MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【薄毛対策】首の後ろを温めると全身の血流がよくなり髪が若返る

【薄毛対策】首の後ろを温めると全身の血流がよくなり髪が若返る

血液循環がじゅうぶんでない場合、頭皮にも血液が行き渡らず、髪に必要な酸素と栄養が供給されなくなります。それが、薄毛や毛の生育不良など、髪の悩みを引き起こす大きな要因となっているのです。そこで、皆さんにお勧めしたいのが、入浴時に「首を温めること」です。やり方はとても簡単です。【解説】山田佳弘(育毛相談WEBセラピスト)

髪に悩みがある人は体温が低く血流が悪い

私の相談室には、髪の悩みを抱えた人がたくさん訪れます。
薄毛や抜け毛などの悩みを聞いていると、共通するポイントが浮かび上がってきます。

それが、「体温が低い」「首や肩がひどくこっている」「呼吸が浅い」「運動不足」といった点です。
髪に悩みのある人は、体温が36度台前半であることが多いのです。なかには、35度台の人もいます。

体温が低ければ、体は当然冷えており、それは、全身の血液循環が滞っていることを意味します。
また、仕事でパソコンに1日じゅう向かっているかたは、どうしても姿勢が悪くなりがちで、呼吸も浅くなります。

呼吸が浅いせいで酸欠状態になった首や肩は、てきめんにこりやすくなります。
首や肩がガチガチにこり、石のようになっている人も少なくありません。

首や肩の筋肉がこわばれば、頭皮へ通じる血流も悪化することになります。
運動不足で、特に足を使う機会が少なければ、それも血行不全の原因となります。

このように血液循環がじゅうぶんでない場合、頭皮にも血液が行き渡らず、髪に必要な酸素と栄養が供給されなくなります。
それが、薄毛や毛の生育不良など、髪の悩みを引き起こす大きな要因となっているのです。

後頭部までお湯につけて、リラックスして首と肩を温める

そこで、皆さんにお勧めしたいのが、入浴時に「首を温めること」です。やり方はとても簡単です。
浴槽に、多めにお湯をはります。浴槽のへりに後頭部を預けて、後頭部までお湯につけてください。

そのまま10分〜15分、リラックスして首と肩を温めるのです。
このとき、頭の中で、ゆっくりと数を15数えながら、息を口から吐いていきます。
5回くり返します。お湯の熱さは、つかったとき、「気持ちがよい」と感じる熱さに調節してください。

ぬるめがお好みなら、ぬるくてかまいませんし、熱めのお湯が好きなかたは熱くしていいのです。
なにより、お湯につかって心地よいと感じ、リラックスできることが重要です。

抜け毛がへって髪が太くなった!

首と肩の緊張が緩むと、全身の血流状態がよくなります。
同時に、こうしてリラックスすることが、自律神経の切り替えにもよい影響を及ぼします。

自律神経とは、私たちの意志とは無関係に内臓や血管の働きをコントロールしている神経です。
自律神経には、主に昼に優位になり、アクティブな活動を支える交感神経と、主に夜に優位となり、体を休息させる副交感神経の二つがあり、両者はバランスを取り合って働いています。

しかし、現代はストレス社会で、多大なストレスがかかるため、交感神経が過剰に緊張した状態が続き、自律神経のバランスが乱れがちです。
交感神経が優位となれば、血管が収縮し、血行は悪くなります。

交感神経が優位の状態で寝てしまえば、頭皮の血行も悪いままで、髪のコンディションの低下を招き寄せてしまうことになります。
入浴時に、こうして首を温めてリラックスすると、交感神経から副交感神経へとスムーズにスイッチが切り替わります。

それが髪のコンディションを整えるのにも役立つのです。

ここで、35歳の男性の体験例をご紹介しましょう。
2年ほど前、この男性は、薄毛の悩みで私の相談室を訪ねてきました。

体温は、36.1~36.2度と低めでした。
運動して血行をよくすることをアドバイスしましたが、仕事が多忙なため、思うように運動ができず、髪の状態もずっと上向かないままでした。

そこで、仕事がない土日にスポーツをすることと、入浴時に首を温めることを実践するよう指導しました。
すると、しだいに体温が上昇した結果、抜け毛がへり、髪が太くなったことを実感されたのです。

「髪が若返ったようだ」と大変喜んでおられました。

髪のコンディションを左右する要素は、ほかにも食習慣など、さまざまな要因が関連しています。
もちろん、食事に問題があれば、それも改善していく必要がありますが、まずは、変えられるところから変えていくとよいでしょう。

浴槽に入って首を温めるだけなら、今日からすぐにでも始められます。
それが頭皮の血行をよくして、髪を若返らせるスタートラインなのだとお考えください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
OHBA式シャンプーは、刺激も少なく髪の栄養がしっかりと届くため、抜け毛は少なくなるはずです。続けていると、薄くてペラペラだった頭皮が厚みを増し、髪もしっかりしてきます。ぜひ、ご自身の頭皮を慈しみながら、触れてみてください。【解説】大場隆吉(スカルプケアサロンOHBA代表 スカルププロデューサー)
頭頂部だけは、手を触れないと、いくら顔をしかめても、頭を振っても、動かないのがわかります。だからこそ、普段、あたりまえのように頭皮に直接触れているシャンプータイムを、頭皮全体に血流を巡らせ、老廃物を流してあげる時間にするのです。【解説】大場隆吉(スカルプケアサロンOHBA代表 スカルププロデューサー)
当初、健康にいいくらいの軽い気持ちで食べていたのですが、まずは髪の毛の変化がありました。なんと、白髪が目立たなくなったのです。白髪隠しのトリートメントをしようと思っても白髪が見当たらないのです。髪のくし通りがなめらかで、まとまりがよく、鏡に映る髪の毛を見ても、前より光沢があります。【体験談】石田裕子(主婦・56歳)
近年、中高年や高齢者だけでなく、子どもや若い世代にも抜け毛や薄毛に悩む人が増えてきました。大きな原因は、免疫力(病気に抵抗する力)の低下です。そこで私が抜け毛や薄毛対策に患者さんに勧めているのが「きな粉シャンプー」です。【解説】永峯由紀子(永峯クリニック銀座院長)
脱毛や薄毛には、さまざまな原因がありますが、自分の血液から抽出した成分を用いることで、脱毛症の種類や性別を問わずに効果が得られる可能性があるという「毛髪再生治療」が注目を集めています。従来の治療で改善の見られなかった女性の脱毛症にも有効なケースが多いのです。【解説】瀧川恵美(新東京病院 形成外科・美容外科部長)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)