医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【医師解説】カルシウムは牛乳ではなく和食で摂取する!

【医師解説】カルシウムは牛乳ではなく和食で摂取する!

牛乳を飲めば骨が丈夫になるなどといわれますが、それはウソです。なぜなら、世界的に、牛乳や乳製品を多くとる北欧では、骨粗鬆症の発生率が、日本の何倍にもなっているからです。【解説者】真弓定夫(真弓小児科医院院長)


アレルギー性疾患や糖尿病が激増、牛乳が原因!?

私が医師になったのは、1955年。この年の総医療費は、年間約2388億円でした。
それから、50年以上経過した2014年度の総医療費は、約40兆円。
この間に人口は、3260万人ほどふえただけですが、医療費は、168倍近く、爆発的にふえています。

また、1950年代の死因のトップ3は結核、脳血管障害、気管支炎でした。
ところが、1980年代に入ると、ガン、脳血管障害、心疾患がトップ3になります。

このほかに、アレルギー性疾患や糖尿病も激増しています。
日本人に、いったい何が起こったのでしょうか。
1945年以降、たくさんの人が「牛乳」を飲み始めました。

そのことが日本人に大きな変化を、しかも、悪い影響をもたらしたと、私は考えています。
それは、こういう考えからです。

4500種類ともいわれる哺乳動物は皆、自分のお母さんの乳を飲みます。
4500種類の哺乳動物がいれば4500種類の乳があり、それぞれの乳の成分はすべて異なります。
そして、同種の動物にとってのみ、完全栄養食品なのです。

つまり、それぞれの哺乳動物は、お母さんのおっぱい以外、飲んではいけないのです。
人間以外の動物は、すべて、この原則を守っています。
しかし、人間は、この原則を破ったため、さまざまな病気が発生しました。

牛乳の脂肪分は人体では溶け残る

乳というのは、最初は赤い血液です。
本来赤い血が、お母さんの乳房を通ると、白く変わるのです。
ですから、私は乳は「白い血液」といっています。

A型の血液を、A型の人に輸血しても問題ありませんが、A型の血液を、A型以外の人に輸血すると、死んでしまいます。
人間どうしの血液でも問題があるのに、ウシの血液を、人間の子供の血管に入れたら、すぐに死んでしまうでしょう。
輸血ではなく、経口投与であろうとも、その影響は甚大。

また、人間も含めて、哺乳動物は恒温動物です。
それぞれの動物の体温は異なり、しかも一定しています。

人間の平均体温は、36度台です。ウシの平均体温は38・5度。
つまり、ウシの乳は、平均体温が38・5度のウシに適したものなのです。
ところが、38度台のウシの乳が、36度台の体温の人間の体に入ったとしたら、どうなるでしょう。

その答えは、人間のほうが体温が低いので、牛乳に含まれる脂肪分は完全には溶けず、溶け残った脂肪は、人間の皮下脂肪に留まるということです。
さらに、血液中の余った脂肪は動脈硬化を進行させ、血管を詰まらせて、脳梗塞などの脳血管障害や心筋梗塞などの心疾患を引き起こします。

動物性たんぱく質のとりすぎが、現代日本の3大疾患を増やす原因

また、ガンのいちばんの原因は、牛乳に含まれるたんぱく質の一つ「カゼイン」と、考えられています。

1990年、アメリカ、コーネル大学のコリン・キャンベル博士が、アメリカと中国のガン患者の調査「チャイナプロジェクト」を行いました。

牛乳を飲まない中国人は、アメリカ人より、動物性たんぱく質の摂取量が大幅に少なく、しかも、ガン患者が圧倒的に少ないことがわかりました。
そのうえ、ガン患者の割合は、アメリカ人が12〜13%に対し、中国人はわずか0・8%。

牛乳などの動物性たんぱく質の摂取量が、ガンと密接な関係があることは明らかです。

このように見てくると、牛乳などの動物性たんぱく質のとりすぎが、脳血管障害や心疾患、ガンといった、現代日本の3大疾患をふやす原因となっていることがおわかりになるでしょう。

牛乳を飲んでも骨は丈夫にならない!

では、私たちはどうしたらいいでしょうか。
私の提案は、きわめてシンプルです。

それは、できる限り、1945年以前の、日本本来の食生活に戻すということです。
牛乳や乳製品、肉食をやめ、昔の日本人が食べていた魚や穀類、そして、野菜中心の食生活に切り替えてください。

牛乳を飲めば骨が丈夫になるなどといわれますが、それはウソです。
なぜなら、世界的に、牛乳や乳製品を多くとる北欧では、骨粗鬆症(骨がスカスカになる病気)の発生率が、日本の何倍にもなっているからです。

確かに牛乳には、カルシウムが含まれていますが、一方、たんぱく質も豊富です。
私たちの体は、たんぱく質を過剰摂取すると、体内のカルシウムが排泄されるという働きがあります。

このため、牛乳を飲めば飲むほど、骨からカルシウムが脱落してしまうのです。
昔の日本人は、海や畑(干しエビや小魚、コマツナなど)でとれる食品から、カルシウムを摂取していました。
それでいいのです。

和食中心の食事にすると精神面での変化も現れる

次のような例があります。
洋風中心の食事から、和食に切り替えると、精神面での変化が現れるといいます。

私が、気管支ぜんそくやアトピー性皮膚炎のお子さんたちの保護者に、食事指導をしたところ、「このごろ、親のいうことをよく聞くようになった」とか「友達と協調性をもって遊べるようになった」という声を聞くようになりました。

これは、ぜんそくやアトピーがよくなってくると、子供の心の偏かたよりも改善してきたということでしょう。

今からでも遅くありません。
本来の日本人にあった食や文化を取り戻しましょう。

解説者のプロフィール

真弓定夫
1931年、東京都生まれ。東京医科歯科大学卒業後、佐々病院小児科医長を務めた後、1974年、真弓小児科医院を開設。“薬を出さない・注射をしない”自然流の子育てを提唱。『自然にかえる子育て』(芽生え社)、『長寿の条件』(桃青社)、『子どもは病気を食べている』(家の光協会)など著書多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


心筋梗塞 牛乳 骨粗鬆症

関連する投稿


【レモンの効果】摂取量が多いほど骨密度を高める! 骨粗鬆症を予防するキレート作用とは?

【レモンの効果】摂取量が多いほど骨密度を高める! 骨粗鬆症を予防するキレート作用とは?

カルシウムなどのミネラルは、そのままでは体内に吸収しにくいため、少しずつ骨の密度が落ちてスカスカになり、骨折しやすくなる骨粗鬆症を起こしやすくなります。特に更年期以降の中高年女性は、ホルモン分泌が変化する関係で、骨密度が低下しやすいのです。【解説】飯田忠行(県立広島大学保健福祉学部教授)


【大豆の栄養】脳活動を強力サポート「ビタミンB1」は炒って摂取が良い!

【大豆の栄養】脳活動を強力サポート「ビタミンB1」は炒って摂取が良い!

ビタミンB1を摂取しないと、いくらほかの食品を摂取しても脳の活動源にはなりません。不足状態が続くと思考力や記憶力が低下し、精神的にも不安定になるでしょう。いつまでも若々しい脳でいるためには、「大豆」を積極的に食べることをお勧めします。【解説】加藤淳(北海道立総合研究機構道南農業試験場 場長・農学博士)


血栓予防作用がアスピリンと同じ!ニンニクのにおい成分「MATS」の効果

血栓予防作用がアスピリンと同じ!ニンニクのにおい成分「MATS」の効果

ニンニクは、精力がつくといった強壮作用で知られています。一方で独特なにおいが苦手という人も少なくありません。しかし、ニンニクのにおい成分には、さまざまな健康効果があるのです。私たちは、におい成分の一つであるMATSに「血栓の形成を抑制する働き」があることを突き止めました。【解説】関泰一郎(日本大学生物資源科学部教授)


【心筋梗塞と脳梗塞】予防には軽い運動が効果! おすすめは腕振り(スワイショウ)

【心筋梗塞と脳梗塞】予防には軽い運動が効果! おすすめは腕振り(スワイショウ)

「じっと座ったまま」など、同じ姿勢で動かないでいることを「不活動状態」といいます。この不活動状態を、簡単な運動で適度に中断することが健康維持のカギであることが、明らかになってきています。最適なものの一つが「スワイショウ」という腕ふり運動だと考えています。【解説】塩谷英之(神戸大学大学院保健学研究科教授)


骨粗鬆症やサルコペニアの予防には「ちょっと太ってるくらいがいい」

骨粗鬆症やサルコペニアの予防には「ちょっと太ってるくらいがいい」

「体のためには粗食が一番」「肉や卵はメタボのもと」「中高年になったら少食を」最近は、こういったことが「健康の常識」とされているようです。しかし、これらの考え方は、若くて、過食や肥満がある人には当てはまりますが、日本の多くの高齢者には当てはまりません。【解説】新開省二(東京都健康長寿医療センター研究所副所長)


最新の投稿


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)