【医師解説】牛乳の飲みすぎに注意!カルシウム摂取は和食でよい

【医師解説】牛乳の飲みすぎに注意!カルシウム摂取は和食でよい

牛乳を飲めば骨が丈夫になるなどといわれますが、それはウソです。なぜなら、世界的に、牛乳や乳製品を多くとる北欧では、骨粗鬆症の発生率が、日本の何倍にもなっているからです。【解説者】真弓定夫(真弓小児科医院院長)


牛乳の脂肪分は人体では溶け残る

私が医師になったのは、1955年。
この年の総医療費は、年間約2388億円でした。
それから、50年以上経過した2014年度の総医療費は、約40兆円。

この間に人口は、3260万人ほどふえただけですが、医療費は、168倍近く、爆発的にふえています。
また、1950年代の死因のトップ3は結核、脳血管障害、気管支炎でした。

ところが、1980年代に入ると、ガン、脳血管障害、心疾患がトップ3になります。
このほかに、アレルギー性疾患や糖尿病も激増しています。

日本人に、いったい何が起こったのでしょうか。
1945年以降、たくさんの人が「牛乳」を飲み始めました。

そのことが日本人に大きな変化を、しかも、悪い影響をもたらしたと、私は考えています。
それは、こういう考えからです。

4500種類ともいわれる哺乳動物は皆、自分のお母さんの乳を飲みます。
4500種類の哺乳動物がいれば4500種類の乳があり、それぞれの乳の成分はすべて異なります。
そして、同種の動物にとってのみ、完全栄養食品なのです。

つまり、それぞれの哺乳動物は、お母さんのおっぱい以外、飲んではいけないのです。
人間以外の動物は、すべて、この原則を守っています。
しかし、人間は、この原則を破ったため、さまざまな病気が発生しました。

乳というのは、最初は赤い血液です。
本来赤い血が、お母さんの乳房を通ると、白く変わるのです。

ですから、私は乳は「白い血液」といっています。
A型の血液を、A型の人に輸血しても問題ありませんが、A型の血液を、A型以外の人に輸血すると、死んでしまいます。

人間どうしの血液でも問題があるのに、ウシの血液を、人間の子供の血管に入れたら、すぐに死んでしまうでしょう。
輸血ではなく、経口投与であろうとも、その影響は甚大。

また、人間も含めて、哺乳動物は恒温動物です。
それぞれの動物の体温は異なり、しかも一定しています。

人間の平均体温は、36度台です。ウシの平均体温は38・5度。
つまり、ウシの乳は、平均体温が38・5度のウシに適したものなのです。
ところが、38度台のウシの乳が、36度台の体温の人間の体に入ったとしたら、どうなるでしょう。

その答えは、人間のほうが体温が低いので、牛乳に含まれる脂肪分は完全には溶けず、溶け残った脂肪は、人間の皮下脂肪に留まるということです。
さらに、血液中の余った脂肪は動脈硬化を進行させ、血管を詰まらせて、脳梗塞などの脳血管障害や心筋梗塞などの心疾患を引き起こします。

また、ガンのいちばんの原因は、牛乳に含まれるたんぱく質の一つ「カゼイン」と、考えられています。

1990年、アメリカ、コーネル大学のコリン・キャンベル博士が、アメリカと中国のガン患者の調査「チャイナプロジェクト」を行いました。

牛乳を飲まない中国人は、アメリカ人より、動物性たんぱく質の摂取量が大幅に少なく、しかも、ガン患者が圧倒的に少ないことがわかりました。
そのうえ、ガン患者の割合は、アメリカ人が12〜13%に対し、中国人はわずか0・8%。

牛乳などの動物性たんぱく質の摂取量が、ガンと密接な関係があることは明らかです。

このように見てくると、牛乳などの動物性たんぱく質のとりすぎが、脳血管障害や心疾患、ガンといった、現代日本の3大疾患をふやす原因となっていることがおわかりになるでしょう。

牛乳を飲んでも骨は丈夫にならない!

では、私たちはどうしたらいいでしょうか。
私の提案は、きわめてシンプルです。

それは、できる限り、1945年以前の、日本本来の食生活に戻すということです。
牛乳や乳製品、肉食をやめ、昔の日本人が食べていた魚や穀類、そして、野菜中心の食生活に切り替えてください。

牛乳を飲めば骨が丈夫になるなどといわれますが、それはウソです。
なぜなら、世界的に、牛乳や乳製品を多くとる北欧では、骨粗鬆症(骨がスカスカになる病気)の発生率が、日本の何倍にもなっているからです。

確かに牛乳には、カルシウムが含まれていますが、一方、たんぱく質も豊富です。
私たちの体は、たんぱく質を過剰摂取すると、体内のカルシウムが排泄されるという働きがあります。

このため、牛乳を飲めば飲むほど、骨からカルシウムが脱落してしまうのです。
昔の日本人は、海や畑(干しエビや小魚、コマツナなど)でとれる食品から、カルシウムを摂取していました。
それでいいのです。

次のような例があります。
洋風中心の食事から、和食に切り替えると、精神面での変化が現れるといいます。

私が、気管支ぜんそくやアトピー性皮膚炎のお子さんたちの保護者に、食事指導をしたところ、「このごろ、親のいうことをよく聞くようになった」とか「友達と協調性をもって遊べるようになった」という声を聞くようになりました。

これは、ぜんそくやアトピーがよくなってくると、子供の心の偏かたよりも改善してきたということでしょう。

今からでも遅くありません。
本来の日本人にあった食や文化を取り戻しましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


心筋梗塞 牛乳 骨粗鬆症

関連する投稿


【歯周病菌の除菌方法】3DSとは?歯周病が原因の様々な病気を予防する注目の歯科技術

【歯周病菌の除菌方法】3DSとは?歯周病が原因の様々な病気を予防する注目の歯科技術

ムシ歯や歯周病は、口の中にいる細菌が原因で起こります。ご存じのように、ムシ歯や歯周病は歯を失う最大の原因となります。そこで注目されているのが、ムシ歯や歯周病の原因菌を除菌する「3DS」(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)という技術です。【解説】花田信弘(鶴見大学歯学部探索歯学講座教授)


【骨粗鬆症 生活習慣病を予防】レモンの健康効果・有効成分を医師が解説 お勧めは「レモン酢」

【骨粗鬆症 生活習慣病を予防】レモンの健康効果・有効成分を医師が解説 お勧めは「レモン酢」

果実や野菜などの有効成分の機能が研究によって科学的に証明されたことで、健康に役立てられるようになりました。しかし、レモンに関しては、成分も機能もまだ解明されていない何百年も前から、世界中で健康に役立てられてきた歴史があるのです。【解説】板倉弘重(品川イーストワンメディカルクリニック理事長・医師)


【骨粗鬆症を予防】骨ホルモンを分泌する「かかと落とし」は血糖値を下げるだけでなく骨も強化できる!

【骨粗鬆症を予防】骨ホルモンを分泌する「かかと落とし」は血糖値を下げるだけでなく骨も強化できる!

運動不足の悪影響は、骨だけに止まりません。当然、筋力は低下し筋肉も硬化し、痛みやコリが生まれる原因になります。筋肉の状態が悪くなれば内臓の動きが悪化し、内臓機能の低下につながります。悪循環を断ち切るのに、お勧めの運動が「かかと落とし」です。【解説】斎藤究(医師・さいとう整形外科リウマチ科理事長)


【がん予防】発がん物質を無毒化するキャベツのファイトケミカルの効果 脳梗塞・心筋梗塞も防ぐ

【がん予防】発がん物質を無毒化するキャベツのファイトケミカルの効果 脳梗塞・心筋梗塞も防ぐ

病気と食生活には深い関わりがあり、がんの原因は35%が食事にあると言われています。キャベツのイソチオシアネートにはがん、脳梗塞、心筋梗塞という日本人の三大死因を防ぐ作用があるのです。【解説】髙橋弘(麻布医院院長・ハーバード大学医部元准教授)


【血管が若返る】血糖値を下げて動脈硬化を予防する「酢ショウガ」 の効果

【血管が若返る】血糖値を下げて動脈硬化を予防する「酢ショウガ」 の効果

通常、年齢を重ねるにつれ、血管の劣化は進み、その影響で血流も悪くなって、不調や病気を招きやすくなります。血管の劣化を助長する因子は、中性脂肪、悪玉コレステロール、高血糖などです。私がお勧めしたいのが、ショウガを酢に漬けこんで作る「酢ショウガ」です。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


最新の投稿


【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

立ったり、歩いたり、走ったり……人が生きている間、ずっと体重を支えている「足」は「第2の心臓」と呼ばれるほど脳や体、心に関与している部位です。足を正しく、しっかりケアすることが健康寿命を伸ばすうえで何よりもたいせつなことなのです。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

足をもむ官足法は自分でできます。実践すれば必ず健康になります。「足をもめば健康になる。よくなるまでやり抜く」という自信と強い気持ちを持ち、ぜひ足もみを健康づくりにお役立てください。ここでは、脳・目・耳に効く足のもみ方をご紹介しましょう。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【男性不妊の原因と治療法】妊活中の男性 禁欲しても精子は増えず タイミングと回数がカギ

【男性不妊の原因と治療法】妊活中の男性 禁欲しても精子は増えず タイミングと回数がカギ

何回も射精をくり返すと精子の数が減る、という心配は無用です。禁欲期間が長すぎると、精子の運動率が低下するうえ、精子のDNA損傷率も高くなることがわかっています。【解説】今井健(GAIA鍼灸整骨院院長・柔道整復師・鍼灸師) 【監修】吉田壮一(よしだレディースクリニック院長)


眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

目にまつわる多くの症状の根本原因は、血液の質と血流の低下です。心臓から送り出された質のいいきれいな血液が全身をスムーズに巡り、毛細血管にきちんと行き届けば、目の症状は改善に向かいます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)


血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

老眼、近視、緑内障や白内障、黄斑変性にドライアイ……眼科の諸症状は、目薬などの局所的なケアで治る、と思っていませんか?それでは、根本的な改善は望めません。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)