MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【高血圧の改善方法ベスト5】血圧を下げる簡単ワザを医師が解説!

【高血圧の改善方法ベスト5】血圧を下げる簡単ワザを医師が解説!

高血圧を改善させる名医直伝!飲んで、もんで、ゆらして撃退!血圧が下がる五箇条を公開。今回紹介するのは、朝から晩までの生活シーン別に役立つ、高血圧対策です。簡単でズボラな人でもすぐ実行に移せるものを五つ選びました。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学東医療センター内科准教授)

解説者のプロフィール

渡辺尚彦先生
東京女子医科大学東医療センター内科准教授。医学博士。
専門は高血圧を中心とした循環器病。
1987年8月から、連続携帯型血圧計を装着し、以来、365日24時間にわたり血圧を測定。
現在も連続装着記録を更新中。
著書に、『ズボラでも血圧がみるみる下がる49の方法』(アスコム)がある。

小ワザの積み重ねが血圧降下の近道

私はこれまで、高血圧で悩む患者さんに、さまざまなアドバイスをしてきました。しかし、それらの助言をきちんと守って、実行してくれる患者さんは、一握りにすぎません。

食事や運動などの生活習慣を変えることが、いかに大事か力説しても、どうも反応が鈍い。高血圧というのは、ハッキリとした自覚症状が現れにくいため、「まだ大丈夫だろう」と、自分を甘やかしてしまいがちなのです。

加えて、例えば1日の塩分摂取量が現在20gという人に向かって、「明日から1日6gにしましょう」というのは、具体的なようで実は抽象的。これでは、実際に何をすればいいかが伝わらないのです。
では、行動を起こしてもらうには、どうしたらいいでしょうか。

私は、血圧を下げるための些細な工夫を、いくつも提案するようにしています。患者さんには、まず自分のできそうなことから試してもらうのです。

それらの方法は、どれも難しいものではなく、簡単で、かつ、ある程度の効果が見込める「小ワザ」です。一つ試して少しでも血圧が下がれば、その成果に励まされ、もう少しがんばろうという気になるでしょう。小さな成功体験を積み重ね、徐々に生活を変えていくことが、遠回りに見えて、実は近道というわけです。

そこで、今回紹介するのは、朝から晩までの生活シーン別に役立つ、高血圧を改善する方法です。特に簡単で、どんなにズボラな人でもすぐ実行に移せるものを五つ選びました。

①手足ゆらしのやり方

手足をユラユラ・ブラブラとゆらす動作です。「朝のユラユラ」と「日中のブラブラ」の、二つのパターンがあります。

まずは、朝の起床時です。目が覚めたら、すぐに起き上がらずに、布団の中で横になったまま、手足をユラユラと動かしてください。
横になっているときは、立っているときよりも重力の影響が少ないため、少ない血圧で脳に血液が送られています。このとき急に立ち上がると、高く上がった脳に血液を送るため、体が慌てて働き始めてしまうのです。血圧が不安定になり、立ちくらみ(脳貧血)に襲われるリスクもあります。

ですから、起床時は、末端から目覚めさせるように、手足をゆっくりと動かしてから、体を起こしましょう。

日中のブラブラは、立ち仕事や座り仕事の人、テレビの前にずっと座っている習慣がある人は、ぜひ行ってください。
一つの姿勢を長く続けていると、血流が滞ってしまいます。高血圧の人にとっては、決していい状態ではありません。意識して手足を動かしましょう。

ブラブラは、朝のユラユラより、少し早く、小刻みに手足を動かしてください。手足についた水を、勢いよく振り落とすようなイメージです。

朝のユラユラも、日中のブラブラも、2~3分ほど行うといいでしょう。行った直後には、一時的に血圧が上がることもありますが、長期的には血圧降下によい影響を及ぼします。

②白湯飲みのやり方

朝1杯の白湯はまさに「命の水」

朝、起き抜けの体は、水分が失われている状態です。夏は暑さで発汗し、冬は冬で、部屋が乾燥しているため、水分不足に陥っているのです。

このとき血液は、日中よりも粘度が高く、濃くなっています。朝、脳梗塞が起こりやすいといわれるのも、夜間の脱水によって、血液がドロドロになっているためです。高血圧の改善、ひいては脳梗塞の予防にも、起き抜けに水分を補給することが肝心といえます。

そこでお勧めなのが、朝、コップ1杯の白湯を飲むことです。白湯は、一度沸騰させた水、つまりお湯です。
お茶やコーヒーでもよさそうなものですが、朝一番に飲む水分としては、これらは適しません。含まれているカフェインに利尿作用があるため、水分を体内に保持するどころか、排出を促すことになってしまうからです。

牛乳のような、水以外の飲料も、ここでは不適当です。また、水は水でも、冷たいものだと体を冷やしてしまうので、やはり白湯がベストでしょう。

特に高齢の人は、気づかないうちに脱水症状を起こしやすいので、この朝1杯の白湯飲みを、ぜひ心がけてください。まさにそれは、「命の水」といってもいいのです。

③「合谷」指圧のやり方

合谷とは、手の甲側の、親指と人差し指の骨のつけ根にあるツボです。このツボへの指圧は、優れた降圧作用があることがわかっています。
合谷を指圧した後に、腹式呼吸をするのがポイント。やり方は、画像を参照してください。

血圧を調節しているのは、私たちの意志とは無関係に働く、自律神経です。自律神経には、興奮しているときに優位に働く交感神経と、リラックスしているとき優位に働く副交感神経の二つがあり、両者は拮抗して働いています。

合谷指圧を行うと、汗をかくほど温まり、血行がよくなります。このため上半身の血管が拡張して、血圧が下がります。
加えて、直後に腹式呼吸を行うと、心身がリラックス。副交感神経が優位となります。このとき、さらに血管が拡張し、血圧がより下がりやすくなるというわけです。私が高血圧の患者さんに行うと、即座に20~30mmHgほど血圧が下がることも、まれではありません。

合谷指圧は、低血圧の人が行うと、血圧が下がりすぎて、めまいを起こしたりすることがあります。気分が悪くなったら、ただちに中止してください。いい換えれば、それほど降圧効果のある特効療法なのです。

④首タオルのやり方

外から帰ってもマフラーは巻いたまま

寒いときでも、首の周囲を温めておくと、手足までポカポカになるものです。この「首を温める」という防寒対策には、医学的な根拠があります。
首を温めると、「AVA(動静脈吻合)」という特殊な血管が拡張されます。これは、動脈と静脈を結ぶバイパスのような血管で、AVAが開くと、体幹部で温められた血液が大量に末端に流れ込みます。

そのため、隅々まで血流が行き届き、体を温めてくれるのです。体が温まれば血流がよくなり、血圧が安定します。
しかし、一度閉じてしまったAVAが再び開くには、10~40分もかかってしまいます。つまり、首周りは常に温めておいたほうがよいのです。
そうしたわけで、外出時はマフラーを、室内ではタオルを巻くといいでしょう。タオルは吸汗性もあり、洗い替えも気軽にできるのでお勧めです。

ところであなたは、冬場に外から帰ったら、部屋に入るなりすぐに、マフラーを外していませんか。
首は、温度の変化に特に敏感な部分です。帰宅直後、暖房がきき始める前の室内は、空気が冷えきっています。こうした冷たい空気に首をさらすだけで、血圧は急上昇するのです。冬は室内に入っても、マフラーやタオルを、巻いたままでいましょう。

夏は夏で、室内は冷房により相当に冷えています。炎天下の外出から室内に戻り、急にエアコンに当たると、冷気が強く皮膚を刺激し、これも血圧上昇の一因となります。やはり、常に首にタオルを巻いておけば、安心というわけです。

⑤横向き寝のやり方

家族から、「イビキがうるさい」といわれている人は、ぜひ改善に努めましょう。周りに迷惑なだけでなく、血圧にも悪影響があるのです。
眠っているとき、数秒から数十秒という間、呼吸が止まる病気があります。「睡眠時無呼吸症候群」です。そうと診断はされていなくても、イビキが大きくて、いつも寝不足ぎみの人は、その可能性が高いでしょう。

なぜ血圧に悪いのかというと、呼吸が一時的に停止している間、体が酸素不足になるため、血圧が瞬間的に急上昇してしまうのです。実際に、睡眠時無呼吸症候群の患者さんは、血圧が高い人が多く見られます。

また、断続的に無呼吸になることで、脳がその度に覚醒してしまい、安眠が妨げられます。だから、睡眠時間はきちんと確保していても、起床時に、ぐっすり寝た気がしません。慢性的な睡眠不足になるのは、そのためです。

この疾患に悩む人には、肥満の傾向があります。というのも、肥満の人は、のどや舌のつけ根周辺に脂肪が多くついています。あおむけに寝ているうちに脂肪がのどの奥に落ち込み、空気の通り道がふさがって、イビキをかきやすくなるのです。
よって、睡眠時無呼吸症候群の治療に最も有効な手立ては、患者さんがダイエットすることです。しかし、そう簡単にやせられたら、苦労はありません。

そこで試してほしいのが、横向きの姿勢で寝ること。あおむけと異なり、上気道がふさがれにくいので、呼吸がしやすくなります。呼吸が止まる頻度が少なくなれば、血圧が急上昇する局面も、それだけへるというわけです。

スタートラインに立ち一つでも実行しよう!

さて、これまで挙げた五つの小ワザのうち、あなたが「これなら取り組める」と思えたのは、どれでしょうか。
今日から、一つでも始めてください。ここが、高血圧改善へのスタートラインです。まずスタートラインに立ち、一つでも実行することが大事なのです。


この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
血圧が高くなることを気にしておられるかたもいらっしゃるでしょう。しかし、年齢とともに血圧が上がるのは、生命を維持するために必要な自然現象なのです。高齢者の場合、血圧が高いおかげで元気なのだといってもいいでしょう。【解説】松本光正(関東医療クリニック院長)
更新: 2019-05-03 18:00:00
乳酸タマネギを食べ始めると、1週間後くらいから、それまで不安定だったお通じが、2日に1回のペースでつくようになったのです。また、私は30代で糖尿病になりました。現在も通院して血糖値のチェックを受けています。乳酸タマネギを食べ始めてから、血糖値も正常値で安定しているので、うれしい限りです。【体験談】林恵(主婦・51歳)
更新: 2019-02-27 18:00:00
定期通院で血圧が130mmHgに下がっていたのです。降圧剤でも正常値にならなかったので、このときは「うそでしょ!? 」と声が出るほど本当に驚きました。2ヵ月後も正常値だったため4錠だった降圧剤を2錠に減らせました。念願だった減薬に着手できてどれだけうれしかったかわかりません。【体験談】山田平次(仮名・会社員・69歳)
更新: 2019-02-20 18:00:00
バナナ酢を飲み始めて暫くすると、以前は60kg弱だった体重が、今は56kg前後に。夫の血圧も安定しています。以前は、降圧剤を飲んだ状態で最大血圧は130mmHg台でしたが、最近は、日によっては120mmHg台まで下がるそうです。【体験談】久保田亮子(仮名・パートタイマー・69歳)
更新: 2018-11-12 07:00:00
効果を確かめようと、行う前と後で血圧を計りました。すると、行う前は168mmHgあった最大血圧が、アキレス腱トントン体操を両足合わせて200回した後では138mmHgまで下がったのです。内心、効果を信じていなかったので、この急降下ぶりに思わず目を見はりました。【体験談】鈴木秀一(会社役員・56歳)
更新: 2018-10-31 07:00:00
最新記事
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2019-05-27 18:00:00
なぜ、クルミが耳鳴り解消に効くのでしょうか。東洋医学的には、耳鳴りの原因は血や水の巡りの悪さにあるとされるので、クルミの利尿作用が効果をもたらしたといえます。一方、西洋医学的に考えると、注目すべきは、クルミに含まれるα ─ リノレン酸の働きです。【解説】小川哲夫(小川医院理事長)
更新: 2019-05-26 18:00:00
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt