医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

ヘルスケア

ヘルスケア

ヘルスケアとは、健康の維持や増進のための健康管理のことを指します。 東洋では、養生、未病といった言葉で健康の増進が図られてきました。このカテゴリでは、できるだけ医療機関に頼らず、自分で健康を維持(セルフケア)したいという人のために、役立つ記事を紹介しています。

ヘルスケアに関連するキーワード

痛み しびれ リハビリ 漢方 鼻呼吸 睡眠時無呼吸症候群 いびき クコの実 アーユルヴェーダ 疲労回復
>>ヘルスケアに関連するキーワード一覧

ヘルスケアの健康情報一覧

これから旬!ミカンにレモン、柑橘類に新しい健康効果が続々報告!

これから旬!ミカンにレモン、柑橘類に新しい健康効果が続々報告!

柑橘類はフラボノイド、カロチノイド、クマリン、テルベン、リモノイドなどの機能性成分を含んでいる。その機能性とは、ガン細胞のアポトーシス誘導作用、脂質代謝改善作用、抗炎症作用、関節リウマチや関節破壊症に関与する物質の生産阻害などで、その有効性を報告する研究が多数あるという。【構成】ケンカツ!編集部


「セルフ経絡ヘッドケア」で顔のむくみがすっきり!鼻も少し高くなった

「セルフ経絡ヘッドケア」で顔のむくみがすっきり!鼻も少し高くなった

「セルフ経絡ヘッドケア」を自宅で行っていたところ、目に見えて顔が変わってきたので驚いています。周囲の人たちからも「顔が小さくなったね」とか「目がパッチリした」と言われたので、私の思い込みではなく、ほんとうに変わってきたのだと思います。【体験談】新島幸枝(パート勤務・53歳)


毎日食べて疲労回復!血圧を下げる食べ物「無塩梅干し」の効果

毎日食べて疲労回復!血圧を下げる食べ物「無塩梅干し」の効果

東洋医学でいう五臓のうち「腎」は生命の源。腎が衰える「腎虚」に該当すると、ホルモン代謝や泌尿器系・生殖器系・免疫系といった、生命維持に欠かせない機能が低下します。そんなかたに、私がお勧めしているのが「無塩梅干し」です。 【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長・鍼灸師)


「きくち体操」が効果 脳腫瘍による左半身麻痺から回復できた!

「きくち体操」が効果 脳腫瘍による左半身麻痺から回復できた!

足首や足の指が回復するのは、100人中、2人か3人とリハビリの先生から説明されても、私はめげませんでした。その2~3人の中に、自分が入ればいいと思ったのです。私が希望を失わずいられたのは、「きくち体操」があったからです。【体験談】鈴木知子(仮名・主婦・74歳)


頭をほぐすセルフケアで血圧が下がった!疲労感が取れて熟睡できる

頭をほぐすセルフケアで血圧が下がった!疲労感が取れて熟睡できる

頭皮セラピーを受けるのは月に1回程度なので、受けてしばらくするとまた疲れがたまり、寝つきが悪くなることがありました。そこで、自分でもケアできる「頭のもみほぐし」を教えてもらい、毎日寝る前にするようにしました。首筋の張りや肩こりがだいぶ楽になりますし、疲れがたまりにくくなります。【体験談】彦坂淑子(仮名・主婦・82歳)


【オクラ水が効果】飲み続けたらどんな変化があった?(7名の体験談)

【オクラ水が効果】飲み続けたらどんな変化があった?(7名の体験談)

血流改善に効果を発揮する「オクラ水」。実際に、オクラ水を実践してみてどのような健康効果があったのか気になるところですよね。ここでは、当サイト『ケンカツ!』にあるオクラ水を飲み続けて体調に変化があった7名の体験談をまとめてみました。【記事構成】ケンカツ!編集部


「バレリーナの姿勢」で免疫力アップ! 正しい深い呼吸法で気分も明るくなれる

「バレリーナの姿勢」で免疫力アップ! 正しい深い呼吸法で気分も明るくなれる

肺をしっかり使わないと、呼吸をするときに使う筋肉、肺胞などが衰えて、萎縮していきます。「長生き」は「長息」につながり、ゆったりした深い呼吸をしている人は長生きです。反対に、「生き急ぐ(息急ぐ)」という言葉があるように、息が短い(浅い)人は、長生きできないといわれます。【解説】松本有記(松本有記クリニック院長)


【再発するお尻のブツブツ】吹き出物が痛み 市販薬が効かない! 原因と対策は

【再発するお尻のブツブツ】吹き出物が痛み 市販薬が効かない! 原因と対策は

顔、首、背中など、人によって吹き出物が出やすい場所の傾向がありますが、その根本原因は同じです。それは、「肝臓の不調」です。その有効な対策は、皮膚に何かをぬることではなく、肝臓を元気にすることです。重要なのが食生活を振り返ることです。また「肝臓を元気にするセルフ整体」をご紹介します。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)


むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

まずは、リンパ管とリンパ節の「お掃除」から始めるのがポイントです。ふくらはぎをゆっくり押すことで、血液やリンパ液が一度止まり、ゆっくり離すことで、ドッと勢いよく流れ出します。その流れに乗せて、一気に老廃物を流し、リンパ管の詰まりを取るのが目的です。【解説】岩谷恭子(カスタリア代表・エステティシャン)


頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

ストレスがたまったり、体調を崩したりすると、頭は体からのサインを受け取れなくなります。また、肉体周囲からの情報も受け取れなくなります。すると、頭皮がむくんでブヨブヨになったり、過緊張による血行不良でカチカチになったり、頭に状態が現れるようになるのです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

毎日頭のもみほぐしを行うことで、「今日は疲れてるな」と自分の状態に気づきやすくなります。頭のもみほぐしでは、呼吸が非常にたいせつです。ほぐしながら息を吸ったり、吐いたり、深呼吸したりして、ゆったりリラックスしながら行ってください。【解説】山本わか(田園調布長田整形外科頭皮セラピスト)


頭皮が固いのは筋膜の緊張!頭痛を和らげる「耳の上ほぐし」のやり方

頭皮が固いのは筋膜の緊張!頭痛を和らげる「耳の上ほぐし」のやり方

頭のてっぺんに指を当て、同じように動かしてください。おでこと同じように動きますか。もし、おでこの皮膚より、頭のてっぺんの皮膚が動かなかったら、頭皮が緊張しています。頭皮がカチカチに緊張していれば、頭痛や頭重感といった、不快感に見舞われやすくなります。【解説】内野勝行(金町脳神経内科・耳鼻咽喉科院長)


メニエール病は真面目タイプがなりやすい?  頑張りすぎた時の"頭熱"リセット法

メニエール病は真面目タイプがなりやすい? 頑張りすぎた時の"頭熱"リセット法

患者さんに増えているのが気が滞って不調になっているケース。どこで流れが悪くなっているかといえば「頭」です。体より頭(脳)を使うことが増えたからでしょう。体を動かさず、延々と考え事をしたり、スマートフォンやパソコンを長時間使うことが原因なのです。【解説】鳴海理恵(鍼灸・あん摩マッサージ指圧師、VE&BI治療院院長)


視力がその場でアップする!「耳の穴」をもむと様々な不調が改善

視力がその場でアップする!「耳の穴」をもむと様々な不調が改善

「耳の穴もみ」を行うとその場で、視力の改善を実感する人も少なくありません。視力改善効果は一時的なもので、時間が経つと元に戻ってしまいます。しかし、毎日行うことで、上がった視力が定着することも期待できます。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【ガサガサかかとの予防・対策】糖尿病になったらひび割れ・あかぎれに要注意

【ガサガサかかとの予防・対策】糖尿病になったらひび割れ・あかぎれに要注意

足は意外と乾燥しやすいところです。足裏が乾燥すると、かかとや指先を中心に角質層が異常に厚くなります。これを「角質肥厚(角化)」といいます。この角化が進むと足裏はさらに乾燥しやすくなり、ひび割れやあかぎれといった皮膚の亀裂を生じやすくなります。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【魚の目とタコの違い】痛い足トラブルの予防と対処法 自分での処置はNG!

【魚の目とタコの違い】痛い足トラブルの予防と対処法 自分での処置はNG!

足の皮膚にトラブルで多いのは、なんといっても水虫(白癬)と、タコ・ウオノメです。水虫は白癬菌という菌による感染症ですから治療が必要です。一方、タコ・ウオノメは日常的には困りませんが、靴に当たって痛い場合にはやはり治療が必要になります。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


VDT症候群の症状【頭痛・疲れ目】を即改善!「耳の裏さすり」の効果を証明

VDT症候群の症状【頭痛・疲れ目】を即改善!「耳の裏さすり」の効果を証明

科学的に耳の裏刺激の効果を検証したいと考えた私は、手軽に耳の裏を刺激できる耳かけ式磁気グッズを開発し、耳の裏を刺激したときのデータを取ることにしました。検証したのは「VDT症候群」の改善効果です。【解説】小田博(おだ整形外科クリニック院長)


【運動の健康効果】判明!筋肉が分泌する「マイオカイン」に鍵があった

【運動の健康効果】判明!筋肉が分泌する「マイオカイン」に鍵があった

「運動をすると健康になる」ということに議論の余地はないでしょう。でも運動になぜそうした効果があるのかについては、今までよくわかっていませんでした。近年、運動で筋肉が収縮するとき、筋肉からホルモンのような生理活性物質が分泌されており、それが病気を防ぐことが明らかになってきました。【解説】藤井宣晴(首都大学東京大学院教授)


爪の水虫【爪白癬(つめはくせん)とは】完治が大事!内服薬で再発予防

爪の水虫【爪白癬(つめはくせん)とは】完治が大事!内服薬で再発予防

爪白癬は、爪の水虫です。日本人の10人に1人は爪白癬を持っているといわれるほど多い病気です。水虫は白癬菌という真菌(カビ)による感染で、皮膚の水虫(足水虫)がひどくなると爪にも感染し、爪白癬になります。爪白癬のある人は、ほとんどが足水虫を合併しています。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


足の爪が厚くなる肥厚爪とは 原因は深爪・水虫そしてギリシャ型の足

足の爪が厚くなる肥厚爪とは 原因は深爪・水虫そしてギリシャ型の足

肥厚爪(ひこうそう)は、その名のとおり爪が厚くなる病変で、2つのタイプがあります。1つは「厚硬爪甲(こうこうそうこう)」といって、爪が上に重なって厚くなっていくもの。もう1つは「爪甲下角質増殖」といって、爪の下の角質が増殖して厚くなるものです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)