MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
乳製品や小麦製品をやめて卵巣嚢腫が消えた人も!

乳製品や小麦製品をやめて卵巣嚢腫が消えた人も!

腸に炎症が起こると、腸粘膜が本来体内に通すべきでないものを通してしまいます。すると、体の中で免疫の過剰反応が起こり、アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎・ぜんそくなどのアレルギー性疾患や、関節リウマチ・潰瘍性大腸炎・クローン病などを引き起こしてします。【解説】内山葉子(日本自律神経免疫治療研究会会員・葉子クリニック院長)

解説者のプロフィール

内山葉子
関西医科大学卒業。大学病院・総合病院で腎臓内科・循環器・内分泌を専門に臨床・研究を行った後、北九州市に葉子クリニックを開設。総合内科専門医、腎臓内科専門医、ホメオパシー専門医。自然医療や漢方・機能性食品などの補完・代替医療と西洋医学などを統合的に行い、難治性の疾患の診療を行う。著書に『子供の病気は食事で治す』(評言社)など。

ヨーグルトに特別な健康効果はない

体にいいと思い込んでやっていることが、実は間違いだったということはよくあります。
例えば、便秘を改善するために、ヨーグルトを食べている人は多いのではないでしょうか。

しかし、2015年に発表されたロペス・ガルシア氏とレオン・ムニョス氏の論文に
代表されるように、最近は複数の研究によって「ヨーグルトに特別な健康効果はない」と
する報告がなされています。

むしろ、ヨーグルトなどの乳製品には多くのリスクがあり、
それがさまざまな病気の原因になることが、わかってきているのです。
そもそも、牛乳はウシの赤ちゃんの飲み物です。

そこに含まれるたんぱく質は、人間が消化することのできないα型のカゼインが中心です。
生の牛乳には、カゼインを分解する酵素も含まれています。

しかし、人間が飲む牛乳は加熱殺菌が施されるため、その酵素は死滅しています。

牛乳の女性ホルモンは男性の無精子症も招く

分解できないたんぱく質が体に入ってくると、それらは未消化物となり、腸で炎症性の物質に変化します。
腸に炎症が起こると、腸粘膜が本来体内に通すべきでないものを通してしまいます。
これは、「リーキーガット症候群」といわれています。

すると、体の中で免疫の過剰反応が起こり、アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎・ぜんそくなどのアレルギー性疾患や、関節リウマチ・潰瘍性大腸炎・クローン病などの自己免疫疾患を引き起こしてしまいます。

また、これらの未消化物は腸の中で発ガン性物質を発生させます。
そのせいで、大腸ガンや肝臓ガンになるケースがあると指摘されています。

それに加えて、牛乳にはウシの赤ちゃんの体重を、1日1㎏ふやすために必要な成長ホルモンが含まれています。
IGF─1といわれるこのホルモンは、乳ガン・前立腺ガンの危険因子になることが、多くの論文で報告されています。

乳牛の乳は、妊娠中に搾乳されるので、女性ホルモンもたっぷり含まれています。
その女性ホルモンの影響によって、生理不順、月経前症候群、子宮内膜症、卵巣嚢腫、
乳腺炎、さらには男性の無精子症などを起こしていると考えられます。

私たちは、牛乳や乳製品が体にいいと教え込まれてきましたが、
実はこんなにも問題を指摘されているものだったのです。

食生活の見直しで、薬を使わなくても症状が改善する

ヨーグルトが便秘解消に効くというのは、乳酸菌が含まれるからです。
けれども、腸内細菌は手相のように一人ひとり違います。

たまたま自分の腸内細菌に合う乳酸菌入りのヨーグルトが見つかったのなら、食べる意味はあるかもしれません。
でも、そうでなければ牛乳から作られたヨーグルトよりも、ほかのものから乳酸菌をとるほうがリスクは低いといえます。

例えば、豆乳で作ったヨーグルトや、漬物にも乳酸菌は豊富に含まれています。
メリットよりもリスクの多い乳製品は、あくまで嗜好品として、たまにとる程度にとどめておいたほうが得策です。

私のクリニックでは、ホルモンが関係していると考えられる婦人科疾患の患者さんには、牛乳、ヨーグルト、チーズ、ケーキ、アイスクリームなど、すべての乳製品をやめてもらっています。
そのほか、炎症が関係している病気にも、乳製品や、必要に応じて小麦を含む食品や加工食品を禁止するなどの、食事指導をしています。

こうした食事法を実行した人の多くが、薬を使わなくても、症状が改善しているのです。

5cmの卵巣嚢腫が消え、手術もしないで済んだ

8歳の女の子は、アトピー性皮膚炎で、首、ひじ、ひざの裏にかきむしった跡がありました。
しかし、乳製品をやめてもらったら、1年後にはキレイな肌になり、アレルギー性鼻炎までよくなりました。


リウマチで手首の腫と指のこわばりを訴えていた50代の女性には、乳製品と小麦を含む食品をやめてもらいました。
すると、3ヵ月後には症状がほぼ治まり、処方されていた免疫抑制剤が不要になりました。
免疫反応によって起こっている症状は、免疫を乱す物質を体に入れなければ起こらないのです。


婦人科疾患では、子宮筋腫が消えた人、月経前の不快感やイライラが治まった人、卵巣嚢腫が小さくなった人もいます。
片方に直径8cm、もう片方に5cmの卵巣嚢腫があった20代の女性は、8cmのほうは手術で切除しましたが、5cmのほうは乳製品などをやめることで消失し、手術しなくて済みました。


ふだんから乳製品が好きで、なんらかの不調がある人は、もしかするとそれが原因かもしれません。
一度、食生活を見直してみてはいかがでしょうか。

牛乳や乳製品が原因で起こる可能性のある主な病気

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
指ヨガの基本的なやり方として、中指のもみ方を紹介します。体の軸になる中指だけでもしっかりもむと、体調面、心理面がガラリと変わると思います。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師) 
更新: 2019-04-12 10:09:16
実は日本は、貧血大国です。50歳未満の健康な日本人女性1万 3000人以上を対象にした調査で、22.3%の人が貧血に相当し、そのうち25.2%は重度の貧血という結果が出ているほどです。女性に最も多いのは、貧血の約2/3を占めると言われる「鉄欠乏性貧血」です。【解説】山本佳奈(ときわ会常磐病院・ナビタスクリニック内科医)
更新: 2019-01-14 18:00:00
私は長い間、重度の生理痛が悩みの種でした。ほかにも、多くの不調を抱えていました。肩や首が常にこっていて、そけい部は重だるく、手足もむくんで、パンパンです。食べ始めて、1ヵ月ほどが過ぎたころでしょうか。朝、スッと起きられるようになったことに気づきました。体に疲れも残っていません。【体験談】杉浦麻衣香(会社員・30歳)
更新: 2018-10-29 07:00:00
寝る前に1分間、おでこを冷やしてみました。すると、頭が休まる感じがして、その日はスッと眠れたのです。以前はのぼせて脳が膨張し、鬱血しているかのような感じだったのに、スーッと何かが抜けるように楽になったのです。【体験談】吉田倫子(仮名・会社員・43歳)
更新: 2018-10-21 20:00:00
閉経後の出血があり、治療が必要な病気ではない場合、病院で「様子をみてください」と言われることがほとんどかと思います。相談者さまの出血も、膣粘膜からの出血の可能性があります。それなら、セルフケアで改善することができます。その方法としてお勧めするのが「会陰マッサージ」です。【解説】たつのゆりこ (Be born助産院院)
更新: 2018-10-21 18:00:00
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt