ヘルスケア

ヘルスケア

ヘルスケアとは、健康の維持や増進のための健康管理のことを指します。 東洋では、養生、未病といった言葉で健康の増進が図られてきました。このカテゴリでは、できるだけ医療機関に頼らず、自分で健康を維持(セルフケア)したいという人のために、役立つ記事を紹介しています。

ヘルスケアに関連するキーワード

ヘルスケア
>>ヘルスケアに関連するキーワード一覧

ヘルスケアの健康情報一覧

【整形外科医が忠告】整形外科で処方される注意したい薬とは ― 鎮痛薬「リリカ」の副作用

【整形外科医が忠告】整形外科で処方される注意したい薬とは ― 鎮痛薬「リリカ」の副作用

痛みに対して処方される薬で、特に注意してほしいのが、プレガバリン(商品名=リリカ)です。この薬は、神経障害性疼痛や線維筋痛症(全身や体の広範囲に激痛が起こる症状)の治療薬として、なかなか取れない痛みに対し、整形外科でよく使います。【解説者】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【症状別に効く】歩数と歩き方が判明!基本は1日8000歩・20分の速歩き

【症状別に効く】歩数と歩き方が判明!基本は1日8000歩・20分の速歩き

昼間お勤めをしている人は、平日に外出や散歩の時間を取ることが難しいかもしれません。駅までの道を速足で歩く、職場の一つ手前の駅で降りて歩く、エレベーターやエスカレーターは使わない、などを心がけるといいでしょう。【解説】青栁幸利(東京都健康長寿医療センター研究所運動科学研究室長)


【医師解説】患者さんの胆石が消失した!肝機能を高めるセルフケア「肝臓カイロ」

【医師解説】患者さんの胆石が消失した!肝機能を高めるセルフケア「肝臓カイロ」

肝臓カイロの効果は、多様です。まずは冷え症の改善。代謝がよくなってむくみが取れ、水太りも解消します。やせやすい体質になるため、ダイエットにも効果があります。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


【冷え取りの名医】病気の回復を早める「健康美習慣」を身につけるヒント

【冷え取りの名医】病気の回復を早める「健康美習慣」を身につけるヒント

運動量の少ない現代人は、だるさや疲れが「気(生命エネルギーの一種)」の滞りによって引き起こされることが少なくありません。気の滞りを解消し、体調を改善するには、適度に体を動かしたほうが効果的なのです。【解説者】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


【医師解説】円形脱毛症の原因はストレスと血流低下 対策は「爪もみ」が有効

【医師解説】円形脱毛症の原因はストレスと血流低下 対策は「爪もみ」が有効

爪もみは、交感神経の緊張を改善し、頭皮の血流を向上させるので、円形脱毛症に有効です。さらに、指先の血流もアップするので、髪と同じ組織である爪の状態も改善します。【解説】永野剛造(永野医院院長)


【医師解説】抗生物質の誤った使い方が腸カビ、腎障害を引き起こす!乱用を防ぐためにできることとは

【医師解説】抗生物質の誤った使い方が腸カビ、腎障害を引き起こす!乱用を防ぐためにできることとは

抗生物質は細菌を殺す薬です。感染症の原因となる細菌だけでなく、腸内にいる善玉菌まで、すべての細菌をいったん死滅させてしまいます。その一方で、抗生物質が効かないカビやウイルスは生き残るため、腸内環境のバランスがくずれてしまうのです。【解説者】内山葉子(葉子クリニック院長)


【酢納豆】糖質制限ダイエット中の私が お酢と納豆にハマる理由(福澤朗アナ)

【酢納豆】糖質制限ダイエット中の私が お酢と納豆にハマる理由(福澤朗アナ)

我が家は、全員納豆好きの「納豆家族」です。冷蔵庫には常に納豆が10パックは入っていて、食事にはたいてい納豆が登場します。利き酒師の資格を持っている妻が「納豆を酢で食べるとおいしいよ」というのですから、躊躇することなく食べました。これがほんとうにおいしい!以来、我が家の定番です。【体験談】福澤朗(アナウンサー) 


【医師解説】大ブームの発酵食品「生甘酒」は腸内環境改善食!甘酒との違いは?

【医師解説】大ブームの発酵食品「生甘酒」は腸内環境改善食!甘酒との違いは?

生甘酒は、酵素とビタミン(特にビタミンB群)の宝庫で、腸内環境を整えてくれます。ビタミンB群は、ホルモンの合成に欠かせない成分です。毒出し効果も高く、老廃物をスムーズに排出するので、「美肌のビタミン」ともいわれています。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


【医師が警告】冷たい牛乳の一気飲みは控えよ!乳ガンや腸の病気を招く可能性?

【医師が警告】冷たい牛乳の一気飲みは控えよ!乳ガンや腸の病気を招く可能性?

牛乳を飲むと、乳糖が小腸できちんと消化されないまま、大腸に運ばれて、腹痛や下痢などを引き起こしてしまいます。こうしたことからも、冷蔵庫から牛乳を取り出し、冷たいまま、一気に飲むことは控えてください。【解説者】丁宗鐵(日本薬科大学学長・百済診療所所長)


【冷え性を改善する方法】入浴前に「○○を温める」と湯冷めしない!

【冷え性を改善する方法】入浴前に「○○を温める」と湯冷めしない!

高血圧や脳疾患、心疾患といった生活習慣病や、うつ病や不眠症などの精神疾患の予防・改善にも、耳を温めることは極めて重要です。なぜ、耳を温めることが、病気の予防・改善につながるのでしょうか。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


【痛みの専門医も愛用】重度の座骨神経痛が消失し脊柱管狭窄症も改善する「しり巻き」

【痛みの専門医も愛用】重度の座骨神経痛が消失し脊柱管狭窄症も改善する「しり巻き」

現代人の多くは、仕事や人間関係で大きなストレスを感じながら、日々生活しています。慢性的なストレスは、私たちの自律神経のバランスをくずし、重度の冷えを招きかねません。【解説】富永喜代(富永ペインクリニック院長)


【医師解説】爪もみの疑問にズバリ回答 ― 「やりすぎるとどうなる?」「薬指はもんでいいの?」

【医師解説】爪もみの疑問にズバリ回答 ― 「やりすぎるとどうなる?」「薬指はもんでいいの?」

「やりすぎると害はある?」「薬指はもんでいいの?」爪もみの疑問にズバリ回答!爪もみは、ときとして劇的な変化をもたらすことがあります。とはいえ、この療法の基本は、小さな変化を積み重ねながら、少しずつ体調を向上させることです。【解説】永野剛造(永野医院院長)


【森下敬一医師】腎機能をアップさせる食事 ― OK食材、NG食材はコレ!

【森下敬一医師】腎機能をアップさせる食事 ― OK食材、NG食材はコレ!

腎臓病治療で勧められる食事といえば、「低塩分・低カリウム・低たんぱく」が主流です。しかし、そうした制限のない食事療法を40年以上前から提唱し、腎臓病の予防・改善に実績を上げている森下敬一先生の食事療法をご紹介します。 【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)


服のサイズが4LからLまでダウン!「長生きスープ」で肝臓の数値も正常に

服のサイズが4LからLまでダウン!「長生きスープ」で肝臓の数値も正常に

私はもともと大食漢でいつも人の3倍くらいの量を食べていました。体重の増加とともに、健康診断の数値もことごとく悪化。肝臓の機能を表す数値のγ‐GTPが167というとんでもない数値になっていました。お酒は飲まないので、明らかに肥満が原因の非アルコール性の脂肪肝になっていたのです。【体験談】大川孝志(税理士・54歳)


【家庭にあるものでOK】ひもを巻くだけで痛みが消える!「ひもトレ」のやり方

【家庭にあるものでOK】ひもを巻くだけで痛みが消える!「ひもトレ」のやり方

ひもトレとは、1本のひもを使って、体のバランスを整える健康法です。体のさまざまな箇所にひもを巻いて運動をしたり、日常生活を過ごしたりするだけで、動きが軽快になり、痛みや不調が軽減します。その効果に、医師やトップアスリート、芸能界からも、驚きの声が上がっています。【解説】小関勲(ひもトレ発案者・バランストレーナー)


【医師解説】親指の爪の黒ずみは「低体温」のサイン!特効療法「爪もみ」とは

【医師解説】親指の爪の黒ずみは「低体温」のサイン!特効療法「爪もみ」とは

気は、万物の根源である宇宙から発生し、私たちの頭頂部(つむじ)から注がれて経絡を通り、手足から出ていきます。この気が、経絡をスムーズに流れることで、私たちの健康が保たれるとされているのです。【解説】永野剛造(永野医院院長)


【医師イチオシ】肝臓の機能を高め疲労回復に効果!「コンニャク湿布」のやり方

【医師イチオシ】肝臓の機能を高め疲労回復に効果!「コンニャク湿布」のやり方

病気というほどではなくても慢性疲労、倦怠感に悩まれている人には、特にお勧めです。私自身、コンニャク湿布を行うたびに、その優れた疲労回復効果を実感しています。ぐっすり眠れて、朝はスッキリと起きられるのです。【解説】戸舘亮人(ナチュラルファミリークリニック院長)


【医学博士が警鐘】医師に依存し薬に頼ることは「健康長寿への道」ではない

【医学博士が警鐘】医師に依存し薬に頼ることは「健康長寿への道」ではない

日本の医療は薬を使い過ぎ!抗インフルエンザ薬のタミフルは全生産量の8割を、降圧剤は販売総額の5割を、日本で消費しています。なぜ、日本人はこんなに薬を使うのでしょうか。そこには、日本特有の医療システムがあります。【解説者】星旦二(首都大学東京名誉教授・放送大学客員教授)


【脂肪肝対策】お酒を飲まない人に増加中!非アルコール性脂肪肝炎「NASH」とは?予防法は?

【脂肪肝対策】お酒を飲まない人に増加中!非アルコール性脂肪肝炎「NASH」とは?予防法は?

近年増加しているのが、NASH=ナッシュと呼ばれる、非アルコール性脂肪肝炎です。一部はアルコール性の脂肪肝同様、肝硬変、さらには肝ガンへと進むので注意が必要です。重篤な肝臓病へと進行させないためのセルフケアをご紹介しましょう。【解説】中島淳(横浜市立大学大学院医学研究科 肝胆膵消化器病学教室主任教授・診療部長)


【海外では常識】副腎の疲労が不調を招く!コルチゾール不足を改善する「副腎ケア」

【海外では常識】副腎の疲労が不調を招く!コルチゾール不足を改善する「副腎ケア」

私たちの体で起こる、あらゆる不調は、副腎の疲労が根本原因だといっても過言ではありません。副腎から分泌されるホルモンは、実に50種以上。なかでも特に重要なのが、副腎皮質ホルモンの「コルチゾール」です。副腎が疲れると、大切なコルチゾールの分泌が悪くなり不調を引き起こすのです。【解説者】本間良子(スクエアクリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング