MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
冷たい牛乳の一気飲みは乳ガンや腸の病気を招く可能性が!?

冷たい牛乳の一気飲みは乳ガンや腸の病気を招く可能性が!?

牛乳を飲むと、乳糖が小腸できちんと消化されないまま、大腸に運ばれて、腹痛や下痢などを引き起こしてしまいます。こうしたことからも、冷蔵庫から牛乳を取り出し、冷たいまま、一気に飲むことは控えてください。【解説者】丁宗鐵(日本薬科大学学長・百済診療所所長)

解説者のプロフィール

丁 宗鐡
日本薬科大学学長・百済診療所院長。
横浜市立医学部入学直後より、漢方の大家、石原明に師事。
東京大学医学部助教授、東京女子医大特任教授などを歴任し現職。
本格的な漢方処方から最新の西洋医学を組み合わせた幅広い診療で定評がある。

●百済診療所
http://kampochiryou.com/

乳製品の摂取量は、昭和40年以前よりも約40倍増加

私が専門にしている漢方医学は、なによりも体を治すこと(治療)が優先されます。
「なぜ、治せるのか」という理論は後回しで、治療のための「観察」と「経験」の積み重ねが重要なのです。

そうした観察や経験が、治療実績を生み出します。
漢方医学のおもしろい点は、そうした臨床的な治療が、科学的に効果があると、後になってから証明される場合があることでしょう。

一見、非科学的で、おまじないのように見える治療法が、最先端の医学や科学の理論と符合することが多々あるのです。
さて、こうした漢方医学の観点で考えると、ある食材が、私たちの健康を害している可能性が高いといえます。

その食材は、冷たい「牛乳」です。
日本では、昭和40年ごろから家庭に冷蔵庫が普及し、昭和50年には、ほぼ全家庭に冷蔵庫が置かれるようになりました。

冷蔵庫の普及に伴い、傷みやすい食材の保存も可能となり、日本人の食生活が大きく変わったといえます。
特に変わったのは、牛乳をはじめとした、乳製品の摂取量です。

乳製品の摂取量は、昭和40年以前と比べると、約40倍もふえたといわれています。
こんなに摂取量がふえた食材は、ほかにありません。

こうした食生活の変化とともに、日本人がかかる病気もガラリと変わってきました。
例えば、それまでの日本では「胃ガン」が最も多い病気でしたが、いつの間にか「乳ガン」や「大腸ガン」がふえ、胃ガンはへってきました。

牛乳が胃ガンがへり乳ガンがふえた一因!?

乳ガンは、昔からありましたが、日本人には珍しい病気のひとつでした。
それが、昭和40年ごろを境にふえ、今では、日本人女性の12人に1人が発病するといわれています。

また、アメリカ人では、7〜8人に1人の割合で乳ガンになるとされています。
これらガン疾患だけでなく、「潰瘍性大腸炎(大腸の粘膜に炎症が起こり、ただれやびらん、潰瘍ができる大腸の炎症性疾患)」や「クローン病(小腸や大腸を中心とする消化管に炎症が起こり、びらんや潰瘍ができる慢性疾患)」といった炎症性腸疾患も、昭和40年代以前は、ほとんど見かけませんでした。


ところが、乳ガンや大腸ガンと同様、こうした腸の難病が、昭和40年ごろを境に急増しているのです。
日本人の体やDNAが、突然変わるとは考えられません。
では、何が原因なのでしょうか。

それは、やはり食生活や生活習慣の変化が、大きな影響を及ぼしたと考えられます。
そして、その要因の一つとして、牛乳が挙げられます。

牛乳ではなく、肉が怪しいという見解もあります。
確かに、冷蔵庫の普及と同時期に、肉の関税が下がって、アメリカ産の牛肉が安く手に入るようになりました。
これは、近隣の国を調べると、その実態が見えてきます。

昔から、肉中心の食生活だった韓国や台湾では、炎症性腸疾患などの症例は、ほとんどありませんでした。
ところが、20年ほど前から、牛乳がよく飲まれるようになると、炎症性腸疾患がふえ、日本を後追いするようになっています。

嗜好品や調味料として牛乳は楽しむべし

牛乳に、炎症性腸疾患などの原因がある、とはいい切れません。
しかし私は、可能性の一つとして、影響は及ぼしているのではないかと、考えています。

「君子危うきに近寄らず」ということわざもありますから、冷たい牛乳のガブ飲みは避けたほうがいいでしょう。
そもそも日本人には、牛乳を苦手とする「乳糖不耐性」という体質の人が多数います。

乳糖とは、牛乳に含まれる栄養素の一つです。
乳糖を消化するには、ラクターゼという消化酵素が必要ですが、生まれながら、このラクターゼの産生量が少ない人が、日本人には多いのです。

ちなみに、日本では、成人の約40%は、ラクターゼの働きが低いといわれています。
そのため、牛乳を飲むと、乳糖が小腸できちんと消化されないまま、大腸に運ばれて、腹痛や下痢などを引き起こしてしまいます。

こうしたことからも、冷蔵庫から牛乳を取り出し、冷たいまま、一気に飲むことは控えてください。
牛乳は一度、温めてから、コーヒーや紅茶と同じような嗜好品として、たしなむ程度に飲むようにしましょう。

私が患者さんに食事の指導をするときも、牛乳は調味料の一つとして、シチューやみそ汁などに、適量を加えるよう勧めています。

最後に申し上げたいのは、これらは、決して、酪農家を批判する目的でいっているわけではないことです。

科学的に、証明されたわけではありませんが、「健康の象徴」といわれる牛乳でも、疑わしい点があることは、指摘するべきだと思います。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)
2018年3月、腰椎椎間板ヘルニアの症状を注射により軽減する、日本発で世界初の薬剤がついに承認されました。5月には保険適用となり、8月から学会指導医のいる病院で治療を受けられるようになったのです。その薬が「コンドリアーゼ」です。【解説】松山幸弘(浜松医科大学整形外科学教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)