ヘルスケア

ヘルスケア

ヘルスケアとは、健康の維持や増進のための健康管理のことを指します。 東洋では、養生、未病といった言葉で健康の増進が図られてきました。このカテゴリでは、できるだけ医療機関に頼らず、自分で健康を維持(セルフケア)したいという人のために、役立つ記事を紹介しています。

ヘルスケアに関連するキーワード

ヘルスケア
>>ヘルスケアに関連するキーワード一覧

ヘルスケアの健康情報一覧

【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

人間は、よほどのことがない限り、自分で自分の体を治す力を持っています。足の刺激法などのほうが、薬よりはるかに上であって、まず試すべきものです。足を刺激することによって、その人が本来持っている、治る力を活性化させることができるからです。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科院長)


【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

刺激して痛みを感じる部位があれば、そこは体の巡りが悪く詰まっている証拠です。重点的にたたいたり、もんだりしてください。詰まりが取れて全身の血の巡りが一気によくなり、目も頭もスカッとします。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【口呼吸・イビキが改善】美容と健康維持に役立つ「舌回し」15の効果

【口呼吸・イビキが改善】美容と健康維持に役立つ「舌回し」15の効果

私が推奨している「舌回し」は、顔のたるみや二重あご、シミ、シワ、ほうれい線といった美容トラブルの改善にすぐれた効果を発揮します。ですが、舌回しの効果は美容面だけにとどまりません。全身のさまざまな不快症状も改善してくるのです。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部歯科補綴学第一講座主任教授)


【整形外科医】手は露出した脳?「指ヨガ」で腰痛・ひざ痛も緩和する!

【整形外科医】手は露出した脳?「指ヨガ」で腰痛・ひざ痛も緩和する!

指ヨガは呼吸と意図のもと「指をもむ」ことによって全身でヨガをやっているのと同じような効果が得られるというものですが、実は指をもむことの大切さを説くのはヨガだけではありません。西洋医学でも、手は体の中で特化された分野で、整形外科でも早くから「手の外科」として確立されてきました。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


【肩こり・腰痛】原因不明の体調不良が改善!病院の調査で確認「指ヨガ」の効果

【肩こり・腰痛】原因不明の体調不良が改善!病院の調査で確認「指ヨガ」の効果

看護師として約10年、病院に勤務し、多くの患者さんと接する中で、私は西洋医学だけでできることには限界があるのではないかと感じていました。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師)


血圧が下がり、子宮筋腫が改善した「中指ねじり」のやり方

血圧が下がり、子宮筋腫が改善した「中指ねじり」のやり方

基本的なやり方として中指のもみ方を紹介します。体の軸になる中指だけでもしっかりもむと、体調面、心理面がガラリと変わると思います。時間のある人は、中指と同様にすべての指をもむとさらに効果的です。行うときは、全身のヨガと同様に呼吸がたいせつです。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師)


【慢性疲労・ストレス】原因はパソコンによる指の疲れ 血流改善効果のある「指そらし」でセルフケア

【慢性疲労・ストレス】原因はパソコンによる指の疲れ 血流改善効果のある「指そらし」でセルフケア

指には、交感神経の線維が集中しています。ストレスや緊張を感じたときは、交感神経が優位になって、指に張り巡らされた血管がギュッと締まります。指そらしは、座ったままできるので、運動が苦手な人でも手軽に取り組むことができます。1日に何回やってもかまいません。【解説】富永喜代(富永ペインクリニック院長)


【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は多数の肝小葉という単位が集まった臓器で、「人体の化学工場」といわれ、胆汁を生成して消化を助けるほか、栄養分の分解や貯蔵、解毒、排泄など、重要な働きをしています。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


非アルコール性脂肪肝炎(ナッシュ)が改善!生活習慣病を予防する「ファイトケミカルスープ」とは

非アルコール性脂肪肝炎(ナッシュ)が改善!生活習慣病を予防する「ファイトケミカルスープ」とは

私の治療の理想は、患者さんが薬だけに頼るのではなく、食事など生活習慣の重要性に気づいて見直していただくことです。そうすれば、難しい病気であっても改善する可能性はじゅうぶんにあります。【解説】髙橋弘(麻布医院院長・ハーバード大学医学部元准教授)


【リラックス効果】禁煙が成功した!ツボ“丹田”と“ハワイ”を意識する呼吸法

【リラックス効果】禁煙が成功した!ツボ“丹田”と“ハワイ”を意識する呼吸法

ハワイの朝日呼吸を行うことで、血糖値や血圧が下がった人、子宮筋腫が消えた人、10㎏以上やせた人、肩こりや腰痛がなくなった人、不眠が改善した人、学習能力が上がって資格試験に合格できた人など、たくさんの声が集まっています。【解説】藤麻美子(日本丹田呼吸法セラピー協会代表 ミラクルレインボー・スクール代表)


【夏の水分補給】元オリンピック男子マラソン日本代表のおすすめは「水出し緑茶」 お酒を飲んだ後でもむくまない

【夏の水分補給】元オリンピック男子マラソン日本代表のおすすめは「水出し緑茶」 お酒を飲んだ後でもむくまない

陸上競技においては、水分補給が大切であり、特にマラソンでは走っている間に体内の水分が汗として体外に排出されるため、走りながらの水分補給が必須です。旭化成陸上部では、練習中や競技での水分補給ドリンクとして水出し緑茶 を採用しています。【解説】宗茂(宗茂気功健康塾塾長・元オリンピック男子マラソン代表)


脳外科医が絶賛「ニンニク油」とは? 疲労で医師引退もよぎった体力が復活!手術の成績も向上

脳外科医が絶賛「ニンニク油」とは? 疲労で医師引退もよぎった体力が復活!手術の成績も向上

私がニンニク油を知ったのは10年ほど前、実は外来に通っていた患者さんが教えてくれたのです。ニンニク油を飲み出したとたん、気力・体力ともに充実し、疲れを感じなくなりました。自分で言うのもおかしなものですが、「人間、こんなに前向きになれるものか!」と驚いたくらいです。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【熱中症】自分でできる予防法と対策 水分補給やエアコンの使い方のコツはこれだ!

【熱中症】自分でできる予防法と対策 水分補給やエアコンの使い方のコツはこれだ!

熱中症は私たちの日常生活の中での注意や工夫で予防することができます。たとえば、服装です。また、水分補給についても、実は「水分」だけを補給するのではいけません。そのほかに、エアコン等の空調の使い方のコツなどをご紹介します。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)


【熱中症の応急処置】だるい・眠気は夏バテではなく熱中症かも 重症化を防ぐ方法とは

【熱中症の応急処置】だるい・眠気は夏バテではなく熱中症かも 重症化を防ぐ方法とは

気温が高い夏場等、汗をかいたり、体が熱くなるのは誰にでもある生理反応です。 夏バテかな?と思うような症状(だるさ、眠気、頭がボーっとする)ときは注意が必要です。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)


【熱中症を防ぐ対策】回復には1週間の安静を 食事・部屋作り・運動で再発防止

【熱中症を防ぐ対策】回復には1週間の安静を 食事・部屋作り・運動で再発防止

熱中症になったら、すぐに症状が回復してもしばらくは休養する必要があります。無理をすると、再発する可能性もあるので1週間は体力回復のため安静を心がけてください。体力が十分回復したら、熱中症を再発させないために、生活習慣を見直しましょう。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)


【ゴースト血管とは】老化が進み、お酒が弱くなる、がんリスクも高まる 毛細血管は再生するのか?

【ゴースト血管とは】老化が進み、お酒が弱くなる、がんリスクも高まる 毛細血管は再生するのか?

動脈や静脈は、簡単に消えたりしません。しかし、毛細血管は、老化現象の一つとして消えていく血管なのです。平均的に、毛細血管は40 代半ばから減り始め、80代になるまでに4割も減ってしまいます。ゴースト血管が多くなるとさまざまな老化現象や病気を進める一因となります。【解説】高倉伸幸(大阪大学微生物病研究所教授)


【ゴースト血管】爪が割れる、目の下のクマ 、白髪 当てはまったら要注意!再生法はあるの?

【ゴースト血管】爪が割れる、目の下のクマ 、白髪 当てはまったら要注意!再生法はあるの?

一般には40代から、しだいに毛細血管が弱くなっていきます。なぜかというと、ピタリとくっついていた壁細胞と内皮細胞が離れやすくなるからです。表地と裏地の間に、すき間ができてくるわけです。【解説】高倉伸幸(大阪大学微生物病研究所教授)


【血圧を下げる効果】ツボ「合谷」位置は人によって違う?低血圧の人にお勧めの刺激方法

【血圧を下げる効果】ツボ「合谷」位置は人によって違う?低血圧の人にお勧めの刺激方法

私は、30年以上前に「合谷」に着眼して以来、延べ2万人以上の患者さんに合谷指圧を施し、また指導してきました。その経験を踏まえて、読者の皆さんが効果的に刺激するためのコツをご紹介しましょう。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学教授)


【熱中症の予防と対策】抗うつ剤・睡眠薬の服用者は要注意 室内でも発症

【熱中症の予防と対策】抗うつ剤・睡眠薬の服用者は要注意 室内でも発症

熱中症は7月8月の日中に最も多く見られますが、注意したいのが梅雨の時期です。熱中症は、乳幼児から高齢者まであらゆる年代で起こる病気です。なかでも高齢者は重症化する場合が多いのです。また服薬や持病のある方も熱中症にかかりやすいリスクがあるといえるでしょう。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)


【熱中症の症状は4種類】熱失神・熱痙攣・熱疲労・熱射病 受診の目安は3段階

【熱中症の症状は4種類】熱失神・熱痙攣・熱疲労・熱射病 受診の目安は3段階

「熱中症」とは、高温多湿の環境下で、大量の汗をかくことによりによる体内の水分や塩分(ナトリウム)のバランスが崩れたり、体温の調節ができなくなることなどで起こってしまう健康障害の総称です。医療現場では、熱中症の重症度をⅠ度・Ⅱ度・Ⅲ度の3段階に分類しています。【解説】大澤直人(高知大学医学部附属病院老年病・循環器内科)