまいの現れ方で、ある程度は推し量ることができます。そこでまず、めまいのタイプからお話ししましょう。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


不眠症と不整脈の解消、血圧も下がる効果が!キャベツダイエットのやり方

不眠症と不整脈の解消、血圧も下がる効果が!キャベツダイエットのやり方

私は、最初に雑誌の『壮快』の特集記事でキャベツダイエットを知りました。キャベツという食物繊維が豊富な野菜をよくかむことによって、脳が感じる満腹感を利用し、食事の量をコントロールするという方法に共感しました。【解説】蘆原紀昭(元恒進會病院院長・加圧治療院院長) 


【医師】キャベツダイエットで医師が20kg、 新聞記者も10kgやせた方法を紹介

【医師】キャベツダイエットで医師が20kg、 新聞記者も10kgやせた方法を紹介

私がキャベツダイエットを始めたのは、数年前のことでした。減量開始時点で、身長169cmの私の体重は88〜89kgほどでしょうか。最も太ったときで92kgを記録したこともあり、明らかに太りすぎだったのです。【解説】寺師義典(寺師医院院長)


【酢キャベツダイエット】簡単アレンジ、おいしい応用レシピ!

【酢キャベツダイエット】簡単アレンジ、おいしい応用レシピ!

酢キャベツは、そのまま食べてもいいのですが、たまには変化が欲しいもの。そんなとき、材料として料理に使ってみてはいかがでしょうか。キャベツの食感と酢の酸味が、ほどよいアクセントになってくれます。スープや和え物、煮込み料理、麺類など、どんな料理にでも意外に相性が合います。【料理】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家) 


【頭がふわふわ・目がぐるぐる】回転性めまい、浮動性めまいの原因と対策

【頭がふわふわ・目がぐるぐる】回転性めまい、浮動性めまいの原因と対策

めまいリハビリとは、目を動かす、足踏みをするなどして体を動かし、小脳を鍛えるものです。めまいに悩む患者さんは、安静を心がけかちですが、めまいは寝ていては治りません。【解説】新井基洋(横浜市立みなと赤十字病院耳鼻咽喉科部長)


【高齢者のめまい】頭がふわふわ ふらつく 平衡感覚の障害への対処法とリハビリ

【高齢者のめまい】頭がふわふわ ふらつく 平衡感覚の障害への対処法とリハビリ

めまいリハビリは、目、耳、足の裏に有効な刺激を与え、小脳を鍛えてめまいをを改善していきます。実は、慢性ふらつきもめまいの一種なのです。その代表は「加齢性平衡障害」という現代病で、60代後半から70代にかけての高齢者に多く見られます。【解説】新井基洋(横浜市立みなと赤十字病院耳鼻咽喉科部長)


【看護師が実践】子宮筋腫・便秘の改善に効果「中指ねじり」のやり方

【看護師が実践】子宮筋腫・便秘の改善に効果「中指ねじり」のやり方

私は田園調布長田整形外科のウェルネスプログラムで指ヨガの講座を担当しています。血圧や脈拍数の低下、腰痛・めまい・うつ・子宮筋腫・不整脈など改善した症状も多岐にわたります。もう1つ驚いたのが、認知症への効果です。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師)