医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【薄毛対策】首の後ろを温めると全身の血流がよくなり髪が若返る

【薄毛対策】首の後ろを温めると全身の血流がよくなり髪が若返る

血液循環がじゅうぶんでない場合、頭皮にも血液が行き渡らず、髪に必要な酸素と栄養が供給されなくなります。それが、薄毛や毛の生育不良など、髪の悩みを引き起こす大きな要因となっているのです。そこで、皆さんにお勧めしたいのが、入浴時に「首を温めること」です。やり方はとても簡単です。【解説】山田佳弘(育毛相談WEBセラピスト)


髪に悩みがある人は体温が低く血流が悪い

私の相談室には、髪の悩みを抱えた人がたくさん訪れます。
薄毛や抜け毛などの悩みを聞いていると、共通するポイントが浮かび上がってきます。

それが、「体温が低い」「首や肩がひどくこっている」「呼吸が浅い」「運動不足」といった点です。
髪に悩みのある人は、体温が36度台前半であることが多いのです。なかには、35度台の人もいます。

体温が低ければ、体は当然冷えており、それは、全身の血液循環が滞っていることを意味します。
また、仕事でパソコンに1日じゅう向かっているかたは、どうしても姿勢が悪くなりがちで、呼吸も浅くなります。

呼吸が浅いせいで酸欠状態になった首や肩は、てきめんにこりやすくなります。
首や肩がガチガチにこり、石のようになっている人も少なくありません。

首や肩の筋肉がこわばれば、頭皮へ通じる血流も悪化することになります。
運動不足で、特に足を使う機会が少なければ、それも血行不全の原因となります。

このように血液循環がじゅうぶんでない場合、頭皮にも血液が行き渡らず、髪に必要な酸素と栄養が供給されなくなります。
それが、薄毛や毛の生育不良など、髪の悩みを引き起こす大きな要因となっているのです。

後頭部までお湯につけて、リラックスして首と肩を温める

そこで、皆さんにお勧めしたいのが、入浴時に「首を温めること」です。やり方はとても簡単です。
浴槽に、多めにお湯をはります。浴槽のへりに後頭部を預けて、後頭部までお湯につけてください。

そのまま10分〜15分、リラックスして首と肩を温めるのです。
このとき、頭の中で、ゆっくりと数を15数えながら、息を口から吐いていきます。
5回くり返します。お湯の熱さは、つかったとき、「気持ちがよい」と感じる熱さに調節してください。

ぬるめがお好みなら、ぬるくてかまいませんし、熱めのお湯が好きなかたは熱くしていいのです。
なにより、お湯につかって心地よいと感じ、リラックスできることが重要です。

抜け毛がへって髪が太くなった!

首と肩の緊張が緩むと、全身の血流状態がよくなります。
同時に、こうしてリラックスすることが、自律神経の切り替えにもよい影響を及ぼします。

自律神経とは、私たちの意志とは無関係に内臓や血管の働きをコントロールしている神経です。
自律神経には、主に昼に優位になり、アクティブな活動を支える交感神経と、主に夜に優位となり、体を休息させる副交感神経の二つがあり、両者はバランスを取り合って働いています。

しかし、現代はストレス社会で、多大なストレスがかかるため、交感神経が過剰に緊張した状態が続き、自律神経のバランスが乱れがちです。
交感神経が優位となれば、血管が収縮し、血行は悪くなります。

交感神経が優位の状態で寝てしまえば、頭皮の血行も悪いままで、髪のコンディションの低下を招き寄せてしまうことになります。
入浴時に、こうして首を温めてリラックスすると、交感神経から副交感神経へとスムーズにスイッチが切り替わります。

それが髪のコンディションを整えるのにも役立つのです。

ここで、35歳の男性の体験例をご紹介しましょう。
2年ほど前、この男性は、薄毛の悩みで私の相談室を訪ねてきました。

体温は、36.1~36.2度と低めでした。
運動して血行をよくすることをアドバイスしましたが、仕事が多忙なため、思うように運動ができず、髪の状態もずっと上向かないままでした。

そこで、仕事がない土日にスポーツをすることと、入浴時に首を温めることを実践するよう指導しました。
すると、しだいに体温が上昇した結果、抜け毛がへり、髪が太くなったことを実感されたのです。

「髪が若返ったようだ」と大変喜んでおられました。

髪のコンディションを左右する要素は、ほかにも食習慣など、さまざまな要因が関連しています。
もちろん、食事に問題があれば、それも改善していく必要がありますが、まずは、変えられるところから変えていくとよいでしょう。

浴槽に入って首を温めるだけなら、今日からすぐにでも始められます。
それが頭皮の血行をよくして、髪を若返らせるスタートラインなのだとお考えください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


自律神経 薄毛

関連する投稿


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


辛い、悲しい時に。自律神経を整えてストレスを解消する「手振り瞑想」のやり方

辛い、悲しい時に。自律神経を整えてストレスを解消する「手振り瞑想」のやり方

念仏の念の字は「今の心」と書きますが、過ぎ去った過去を悔やんだり、まだ来ない未来を心配したりしないで、今の心を感じて生きるのは、まさに心の安定を得る秘訣です。手振り瞑想は、そのためにもピッタリで、「動く念仏」とも言えます。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科・心療内科院長)


自然治癒力を引き出し病気を改善すると脳神経外科医も実践の「おなかこすり」

自然治癒力を引き出し病気を改善すると脳神経外科医も実践の「おなかこすり」

私は脳外科医として、西洋医療の範疇にとどまらず、あらゆるジャンルの効果のある療法を取り入れています。こうした、さまざまな療法を融合した医療を、「統合医療」といいます。私は「おなかこすり」(正式名称は「ヘソ按腹法」)を手術と並行して、ご家族に勧めています。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


脳外科医が勧める「瞑想」の効果 脳機能低下によるストレスを取り除く方法

脳外科医が勧める「瞑想」の効果 脳機能低下によるストレスを取り除く方法

人間の脳の機能は、大まかに分けて三層の構造からなっています。一層目は「生命脳」、二層目は「動物脳」、三層目を「人間脳」と呼びます。ストレスを受けると、自らを守ろうとして動物脳が反射的に作動するのです。そして動物脳が暴走すると、脳の働きにさまざまな不具合が生じてしまうのです。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


日焼け対策は夏だけではダメ「目から入る紫外線」が脳疲労の原因に!

日焼け対策は夏だけではダメ「目から入る紫外線」が脳疲労の原因に!

目から紫外線が入ると、角膜で活性酸素が大量に発生し、炎症が起こります。紫外線は、人にとって細胞のDNAを書き換えてしまう大敵です。「日焼け」という生体反応のとき、脳は紫外線に対して戦闘態勢を取っています。すると自律神経の処理が増え、激しい疲れを感じるのです。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)


最新の投稿


【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

横になっても寝入るまでに1〜2時間かかるのがあたりまえ。3時間以上眠れないこともありました。さらに夜の間に2〜3回はトイレに起きていました。サポーターでふくらはぎを温めるようにしたら30分も経たないうちに眠れるのです。そして朝まで目覚めることなく熟睡できるようになりました。【体験談】山田亜希子(仮名・無職・79歳)


【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)


風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

プロポリスは、ハチの巣への細菌の侵入を防ぎ、その増殖を防いでくれる物質です。いわば、家を守る防御壁なのです。私たちがこのプロポリスを摂取する際には、それがどのようにして抽出されたのかが、一つの重要なポイントとなります。プロポリスの抽出法によって含有される有効成分が異なるからです。【解説】門田重利(富山大学名誉教授)


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)