【医師が警告】冷たい牛乳の一気飲みは控えよ!乳ガンや腸の病気を招く可能性?

【医師が警告】冷たい牛乳の一気飲みは控えよ!乳ガンや腸の病気を招く可能性?

牛乳を飲むと、乳糖が小腸できちんと消化されないまま、大腸に運ばれて、腹痛や下痢などを引き起こしてしまいます。こうしたことからも、冷蔵庫から牛乳を取り出し、冷たいまま、一気に飲むことは控えてください。【解説者】丁宗鐵(日本薬科大学学長・百済診療所所長)


丁宗鐵
日本薬科大学学長・百済診療所所長

胃ガンがへり乳ガンがふえた一因!?

私が専門にしている漢方医学は、なによりも体を治すこと(治療)が優先されます。
「なぜ、治せるのか」という理論は後回しで、治療のための「観察」と「経験」の積み重ねが重要なのです。

そうした観察や経験が、治療実績を生み出します。
漢方医学のおもしろい点は、そうした臨床的な治療が、科学的に効果があると、後になってから証明される場合があることでしょう。

一見、非科学的で、おまじないのように見える治療法が、最先端の医学や科学の理論と符合することが多々あるのです。
さて、こうした漢方医学の観点で考えると、ある食材が、私たちの健康を害している可能性が高いといえます。

その食材は、冷たい「牛乳」です。
日本では、昭和40年ごろから家庭に冷蔵庫が普及し、昭和50年には、ほぼ全家庭に冷蔵庫が置かれるようになりました。

冷蔵庫の普及に伴い、傷みやすい食材の保存も可能となり、日本人の食生活が大きく変わったといえます。
特に変わったのは、牛乳をはじめとした、乳製品の摂取量です。

乳製品の摂取量は、昭和40年以前と比べると、約40倍もふえたといわれています。
こんなに摂取量がふえた食材は、ほかにありません。

こうした食生活の変化とともに、日本人がかかる病気もガラリと変わってきました。
例えば、それまでの日本では「胃ガン」が最も多い病気でしたが、いつの間にか「乳ガン」や「大腸ガン」がふえ、胃ガンはへってきました。

乳ガンは、昔からありましたが、日本人には珍しい病気のひとつでした。
それが、昭和40年ごろを境にふえ、今では、日本人女性の12人に1人が発病するといわれています。

また、アメリカ人では、7〜8人に1人の割合で乳ガンになるとされています。
これらガン疾患だけでなく、「潰瘍性大腸炎(大腸の粘膜に炎症が起こり、ただれやびらん、潰瘍ができる大腸の炎症性疾患)」や「クローン病(小腸や大腸を中心とする消化管に炎症が起こり、びらんや潰瘍ができる慢性疾患)」といった炎症性腸疾患も、昭和40年代以前は、ほとんど見かけませんでした。


ところが、乳ガンや大腸ガンと同様、こうした腸の難病が、昭和40年ごろを境に急増しているのです。
日本人の体やDNAが、突然変わるとは考えられません。
では、何が原因なのでしょうか。

それは、やはり食生活や生活習慣の変化が、大きな影響を及ぼしたと考えられます。
そして、その要因の一つとして、牛乳が挙げられます。

牛乳ではなく、肉が怪しいという見解もあります。
確かに、冷蔵庫の普及と同時期に、肉の関税が下がって、アメリカ産の牛肉が安く手に入るようになりました。
これは、近隣の国を調べると、その実態が見えてきます。

昔から、肉中心の食生活だった韓国や台湾では、炎症性腸疾患などの症例は、ほとんどありませんでした。
ところが、20年ほど前から、牛乳がよく飲まれるようになると、炎症性腸疾患がふえ、日本を後追いするようになっています。

嗜好品や調味料として牛乳は楽しむべし

牛乳に、炎症性腸疾患などの原因がある、とはいい切れません。
しかし私は、可能性の一つとして、影響は及ぼしているのではないかと、考えています。

「君子危うきに近寄らず」ということわざもありますから、冷たい牛乳のガブ飲みは避けたほうがいいでしょう。
そもそも日本人には、牛乳を苦手とする「乳糖不耐性」という体質の人が多数います。

乳糖とは、牛乳に含まれる栄養素の一つです。
乳糖を消化するには、ラクターゼという消化酵素が必要ですが、生まれながら、このラクターゼの産生量が少ない人が、日本人には多いのです。

ちなみに、日本では、成人の約40%は、ラクターゼの働きが低いといわれています。
そのため、牛乳を飲むと、乳糖が小腸できちんと消化されないまま、大腸に運ばれて、腹痛や下痢などを引き起こしてしまいます。

こうしたことからも、冷蔵庫から牛乳を取り出し、冷たいまま、一気に飲むことは控えてください。
牛乳は一度、温めてから、コーヒーや紅茶と同じような嗜好品として、たしなむ程度に飲むようにしましょう。

私が患者さんに食事の指導をするときも、牛乳は調味料の一つとして、シチューやみそ汁などに、適量を加えるよう勧めています。

最後に申し上げたいのは、これらは、決して、酪農家を批判する目的でいっているわけではないことです。

科学的に、証明されたわけではありませんが、「健康の象徴」といわれる牛乳でも、疑わしい点があることは、指摘するべきだと思います。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【自律神経の乱れを治す】やる気がでない、キレやすい 不定愁訴はおでこを冷やすと改善する

【自律神経の乱れを治す】やる気がでない、キレやすい 不定愁訴はおでこを冷やすと改善する

長年、患者さんたちの心身の不調を総合的に癒やす治療法や、薬に頼らない治療法の開発に取り組んできました。そういった「薬に頼らない」健康法の一つとして、「おでこ冷やし」は、とても優れていると思います。【解説】丸山修寛(丸山アレルギークリニック院長)


【便秘と下痢を繰り返す】腸トラブルは「味噌汁」で改善できる アレルギー・肌荒れも解消

【便秘と下痢を繰り返す】腸トラブルは「味噌汁」で改善できる アレルギー・肌荒れも解消

私は、腸内洗浄の専門家として活動していますが、以前は偏食により下痢や便秘、鼻炎、アトピーなどの症状に悩まされていました。腸をきれいにする食生活に改善したことにより、驚きの変化が現れました。その食事の中で最も簡単に続けられたのが、みそ汁です。【解説】齊藤早苗(看護師、コロンハイドロセラピスト)


【痔の治し方】世界の常識は"手術不要" 便秘や下痢を改善する"きな粉牛乳"で治せる

【痔の治し方】世界の常識は"手術不要" 便秘や下痢を改善する"きな粉牛乳"で治せる

痔の治療というと、薬や手術を思い浮かべる人が多いことでしょう。しかし、実はたいていの痔は切らずに、日常生活でのセルフケアで治せます。その際、大きな力になってくれるのが、「きな粉ドリンク」です。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)


腸内フローラを増やしてリーキーガット症候群を予防する「酢玉ねぎ」基本の作り方

腸内フローラを増やしてリーキーガット症候群を予防する「酢玉ねぎ」基本の作り方

腸内フローラの乱れは、肥満や便秘ばかりではなく、動脈硬化や高血圧をはじめとした生活習慣病、ガン、認知症、アレルギー疾患など、実に多くの病気を引き寄せます。腸内環境と老化は大きく関与しています。酢タマネギを毎日の食事に取り入れることは、健康と若さを手に入れる近道なのです。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


【便秘・下痢】ヨーグルトで治らなかった「過敏性腸症候群」が改善した!善玉菌を増やす「発酵キャベツ」

【便秘・下痢】ヨーグルトで治らなかった「過敏性腸症候群」が改善した!善玉菌を増やす「発酵キャベツ」

私は15歳のときに過敏性腸症候群(※大腸の運動および分泌機能の異常で起こる病気の総称。下痢、便秘、腹痛、ガス腹などの症状がある)を発症し、20年近くもの間、治療法がわからずに苦しんできました。腸にいいといわれる市販のヨーグルトを食べても、腹痛や下痢を起こします。【解説】栗生隆子(発酵生活研究家)


最新の投稿


【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

ヨガでは、心の問題が体に現れると考えます。特に、「心の老化」という現象が、体の中で顕著に出る場所があります。それは、ひざ裏、太ももの裏、ふくらはぎ、アキレス腱など、脚裏一帯。脚裏の筋肉やすじが硬い原因の多くは、心の老化にあるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

準備運動を終えたら、1~3を順に行いましょう。いちばんたいせつなことは、少しずつ筋肉を伸ばしながら、痛みと向き合い、体にお詫びと感謝をすることです。やればやるだけ効果がありますが、まずは1日1セットを目標にしてください。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

忙しくても、運動が嫌いでも、毎朝のシャワー中のひざ裏伸ばしのように、無理なくできる方法はあると思います。皆さんもぜひ、自分に合った、無理なく続けられる健康法を探してください。【解説】弘兼憲史(漫画家)


【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

「血糖値」「ヘモグロビンAlc」「糖尿病」……。これらの言葉を見て、「私はだいじょうぶ」と思ったあなた。安心するのはまだ早いかもしれません。健康診断で血糖値に問題がなくても、食後に血糖値が急上昇しているかたは多いからです。【解説】池谷敏郎(池谷医院院長・医学博士)


足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足は立つときや歩くときに、体の全体重を支えます。何年も何十年も支え続けるわけです。体の不調やゆがみなどによって、どこかをかばった立ち方や歩き方をすると、それが足に蓄積され、異常が現れます。【解説】高山かおる(埼玉県済生会川口総合病院皮膚科主任部長)