ヘルスケア

ヘルスケア

ヘルスケアとは、健康の維持や増進のための健康管理のことを指します。 東洋では、養生、未病といった言葉で健康の増進が図られてきました。このカテゴリでは、できるだけ医療機関に頼らず、自分で健康を維持(セルフケア)したいという人のために、役立つ記事を紹介しています。

ヘルスケアに関連するキーワード

痛み しびれ リハビリ 漢方 鼻呼吸 睡眠時無呼吸症候群 いびき クコの実 アーユルヴェーダ 疲労回復
>>ヘルスケアに関連するキーワード一覧

ヘルスケアの健康情報一覧

【ジェネリック】安易な切り替えにご用心!効き目が同じではない商品もある

【ジェネリック】安易な切り替えにご用心!効き目が同じではない商品もある

本来あるべき「安かろう、よかろう」のジェネリック薬が、「安かろう、悪かろう」ではないかという声が挙がっています。実際、ジェネリック薬に変更した患者さんたちから、「効き方が違う」「変えてから体調が優れない」「副作用が現れた」といった問題点が指摘されるようになったのです。【解説者】長尾和宏(長尾クリニック院長)


【糖化年齢を下げる食べ物】特に危険な腸の糖化 "腸コゲ" は老化の元凶で脳に悪影響

【糖化年齢を下げる食べ物】特に危険な腸の糖化 "腸コゲ" は老化の元凶で脳に悪影響

腸コゲが進むと、まず、腸の働きが悪くなり、栄養素の分解・吸収が正常に行われなくなります。糖化した腸管からは、アレルギーの原因物質であるアレルゲンが侵入しやすくなるため、とくに食物アレルギーが起こりやすくなります。【解説者】森田祐二(札幌アンチエイジングラボラトリー所長・同志社大学アンチエイジングリサーチセンター研究)


【整形外科医】転倒予防には「足の指回し」が効果的 やり方を医師が解説

【整形外科医】転倒予防には「足の指回し」が効果的 やり方を医師が解説

高齢になると、なぜ転倒しやすくなるのでしょうか。整形外科の現場で、患者さんの足を診ていると、足の指が開かず、縮こまっている人がとても多いことに気づきます。靴をはく時間が長い現代人は、指が広がらず、そのせいで足指が機能しなくなって、ふんばる力が低下しているのです。【解説】宮田重樹(宮田医院院長)


【足裏のツボと反射区】足の裏のマッサージ効果 便秘薬の効かない重症便秘も改善

【足裏のツボと反射区】足の裏のマッサージ効果 便秘薬の効かない重症便秘も改善

足裏の色の変化やシワなどにはあなたの体と心のあり方が表れます。異常が現れている反射区を刺激することによって、その反射区に対応する臓器を健康な状態へ整えることができます。反射区を押しながら、今日どんな感情を抱いていたか、自分にはどんな思考の癖があるか振り返ってみてください。【解説】市野さおり(看護師・リフレクソロジスト)


【動体視力を鍛える】プロ野球選手も実践する「視覚トレーニング」

【動体視力を鍛える】プロ野球選手も実践する「視覚トレーニング」

私は現在、2軍のトレーニングコーチとして若手の育成に力を注いでいます。1軍に生きのいい選手を送るのが私の役割です。「視覚トレーニング」をチームに導入したい、と考えたのは5年前でした。【解説】伊藤博(読売巨人軍 2軍トレーニングコーチ)


【冷房対策に】タオルで首を温めて冷え症を改善 自律神経も整うと医師が解説

【冷房対策に】タオルで首を温めて冷え症を改善 自律神経も整うと医師が解説

年を取ってから、首がこったり痛くなったりしてきたかたは多いでしょう。原因は、加齢による筋肉や骨の衰え。だいたい5㎏程度の頭を私たちは骨や筋肉によって支えています。しかし、骨や筋肉は、年齢とともにどうしても衰えてくるもの。すると、重力に負け、稲穂のように前に垂れてくるのです。【解説】富永喜代(富永ペインクリニック院長) 


【首を温める効果】脳幹の機能が戻り 高血圧や糖尿病、全身の痛みに効く

【首を温める効果】脳幹の機能が戻り 高血圧や糖尿病、全身の痛みに効く

私は患者さんが自分で心身をケアして、病気や不調を予防・改善できる方法を勧めています。特に患者さんからの評判がよいのが、「首を温める」ケアです。首を温めると、肩こりや頭痛、不眠、疲労感などの不快症状や、高血圧や糖尿病などの慢性病を改善する効果が得られます。【解説】沼田光生(海風診療所院長・周南病院理事長) 


【自律神経の乱れ】自律神経を整える方法は "前腕をゆっくり撫でる" と良いと判明

【自律神経の乱れ】自律神経を整える方法は "前腕をゆっくり撫でる" と良いと判明

不安や緊張を感じたとき、親しい人から体をなでられて気持ちが落ち着いた経験は、誰にでもあるでしょう。慣れない場で心細いときに、無意識のうちに腕をさすっていたこともあると思います。近年の研究により、肌をゆっくりなでることが、自律神経の乱れの改善に効果があることが分かってきたのです。【解説】山口創(桜美林大学教授)


【おやすみ前の新習慣】「寝たままできる快眠ヨガ 」脊椎を整え細胞修復を促すヨガポーズ4選

【おやすみ前の新習慣】「寝たままできる快眠ヨガ 」脊椎を整え細胞修復を促すヨガポーズ4選

私は生まれつき頸椎脊柱管狭窄症という病気で、脊椎の中の管が一部狭くなっています。少しのことで首や肩がこり、頭痛が起きます。こりや痛みがひどいと眠れなくなるほどでしたが、ヨガをしたら体がスーッと軽くなったのです。患者さんにもヨガを取り入れた運動指導を進めています【解説】橋本和哉(はしもと内科外科クリニック院長・医学博士)


【酢納豆の体験談】疲労が一晩で回復 納豆に酢を入れる酢納豆が私の元気の秘密

【酢納豆の体験談】疲労が一晩で回復 納豆に酢を入れる酢納豆が私の元気の秘密

私は今年89歳になりましたが周りの人たちが驚くほど元気です。酢納豆は、そんな私の健康を支えてくれています。毎朝5時半に起きてNHKのテレビ体操をするのが私の日課です。気功と太極拳の教室にも通っています。こうした運動ができるのもバランスの取れた食事のおかげだと自負しています。【体験談】今枝美代子(埼玉県・89歳・主婦) 


【正しい歩き方】体幹を鍛えてケガを防ぐ!フォームの矯正法をウォーキングインストラクターが伝授

【正しい歩き方】体幹を鍛えてケガを防ぐ!フォームの矯正法をウォーキングインストラクターが伝授

歩くことは、誰に教わることなく自然と身についた動作なので、自己流で歩いているかたがほとんどだと思います。そのせいか、ガニ股や内股、前傾・後傾姿勢など、歩き癖がついてしまっているかたを多く見かけます。【解説】君塚正道(ウォーキングインストラクター)


【医師が指導】高血圧・糖尿病の病中病後の人も参加する「座禅断食」ってどんなもの?

【医師が指導】高血圧・糖尿病の病中病後の人も参加する「座禅断食」ってどんなもの?

私は医師の立場から「座禅断食」の指導を行ってきました。座禅断食とは、禅の修行である座禅と、断食を組み合わせたものです。参加される方には、ガンの治療を終えた患者さんのほか、高血圧や糖尿病など、病中・病後の人も少なくありません。心と身体を同時にリセットできる座禅断食をご紹介します【解説】西谷雅史(響きの杜クリニック院長) 


【医師実践】疲れやすいのは「肝臓」が原因かも!脂肪肝を予防する「温肝湿布」のやり方

【医師実践】疲れやすいのは「肝臓」が原因かも!脂肪肝を予防する「温肝湿布」のやり方

私は長年、ガンの免疫療法の研究に携わってきました。その活動を通じて、健康維持のためにとても重要だと認識するようになったのが、肝臓の状態を良好に保つことです。今の日本には脂肪肝の人が多く、サラリーマンの約7割程度に、脂肪肝の傾向があるともいわれます。【解説】阿部博幸(アベ・腫瘍内科・クリニック理事長)


【原因と対策】肩こり 首凝り 背中の痛みは "足の中指をもむ" マッサージで解消

【原因と対策】肩こり 首凝り 背中の痛みは "足の中指をもむ" マッサージで解消

体のバランスが崩れると、骨格や筋肉などに偏りやねじれが生じます。体はその偏り・ねじれをカバーしようとするので、無理な力が加わります。その状態を放置すれば、かみ合わせの悪化や顎関節症だけでなく、肩・首の頑固なこり、背中・腰・ひざの痛みなどの症状が現れます。【解説】笠茂享久(笠茂歯科医院 院長)


【足の色とシワ】は心と体のメッセージ 自律神経を整える「足の内側マッサージ」

【足の色とシワ】は心と体のメッセージ 自律神経を整える「足の内側マッサージ」

足の内側には、自律神経と密接に関係している反射区があるのです。この部分をマッサージして内臓や血管の状態を整え、心身を調整する方法をお伝えします。【解説】市野さおり(看護師・リフレクソロジスト)


【ミカンの健康効果】ミカンで骨が丈夫になる!骨粗鬆症のリスクが激減

【ミカンの健康効果】ミカンで骨が丈夫になる!骨粗鬆症のリスクが激減

超高齢社会となった日本で対策が急がれている病気の一つが骨粗鬆症です。骨密度が低下して骨がもろくなるのが骨粗鬆症です。それによる骨折などは、要介護や寝たきりにつながるため、なんとしても防ぎたい病気です。骨粗鬆症対策として骨を強くする物質がミカンに含まれているのです。【解説】矢野昌充(農学博士)


【慈恵医大教授】C型肝炎、脂肪肝の患者の肝機能値が改善した「意外な」食品とは

【慈恵医大教授】C型肝炎、脂肪肝の患者の肝機能値が改善した「意外な」食品とは

私は、肝臓内科の医師として、日々、患者さんの治療に当たっています。そんな中、肝炎や肝障害などの肝臓疾患に、意外な食品が効果を発揮することを突き止めました。その食品とは、梅エキスです。【解説】銭谷幹男(東京慈恵会医科大学大学院教授 総合健診・予防医学センター長)


【酢納豆の効果】私は黒酢を入れています 乾燥肌が改善 北山たけしさんの酢納豆の作り方

【酢納豆の効果】私は黒酢を入れています 乾燥肌が改善 北山たけしさんの酢納豆の作り方

皆さんは「疲れたなぁ」というとき、どうしていますか?コンサートツアーが始まると、毎日全力投球です。私は、ツアーが始まる前日くらいから酢納豆を食事の中心にします。そうすると、疲れを持ち越さずに済み、毎日最高の状態でステージに立つことができるのです。【体験談】北山たけし(歌手) 


【ホルモンバランスとは】整える方法は"歩くこと" アトピー性皮膚炎 皮脂欠乏症も改善

【ホルモンバランスとは】整える方法は"歩くこと" アトピー性皮膚炎 皮脂欠乏症も改善

女性ホルモンと呼ばれるエストロゲン、男性ホルモンと呼ばれるアンドロゲンは、女性らしさや男性らしさに加え、若さや美しさにも深く関わっています。更年期の体の変化を考えればわかるように、これら性ホルモンのバランスは、体調にも大きく影響します。【解説】徳田安章(東京医科大学皮膚科 名誉教授)


C型肝炎の治療による気分の落ち込み、インターフェロンの副作用を克服できた私の健康法

C型肝炎の治療による気分の落ち込み、インターフェロンの副作用を克服できた私の健康法

私がC型肝炎のキャリア(自覚症状はないが、ウイルスを体内に保有している状態)と診断されたのは、今から11年前のことです。その後の3年間、インターフェロン(抗ウイルス作用を持つ生理活性物質)を皮下注射する治療を受けました。【体験談】キニンモント早苗(東京都・47歳・自営業)